• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

疾風///Mのブログ一覧

2018年10月07日 イイね!

油温表示異常のその後

前のブログに少し追記しましたがその後です





9月30日にディーラーへ行って診てもらってきました

ディーラーに行くまでのドライブでは再発しなかったのでなんともですが、結果的に原因は分からずでした
また全国ディーラー網の情報でもそのような報告はなかったとのこと
エンジン始動時に温度センサーの0℃点がズレている可能性があるのではと考えてメーターのコンピューターを一度リセットしたとのことでした
単純にリセットなのか再インストールなのかはわかりません

その後少し遠回りしながら色々と試しましたが高い温度が表示されることはありませんでした




そして先ほどまで首都高神奈川線を少し流してきましたが、2時間ほど走っても油温はほぼ95℃付近のままでした
地元まで戻ってきて一度エンジンを止めて10分ほど置いてから再始動
走り出してしばらくすると1度は105℃付近まで上がりましたが、サーモスタットが開いたのかすぐに100℃付近まで落ち、走行中に徐々に下がって90℃付近で落ち着きました

油温も水温もどこで測るかによってぜんぜん温度は変わってしまうのですが、BC内の油温計は95℃付近が定位だと思われます
やはり110℃をキープするような温度表示は異常だったということになりそうです
リセットされたことによって直ったのでしょうか



情報によるとオイルブロックのサーモスタットは105℃で開くそうですが、こいつの不良の可能性も否定はできないところです
ただ油温105℃を超えるまではオイルクーラーに流れていないのに95℃をキープできることを考えると、やはりメーターの不良だったんでしょうね




おそらく大丈夫だとは思いますが、もうしばらくは様子を見てみたいと思います



Posted at 2018/10/07 00:23:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMW | 日記
2018年09月28日 イイね!

油温異常が再発しました(10/1追記)

ひさびさのブログが不具合の報告とは(;´Д`)



初めて発生したのは先週の3連休の初日

箱根の温泉に入りに行って、出てきて芦ノ湖まで走っていったときに気づきました

alt

ボードコンピューターの油温表示が110℃近辺

箱根の道を上がってきたので少し上がったのかなくらいに思ってたのですが、帰りに新道を惰性で降りてきても下がらず

ご飯屋さんに寄って1時間ほどしてエンジンをかけると、いつも通りの95℃付近を指していました

その後は問題なかったです








このことが気になっていたのもあり、今日は早く帰って来れたのでまたもや箱根へ

alt

こんな時間にターンパイク上がるのは初めてかも


先にポルシェが上がっていきましたが、他にはまったく車はいませんでした



久々に上の方まで回したりして、気持ちよく山頂に到着

湯河原方向に降りて1時間ほど遊んできました

純正タイプのフィルターですが、湿式に変えたおかげで少し上の方の伸びが気持ちよくなってました




戻ってくると大観山は霧が出始めました

alt

雨が降り出す前に退散です



ここまでまったく油温は問題ありませんでした

やはり一時的だったのかと思っていたのですが・・・







帰りにパーキングに寄って一度エンジンを止め、再び走り出してしばらくした後に油温が上がっていることに気づきました

alt


ここから負荷をかけずに走るも変わらず

駐車場に着くまで110℃前後をウロウロする感じでした




駐車場について一度エンジンを止めてダイアグノーシスを起動


油温を確認してみると111℃でした

alt





この時水温は107℃

alt

油温の方が高いことから、水温は油温に引っぱられて上がってるんでしょうね

水温と油温のセンサーが両方同時に壊れるとは考えにくいので、センサーではないような気がします





こちらのデータはよくわかりません

alt


alt






温度からの推測だとオイル系統に問題を抱えているようです

オイルクーラーの通路にサーモスタットとかあるのかな

空冷で冷えるはずなんですけどねー






とりあえずこの症状が出るようになったのは1年点検を受けてからというのが1つ


点検以降は先週の土曜日と今日しか乗ってないのが1つ


あけた時間の間隔は1時間と15分と違うのですが、両日とも2回目のエンジン始動後に発生というのが1つ


ボンネットを開けてしばらく見ていたところ、水温が高い割にはファンはゆっくり目に回っていて、しばらく回ると止まってしまうのが1つ

でもこれは走行中はあまり関係ないか



思い当たるのはこんな感じかな





普通に考えると1年点検が一番怪しいのですが、ディーラーの点検ですからねぇ


明日は休日出勤で持っていけそうもないので連絡だけして、日曜にディーラーに持ち込みたいと思います

原因が分かればいいんだけどね





※9/29追記です


どうも皆さんの話を聞いていると110℃くらいがデフォみたいなような・・・

水温もそれに近い値だとか・・・


となると、今までの自分の車の方が異常表示だった?

ガッツリ踏んでいかないと95℃からあまり上へは動かないイメージだったのですが、それが異常だったとか・・・

明日の早い時間なら大雨にはならないでしょうから、ディーラー行っていろいろ聞いてきます(;´Д`)





2018.10.1追記
ディーラーで見てもらいました
残念ながらディーラーに着くまで40分ほど走りましたが再発せず
一応今までの経緯を話し写真を見せましたが、110℃は異常のない範囲のためエラーログが残らないとのこと

一通り点検してもらいましたが異常なし
症状がエンジン始動から停止までの間の途中で出ることはなく、出たら停止まで出っぱなしとなるし出る時は始動時から出ているようだということからからメーターのコンピュータの情報がズレた可能性がある
ということでメーターのコンピュータをリセットしたそうです
簡単に言うと0℃点がズレて最初から+10℃表示となってしまうみたいな感じです
たしかに温度が上がってる状態からの再始動時に発生していたので可能性はあります

リセットしてもらい家まで1時間ほどかけて色々な走り方をしてきましたが、症状は発生しませんでした
そもそもディーラーを出る時点で温度が上がった状態からの再始動だったので、問題は解決したのかもしれません
とりあえず帰って来た時点では90~95℃付近で安定していました




そもそもディーラーも何℃が通常なのかは分からないようです
乗っている人が近くにいないので情報がないみたいですね
ディーラーのアドバイザーからは、発生したときは始動時から温度が高いかどうか確認してくださいとの指示を受けましたのでしばらくは様子見です
また日本のディーラー網では情報を共有しているそうですが、温度が高いなんて言った人は自分だけらしく記録はなかったそうです

既に対応は済んでいますが、もしかしたらリコールのBCが異常表示するって言うのがこれだったりして…
Posted at 2018/09/28 23:58:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | BMW | 日記
2018年07月28日 イイね!

自分に合う車高調キットはどれだろう

いつかは車高調をいれたいなぁとは思っているのですが、まだオリジナルのショックは抜けてないし替えるのはもったいないなとも思ってしまいます
ただサーキットではリアのロールの大きさに戸惑ったのと、突っ張りすぎるショックのせいで荒れた路面での乗り心地の悪さが気になるところです
街中とか高速とかはぜんぜん気になりませんけどね
車高は普段の使い勝手を考えると今のままで十分ですが、乗り味にはもう少ししなやかさが欲しいですね



自分的にはバネよりもショックに不満がありそうなので、そうなると交換は車高調となるのですが、調べてみると各メーカーの設定は様々
もちろん荒巻と直巻の差もあったりでバネレートだけで単純比較は出来ませんが、思いつくメーカーで調べてみました
ショックの減衰の調整については伸び縮みの組み合わせでいろいろあるのですが、別タンクまでは買うことはないだろうと今回は1WAYの製品に絞ってます






☆オーリンズ

DFV
定価500000円
F:9kg  R:19kg

定価としては1番高価です
フロントが9キロしかないのにリアが19キロ設定
こんなに前後で差があるのはオーリンズだけですが、何か意味があるんでしょうか




☆ビルシュタイン

B16
定価430000円

F:9.2kg  R:14.3kg







☆SACHS

RS-1
定価395000円

バネレートは分かりませんでした







☆KW

Ver3
定価362000円

こちらもバネレートが分かりませんでした







☆SPRIT racing

SPEC-N
定価268000円

F:10kg  R:14kg

SPEC-N+
定価288000円
F:10kg  R:14kg

SPEC-S
定価358000円
F:10kg  R:14kg







☆アラゴスタ

TYPE-E
定価260000円(純正アッパー)
定価320000円(ピロ)

F:10kg  R:14kg

TYPE-S
定価400000円
F:10kg  R:15kg







☆RS-R

Best☆i
定価198000円
F:8kg  R:12kg







☆XYZ racing

SSタイプ
定価178000円
F;9kg  R:14kg

TSタイプ
定価198000円
F:12kg  R:16kg

RSタイプ
定価218000円
F:18kg  R:18.6kg










☆BC racing

RN-TYPE(純正アッパー)
定価168000円

F:7kg  R:14kg

RA-TYPE
定価198000円
F:7kg  R:14kg

DN-TYPE(純正アッパー)
定価218000円
F:7kg  R:14kg

DA-TYPE
定価258000円
F:7kg  R:14kg





というわけでバネレートはバラバラで、特にこのクラスの車高調はメーカーの考え方次第の設定ということなんでしょうかね
選ぶ上で、まずはコンフォート寄りなのかスポーツ寄りなのかを見極める必要がありそうです

自分的には少し硬めのバネを必要最小限の減衰力で抑えるような足回りが好みなので、この中の比較から考えると走りを意識するならフロントは10キロ程度は必要なのかなと推測します
リアの組み合わせはプラス50%くらいなのでしょうか
前後の重量配分がほぼ50:50な割りには、やはりリアは硬めになるんですね

SPRIT RACINGとアラゴスタのバネレートが同じだったのが興味深いところ
どちらも直巻キットのようですが、この2つのメーカーはショックのフリクションロスの低減にこだわった作りをしているメーカーです
狙っているところが同じだと、同じような結果になるのかもなんて想像してみたり…

ショックって最初はある程度の力が入ってこないと動き出しません
でも本当はちょっとした入力でも動いてくれないとタダの突っ張り棒で、バネが動けないので今の乗り心地と同じになってしまいます
特に硬めのバネを入れるなら尚更ですね
なので自分的には一番興味があるショック作りをしているこの2つのメーカーが候補かなぁと考えてます


いつかは入れてみたいと思っていたアラゴスタを入れる時が来たんでしょうか(笑)






とはいえ、普通のサラリーマンの自分にはポイッと買えるような金額ではありません
自分的には車のパーツなんて安ければ安いほどいいのですが、ある程度の性能を求めると日本車のようにはいきそうもなく、また大陸製でハズレを掴まさられるくらいなら覚悟を決めてしっかりしたものを買いたいところです






それがいつになるかは分かりませんが、しばらくはこのままで(^^;)






Posted at 2018/07/30 20:34:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | BMW | 日記
2018年07月18日 イイね!

早朝の美ケ原高原へ

世間は3連休の週末でしたが、自分はさらに火曜日に休みを入れて4連休としました
そのうちの後半2日間を使ってドライブしてきました





今回の目的地は上諏訪温泉
諏訪湖の目の前にある温泉宿街です
いつも諏訪湖はサービスエリアの駐車場から眺めるだけの通過点だったんですが、一度は湖畔に行ってみようというのと温泉もあったので選んでみました
この日は花火大会があったのも選択理由の一つです









せっかく諏訪湖泊まるならと目的地のひとつに美ケ原高原も入れたのですが、おそらく連休中なので混んでるだろうと早朝に行くことにしました
どうせ早朝に行くなら日の出も見ようかとひと眠りして夜のうちに出発を決めたのですが、全く寝れそうもなかったので夜9過ぎくらいに出発してしまいました


日付けが変わる頃には松本にまで到着
街中を少しウロウロしてみましたが、特に目的もなかったのでコンビニで朝食を買い込んで山の上に向けて出発



どうも旧道を上がってしまったようでハードな峠道を走ることになってしまいましたが、なんとかビーナスラインへ到達
3時頃には道の駅まで到着しました

ここにはかなり大きめな駐車場があるのですが、辺り一面キャンピングカーだらけ
そして夜明け前だというのにすごい人
特に朝日が見える駐車場の東側はびっしりでした

キャンピングカーの周りはエンジンかけてるとうるさいだの言われそうなので、道の駅を出たところにある廃墟のレストハウスの駐車場に停めて日の出を待ちます
alt

4時には明るくなり始め、星も見えなくなってきました




少し雲があったので雲の間からの日の出となりましたが、無事拝むことが出来ました
alt
山梨辺りでは雨が降った跡があったり、長野に近づいても山が全く見えなかったりと天気が心配でしたが、無事に見れて良かったです



alt
眼下には雲海が広がっていました
道の駅の駐車場から見ると雲海と日の出が一緒に見れるのかもですね



早朝の美ケ原高原をバックに1枚
alt
前面は虫だらけで、ちょっと掃除をしてから撮影
ほんとこの時期は夜のドライブはキツいですね



少し仮眠したのち、北側に下って牧場に寄ろうかと道を進んでみたのですが、予想以上の道の荒れ方
また終着まで行ってしまうと松本から離れてしまうことが分かったので、ビーナスラインに戻って下ることにしました


途中の美ケ原高原牧場あたりの駐車場にも寄ってみました
が、ここから先はハイキングの装備なしでウロウロする場所ではない空気感が…
サンダル履きで何の準備もしてない自分は場違いだったので止めておきました
朝から歩いて汗をかきたくないってのもありましたけどね
alt
駐車場から東側を見ると、ちょこっと富士山が見えました





ビーナスラインを南下しつつ途中の展望台へ立ち寄りました
alt
まだ朝の8時だというのにこの青空
気温は標高が高いので比較的低いのですが、とにかく陽射しが強くて走って風を入れてないと車内は温室状態
湿度が高いのもあってエアコンフル活用でした

BMWってA/Cボタンをオフにしててもオートだとコンプレッサー動きますよね
真冬もなんでしょうか
エンジンにパワーがあるせいかコンプレッサーが動いたからといってあまり変化は感じないですけどね







一般の流れに合わせてゆっくりと山を下り、諏訪の街まで降りてきました
気温差は10℃くらいあって10時前だというのに35℃オーバーです


この時間に降りてきたのは、こちらのお店に行くため
alt
諏訪湖付近で検索したら、ほぼ何処のサイトでも上位に出てくるうなぎ小林さん
特に予定もなかったので、開店1時間前に着いてぶつけられなさそうな駐車スペースを確保しました
うなぎ屋の駐車場ってお客さんの年齢層が高めなのでいつも心配(^^;)

予約を受け付けてないとHPに書いてあったのもあっての早めの到着でしたが…
(HPにはそう書いてありますが、実は受け付けていてこの日も20人くらいは予約で並ばず入っていきました)



こちらはオススメ的にメニューに乗っていた金銀鰻重
タレ焼きと白焼きのセットみたいな感じです
白焼きは専用の薬味でお召し上がりくださいとありましたが薬味は別料金、お新香も吸い物も付かずこれで4860円という設定
alt













選ぶ基準や好みはいろいろとあるとは思いますが、自分としては薦められるポイントのないお店です
タレ付きの鰻でも泥くささを感じたのと白焼きはパサパサでした
量と質の割には高すぎる気もします
なぜ人気があるのかは不明ですね
鰻屋でこれだけハズレを感じたのは初めてです
お客さんには地元ナンバーが全くいなかったので、ネットの口コミの力なのかもしれません


とはいえ、味はともかく食べれば栄養分は一緒のはずですからね!
…と、納得しつつ頭の中からなかったことにしました(笑)










なんとか気持ちをリセットして諏訪湖北側にある諏訪大社下社秋宮に寄ってみました
alt





あとは特に出かける所もないのと、前日からほぼ寝てなかったので早めに宿に入りました
暑くて外に居たくないっていうのもありますね







今回泊まったのは上諏訪温泉にある鷺の湯さんです
alt

(写真は借用)

こちらを選んだ理由は部屋から諏訪湖が良く見えるのと、温泉が広々としてる感じがしたからです
それとあることの真正面に位置する立地ですかね
建物は古くはあるんでしょうけど、清潔感があってよかったですよ



今回泊まったのは5階の部屋でしたが、眺めは良かったです
alt






そして湖面にはどう見ても元はクジラな「いるか号」や夕日に向かって進む亀の形をした「りゅうぐう号」が見えましたalt



alt








夕日が射す中、早めの夕食をいただきます

alt

こちらはアルプス豚のしゃぶしゃぶでしたが、お肉が美味しかった~






なかなかのボリュームの料理でしたが、食べ終わる頃には窓の外は夕焼けに
alt








そして7月16日にここに泊まった理由ですが、実は諏訪湖では夏の間(7/22から8/26)毎日花火が上がるからなんですね

alt

通常は約15分程度らしいのですが、7月16日の海の日は宿泊感謝イベントとして3000発40分間打ち上げられます

もちろんその後に控えている大きな大会に比べれば小規模ですが、それでも十分な見ごたえでした

打ち上げ場所は目の前に浮かんでいる小さな島の桟橋から行うので、距離も近く音の迫力もすごかったです

そして翌日が平日なこともあり、リーズナブルな値段で泊まって涼しい部屋から見れたのは贅沢でした



alt



その花火の一部ですが、興味ある方はご覧ください

途中鳥の鳴き声が入りますが、これはこの宿で飼われている孔雀の青太郎です

動画後半はかなり高いところまで花火玉が上がるようになりますが、これはデカいやつが上がってます
音が凄すぎて自分のカメラのマイクでは拾えませんでした


ちなみに8月15日の湖上祭の時は今回泊まった部屋が1泊1室で50万くらいにに設定されてるらしいですよ

すでに宿自体が満室でしたけどね(^_^;)

まぁ4万発という規模の花火大会を部屋から見れるのは贅沢ですが、ちょっと自分には高額すぎますね





花火大会が終わると当然ですが、そのまま寝てしまいました

さすがに寝てなさすぎでしたね









翌日も天気がよく朝から蒸し暑かったです

温泉にも十分つかって疲れをとったところでチェックアウト





宿の近くにあった高島城へ寄ってみました
alt
残念ながら天守は鉄筋コンクリート建てですが、石垣は当時のままです

ちょっと変わった石の積み方ですね


天守の中はクーラーもなく暑かったのですが、最上階は風が抜けてて気持ちよかったです






最後は少し南下して諏訪大社上社本宮へ
alt

連休直後ということもあって人は少なめ

暑さもあったんでしょうけど、のんびりとしてました










翌日は仕事ということもあり、早めに帰宅

昼過ぎには諏訪を出て談合坂SAでほうとうを食べて帰ってきました
alt
かぼちゃで黄色くなりすぎています






ちょっと失敗もありましたが、十分楽しめたドライブでした

諏訪あたりは渋滞がなければ車で2時間程度で行ける範囲なので、ドライブとしてはちょうどいい感じです

ただちょっと初日に無理をしすぎたので、今後はもう少し疲れない計画を考えないとです



自分はM2の純正シートでは仮眠できないようです(笑)
どうも落ち着きません

Posted at 2018/07/20 12:53:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年06月30日 イイね!

つくばジムカーナ場での練習会に参加してきました

関東が梅雨明けした6月29日
筑波サーキットのジムカーナ場での練習会に参加してました
まさか6月中に明けるとは思わず雨も覚悟してたんですが、まぁ予想以上の暑さ
車の温度表示は35℃を超え、しかもアスファルトの上の直射日光なので暑さは半端ねーでした





今回の練習会ですが、ジムカーナの練習ではなくコーナーを速く抜けるためのR.racingさん主催の練習会です
さほど広くない場所なのでスピードは乗らないですが、パイロンで作ったコーナーに合わせて進入から脱出までの一連の流れを練習します

自分は初参加でもありM2の挙動も理解してないこともあり、午前中は意図的に挙動を崩壊させたりして車に慣れる練習をしました
フロントはコンチのままでリアに5年前のブルーアースを装着して摩耗対策と限界を下げる設定です
そして挙動を全て出すためDSCはオフにしました
SPORT+でも何本か走ってみましたが、やはり立ち上がりで制御が入ったり入らなかったりするので挙動がちょっと不安定
それでもドンッと踏んでしまえばパワースライドはするので、サーキットなどではそれも速いのかもしれません
ただ練習には向かないですね



こちらは午前中の終わりのほうの動画です
とっちらかっていますが、これでもマシになったほう(^_^;)
なんせ時間当たり5~6本走れる練習会なので、この時点でもけっこう走っています
1回あたり1分程度ですが、休憩して冷静になって再チャレンジできるので集中力が続く感じです

また先生が同乗してくれて的確なアドバイスをもらえたり、さらに運転して実演までしてくれます
上手い部分だけではなく、失敗する原因まで実演してもらえたので勉強になりました
考えてみたら車の運転に関して人から教えてもらうのは教習所以来かもしれませんねw


でもこの練習会、先生が一番大変です
次から次へと同乗するので休む暇ナシ
しかも車によってはオープンカーでエアコンもナシ
もう感謝しかありません





20代の頃は箱根の駐車場とかで夜中にクルクル回って練習してましたが、真面目にこういうことやるのは20年ぶりくらい
最初の頃は何が起きてるのかもわからずドタバタ
それでも午前中3時間で何とか滑ることには慣れてきました
白線のある山道だとクリップに付くのはさほど難しくないですが、パイロンだけだと余計に難しいですね





午後からはさらに気温も上がりましたが、今度は少し円を大きく取って速度を上げての練習です
時計回りは身体を支えやすいのですが、反時計回りは身体を支えきれず走りがバタバタ
4点のベルトか優秀なシートが必要です


途中からはコースに2台入っての追っかけっこ
これがなかなかのプレッシャーでスピンばかりしてました
一緒に走っていただいたポルシェさんすいません


先生に撮っていただいた写真
借りてきましたが、いい感じに流し撮りになってますね





今回はyakiimo!さんも参加されてました
パイロンの周りをずっとケツを振ったまま回ってましたよ
無駄なカウンターもないですし、かなり上手いです
車も本調子に戻ったようなので、次回のFSWが楽しみですね









楽しい時間はあっという間
9時に始まった練習会もラスト30分
最後にもう一度先生に指導いただきラストの1本です



パワーに任せたスライドばかりですが、最初の頃に比べたらだいぶ上達したような・・・





6時間走り終わった結果はこんな感じ

ブロックみんな剥がれちゃいましたw
もう少し上手く扱えればまだまだ使えるくらい溝はあったんですが、こうなってしまってはもう終わりですね
また安いタイヤを手に入れたいと思います


最高気温は高かったですが、車の油温計で100℃行かないくらいでした
走行時間が短いので、クーラーつけてても問題ありませんでした





非常に勉強になった練習会でした
これでテールスライドしても少し怖くなくなったかな(^_^;)
あと何回かは練習に参加したいですね


R.racingさん、ありがとうございました
Posted at 2018/07/02 12:53:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

「油温テストで早朝の宮ヶ瀨へ
日曜は早くからいっぱいだけど、土曜はバイクもあまりいない


何シテル?   10/20 08:39
国産には惹かれるスペックのターボ車が出てこなかったので、数年前から考えていた通りBMWになりました 日本車では3リッターターボというエンジンがなくなってしまっ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

[DIY] M4 GTSステアリング交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/17 08:33:35
BMWエンジンコード解説 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/09 16:16:56
PRO TUNING FREAKS bootmod3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/28 08:26:13

お友達

車を楽しまれてる方なら車種年齢性別問わず歓迎です(*´▽`)ノノ


でもトラブルは面倒なので、プロフィールが初期のままや愛車紹介がない方のお誘いはお断りさせていただいておりますm(_ _)m

74 人のお友達がいます
I LOVE MARK XI LOVE MARK X * ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認
ゼフィールゼフィール * kenicabakenicaba *
tamerachiptamerachip ひじりーひじりー

ファン

98 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M2 クーペ M弐 (BMW M2 クーペ)
3リッター直6ターボにまた乗りたいと考えていたのですが、日本車ではありませんでした 調べ ...
日産 モコ モコもこ (日産 モコ)
整備担当を請け負ったので登録 備忘録用で登録なので、あまり更新はないかも(^_^;) ...
トヨタ アリスト ARISTO (トヨタ アリスト)
多数の「いいね」ありがとうございました 約8年間で12万キロ付き合ったこの車ですが、20 ...
トヨタ アリスト JZS147 (トヨタ アリスト)
H8年式 3.0V‐リミテッド 自身2台目の14アリスト 前回の黒から変わってパール ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.