• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

PEKEのブログ一覧

2018年04月19日 イイね!

貧相につき。

貧相につき。









先日装着したパジェロミニさんの自作シフトブーツですが、ダボッとしているせいか、はたまたそれなりに見れるようになっったからか??
シフトノブの貧相さが極だってしまった感が強いんです(汗)
ようはバランスが狂って見た目が悪くなってしまった。
貧相なシフトノブは貧相なゴムブーツとの組み合わせじゃないと見た目のバランスがとれないんですね、きっと。


とうことでシフトノブ買うてみました(`・ω・´)
密林でみつけた、sakanレザー調丸形タイプ、1560円也。
本音を言うと、PJMを買った時からシフトノブをずっと探していたんですが、お値段とデザインでいいものが見つからずこのタイミングになりました。
もちろん中華製ですが、国産品の約半値以下で買えるのがありがたいですね。
レザーの仕上げにやや難ありですが、この値段にしては立派な造り。
シフトパターンも付いているので、別にシフトパターンのプレートを用意しなくても車検いけちゃう仕様なのです(笑)

ということで早速交換しちゃいます!
先人の情報によると、純正シフトノブは反時計回りに回せば外せるとの由。
そうは言っても、簡単に回るほど柔らかくねじ込まれてないだろうな。


・・・と思って気合いを込めて回してみたら、あっけなく回って拍子抜け(笑)
気合い入れなくても普通の力で回ってしまったw


あっさり外れたの図。
シャフトだけになると、何とも言えないシュールな絵面になりますなw
ネジロックらしきものが付着していますが、全然ロックされてませんでした。
シフトノブは簡単に回ってしまったので、元々弱いのか、もしくは前オーナーが一度外していたのか??
結果的に簡単に外れたのでいいけどネ


純正シフトノブと中華シフトノブと比較。
中華の方が一回り大きいので握りやすそうです。
反面、純正に比べて高さが低くなりそうなので、多少シフト操作がやりづらくなってしまうかも??

しかしながら、純正ノブは変な形してますよね。
なんでこんな形かというと、シフトのシャフトがフロアから斜めに生えているので、シフトノブ先端を曲げることで真っ直ぐに握れるようになっています。
たぶん (゚∀゚)


中華シフトノブは汎用タイプのため、シャフト径に合った付属のスリーブを取付て、それを芋ネジで3点固定してやります。
PJMのシャフト径はφ10だったので、10mmスリーブを使用して固定。
芋ネジをしっかりとねじ込んでやれば、がっちりと固定されて回ったりはしません
・・・って、あれれ??
反時計回りにくるくる回るぞ??(´Д`)
なんじゃこりゃ!


原因はノブのインナ部分でした。
これがノブのアウタ(握る部分ね)にネジこまれて固定(瓶に例えると、アウタが瓶の蓋、インナが瓶と思って頂くと分かりやすい)されていたんですが、この締め込みが緩いと回って外れてしまう模様。
ギチギチに締め込んでやったら、ちゃんと固定されて回らなくなりました。
こういう細部の詰めが甘い所が中華ですな(苦笑)
材質はアルミで悪くないんですけどね。

ということで、


これが・・・


こうなりました!
思った以上によい見た目になりました。
実物が届くまでちょっと不安でしたが、シフトブーツとのマッチングも悪くない。
ここだけ切り取るとレトロスポーツカーっぽくないですか?(笑)

シフトの高さは懸念されたとおり若干低くなりましたが、まぁ許容範囲かな。
そしてシフトノブの変なくびれが無くなった分、ノブの向きがシャフトの生え方なりに斜めになりましたが、丸形の形状のおかげでシフト操作自体に支障はなし。
ノブ自体の直径が太くなったので、シフト操作もやりやすくなったのがよかった。

1560円のシフトノブ、意外と満足度高し(笑)
Posted at 2018/04/19 22:13:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | H58A | クルマ
2018年04月14日 イイね!

廃品利用。

廃品利用。









丁度1年前、パジェロミニさんのズタボロタイヤカバーを修理した中華なPVCカバーの残骸がクローゼットの中で眠っているんです。
何かに利用できないかな・・・と考えて、工作を思いつきました。
去年の5月末に (゚∀゚)
設計までして途中で飽きて1年放置・・・・っていういつものパターンですw
春になって工作したい欲が沸いてきたので、一気に作ってみました!

ということで、残骸から切り出したのがタイトル画像の4枚。
勘のいい御仁は何に化けるか察しが付くかな?
残骸が折りたたんで仕舞ってあったので、しわがあるのはご愛敬。

ここでSSTの登場。


その名もミシン!(笑)
ヨメに下請けに出そうとしたら
イヤだ
と一蹴されたのでチマチマ自分で施工|д゚)
やってみたらこの程度の縫い合わせは全然難しくないので簡単、むしろ楽しい。
意外と簡単に縫えましたが、アラがあるのが裁縫初心者作業故w


縫い上がったPVCを枠に接着。
PVCの寸法を間違えて、接着する際にしわが入ってしまったのは誤算(苦笑)
この時点ですでにバレていると思いますが、






レザー調シフトブーツの完成!
製作期間3週間。
ありきたりだけどレッドステッチ仕上げがおしゃれでしょ(笑)

PJM購入当初から、蛇腹ゴムのシフトブーツがイケてないな~と思っていたんですよ。
軽だし、クロカンだし、ゴムなのは仕方ないとは言え、何とか見栄えをよくしたいと思い、シフトブーツを作ることにしました。
結局1年かかったけどw


取付は蛇腹ブーツの上から被せるだけのお気軽仕様。
蛇腹ゴムを外して取り付けた方が見た目はいいかもしれないけど、楽な方をとりました。
で、なんでこんなにブカブカな仕上がりなのかといいますと、ピチっとしたサイズに仕上げると見た目がパツンパツンでおしゃれじゃないので、ブーツに余裕がでるように一回り大きくしてあります。


ちなみにシフトノブが通せるように、ブーツ先端はスナップボタンによる開閉式。
装着に手間をかけないように、裁縫に手間かけました(笑)


下端枠はセンターコンソールにマジックテープ留め。
両面テープ等で固定してしまうと何かあったときに外せないのでね。
メンテナンス性重視。


諸々調整して完成。
ちょっとサイズが大きすぎましたね。
ダボっとした仕上がりになってしまった(苦笑)
想定ではもうちょっとスマートなゆったり感に仕上がるはずだったんですが。
ブーツ下端の枠はカーボン調カッティングシートを貼って見た目をアップ。
でもヨメに言わせると

この枠の柄はイケてない

そうな(´Д`)


ちなみにこれが元の純正状態。
蛇腹ゴムが安っぽいし、いかにも軽って感じ。
ある意味ワイルド感があってクロカンっぽいとも言えなくはないけど・・・。
これに比べれば大分見た目よくなったと思うんですが、いかがでしょう?
まぁ自己満足の世界ですから (゚∀゚)
Posted at 2018/04/14 22:59:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | H58A | クルマ
2018年04月12日 イイね!

此度の代車。

此度の代車。









過日のスイフトさん修理時の代車ネタですよ。
車を預けた時の代車ネタはセットなんで(笑)

ということで、此度の代車はMH55SワゴンRのハイブリッドFX。
代車はハスラーがいいな~と事前に言ってみたんですがムリでしたw
デザインコンセプトが初代回帰した型ですね。
出始めは何じゃこりゃ、と思ったんですが時間が経つとこれはこれでアリなのかなと思えてきます。


エクステリアは初代の要素がちりばめられていますが、インテリアは最新ですな。
センターメーターに、ナビスペース、エアコンパネルのみ。
実にシンプル。
ナビスペースはメーターの真下なので視認性は悪くないんですが、とってつけた感のデザインがイマイチ。。
ユーティリティ的には色々物が置けるようになっているのでいいんじゃないでしょうか。


センターメーターは配色も配置も視認性は悪くなかったです。
今時の車らしいのはインフォメーションディスプレイがあるあたりですかね。
この車はマイルドハイブリッドなのでエネルギーディスプレイも兼ねてました。
質素ながら、先日のekなんかに比べたら豪華。


リアシートはスライド&リクライニング可。
スライド量は座面1/3程度で、ekに比べると少ないですが、最前方の位置にしても足が窮屈になることなく座れるのは秀逸。
最高方にすれば足元広々。
ここら辺はスズキのお家芸なんだろうな。
特筆すべきはリアシート座面の厚み。
ekなんかこの半分くらいしかないので長距離は座っていたくない拷問シート。
ダイ○ツもホ○ダもしかりで、薄くて辛い拷問シートでしたが、このシートは厚みがあって座り心地がよかった。
前々から思っていましたが、スズキの車はシートの出来がよいです。
今や軽は家族車ですし、リアシートもしっかり作り込むって大事なことだと思います。。。


リアシートを最前方にスライドした荷室がこんな感じ。
必要にして十分じゃないでしょうか。
スイフトと同じかそれ以上の容積がありそう。
ただし、シートを最後方にスライドすると荷室がほぼなくなりました。極悪(笑)


ek同様、リアシートは下方格納式でフルフラットの荷室が出現。
広さはekの方が上ですね。


ちょっと気になったのはサイドミラーの大きさ。
車体に対して上下方向が小さい気がします。
ドライビングポジション的に上から見下ろすような位置になるので、少し見づらい。
これも慣れなんでしょうけど。


そしてエンジンルーム。
エンジンは最新のR06A。K6Aはもう使ってないみたい(笑)
ギュウギュウ詰めかと思いきや、エンジンルーム内は比較的余裕があるんですよ。。
おそらくは、最近のスズキお得意のエンジンルームのサイドパネルがない設計の恩恵かと。
エンジンルームからいきなりフェンダー裏側が見えるって、古い人間にはかなり気持ち悪い(苦笑)。
設計においてボディ強度は保っているだろうから、これでも問題ないんでしょうけど大分違和感ありますね。
これはスズキのメカニックも言ってました(笑)
考えようによっては、エンジンルームが広く使えるから補機類の配置やメンテナンス性はよくなりますよね。
事実、ウオッシャタンクやライト裏へのアクセス性はとてもよさそうでした。
なんとも言えない気持ち悪ささえ克服できれば、これはこれでアリかな。


一際目を引いたのがマイルドハイブリッド用のモーター、IGS。
ようは巨大なオルタネーターで、発電はしかり、微力なアシストもしますよ、ってヤツ。
このIGS、エンジンアシストに加えてアイドリングストップからのエンジン再始動も担っているので、普通のオルタネーターなんかより一回り巨大な上、駆動ベルトも相当太い。
このIGSによる再始動はとても静かなので関心しました。
普通のアイドルストップ車のセルによるキュルキュル音がなく、シュイーンというかすかなモーター音で再始動。
オーディオをかけていたら間違いなくほぼ無音で再始動していると思います。
耳障りなキュルキュル音が無いのは、なかなかよかった。

さてそんな最新ワゴンRの走りは、ハイブリッドによるアシストのお陰なのか、はたまたCVTのセッティングのお陰なのか街乗り程度の走りはストレス無くキビキビ走れます。
一昔前のとことん走らないで燃費を伸ばす燃費仕様車と違って、きちんとエンジンが回って加速するのでストレスなく走れますね。
足回りは変にフワフワせず、適度に段差をいなす感じですが、多少突っ張りすぎるような感も。
シートの出来も悪くないので乗り心地自体は悪くないです。
ストレス無く加速して乗り心地も悪くないし、エンジン再始動も静か。
この手の車に操る楽しさってのは無いですから、これだけで十分街乗りは快適に過ごせるんじゃ無いでしょうか。

短期間でekとワゴンRを乗り比べられる機会に恵まれましたが、どちらかを選べと言われたら間違いなくワゴンRを選ぶだろうな。
デザインの好みはあると思いますが。

まぁ、買うことはないですけどね (゚∀゚)
Posted at 2018/04/12 22:44:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマネタ | 日記
2018年04月10日 イイね!

復活。

復活。









穴が空いたスイフトさんのフロントスパッツ、やっと修理完了しました。
ヨメの自腹で(*゚∀゚)

ZC#1系が製造中止になって早7年ですが、OP扱いのこのスパッツがまだ新品で出てくるだけありがたいですね。
左右セットでしか部品設定がないのがネックですけど。


交換したのは右側だけなので、未使用の左側はそのまま箱ごと託されましたw
左側もついでに変えてしまおうかと思いましたが、何かあった時のために温存しておいた方が得策との判断です。
・・・また右側ぶつけたりしてヨメが (゚∀゚)
とりあえず小屋裏にでもほかしておきます。邪魔だしw


ちなみに半日ディーラーに預けて修理してもらったんですけど、
最大の誤算は洗車してくれなかったこと|д゚)
たぶん洗ってくれるだろうと踏んで洗車サボっていたので、ボディが花粉まみれで汚い・・・orz
仕方ないので来週辺り洗車しようと思います。

ともかくまた見れる姿に戻ってよかったです。
僕の懐も痛まなくて良かったです (゚∀゚)
Posted at 2018/04/10 21:45:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | ZC71 | クルマ
2018年04月08日 イイね!

いっしゅうねん。

いっしゅうねん。












パジェロミニさんを所有して1年が経ったみたいです。
よく見かけるタイトルの「愛車と出会って・・・」って画像、どうやったら表示されるのかと思っていたら、みんカラアプリだけで表示されるんですね。
アプリは使ってなかったので初めて知りました。
早速それだけのためにアプリを入れてみましたが、使いづらいのでスマホでは今まで通りブラウザで見ようと思います (゚∀゚)

折角なので、1年所有した感想なんか書き留めてみようと思います。
興味ない方はとばしてね。

当初はMTに乗りたいという欲望ありきで選んだクルマでしたが、乗ってみたら今までに無い乗り味でうっかり嵌まってしまったPJM。

低くて速くてヒラヒラ走れるクルマがいい!

という尺度が自分の中にあったんですが、PJMはそれとは真逆の存在。
未体験ゾーンのオフロード走行に始まり、キャンプやらなんやらアウトドアの楽しみに気づかせてくれることになるとは。
"道具として遊べるクルマ"というジャンルに気づくことができたのはいい経験でしたね。

大柄なボディとその車高で、あまり軽とは思えない立ち居振る舞いもいいです。
車内の広さや積載性などの実用性は皆無に等しいですが、クルマの性格を考えれば仕方ない。
乗り心地は多少ゴツゴツしてますが、シャコタンに乗り慣れた体にはあまり気になりません。
むしろ、我が家の3台の中で一番乗り心地いいんじゃないかと思います(笑)
ロールしやすいという難点はあるけれど、攻めなければいいだけの話。


ステアリング径が一回り大きめなのと、若干寝ているセッティングにより乗用車に比べると違和感がありますが、ステアフィールはラック&ピニオンのお陰でスムーズに操作できるのがよいです。
見た目によらず、小回りが利くのも意外っちゃ意外。


このクルマを買うに至った最大のポイントであるマニュアルミッションは、シフトストロークが長いので小気味よくシフトチェンジできないのが不満。
クルマの性格を考えればそれでいいのかもしれないけど、スパスパチェンジ出来た方が楽しいよね(笑)
そして全体的にローギアードなので高速域は苦手ですね。
重いボディ&大径タイヤと相まって加速性はそんなによろしくないですが、ターボのお陰で街乗り60㎞くらいまでなら不満無く走れます。
しかしながら高速道路では厳しく、ターボの恩恵でしっかり加速はしますが100㎞巡航がいいところです。
騒音と振動が耐えられません。6速が欲しいところです。
反面、オフ走行時などはローギアードが功を奏してかなりの低速でもぎくしゃくせずに走れるのは便利。
ミッション自体はくたびれていると見え、2速、3速のシンクロがへたっている感じがします。


こんな感じでPJMと1年過ごしてきました。
当初はすぐ飽きちゃうかな、なんて思ってましたが今やどっぷり(笑)
こんな河原だって余裕で入れちゃいますし、間違いなく行動範囲を拡げてくれたクルマです。

それにMT車というのは中々奥が深いもので、1年乗ってきたけど未だに満足のいく乗り方ができませんね。
色々考えながら操作しないと上達しない。
日々是練習、これにつきます(笑)
それがまた楽しいんですけどね。

これからもまだまだPJMと遊べそうです(*゚∀゚)=3
Posted at 2018/04/08 21:32:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | H58A | 日記

プロフィール

「ちょっと北まで① http://cvw.jp/b/176715/38285346/
何シテル?   07/26 22:53
16年連れ添った'93年式のニッサン・プリメーラ(P10)と'09年にお別れをし、現在は'03年式のBMW 320i Msport(E46)と'09年式のスズキ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

車内から 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/29 12:28:48
馬鹿どもの狂宴 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/29 18:29:07
N-ONEスカルキャップ(ドアミラーカバー)交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/31 10:25:12

お友達

心優しい方はぜひお友達登録してください♪

大変申し訳ありませんが、数稼ぎや広告目的の業者様はお断りさせて頂いてますm(_ _)m
68 人のお友達がいます
まちゃひーろまちゃひーろ * たあくん@yamazaLたあくん@yamazaL
ORANGE WOLFORANGE WOLFみんカラ公認 直6 LOVER直6 LOVER
NAGANAGA フリ@隊長フリ@隊長

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
'03年式・BMW GH-AV22。 BMW320i M-sport (E46)です。 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
'09年式・スズキDBA-ZC71S。 P10プリメーラの後継として、街乗り&カミサンの ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
2000年式・ミツビシGF-H58A。 アニバーサリーリミテッドVのMT車。 ・・・の個 ...
その他 その他 たのそ (その他 その他)
ブログ用写真置き場。 もしくはハイドラ走行用。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.