• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まーちんD-45のブログ一覧

2019年07月12日 イイね!

FUJI FILMのX-T30を買った 河口湖 大石公園



7月8日(月)。 
土曜出勤の振替で休み。 
天気は良くなかったし、富士山も見えないけど、ラベンダーが満開になったので、
河口湖大石公園に行ってきた。
zXT303198








はじめにお断り

※みんカラは、みんなの カメラ ライフの略です!(^^;











最近、FUJIFILMのX-T3の下位機種(廉価版?)であるX-T30の評判が高いので、
X-T100を下取りに出して購入した。
zIMG_2412
by iPhone Xs










X-T30は、画像処理エンジンとイメージセンサーが上位機種X-T3と同等で、
現在自分のメイン機であるX-H1よりも高性能である。

なので、
メイン機 X-H1 + 大三元レンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR
 対 
サブ機  X-T30 + 小三元レンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
の撮り比べをしてみた。
zIMG_2405
by iPhone Xs   左がX-H1 右がX-T30








メイン機の組み合わせは、レンズはF2.8通しの大口径レンズで手ブレ補正が付いていないが、
カメラ側に手ブレ補正機能が付いている。
逆にサブ機の組み合わせは、レンズに手ブレ補正機能が付いていて、カメラ側には無い。
zIMG_2409
by iPhone Xs


重量は、
メイン機 X-H1 + 大三元レンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR が、約1,450g
サブ機  X-T30 + 小三元レンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OISが、約740g
メイン機が約2倍重い。


価格(今日のヨドバシ価格)は、
メイン機 X-H1 + 大三元レンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR が、約35万4千円
サブ機  X-T30 + 小三元レンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OISが、約18万円
メイン機がやはり約2倍高い。











重量と価格がそれぞれ約2倍差がある2組のカメラを、シャッタースピード、絞り、
ISOを同じ設定にして、河口湖の大石公園でラベンダーなどを撮影してみた。
但し、手持ちで都度持ち替えながら撮影しているので、同時撮影では無いしアングルも微妙に異なる…(^^;













①X-T30
zXT303185



①X-H1
z0XH15031












②X-T30
zXT303176



②X-H1
z0XH15022












③X-T30
zXT303172



③X-H1
z0XH15017












④X-T30
zXT303173



④X-H1
z0XH15019












⑤X-T30
zXT303202



⑤X-H1
z0XH15051












⑥X-T30
zXT303191



⑥X-H1
z0XH15038












⑦X-T30
zXT303208



⑦X-H1
z0XH15058










上の⑦の写真をトリミングして拡大

⑧X-T30
zXT303208-1



⑧X-H1
z0XH15058-1












以上、8枚ほど上下に並べてみたが、⑧はトリミングで拡大したので、
どうにか違いが分かるけど、その他の写真は全然違いが分からない…(^^;



さすがにX-T30は、最新の画像処理エンジンとイメージセンサーが内蔵されているだけあって、
AFの合焦が非常に早く、暗いところでもほとんど迷わないで合焦する。


残念なのは、電子ファインダー(EVF)。
X-H1は0.5型369万画素で倍率が0.75倍なのに対して、
X-T30は0.4型236万画素で倍率が0.62倍。
カメラを持ち替えて、ファインダーを覗く瞬間にこの違いがよく分かる。
X-H1は光学ファインダーを覗いているように滑らかで大きいから目が疲れないが
X-T30のファインダーは小さくてザラザラしていてピントの合焦も若干分かりにくく、
顔をしかめて見てしまう。



レンズの違いは⑧を見比べると分かるが、同じ絞り、SSであっても、さすがに
大三元レンズの方が、背景がボケて柔らかいし、ピントの合っている部分も
より繊細に写っている。
しかし、拡大しなければ全然違いは分からないし、X-T30に大三元レンズを着けたら、
レンズの方が大きくて重くてバランスが悪く、カメラ、レンズ双方に手ブレ補正が
付いていないので、ブレる可能性は高くなる。




結果、今回の勝負は、ほぼ互角で引き分け。
でも、より軽く、よりコンパクトを目指す自分としてはX-T30と小三元レンズの組み合わせの出番が多くなるかも…(^^;





おしまい

 
Posted at 2019/07/12 01:40:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2019年03月01日 イイね!

速報 CP+2019に行ってきた。 おじさんはおばさんなの?



2月28日(木)。 
午前中は在宅勤務で、午後からパシフィコ横浜で開催しているCP+2019に行ってきた。
z0XH10022









平日だし、初日の午後からの開催だし、天気悪いし、空いていると思って出かけたが、
やっぱ結構混んでた。(それでも土日よりはマシかもしれないが…)
zIMG_1082




z0XH10050








z0XH10045










今までだと、各メーカーのコンパニオンガールを撮りまくって、中井精也氏の講演をハシゴして
おしまいだったが、最近は各メーカーのコンパニオンは少なくなった。
(平日で初日だからかもしれないが…)
最近は各メーカーの用意したカメラでしか、モデルさんを撮れないようにしているパターンが多い。

なので… いやぁー、もう尾根遺産ばかり追っかけ廻して撮るのもしんどいし…

結構まじめに(?) レンズや写真用品メーカーのブースで製品の説明を聞いたり、新しいカメラの
試し撮りをしたりした。








FUJIFILMからX-T30が間もなく発売されるので、並んで試し撮りをしてみた。
z0XH10052









結局、今回尾根遺産の写真を撮ったのは、このFUJIFILMのブースにいたモデルさんだけだった。
zDSCF0062








zDSCF0067








zDSCF0072


後ろにも待ち行列ができてるし、そんなにじっくりと試し撮りする時間はなかったので、
ブレブレの写真ばかりになったけど、モデルさんがキレイでニコッってしてくれたので、
おじさんはX-T30が欲しくなった…(^^;










そんでもって…






やっぱ、このおっさんの講演を見てきた(^^)
z0XH10110
鉄道写真家 中井精也氏 甘党。 










以下ネタバレするので、まだ見てない方でこれから中井精也氏の講演を楽しみにしている方は注意…(^^;




因みに、SONYのブースでの講演。
『α9』と『α7RⅢ』と『α6400』の3つの機種で撮影した写真のインプレッション。
z0XH10096







1つ前の講演から並んでいたので、前から3列目に座って見ることができたのは良かったが、
前に座っているオッサンの背が高くて、アタマがかなりジャマだった…(汗  
z0XH10099-1










ネタ①
全カット バリピン!
z0XH10102
前のオッサンのアタマをかじってるような感じになってしまった…


中井精也氏の顔の どアップ写真バージョンもあるが、かなりヤバいので自粛…(汗











ネタ②
クマがしゃがんで川で水浴びしている。
z0XH10104
そもそも、この写真を撮った人は誰なんだ? 当然アシスタントとか弟子とかいっぱいいるんだろうけど…












ネタ③
カワイイ2人の女の子が駆け寄ってきたので手を伸ばしてハグしようとしたら…、
z0XH10107
 ピタっ! と止まって拒否られた。











ネタ④
そして女の子が中井精也氏の風貌をみて、言い放った…
z0XH10108
おじさんは、おばさんなの?

お後がよろしいようで…





相変わらず、このオッサンの講演はオモロイし感動する。
CP+の講演会の中で一番集客できるのは中井精也氏だと思う。
EPSONのブースでも講演があったが、13時からだったので残念ながら間に合わず見られなかった。
ところで毎年行っていたNikonのブースでの講演会が予定表を見たが、4日間とも無くなっている。





土日にもまた行くかなぁ…


おしまい

Posted at 2019/03/01 02:53:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2018年07月29日 イイね!

FUJI FILMのX-T100を買った② 三渓園早朝観蓮会



7月22日(日)。
朝早く三渓園に行って、またX-T100とX-H1で撮り比べてみた。
zDSCF3113
この写真はX-H1








この時期、三渓園は土日祝日に限り『早朝観蓮会』のイベントで朝6時から開園している。
zDSCF2841
この写真もX-H1








もう何十年も三渓園に通っているが、朝6時に来るのは初めてだ。
zDSCF2842
この写真もX-H1









X-T100①
xDSCF1096

X-H1①
zDSCF2851






X-T100②
zDSCF1131

X-H1②
zDSCF2846










もう面倒なので、あとはレンズも設定もバラバラで適当に並べるのみ…(^^;

zDSCF1119
X-T100











zDSCF2857
X-H1











zDSCF1113
X-T100











zDSCF2845
X-H1











チリレンゲ
zDSCF2855











zDSCF1129
X-T100











睡蓮
zDSCF2937
X-H1











蓮の葉シャワー
zDSCF2920
X-H1










なるほど、断面はこんな感じなのね
zDSCF3104











残念、鳴らないらしい…
zDSCF3073
誰だよ!、鳴るって言ったのは?











おっ、なんか狙ってるね。
xDSCF1127
X-T100











朝からバリトンボイスを奏でるウシガエル
zDSCF3007
X-H1











トンボ①
zDSCF3047
X-H1











トンボ②
zDSCF3051
X-H1











トンボ③
zDSCF3109
X-H1











zDSCF3106
X-H1





やはりX-T100はX-H1に比べると、全体的に赤味が強い。
何となくX-H1の方が画質は高いような気がするが、自分で撮っているからそんな気がするだけで、
分からない…(^^;











三渓園は朝6時にもかかわらず、大勢の人たちが来ていた。
カメ爺も多かったが、小学生くらいの子供たちの家族連れも多かった。
蓮の葉シャワーやトトロのような蓮の葉の傘、蓮の茎をストロー代わりにしてシャボン玉を作ったり
子供向けのイベントもあり、なんか懐かしかった。
zDSCF3094
X-H1





それにしても、朝からメッチャ暑かった…(汗



おしまい
Posted at 2018/07/30 01:24:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2018年03月10日 イイね!

横浜CP+2018からの~新宿マ●プカメラ



3月3日(土)。
パシフィコ横浜で開催していたCP+2018に行ってきた。
zDSCF4986








CP+には2010年にパシフィコ横浜で開催されるようになってから毎年行っている。
中井精也氏の講演会をハシゴして、その合間に尾根遺産を撮りまくるのが、いつものパターンなのだが、
なんだか飽きてきちゃって今回は、講演会も見ず尾根遺産も撮らず、真面目に(?)カメラや機材などを
見て回って2時間くらいで出てしまった。

zDSCF4992







おっ、あったあった。
zDSCF4997








ふ~ん… やっぱボディーに手ぶれ補正が付いているとイイなぁ
zDSCF5004







やっぱ買っちゃうか…
zDSCF5006













…ってことで、お昼過ぎには会場を出て一旦家に戻って、X-T2の付属品やマニュアルなどを持って新宿へ。
zIMG_8091





zIMG_2706





zIMG_9053


下取り査定に3時間もかかる!(確かになぜかメッチャ混んでた)ということで、久しぶりにお隣の新大久保へ。












新大久保に来たのは10年ぶりくらい。
zIMG_8964
10年以上前に、自分のH/Nである、MartinD-45を求めて、正規輸入代理店の●澤楽器の本店に何度か来たことがある。








以前にも増してコリアタウン化しているような気がした。
zIMG_8969








査定が終わったと連絡があり、戻ってきたがもうだいぶ暗くなってきた。
zIMG_9022








バスタには初めて来た。
zIMG_9013








zIMG_8977













正面には機種名のX-H1は無い。
zIMG_9084





zIMG_9088





zIMG_9094

C-MOSもエンジンもX-T2と変わらないけど、より大きくなって、重くなって、でもシャッターは軽くなった。
ファインダーが236万画素から369万画素になったのはウレシイ(^^)










…ってことで、CP+2018には行ったものの、ほとんど見ないで新宿に行ってカメラを買い換えたって話でした(^^;





おしまい

Posted at 2018/03/10 10:50:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2018年02月21日 イイね!

X-H1を弄ってきた



2月17日(土)。
東京ミッドタウンにある、FUJIFILMのショールームに行って、発表になったばかりのX-H1を弄ってきた。
zDSCF4187




zDSCF4192




zDSCF3614






はじめにおことわり
※『みんカラ』は、”みんなの カメラ ライフ”の略です。








X-H1が発表になった週末の土曜日に行ったので、さぞかし行列ができているのではないか
と思っていたが、全然いない…。
zDSCF4175
この場所で、FUJIから発売されている全てのカメラとレンズを試すことができる。








APPLE社の新製品でもあるまいし、FUJIFILMの新製品なんてそんなに注目されてないのね。
CANONの新しい5Dが発表になった時も品川のCanonまで行ったが、新製品を弄るのに行列が
できていて整理券配ってたけどね。

それでも何人か自分と同じようなヒマなオッサンがきていた。
でも試写用のX-H1が5~6台は準備されていたようで、おかげで独占して弄りまくってきた。
zDSCF3617













一番のウリはFUJIのカメラで初めてボディー内手ぶれ補正機能が着いたことだが、
自分が一番気に入ったのは、電子ファインダー(EVF)の画素数が369万画素になったこと。
とても滑らかで良い。 
X-T1からX-T2が出た時にもEVFの画素数が増えて欲しいなと思っていたのに236万画素で
変わらなかったのが残念だったので、EVFの画素数アップはウレシイ。


ボディーはX-T2より一回り大きくなって重くなった。
バッテリーはX-T2と同じW126S。 大きくなったのにバッテリーの持ちはX-T2よりイイらしい。
zDSCF3616












露出補正のダイヤルが無くなって、各種設定を表示する液晶画面が追加になった。
zDSCF4157









シャッターは「フェザーシャッター」になってメッチャ軽くなった。
慣れないとシャッター半押しでAFを決めようとしても、ついでにシャッターも押してしまう。
その代わりAF-LボタンがAF-ONボタンになっている。
zDSCF4166





バッテリーグリップを装着して、赤バッチレンズの16-55mmを着けると、フルサイズの一眼と同じくらい
重たくなる…(汗
せっかく、携帯性を優先してCanonのフルサイズ一眼とレンズ一式処分して、X-T2に絞ったのに…
びっくりしたのは、そばに置いてあった中判サイズのGFX 50Sの方が軽かった。








…ってことで、新製品X-H1を一番乗りで弄ってきた、と自慢しようと思っていたのだが、
今日ヨド●シカメラに寄ったら、もう試写用のX-H1がおいてあったし、
20日発売の各カメラ雑誌にも詳しいレポート記事が載っていた…
zIMG_3366











わざわざ、六本木まで行く必要なかったじゃん…(^^;





おしまい



Posted at 2018/02/21 02:20:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | カメラ | 日記

プロフィール

「久しぶりに朝から晩まで富士山 http://cvw.jp/b/677284/43377581/
何シテル?   10/19 11:16
まーちんD-45です。 ※※ 2019年1月20日追記 ※※  新しいフォロー/フォロアー制度にガッカリです。  元々のお友達とコチラがMyファン登録...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

スバル レヴォーグ クーパー号 (スバル レヴォーグ)
2009年11月から2016年9月までの6年10ヶ月、総走行距離28万km Mini C ...
ミニ MINI Clubman ミニ MINI Clubman
MINIにあこがれて25年。 でもずっとホンダのクルマに乗ってきました。  2009年1 ...
その他 その他 その他 その他
クルマはクルマでも、4輪ではなく2輪ですが…。 スペシャライズドというメーカーのボディ ...
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
MINIの前に乗っていたクルマです。 ホントに良いクルマでした。 2003年11月から2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.