• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

吉田 匠のブログ一覧

2018年07月20日 イイね!

『CG classic』、本日発売です!

『CG classic』、本日発売です!前回お知らせした、当方が編集長を務めたヒストリックカーのムック『CG classic』、本日7月20日、発売開始です!

ヒストリックカーが大好きだったり、旧いクルマに興味があったりする方、ぜひ書店の店頭でチェックしてみて、もしも気に入ったらご購入ください。
もちろん、Amazonその他での予約購入も可能です。

しかもAmazonでは、クルマ関連雑誌カテゴリーで、現在も人気ナンバーワン継続中!
以上、どうぞよろしくお願いします!
Posted at 2018/07/20 15:38:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月18日 イイね!

『CG classic』なるヒストリックカー誌をつくりました!

『CG classic』なるヒストリックカー誌をつくりました!皆さんお久しぶりです、モータージャーナリストの吉田 匠です。

僕の古巣であるCar Graphicから、もうすぐ『CG classic』という名のムックが出ます。その名のとおり旧いクルマ、ヒストリックカーの雑誌なんですが、実はこれ、僕が生まれて初めて編集長なる役を務めて完成させた本なのであります!

内容は、1957年と61年の2台のフェラーリ250GTをはじめ、アバルト1000ビアルベロ&ランチア フラミニア スポルト、フェラーリ308GTB Gr.4、トライアンフTR4ラリー&オースティン ヒーリー100/4、今年生誕60周年を迎えた“カニ目”ことヒーリー スプライト、それにトヨタ スポーツ800&ホンダS800M、コンテッサ1300クーペLからなる日本車まで、さらにはポルシェ356Bによるヒルクライム参戦記と、ロードインプレッション系だけでも実に盛りだくさん。

その他、シチリア島を舞台にしたロードレース、タルガフローリオに関する読み物2本に、トゥール ド フランスの出場記ありと、タイトルにあるロードレース=公道レースの記事もヌカリなし。それに、内外のヒストリックカー エンスージアスト諸氏やそれを走らせる人々も登場。

発売は7月20日ともうすぐ。もしも書店で見当たらない場合はAmazonでも購入可能なので、旧いクルマが好きで好きで堪らない諸姉諸兄、ぜひぜひご一読ください!


Posted at 2018/07/18 12:33:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月17日 イイね!

FIAT 600D ABARTH が、わが家にやってきた!



久しぶりの更新になりますが、1962年ポルシェ356B 1600スーパーと、2010年ミニクーパー クラブマンから成るわが家のラインナップに、最近、新しい一台が加わりました。

それが写真のクルマ、1965年フィアット600Dアバルト!

本来なら767ccで25psのOHV4気筒が積まれているリアに、アウトビアンキA112アバルトの1050cc 70psユニットを収めたもので、イタリアではもともと、これとは別のハイチューンなレーシングエンジンを積んでレースに使われていた、といわれるクルマです。

そのため、写真からも分かるようにサスペンションはかなり低くセットされていて、乗り心地も僕の好みからすると正直、硬すぎでありますね。

僕がこれを手に入れた主な理由は、これまでのポルシェ356Bに代わってヒストリックカーのラリーやヒルクライムに出撃するための、小さくて元気のいいリアエンジンを探していたことにあります。

つまり主な用途は、小さなリアエンジンのヒストリックカーレーサー、ということになります。

夏の初めに東京港に陸揚げされてから5か月余り、色々と手間が掛かったけれどもうすぐナンバーも取れるので、どこかに出掛けりしたら、またそのときの様子を報告しましょう。

あ、そうそう、念のため書いておくと、赤いポルシェ356Bにはこれからも、ヒストリックで快適なグランドツアラー=GTとしてますます活躍してもらおうと思っているので、手放しませんよ!
Posted at 2016/12/17 14:04:38 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2016年06月12日 イイね!

浅間ヒルクライム、今年は356Bで駆け上ってきた!



長野、高峰高原に上るチェリーパークラインを閉鎖し、様々なカテゴリーのクルマが好きなペースで駆け上る「浅間ヒルクライム」。去年はホンダS660で出走したのですが、5月の最終週末に開かれた今年はもとのスタイルに戻り、自分の1962年ポルシェ356B1600Sを駆って走ってきました。

今年はスタート方式がフライングスタートに変わったのが大きな変化で、動画でいうと映像が動き始めて数秒後の、左に青いEndlessの旗と赤いパラソルのある手前がスタート地点になります。



ベストが7分39秒469というわが3576Bのタイムは、50年以上前の75psノーマルエンジンを積んだ1.6リッターのスポーツGTとしては、そこそこ健闘したといえるレベルではないかと思っています。

<注>動画は画面右下のギアのようなマークをクリックして、設定を720p HDにして観てください。画像のクリア度がまったく違ってきます!
Posted at 2016/06/12 18:57:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2015年11月28日 イイね!

356Bで、またまた御岳山麓のヒルクライムに出撃してきた!



11月22~23日の連休、長野県御岳山麓のワインディングを舞台に開かれたヒルクライム、Corsa di Macchina a Nagano 2015 Autunnoに、わが1962年ポルシェ356B 1600Sで出走してきました。

出場車はイタリア車を中心とした110台強のスポーティなモデルで、基本的にナンバー付きだけど、ヒルクライムやジムカーナあるいはサーキット向けにモディファイしてあるクルマがメイン。



サスペンションは強化してあるもののタイヤは普段と同じ165HR15ミシュランXASのまま、エンジンも75psノーマルのわが356B、1965年以前のヒストリックカー1300~1600ccクラスにエントリー。

4段ギアボックスの356Bでは、大半が2速、長い直線の後半で3速に入るというきつい上りの3.5kmを、下の動画のように攻めるところは攻めつつも、無理なく無駄なく走り切ったのであります。



練習走行は別にして、このコースを2回走ってその合計タイムで順位が決まるこの競技、僕とわが356Bのタイムは、1回目が3分03秒0、2回目が3分03秒1で、合計6分06秒1、というものでした。

その結果、ヒストリックカーの上記のカテゴリーで見事にクラス優勝を飾ったのですが、実は同クラスへのエントリーはわが356Bたった1台だけだったので、当然の勝利なのでありました。(笑)



Posted at 2015/11/28 12:51:06 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「『CG classic』、本日発売です! http://cvw.jp/b/378570/41743063/
何シテル?   07/20 15:38
今から8年前、つまり2007年の誕生日にいわゆるひとつの“還暦”を迎えちゃいましてね、したがって今年2015年の4月22日で68歳、というわけですな。ガキの頃か...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

自己紹介に書いたとおり、歳は決して若くありませんが、気持ちの若さは20代の頃と変わらないつもり。なので、年令を問わず、気軽にお友達になってくださいまし。
756 人のお友達がいます
MLpoloMLpolo * masa_kmasa_k *
彰さん彰さん * ギガンテスギガンテス *
ケンジ911ケンジ911 * のむQVAのむQVA *

ファン

944 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
2010年後期型MINI Cooper Clubman=ミニ・クーパー・クラブマンの6段 ...
ポルシェ その他 ポルシェ その他
リアエンジンGTポルシェの原点、356が欲しいという思いが強くなり、2010年10月、つ ...
オースチン その他 オースチン その他
急にオープンスポーツが欲しくなり、2009年に購入。レーシング風だった外観をノーマルに戻 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
1991年ポルシェ911カレラ2 MT、通称“964C2GT”。シグナルグリーンのボディ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
08年4月以前の過去ブログはこちらから
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.