• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カワモト@トワイライトロードスターのブログ一覧

2009年10月30日 イイね!

猛練37。- 準備偏 -

猛練37。- 準備偏 -1

TwilightRoadster

  + 関連リンク +
 ● 猛練 / Enjoy Motor Sports ●

TwilightRoadster

【 2009-10-29 】

今週末の猛練に向けて準備など。

と言っても、オイル類は前回の猛練前に全交換したし(耐久テスト中のMTオイルを除く)
車高バランスなども、鈴鹿南コースで試した仕様のまま。

つまり特にしなければならないコトはない。
マフラーをオートエクゼに交換したい気もするがとりあえず現状で保留。

前回からの変更点は、スロットルの大径化ぐらい。
同クラスのこのヒトが色々と改善策を企ててるので、何もしないのは少々不安ではある。

でもココのところ、挙動を大きく変える仕様変更を立て続けに行っており、
現状の仕様に慣れるように練習したい気持ちもあるので、このままで行くことにする。

当日、晴れれば車高の調整くらいはしよう。

TwilightRoadster

 + お天気・気温・路面状況 +

秋も深まり、ずいぶん朝晩が冷え込むようになった。

エンジン的には気温が低ければ低いほどパワーが出るけど、
タイヤのグリップ的には路面温度が高いほうが望ましい。

舞洲では風が強いと砂も盛大にバラ撒かれるので風は少しでも弱いほうがイイ。
大陸から黄砂も到来しているらしいし。

つまり気温は低め、路面温度は高め、風は無風状態ってのが理想。
とはいえ雨さえ降らなきゃヨイような気もする。

2009-10-29 17:00現在、今週末の舞洲の天気予報は 晴れ時々曇り。
降水確率30%。最低気温は14度、最高気温は24度。

どうやら天気は持ちそう?

 
それでは参加の皆様、よろしくお願いしまーす!

猛練37。- 準備偏 -2
 

written 2009-10-28

+ 記事一覧 +

Posted at 2009/10/30 01:44:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツとか。 | 日記
2009年10月28日 イイね!

最大限の敬意と祝辞を友人に。 - ツナギから礼服に着替える時。-

最大限の敬意と祝辞を。 - ツナギから礼服に着替える時。-1

TwilightRoadster

  + 関連リンク +
 猛烈RS / 猛烈な勢いでロードスター

TwilightRoadster

【 2009-10-17 】

人生において最も繊細で、かつ、決断力が必要となる選択に対し、
共に歩んでいくことを決断した二人に最大限の敬意と祝辞を。
 
結婚、おめでとう。
 


written 2009-10-27

参列者の礼服姿はコチラ。

+ 記事一覧 +

Posted at 2009/10/28 00:07:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のこととか。 | 日記
2009年10月27日 イイね!

深夜のオープンドライブ - 夏の名残の来訪者 -

深夜のオープンドライブ - 夏の名残の来訪者 -1

TwilightRoadster

【 2009-10-xx 】

10月初旬のとある深夜。

ボクはお日様とヒジョーに仲がワルい。
なので、必然的に日暮れから夜明けまでがオープンを楽しむ時間帯となる。

この日も肌寒く感じ始めた深夜の空気を感じながら、
心地よいオープンエアに包まれていた。

時折、オフィスビルの谷間に響く排気音が1日の終わりに花を添えてくれる。

マフラーの排気音が大きすぎると、せっかくの雰囲気も色褪せてしまうけど
現在、使用中のインテグラル神戸・クラブマンマフラーくらいならば許容範囲。

大きすぎず、小さすぎず。
都市部での深夜のオープンドライブにおいて、この微妙な音量をボクは重要視している。

そのシチュエーションでの心地良く感じる音量なんてのはヒトによって違ってくるので、
あくまでボク基準のあいまいな線引きだけど。

オートエクゼ・ステンレスマフラーも、その静かな低音が気持ちよかったなぁ。
 
 
時間はちょうど日付が変わった時刻。
新御堂を淀屋橋方面に抜けて御堂筋に入った時、そのヒトはフロントウィンドーに現れた。

深夜のオープンドライブ - 夏の名残の来訪者 -2
ヒョコ。

深夜のオープンドライブ - 夏の名残の来訪者 -3
来訪者のカレ:『こんばんはー。おジャマしてまーす。』

10cmくらいはあるだろうか?
ココが大阪の中心部であることを考えたらアリエナイ全長だ。

っちゅうか何時からソコにいたの?

御堂筋は全面駐停車禁止なのでスグに停めるワケにもいかず
この小さな(大きな?)来訪者と一緒にしばしのドライブ。

走り出したらどこかに飛んでいくかと思ったが
ワイパーアームにしがみついて離れない。

ナンバ周辺でようやくクルマを停め、しげしげと観察&撮影。

深夜のオープンドライブ - 夏の名残の来訪者 -4
ちょ、オマエ、デカ過ぎじゃね?


オシリ付近をツツいてみても一向に離れようとしない。
もしかしたらボンネットから漏れる熱気が暖かかったのかも?

とはいえ、そのまま走り出すワケにもいかない。

セクハラ上司よろしく、しつこくオシリを撫でまわしてると、
力無くジャンプして、深夜の繁華街へと羽ばたいて行った。
 
 
ボクは偽善者なので何もしてやれんけど、カレが天寿を全うできてればいいなぁ。
 

深夜のオープンドライブ - 夏の名残の来訪者 -5


 
written 2009-10-24

+ 記事一覧 +

Posted at 2009/10/27 01:42:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のこととか。 | 日記
2009年10月23日 イイね!

密かな憧れが叶った日。 - 会社帰りに映画を観に行ってみるテスト -

密かな憧れが叶った日。 - 会社帰りに映画を観に行ってみるテスト -1

TwilightRoadster

【 2009-09-xx 】

サラリーマンを始めて8年。
ボクには密かな憧れがあった。

ボクの職業はドコにでもあるフツーの残業バンザイ・デスマーチカモーン!な職業。

昨年まで5年間勤めていた会社の退社時間は、出向先の現場にもよるけど
運が良ければ22:00頃、普通なら終電、運が悪けりゃタクシー(自腹)。
納期が押し迫るとお泊りコースも辞さない構え。

転職した今となっては自分でも信じられない話だ。

 『 オレ、冬のボーナスを貰ったら会社辞めるんだ 』

そう言ってた同僚は、秋が終る前にココロを病んで辞めて行った。

 『 二人目のガキが生まれるんだ。だからもっとガンバらなきゃ 』

そう言ってた別の同僚は、月曜から土曜まで会社に泊まりこみ、
次の月曜、日曜日にぶっ倒れて入院したという連絡が来た。

ホント、ドコにでもあるオハナシだ。
その場にいるダレもが驚かない。あまりに日常的過ぎて。

深夜3時、あの陰気な給湯室で、コンビニのおにぎりとインスタント味噌汁を食べながら
自分達の状況を笑いあった仲間達は、今もガンバってるんだろうか?

密かな憧れが叶った日。 - 会社帰りに映画を観に行ってみるテスト -2
当時の出向先近く。

TwilightRoadster

そんな5年間の中で、とある企業内で作業をしていた時期のコト。

この現場では、夕方18:00頃になると暗黙の休憩時間があった。
ボクらにとってこの休憩時間は後半戦に向けて気合を入れ直す、そんな時間帯。

なんせココからのガンバリによって、その日、マイホームに帰れるか決まるのだから。

ボクの場合、気合を入れる為には、タバコが欠かせない。
だが紫煙をくゆらす為にはビルから出る必要がある。

その企業さんは14階建てで、ボクの作業場も14階。

1フロアで100人以上が作業しているにも関わらず
エレベータが4機しか無いので、時間帯によっては大混雑。

その日も営業部の定時時間とガッツリかぶってしまい、
エレベータ内はミナミの繁華街のような喧騒に包まれていた。

その企業さんの営業さんは若い女性が多く、エレベータ内が一気華やぐ瞬間である。
目の下を真っ黒に染め上げたリビング・デッドの王国、14階とは大違いだ。

そんなエレベータの中で耳に入ってきた会話に衝撃を受けた。

 『 今日も疲れたねー。 』
 『 今晩どうする? 』
 『 んー、ヒマやしどっか行こっか?何かしたいコトある? 』
 『 あっ!観たい映画があんねん!映画観に行こ! 』

ウラやましかった。
大のオトナのオトコが、心の底から羨んだ。

平日も平日の水曜日、会社帰りに映画を観に行けるコトに。
世の中に、そんな日常があるという事実に。


あれから3年。
今日、ボクは会社帰りに映画を観てきた。

平日のレイトショーということもあり、観客は5人程度。
映画自体も大した内容じゃなかったけど、そんなコトはどうでも良かった。

会社帰りに映画を観たという事実が、ボクのココロを満足感でイッパイにした夜。

密かな憧れが叶った夜のお話。


written 2009-09-xx


+ 記事一覧 +

Posted at 2009/10/23 01:01:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のこととか。 | 日記
2009年10月21日 イイね!

【再訂正】NBさん、スロットル径を大きくしてみるテスト。 - 純正スロットル大径化 -

【再訂正】NBさん、スロットル径を大きくしてみるテスト。 - 純正スロットル大径化 -1

TwilightRoadster

  + 関連リンク +
 NBさん、スロットル径を大きくしてみるテスト。 - 純正スロットル大径化 -

TwilightRoadster

訂正版として上げたテキストに間違いが多々あったので再訂正しました。
具体的には加工前後のスロットル直径を再度計測しなおしたので修正。

結論から言えば、石井自動車の『 じゃんぼっとる 』とほぼ同様の仕様でした。
以下、イイワケ&詳細をツラツラと。

TwilightRoadster

 【 2009-10-16 】

スロットル加工前後のスロットル直径の差について、ふと疑問に思った。

ボクは特に深く考えず、最も広い部分のスロットル径を測定して、約2mmの差を確認し
約6%の拡大であると結論付けたんやけど、よくよく考えたらコレはオカシイ気がする。

スロットルの機能は、アクセル開度に比例してエンジンに空気を送ることにあるので、
その性能を測ろうとするならば、最も狭い部分の直径を比較しなければならないのでは?

であれば、厳密に比較を行うとすると、加工前・スロットルはバタフライ前後の凸の部分、
加工後・スロットルの Out側ギリギリの部分を比較するのが正しい・・・と思う。
 
 
以上を踏まえた上で、再計算を試みてみるテスト。

未加工のスロットルについてはGENさんが持っているので、ソチラを計測してもらった。
GENさん、遅い時間に測定・撮影をお願いしてスミマセン・・・。

【訂正】NBさん、スロットル径を大きくしてみるテスト。 - 純正スロットル大径化 -2
【訂正】NBさん、スロットル径を大きくしてみるテスト。 - 純正スロットル大径化 -3
加工前:54.90mm

【訂正】NBさん、スロットル径を大きくしてみるテスト。 - 純正スロットル大径化 -4
加工後:約60mm

これらの数値から、スロットル加工後の面積は約19%の拡大であると考えられる。

 
あー、今度こそスッキリした。

以上、訂正記事に対する再訂正記事のイイワケでした。


written 2009-10-18

+ 記事一覧 +

関連情報URL : http://gengen.jp/
Posted at 2009/10/21 01:19:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンスとか。 | 日記

プロフィール

「このたびの大規模地震により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますようお祈り申し上げます。」
何シテル?   03/12 08:57
  ようこそおいでませ。 カワモト@トワイライトロードスターと申します。 三十路過ぎのロードスター好きが書き連ねる文字列に 深い意味などあるワケもな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

大阪舞洲ジムカーナ Happy MoterSports Life! 
カテゴリ:ジムカーナ・サーキット
2016/01/06 19:57:48
 
RSガレージワタナベ 
カテゴリ:ロードスター
2016/01/06 19:57:11
 
オリーブボール 
カテゴリ:ロードスター
2016/01/06 19:49:58
 

お友達

 + お友達について +
『実際に会ってお願いする』というシバリを自分に課してます。なので、お会いしたことの無い方からのお誘いはお断りしております。ナマイキ言ってスミマセン・・・。
お会いしたことのある方からのお誘いにはしっぽを振って喜びます!
33 人のお友達がいます
nbノンターボnbノンターボ TERRA500TERRA500
yn78yn78 HiroseRSHiroseRS
リーゼントくんリーゼントくん ろっきー@ろっきー@

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
+ NBさん + コンビニからジムカーナまで大活躍のNBさん。 カスタマイズのコンセプ ...
日産 シルビア 日産 シルビア
 + シルビアさん + 生まれて初めて買ったマイカー。 グレードはK’s。 当時、す ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
 + プレマシさん + 平成13年(2001年)より、我が家の移動事情を支えることにな ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
 + NAさん。 + よく乗らせてもらってたNAさん。 平成7年式のNA8Cで通称シ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.