• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

-りょ-のブログ一覧

2014年05月13日 イイね!

Catalytic converter 4

さて、触媒導入の最終回。

コレクターのガスケットを無事調達し、触媒入りマフラーを装着し、久しぶりのエンジン始動。

おっ、音は静かになったゾ、なんて喜んでると直ぐにあの臭いが漂ってくる…

いや、触媒が暖まれば収まるはず…

と思っていると、マフラー全体からモクモクと煙が。

塗装が焼けることによるものだろうが、今回は特に酷い。。。
臭い排気と煙のダブルパンチで近所迷惑甚だしい。
あまりの煙に火がついちゃうんじゃなかろうかと心配になり、濡れたタオルを持ってクルマの横に寝て監視する。

そんな緊張感に溢れてて気にしてなかったが、そう言えばあの臭いはしなくなった。
マフラー全体からの煙は相変わらずだけれど…

これは成功じゃね?


触媒の反応具合を確認するため、マフラーの温度を計ってみる。

ヘダース直後でコレクターの温度は199℃。


それが触媒直後は下の通り。



お〜反応してるじゃん。
道理で触媒後の部分が特に煙が出る訳だ。


という事で、触媒導入は効果アリです。間違いなく。
その後、2時間程パトロールして帰ってきても服に臭いが全然ついてない。
これなら頭痛が酷いの日でも安心。
排気の車検的なクリーン度はどうなんだろうね。
あと、音。これは全体的にかなりの効果あり。
そりゃあの細かい目の間を通るなら小さくなるよね。
ただ、一定の回転数でボディ全体がシェイクされる減少は変わらず。
それと乗った感じは実は影響が少なくない。
触媒自体のサイズの問題が大きいんだろうけれど、高回転が全然フケず、全体的に少しもっさりした感じに。
排気がフン詰まってるんだろうね。
目が粗く排気抵抗が少ないであろうメタル触媒にしてみればこの影響は少なくなると思う。
ただ、消音効果は減るだろうけれどね。


そんなこんなでとても有意義な作業だったと思う。
今後、マニュアル化するとミッションメンバーの移動が伴うだろうし、そこでマフラーも全面更新しようかと思ってる。
次はメタル触媒とカットアウトの復活、そして、H型ではなくX型にし、タイコは剛性感のあるもの、というフル装備にしたい。
Posted at 2014/05/13 22:25:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | Chevelle | 日記
2014年05月10日 イイね!

Catalytic converter 3

前回の続き。

仮組してみるといい具合に収まるので、その状態のまま各部の仮止めの点溶接して抜けたりズレたりしないようにしておく。

で、車外に引きずり出す。

汚い。。。

熱の影響でサビやすい前半部を新たなものに置き換えてしまったので、溶接部以外にサビはなくなかなかいい状態にある。
あ、これ、タイコ以降の後半部もあるんだけれど、それはクルマ側へ残してきてます。
マフラーを塗装する人なんて殆どいないんだろうけれど、こうして塗装しておくとサビが防げていいんだよね。
耐熱塗料なんてものは使ってなく、油性の適当なスプレーだけ。
塗装後初始動の時はモクモクと煙が出るけれど、その後は特に燃えるような事もないんだな、これが。
元々そんなに激しい走りをするクルマじゃないっていうのもあるんだろうけれどね。


そして、場所を移して本溶接をし、その後、今回の塗装は一手間かけてサビ止めを下地に塗ってみる。
触媒は熱くなるのかも知れないと思って、無塗装のままにしておいた。


全体の画像がないけれど、上塗りにつや消しの黒をスプレーし完成。


ここまで数日かけて焦らずじっくり作ったことや、もう何度もマフラーを作ってきた経験から、とても綺麗に収まった自信アリ。
初めて作った時はあちゃこちゃ収集つかず苦労したけどね。

出来上がったので早速装着しテストドライブと行きたいところだったけれど、コレクターのガスケットを買うのを忘れてて思わぬ頓挫。
友人に譲ってもらうべく外出したので、この日はお預け。
どっちにしても塗装が生乾きだったからいいんだけど。

次回、触媒プロジェクトの成果を報告。


Posted at 2014/05/10 21:42:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | Chevelle | 日記
2014年05月09日 イイね!

Catalytic converter 2

シェベルの触媒導入プロジェクトの続き。

今回使う部品構成はこんな感じ。

右側の新品コレクターと続いて触媒、それと曲げパイプ。
コレクターと触媒は新品で、曲げパイプは現状のマフラーが装着されている状態からレシプロそーで目測で切り落としたもの。

コレクターと触媒の接続は径が異なりちょうど差し込みできるサイズ差があるが、触媒と曲げパイプは同じ径で突き合わせ溶接になり漏れやすいリスクがあったことやフィッティングの時に簡単なようにナカコとなるようなサイズの短いパイプを突っ込んである。

で、助手席側はワイドバンドの空燃計用にセンサーをねじ込むため、穴を開けてナットを溶接。

が、溶接が激しくヘタクソ。

恥ずかしい。。。
これでも漏れはなく出来てるんだけどね。


で、クルマ側に前述の部品3構成をあてがってみる。

いい感じ。
触媒上部の前端はミッションメンバーと小指1本分しかクリアランスがなく、かなりギリギリの状態。
今回の触媒試験導入で成果があれば、排気系のフルモデルチェンジも考えていたけれど、今考えてるアレコレ詰め込みの部品構成ではスペース的にかなり厳しいのかも知れない。
今回、それがわかっただけでも一つの成果かとは思う。

次回に続く。
Posted at 2014/05/09 23:16:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | Chevelle | 日記
2014年05月07日 イイね!

Catalytic converter 1

ゴールデンウィークはPCがない環境だったので、またココがおろそかになってしまった。

が、シェベルの作業は予定していたメニューを消化でき、まずまずの結果が得られたので、今回から数回にわけてその報告を。

使用頻度的にはC6に遠く及ばないシェベルだけど、気持ちの上では常にファーストカーにあり、費やすコストや労力もシェベルが優先。
今後、ミッションのマニュアル化やフレームオフ等の予定は盛りだくさんなんだけれど、実は乗るのが億劫なクルマでもある。
その一番の原因が臭い。

67年当時に排ガスがどうのこうのという考えがなく、シリンダーから出た排気はそのまま何らの処理もせず排出してて、同じようにエンジン内のブローバイガスも大気開放が当たり前。
が、これがムチャクチャ臭い。
頭痛持ちには絶えられない臭いで、ちょっとでもシェベルの近くにいると服や体に臭いがついてしまい、それなりの臭いがついてもいい恰好をして、体調がいい時に乗るというクルマにどうしてもなってしまう。

で、この臭いをどうにかしてみようという事で、2つの候補を考えていた。

一つ目がインジェクション化。
現状のキャブは気持ちよく走れるようかなり濃い目にセッティングしてて、これが臭いの一因なので、インジェクション化して、不必要な時はストイキに近い空燃比でエンジンを廻してみよう、という魂胆。
が、これはインジェクション化したクルマに乗せてもらって即座に却下が決定。
アクセルを踏むスパン!とついてくるキャブの良さがなくなり、今どきのモッサリしたクルマになってしまうんだよね。

そして、もう一つの候補が排気系に触媒を導入すること。
これは周囲にやってみた事がある人がおらず、だったら何はともあれやってみようという事で、今回のプロジェクトを開始。

今回はあくまでテスト的なものなので、マフラーの全面的な新調は行わず、とにかくお手軽に触媒を導入してみてどんな結果がでるか確認してみる。

触媒は排気量的には大きめの物が必要なんだろうけれど、今回はフロア下に簡単に収まるようかなり小さめの物を購入。

中身はこんな感じでかなり細かい。

消音効果もかなり得られるんじゃないかと思う。


今回はここまで。



Posted at 2014/05/07 22:40:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | Chevelle | 日記
2014年01月29日 イイね!

Brake system 6

このネタ、まだ終わりませんよ。


C5のブースターのペダル側ロッドをどう加工するか、とりあえずぼんやりと考えている方向で行くべくホームセンターで材料を調達。


何はともあれロッドの先端は邪魔なのでカット。
で、高ナットの長さ方向半分だけネジ山をドリルでもんで潰し、ロッドが入るようにする。


これを溶接してしまおう。
が、ロッドの奥側ブースター内にはゴム製のダイヤフラムがあるであろうから溶接の熱が伝わってはマズいだろう。
なので、濡れたタオルで覆いつつ、高ナットにはヒートシンク代わりに銅板を挟んで1箇所づつ慎重に溶接していく。


できた。

ここが万が一にも外れたらエラいことになるので、万全をきしたい。
6面全部に一応溶け込むようにくっついているであろうけど、ちょっと心配。
なので、ここは後日にでも追加の保険を掛けておこう。

高ナットの残り半分にはM10のネジが生きているので、そこに棒ネジをねじ込む。
一方、インチ規格だったコの字の金具もM10のナットを溶接しつつ、金具自体もタップでM10のネジを切り、M10の棒ネジに対応できるように。


出来た♪

後は棒ネジの長さを調整し、各部の信頼性を上げれば完成。


何はともあれ試乗、試乗!


結果。


大成功♪

少な過ぎず、もちろん過大でもないブーストで、制動力のコントロールができるようになった。
こんなの今どきのクルマなら当たり前なんだけど、やっと普通になった。
というか、現代車にかなり近づいたように思う。
今回のプロジェクトに限らず、これまで各種のブレーキ関係のパーツを使ってきたけれど、間違いなく今回は最高の仕上がりになっている。
高ナットとか棒ネジとか接続部が多くなってしまったので、ペダルを踏んだ感覚に少しガタがあるように感じるので、信頼性の向上とともにその辺りは今後詰めていかなきゃいけないけれど、一時はどうなるかと思ったこのプロジェクトもようやくゴールが見えてきた。
いやいや、良かった良かった。

ブースター自体が未塗装な事や、ペダル側ロッドの信頼性向上のため、この日軽く試乗をしただけに留め、直ぐにブースターを外して時間のある時にチマチマと追加作業をし、最終的には2月中には完成するかと思う。
というか、3月に車検なので、早く完成させないとヤバイのデス。


一先ず作業済みの報告は今回で終了。
次回、信頼性向上の追加作業を作業後にこのネタでサイド報告することになろうかと。
Posted at 2014/01/29 22:56:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | Chevelle | 日記

プロフィール

「Car Lineup <3> http://cvw.jp/b/1868621/42279337/
何シテル?   12/09 20:40
りょです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー シェベル マリブ シボレー シェベル マリブ
1967年のシボレー シェベル。 気持ち的にはファーストカーのポジションにあるけれど、不 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
991 Targa 4S
スバル フォレスター スバル フォレスター
スバルのフォレスター。 悪いクルマじゃないけれど、趣味的なものはナシ。 あまりの無関心っ ...
BMW M6 クーペ BMW M6 クーペ
BMWのM6。 長距離移動をメインの用途とし、普段のちょっとした買い物にも使用している。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.