• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sapporonoyukiのブログ一覧

2024年07月15日 イイね!

海の日は西伊豆へ

海の日は西伊豆へ海の日は西伊豆へ
全国的にお天気が悪いなか、
西伊豆は曇り時々晴れ模様でした。

まずは『沖あがり食堂』でランチ。
仁科漁港にある漁協直営の食事処です。
少しの待ち時間で入店できました😉





人気の『イカ様丼』を私は普通盛り、よっちゃんは大盛りでいただきました。
イカのお刺身と漬けにしたイカに卵黄を乗せた、2色丼です。


冷汁とイカ団子もシェアしました。




11時開店で12時半にはイカの入った丼は完売・・・
人気の丼を食べることができてラッキーでした。


仁科漁港で水揚げされるイカは、静岡県のブランド農林水産物「しずおか食セレクション」にも認定されてます。
残念ながら不漁により当日いただいたイカは岩手産とのことでしたが、
めちゃくちゃ美味しかったです。
冷汁とイカ団子もあわせて満足度の高いランチでした。



食後は堂ヶ島あたりをブラブラ。


沖合200メートルほどのところにある4つの島。
干潮時には一番手前の伝兵衛島まで歩いて渡ることができます。
その現象のことを「トンボロ」と呼ぶそうです。




15時には土肥温泉の宿にチェックイン。




お気に入りの『伊藤園ホテル土肥』の露天風呂付きのお部屋。
目の前に駿河湾が広がっています。




だんだん雲が厚くなってきて、残念ながら日の入りは見られませんでした。




翌朝は雨の音で目覚めました。
あいにくのお天気になりましたが、チェックアウトまでのんびり過ごしました。


帰る前に少し寄り道。
国道414号の旧道にある天城山隧道(旧天城トンネル)へ。
伊豆市(旧天城湯ヶ島町)側からアプローチしましたが、道は狭く凸凹だらけ。
少し開けた『水生地』に顕彰碑を見つけました。


日本の道100選 No. 48 『天城路』の顕彰碑GET😉




『天城路』の顕彰碑は天城山隧道を境に両側にひとつずつあります。
こちらはが伊豆市側(旧天城湯ヶ島町)のものです。
少し進むと天城山隧道に到着。




重要文化財です。


ちなみに伊豆市側から天城山隧道までの旧道は悪路でしたが、
トンネルから先の河津町側は走りやすかったです。


さて、天城山隧道を通ります。
1905年(明治38年)に開通した全長は445.5メートルのトンネルで、
壁面や入口アーチなどはすべて切り石で作られています。
現存する石造トンネルでは国内最長だそうです。


河津町側に出ました。




あたりの空気はひんやりとして、ひぐらしの鳴く声が響いていました。
雨天の平日だったせいか、誰ともすれ違わず。
一瞬タイムスリップしたような不思議な感覚の場所でした。


天城山隧道の先にある『寒天橋』に河津町側の顕彰碑がありました。








近くに一般車は通行できない、バス専用の舗装道がありました。






国道414号に戻り、『道の駅・天城越え』で小休止。






ミニ壺を2つ購入。
茎の短いお花や葉っぱの一輪挿しとして使おうと思います🌼


遅めのランチは国道413号沿いの『小作・山中湖店』さんにて。




食後は久しぶりに『道の駅・どうし』に立ち寄りましたが、
駐車場もガラガラでお客さんはとても少なかったです。






そのまま道志みちを走って明るいうちに帰宅。
初日はお天気も悪くなく、夫婦でのんびり楽しい温泉旅行になりました。



一泊旅行から帰ってきた翌日、新しいiPhoneが届きました。
無事ひとりで機種変更・キャリア乗換を完了。
画面が大きくなったので、かなり見やすいです👀
新しいiPhoneのカメラの性能が満足いくものだったら、
今後はEOSを持たずに身軽に旅に出たいと思います😄
Posted at 2024/07/21 16:45:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2024年06月22日 イイね!

奥山梨・温泉ツーリング♨

奥山梨・温泉ツーリング♨先週土曜日は中央道でお出かけ🚗💨
ウラッドピット氏プロデュース
温泉ツーリングに行ってきました~
梅雨の合間の晴天✨
久しぶりの中央道を気持ちよく走り、
石川PAでウラたん号と合流。
小一時間で甲府南ICを降りました。


で、koniたん号と合流~🚗🚗🚗


富士川沿いの長閑な風景を楽しんだあと、
早川沿いの『南アルプス街道』のワインディング。
ところどころ片側通行がなかったら、置いてけぼりになるところでしたw


上流に来れば来るほど、青みを帯びた早川がとても綺麗でした✨
ピンボケですが…


10時少し前に『西川温泉・湯島の湯』に到着。


ろぜ丸号と合流し、本日の参加者4台がそろいました。






さっそく女湯に潜入~~




湯舟は露天のみで、屋内には洗い場のみ。


洗い場にはシャワーはなく、目の前を流れるお湯を汲む独特なスタイル。
湯温はちょうどよかったです。




ほかに誰もおらず、独泉状態でふたつの湯舟を楽しめました。








もうしばらくして登山の季節になると、混み合うとのこと。
ちょうどいいときに来ることができました。
とても気持ちのいいお湯でした♨



温泉でさっぱりしたあとは、来た道を少し戻ったところにある食事処へ。






『手打ち蕎麦と山の食・おすくに』さん。
お店は山の斜面にあります。












天井が高く、明るく開放的な店内。




私は割り子蕎麦の天ぷらセットをいただきました。




山菜の天ぷらはサクサク。


お蕎麦は3つの味で愉しめました♪


ウラたん・koniたんが召し上がっていた、
「山椒の実とごぼうの炊き込みご飯」も美味しそうだったし、
ロケーションや雰囲気も素敵で、また来たいお店ができました。



国道300号沿いの『道の駅・しもべ』で小休止。




キャンプ場も併設されていて、緑豊かな場所でした。
紫陽花が綺麗に咲いていました。








国道139号に出て、精進湖へ。


富士山は笠をかぶっていました。


湖畔は風が強くて少し寒かったですが、
koniたんが淹れてくれたコーヒーであたたまりました。


ろぜ丸さんが買ってきてくださった「小まんぢゅう」。
甘すぎず、ひとくちサイズでパクパクいけちゃいました。


コーヒータイムのあとは、御殿場の夕食会場へ。
途中信号に引っ掛かり、先発隊に8kmも差をつけられましたw



予約していた17時を少し過ぎてしまいましたが、
後発隊も無事『むつごろ』さんに到着。


うなぎがたくさん泳いでいました。


殿方はうな重を、私は小さめのうな丼をいただきました。


関東風・関西風の焼き方を選べて、初めて関西風を。
蒸さずに焼くともっと身がかたく縮まると想像しましたが、
ふっくら・香ばしめでとても美味しかったです♪

食後はなんと22時までファミレスでおしゃべりして、解散。
日付が変わる前に帰宅しました。
お天気に恵まれ、温泉にグルメにと充実した1日になりました。
企画してくださったウラたん、すっかりお任せですみません🙇‍♀️
参加の皆さま、ありがとうございました🥰
またぜひ遊びに行きましょう~~


ウラたんのブログ:奥山梨 温泉ツーリング♨



ところで、よっちゃんが先週から漬け始めた梅干し。
ふるくから「梅干しとうなぎは食べ合わせが悪い」と言われていますが、
どうやら迷信だそうです…どちらも大好きなので、よかった😆
Posted at 2024/06/24 18:00:08 | コメント(7) | トラックバック(0) | あつまり | 日記
2024年05月05日 イイね!

国道2号・3号をなぞる旅:【DAY 8】帰路

国道2号・3号をなぞる旅:【DAY 8】帰路8日目の朝は5時に起床。
夜半から強風が吹き荒れていましたが、
なんとか無事に朝を迎えられました。


まるで秋のはじまりのようなうろこ雲。
うっすらと朝焼けに染まっています。
風はまだ強く、とても寒く感じました。





周りは皆さんキャンプ上級者とお見受けしました。
自然になじんだギアや、愛車にもこだわりがあるようで素敵でした。




6時をすぎると空が青さを増していき、明るくなってきました。
阿蘇の山々もくっきり見えました。


望遠レンズで。




朝風呂はまた『筋湯温泉』へ。
昨日は男性の日で入れなかった『薬師湯』に来てみました。




独泉でした♨




少し熱めのお湯で身体が目覚めました。






キャンプ場に戻り、のんびり撤収開始。
旅の終わりのはじまりです。




撤収完了。


11時半に『ゴンドーシャロレー』を発ちました。
また訪れたい、素晴らしいキャンプ場でした。



寄り道しながら、北九州を目指します。
国道442号~387号~212号で、通常なら30分ほどの『杖立温泉』へ。




ところが、国道212号に入ってしばらくすると流れが悪くなり、
「もうすぐ杖立温泉」の看板あたりからは進まなくなりました。






右手に何かが見えてきました。


『観音岩温泉』、そそる風情です。


どうやら混雑の原因は、目指す『杖立温泉』。
「鯉のぼり祭り」が思っていたよりも人気があるようです。
杖立温泉に至る右折車線があふれていて、ぜんぜん前に進めません。
調べてみると現在地から杖立温泉までは、わずか1.5kmほど。
国道沿いのお土産屋さんに停めさせていただいて歩くことにしました。


杖立川。




川沿いにある温泉も気になりました。


杖立温泉に向かって連なる車列の脇を歩いていきます。
なんと、1km先の駐車場まで2時間…


Uターンできる場所も設けられていました。


歩くこと20分ほどで、温泉街に到着しました。


入口にある足湯。


足湯しながら鯉のぼりを眺められます。






杖立川に沿って、数えきれないほどの鯉のぼりが泳いでいます。
まさに圧巻の眺めです。
毎年 4月1日〜5月6日まで開催されている鯉のぼり祭り。
フィナーレの「こどもの日」の大にぎわいは例年通りのことだったようです。








地元の方しか利用できない公共浴場がよさげでした。




30分ほど壮観な鯉のぼり祭りを愉しんで、引き返しました。
渋滞で並んでいた際に私の前後にいたクルマたちが、まだ「あと2時間」のコーン付近にいました…
ヌコを置いて歩いて行って正解でした。


やはり気になる『観音岩温泉』。
いつか来てみたいですね。






お土産屋さんに戻り、少しお買い物しました。


辛子れんこんは要冷蔵 & 日持ちしなさそうでしたので、あきらめました。
小玉すいかと、菊池のごぼうを買いました。






杖立温泉を北上すると、国道212号はすぐに大分県に入ります。
日田市にある『想夫恋 総本店』さんへ。
元祖・日田焼きそばのお店です。




15時すぎの中途半端な時間でも30分ほど待ち時間ありました。


麺が香ばしくパリパリに焼かれているのが特徴の日田焼きそば。
あっさり軽くて、ペロッと完食😋
よし、そろそろ家に帰ろう!と思えるような満足度でした。






国道212号をさらに北上して、中津市へ。
国道496号(500号?)に入ると、奥耶馬猿飛渓の看板が。


少し散策してみたい気持ちがありましたが、時刻はもう18時。
すぐに暗くなりそうなので、先に進むことにしました。




そのあとはナビのいうままに北九州を目指し、
20時ちょうどに門司港ICから関門自動車道に乗りました。
めかりPAの展望テラスから関門橋を眺め、九州に別れを告げます…






21時にめかりPAを出たあとは、途中2度の給油休憩を経て一気に帰京しました。
22時、山口県・佐波川SAで給油
0時、岡山県・尾道あたりを通過
3時半、愛知県・刈谷ハイウェイオアシスで給油

5時、富士山が見えてくると、ホッと一安心、帰ってきた感がわきました。


6時55分、無事帰宅。


最終日の走行距離は1,147kmでした。
阿蘇のキャンプ場からめかりPAまで、175km。
めかりPAを出てからは、972km・9時間55分でしたね。




国道2号・3号をなぞる旅の総走行距離は3,250km、
うち国道2号は537km、3号は390kmでした。
なぞる旅はとても楽しくて達成感ありました。
8日間のうち後半は自由気ままに九州を満喫できました。
久しぶりにたくさん走って、満腹です(笑)
次に九州を訪れるのは国道9号・10号をなぞる旅になるでしょうかね。
その際は帰路にはぜひとも東京九州フェリーを利用したいものです。
長文お読みいただき、ありがとうございました🙇‍♀️
Posted at 2024/05/20 12:00:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2024年05月04日 イイね!

国道2号・3号をなぞる旅:【DAY 7】阿蘇周遊

 国道2号・3号をなぞる旅:【DAY 7】阿蘇周遊7日目の朝は5時に起床。
小鳥のさえずりで目覚めました。
テントを開けると、雲海が✨✨


雲海の流れは思ったより早くて、
刻々とその形を変えていきます。
珈琲を沸かして眺めを愉しみました。

見上げると、まだお月さまが見えました。


空がうっすらと茜色に。
徐々に日が昇ってきているようです。






九重連山のグラデーションが美しいです。


6時をすぎるとだいぶ明るくなりました。






7時にキャンプ場を出発。




受付の横にある「お肉の自販機」。
ほかのキャンプ場に滞在の方も買いにきているようでした。
解凍してそのまま食べられる、馬刺しや鶏タタキが人気だそうです。


キャンプ場から数分で大分県との県境を越えます。
九重町の『筋湯温泉』にやって来ました。


町営の無料駐車場に停めて、少し歩きます。


公共浴場の『うたせ湯』。






入口の販売機でメダルを買って、中に入ります。


女湯に潜入~♨




もうもうとした湯けむり、しばらく独泉できました。
奥の壁側一列にうたせ湯が音を立てて落ちていました。


透明なお湯はほんのりと硫黄の香り。


建物の裏手には足湯もありました。






せっかくなので、もうひとつハシゴします。


『岩ん湯』と『薬師湯』は日替わりで男女入替になります。
本日は4日で偶数日なので、女性が『岩ん湯』に入れます。


こちらも独泉でした♨


新緑に包まれて、少し熱めのお湯を愉しみました。










熊本県と大分県を行ったり来たりしています。


久住高原ロードパークの入口は県境にありました。
あとで調べるとずいぶん長い間休園中のようです。




またまた大分県側に入ります。


『くじゅう花公園』へ。


駐車場から阿蘇の山々が迫って見えました。


お花畑は見ずに歩いてこちらへ。
日本の道100選 No. 98 『北滝ロマン道路(国道442号)』の顕彰碑GET😉






国道442号。








熊本県側産山村の『焼肉と肉の直売 正』さんに、10時すぎに到着。
下調べでは10時半開店のはずが、もう食事をされている方々が。


すでにかなりのひとが並んでいました。
待っている間もライダーたちが続々と到着。


席についたのは11時。
人気の「あか牛ステーキ重」をいただきました。
ミディアムレアのお肉が二段重ねになっていました。


産山村の大草原で育った放牧あか牛を使用しているそうで、
お肉は柔らかくも噛みごたえがあり、とても美味しかったです。


大満足のランチのあとは、県道40号で南下。
『ヒゴタイ大橋』という橋を渡りました。




近くに『大蘇ダム』があるようです。


ヒゴタイロード~ミルクロードを経て、やまなみハイウェイへ。
城山展望所付近からの眺望が素晴らしかったです。


やまなみハイウェイ終点近くにある『阿蘇神社』。
人出が多く駐車場がいっぱいで停められませんでした。


『宮地駅前』交差点、やまなみハイウェイの終点です。


『JR宮地駅』を覗いてみました。
JR九州・豊肥本線、駅舎は阿蘇神社の社を模しているそうです。












宮地駅を出たあとは南阿蘇村を目指しましたが、これが大失敗。
雄大な阿蘇の景色は愉しめたものの、ものすごい渋滞でした…






はるか先のほうまで車列が。ほぼ動きが止まっています。


長い間同じ景色…お天気がよかったのが救いでした。


うしろも長い車列ができていました。


南阿蘇に行くのは諦めて、やっとのことで県道111号から離脱しました。




少しの間渋滞を避けることができましたが、
『大観峰』に近づくとまたまた渋滞…




混雑が予想される『大観峰』はスルーで、脇道に逸れました。
時刻はまもなく16時、陽も傾いてきてしまいました。




道にプチ迷い、結局やまなみハイウェイへ。






17時前にキャンプ場に帰着。
昨日のような夕景は見られなそうです。


『焼肉と肉の直売 正』さんで買っておいた、あか牛の切り落とし。
夕食はすき焼き風にしていただきました。


(実質)旅の最後の夜です。


少し冷え込んだので、焚火をしました。
ワンカップ片手に、ゆらめく炎をボーっと眺めて過ごしました。


終日まるまる遊べるのは本日が最終日でした。
朝は雲海と温泉を愉しみ、お昼には美味しいあか牛をいただいて、阿蘇の大パノラマを堪能。
午後の大渋滞が残念でしたが、もちろん楽しい一日でした。
本日の走行距離は165km、自宅からは2,200kmになりました。
明日は寄り道をしながら、帰途につきます。
実は帰路は北九州からフェリーで横須賀までのんびりのつもりが、
旅程をほぼFIXしたあとに週末は運航していないことに気づくという😭
フェリー旅も楽しみにしていたんですけどね。
仕方がないので、陸路で一気に帰る予定です。

Posted at 2024/05/18 10:00:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2024年05月03日 イイね!

国道2号・3号をなぞる旅:【DAY 6】~熊本・阿蘇

国道2号・3号をなぞる旅:【DAY 6】~熊本・阿蘇6日目の朝は6時に起床。
窓からは穏やかな青島の海が見えました。
少し雲は多いけれど、まずまずのお天気。


目覚ましに別棟の温泉へ。
お湯は無色でとろみがあります。
独泉状態で朝風呂を愉しみました。



あまりお腹がすいておらず、朝食は軽めにいただきました。
目の前で焼いてくださる目玉焼きが美味しかったです。




8時にチェックアウト。お世話になりました。


再び『JR青島駅』へ。


シンプルな平屋建ての無人駅です。






JR九州・日南線の駅ですが、本数がとても少ないですね。
ちょうど当駅始発の電車が来ました。


駅横の市営駐車場にヌコを置いて、徒歩で『青島神社』へ。
10分くらい歩きます。


参道手前のお店がもう開いていました。




逆光😅


『鬼の洗濯板』と呼ばれる、奇石群。
国の天然記念物に指定されており、正式名称は「青島の隆起海床と奇形波蝕痕」とのことです。


端午の節句が近いので、鯉のぼりが。




こちらにもカラフルな鯉のぼり。




『祈りの古道』にはたくさんの絵馬が飾られていました。




ジャングルのような道。






来てよかったです。
気持ちのいい朝の散歩ができました。






近くにあった県立の『青島亜熱帯植物園』。
ほんの少しだけ覗きましたが、時間があったらゆっくり周りたかったですね。












国道220号宮崎南バイパスを気持ちよく走りぬけ、宮崎市内に。


日本の道100選 No. 100『橘公園通り』の顕彰碑GET😎






宮崎市内を流れる大淀川沿いの公園は美しく整備されていました。






顕彰碑のある橘橋のすぐ近くにあるコインPが60分無料でした。


『橘公園通り』を少し走ってから、街をあとにしました。




国道10号をしばらく北上し、お昼すぎに『道の駅・日向』で小休止。


スタンプもGET😉


店内にはふだん見かけないものがいろいろありましたが、
こちらの「細島岩がき」と「へべす氷」がとても気になりました。
どちらもひとりでは量が多いので、今回は購入を諦めます…


海のすぐそばにあると思っていましたが、少し離れていましたね。






道の駅を出たあとは、国道388号で内陸部に入っていきます。
印象に残った鉄道の橋のようなもの。
下を流れるのは「五十鈴川」で、しばらくこの川に沿って走ります。


交通量がとても少ないです。






清らかで、どこか懐かしいような川でした。




国道388号は狭隘区間がありましたね。




国道218号で、高千穂方面へ。






高千穂にも寄りたかったですが、今回はスルーします。


何もなさそうなところで渋滞していたので何だろうと思っていたら…
お祭りでお神輿を担いだひとたちがいました。






14時40分、熊本県に入ります。


15時ごろ『阿蘇望橋』で記念撮影。










雲が切れたので、最後に向きを変えてもう一枚(笑)


駐車場のそばには満開の菜の花畑がありました。


「やまなみハイウェイ」はやはり気持ちいい。






国道442号を左折したあとしばらくして山の中に入っていきます。
16時、熊本・大分の県境にほど近い『ゴンドーシャロレー』に到着。
標高900mに位置し、阿蘇五岳やくじゅう連山を一望できるキャンプ場です。
運がよければ雲海も見られるそう。
こちらに2泊させていただきます。


敷地は広大で、受付からサイトまで軽トラで先導いただきました。
人気の公園エリアのCサイトを予約していました。
とても見晴らしがいいです。




テントの中から阿蘇五岳が眺められるような向きに設営しました。


少しずつ陽が傾いてきました。






陽が完全に落ちて暗くなる前に、プチドライブ。




10分ほどのところにある黒川温泉にやって来ました。




しっとりとした温泉街です。

※黒川温泉公式サイトより画像をお借りしました

日帰り利用ができる『こうの湯旅館』さんの森の湯へ。




しばらくの間独泉でした。






湯上りに待ち合わせができる足湯もありました。


温泉で温まり、とっぷりと日が暮れたキャンプ場に戻ります。


夕食は簡単に、キャンプ場にある「お肉自販機」で買ったあか牛のハンバーグ。


ボイルして温めるだけで、肉汁ジューシーで美味しいハンバーグの出来上がり。
地元南小国町産のしいたけも入っていて、いいアクセントになっていました。


消灯時間の22時をすぎてあたりが真っ暗になると、満天の星空。
一度来てみたかったキャンプ場で静かな夜を過ごしました。
宮崎・青島の南国ムードの海から、熊本・阿蘇の雄大な山々まで。
いろいろな景色を楽しめた一日でした。
本日の走行距離は240km、自宅からは2,035kmでした。
明日は阿蘇でのんびりドライブを愉しむ予定です。
Posted at 2024/05/16 23:00:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記

プロフィール

「@エバートンびん さん、お疲れさまです。気をつけてお帰りくださいね。本編楽しみにしています😊」
何シテル?   06/30 12:50
ロングドライブが大好物で、沖縄県含む日本国内全都道府県を愛車で踏破しました??
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/7 >>

 123456
78910111213
14 151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

栃木県 奥鬼怒温泉 加仁湯 (3回目) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2024/05/21 08:52:26
奥鬼怒温泉 加仁湯(かにゆ) Day2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2023/11/27 21:38:19

愛車一覧

アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック) ネコゾウ3号 (アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック))
2022年8月8日(月・大安)、納車。 7年間で走行距離185,000kmの「ネコゾウ1 ...
アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック) ネコゾウ2号 (アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック))
2015年4月18日納車。 7年間で185,000kmを共にした「ネコゾウ」に引き続き ...
アウディ A3スポーツバック ネコゾウ1号 (アウディ A3スポーツバック)
過去所有:2008年8月~2015年4月 テーマは「白と黒のコントラスト+赤のワンポイン ...
プジョー 206 (ハッチバック) ネコロク (プジョー 206 (ハッチバック))
過去所有:2007年12月~2008年8月 納車後8ヶ月ほどで事故に巻き込まれ廃車になっ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation