• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ucf20aのブログ一覧

2018年10月17日 イイね!

ど素人のキャブセッティング


スロージェット35番とパイロットスクリュー戻し量1と3/4で、6000回転あたりまでは良い感じですが、その上がなかなか納得いく設定になりません。
6000回転から上はニードル高さとメインジェットで調整しますが、適正なメインジェットの番手とニードル高さをどう探るのかを考えました。
まず、適当な番手のメインジェットを入れて、ニードル高さを一番低くして様子を見ます。
濃い目であれば、失火して吹き上がりません。
この場合はメインジェットの番手のみを下げます。
様子を見て息継ぎをするようなら、薄いのでニードル高さを高くして様子を見る。
これを繰り返して良い組み合わせを見つけ出す。
メインジェット110のニードル高さ0.5mmではスロットルを大きく開けると8000回転から薄く、息継ぎが起こり吹き上がりません。

メインジェット115のニードル高さ0mmでは10000回転で濃すぎて吹き上がりません。

なのでセッティングはメインジェット110スロージェット35パイロットスクリュー戻し量1と7/8、ニードル高さ1mmにしています。
Posted at 2018/10/17 16:54:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月16日 イイね!

ステムベアリングを交換してみて


3万キロ走行したステムベアリングを交換すると、最初車体を倒す初期の反応が敏感過ぎて乗り難く感じました。

交換時期は走行状況によって変わるようですが、1万5千から2万キロ位が目安でしょうか。

Posted at 2018/10/16 19:31:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月04日 イイね!

排気抵抗と吸気抵抗

エンジンの回転数が1500回転のアイドリング時に於いて、排気抵抗が小さいと排気バルブが閉じるまでの間に、吸入した吸気が排気ポートへ逃げてしまいますが、排気抵抗を高くする事で逃げにくくなり、充填効率が高くなります。

この時同時に吸気側にも通路を小さくして抵抗をつけると、その部分で流速が高くなります。
この部分では、逆流を抑制する効果が発生します。
この効果は、ピストンが下死点を通過して上昇途中で吸気バルブが閉じるまでの間に発生する、吸気の逆流に対して働き、充填効率を高める事になります。

この両方でシリンダー内に吸い込んだ吸気を排気側に逃がさず、吸気側に逃がさずの状態が出来ます。

排気側は単純に回転数の上昇に比例して、排気ガスの量が増えるので単純ですが、
吸気側は少々厄介で、スロットルバルブからシリンダーまでの間に負圧が存在するからです。

負圧はスロットルバルブをゆっくり開く時と、ゆっくりと大気圧へと変化しますが、速く開く時は負圧から大気圧へと一瞬で変化します。

吸気の流れは負圧状態の時は分子流で流れやすく、大気圧の状態では粘性流で流れにくくなります。

この事から吸気側の抵抗の調整は少々厄介で、負圧の大きいスロットルバルブの開き始めは、抵抗を大きく設定し、負圧が大気圧に変化するにつれて、抵抗が小さくなるように設定する必要があります。
Posted at 2018/10/04 13:58:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月03日 イイね!

気温とメインジェット

朝は気温21度でニードル位置を0.8mmへ変えるぐらいでは、燃料が追い付かないので、メインジェットを107番から110番へと変えてみました。
全体に濃い目に変化するので、気温が大きく変化する時は、メインの番手変更で対処するのが正解なようです。
110番に変更すると、ニードル位置0.8mmは上がり過ぎのようで、8000回転越えるとカブリ気味になってトルクが落ちます。
次は0.3mmを試してみます。
薄い時は開いたスロットルを戻す時にトルクが出ますが、濃い目の時はプラグがくすぶってトルクが出ないので、戻してもトルクは出ないのでその違いで判断しています。

最適なニードル位置を見つけた後は、メインジェットの変更で上手く行くのでしょうか?
行ってくれるといいのですが。

道の駅San pin中津まで行ってきました。
行きはR42からK21とK26、帰りはR424です。






Posted at 2018/10/03 17:15:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月01日 イイね!

ジェットニードルの高さ調整

気温が20度前半の今日は、アクセルを大きく開くと8000回転から上で燃調が薄くなって息つきが出ます。
ニードル位置を0.3mmのワッシャで上にあげて様子を見ます。
250ccの小排気量の4気筒のキャブ車はキャブ設定のスイートスポットが小さい為、
真夏の35度から20度前半に10度少し下がってくると影響が出てきますね。
Posted at 2018/10/01 16:55:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ど素人のキャブセッティング http://cvw.jp/b/643692/42073560/
何シテル?   10/17 16:54
ケンメリ1800GL、S30Z、グロリアグランツーリスモSV、デリカスペースギヤ、20系前期のセルシオ、プログレ250と乗継、現在ディユトロと250ccにエンジ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

お友達

1 人のお友達がいます
カミカゼ00カミカゼ00

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ホーネット250 ホンダ ホーネット250
排気量250ccでありながら、ホーネット600譲りのオーバークオリティーなフレームと、4 ...
ヤマハ ビラーゴ125 ヤマハ ビラーゴ125
125ccでV型2気筒、車体が250ccと同じなのが気に入りました。 免許の小型限定解除 ...
トヨタ セルシオ トヨタ セルシオ
羊の皮をかぶった羊
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
スカイライン1800GLの次が1975年式のこの車です。 グレードはZで4速MTでした。 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.