• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

3.8S & 600のブログ一覧

2021年12月01日 イイね!

FIAT600・JAGUAR3.8S稼働

FIAT600・JAGUAR3.8S稼働先週交換したFIAT600のメーター照明
正規のソケットBA9Sの電球色LEDが
届いてましたので交換しました。

先週は雨の日が多くエンジンも掛からず
通勤使用は諦めたそうです。
先週車内の電圧計を確認した時は11.5V
でしたので降下が起因?だったかも・・
朝一からバッテリー充電を始めました。


充電している間にLED球の交換です。
前回だまし固定したE10口金のLEDですがネジはしっかり締まってます。


E10の点灯状態ではこのくらいの明るさと色味。


緩んでトラブルの元になると困るので正規のBA9SのLEDに替えました。


点灯させると明るさも色味もほぼ同じでした。
3MDチップの色が少し違うので明るさや色味が違うかと思いましたが
ほとんど同じでした。少しくらい違っても面白いのですが・・・
バッテリーが満充電になるまで他の用事を済ませ買い物に行きました。


用事を済ませてから久しぶりにJAGUAR3.8Sを動かしました。
こちらは先週パルス充電をして置いたので12.5Vを維持してました。
始動直前のインパネ。


暖気運転を終えてガレージから出したところです。
発車直前のインパネですが水温計の針が上がり難い季節になりました。
近所をぐるりと回って来ました。


充電を開始して14時過ぎには13.4Vで100%と表示されてました。
今回はパルス充電はしてません。セルを回すと一発で掛かりました。
かぶっている感じも無くやはり電圧降下が原因?だったかも・・・。
暖まるまでしばらく掛けて置きました。


暗くなって確認すると前回よりも明るく見えます。
バッテリー満充電で電圧が上がり文字盤もくっきり見えます。
電球色でいい雰囲気になりました。

何て事は無いLED交換と充電作業でした😅。
513
Posted at 2021/12/01 16:39:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2021年11月24日 イイね!

FIAT600 メーター照明LED電球色に交換

FIAT600 メーター照明LED電球色に交換強い雨が降ったり日が差したりと荒れた
天気でしたのでカーポート内での作業。

先日3.8Sのメーター照明を電球色に交換
しましたがその時の在庫分でFIATも交換
して見ました。




元はBA9S(G14)の白熱電球で夜間は辛うじて文字が見える程度でした。
ピンぼけですが7年前に購入先から自走で帰宅する時に撮った写真です。
(後部座席から長男が撮影・首都高山手トンネル内)


日焼と劣化で白濁化したメーターフェイスのため見難かったですが
交換した際に5チップの白色LEDにして衝撃的に見やすくなりました。
この作業をしたのは奇しくも6年前の同じ11月24日でした。


3.8S用に購入した電球色LEDはE10ネジの口金ですが外径は同じなので
BA9Sのソケットにそのまま入ります。
BA9Sのピンが引っ掛かる部分の金具先端を少し内側に曲げると
E10のネジ山に引っ掛かり締込めます。その状態でテスト点灯。


メーターにソケットを装着して点灯すると柔らかい色味になりました。
やはり旧車には電球色が似合うと思います。
朝の作業でブランケットを掛けて撮ったのでさほど明るく見えません。
2つ上の写真から6年間で2567kmとあまり走ってませんね。


買い物に行って晩ご飯の用意を済ませて暗くなってから撮って見ました。


もっと寄って撮るとこんな感じで白色より明るさは落ちますが
目には優しく暖かみがあり旧車の雰囲気になりました😊。


自分の目線位置からではこんな感じです。
あと少し明るくても良いかなと思えますが十分視認は出来ます。

近ごろ家内が会社に乗って行く時があり帰りは暗くなってますから
メーターが暗くなったと言われるかも😅・・・。
512
Posted at 2021/11/24 17:41:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2021年11月23日 イイね!

庭の防水コンセント調整

庭の防水コンセント調整我が家では天使の隠れ家と呼んでいる
庭のベンチコーナー。
その白壁に電源配線を通して以前の
パーゴラ柱の照明に使ってました。
撤去後は防水コンセントにしてました。
仮付けを変更してすっきりさせました。
庭は落ち葉でいっぱいです。




壁上部の端部から配線を出してありますが電源配線は防水コンセントとして
活かしてイルミネーション電源に利用してます。


取り出し部分はCD管も少し延ばしてありました。


そこから配線を下に向けて防水コンセントを仮付してました。


配線取り出し部へ直に防水コンセントを移設しますのでCD管を
壁から少し出た所でカットします。
水や虫が入らない様に自己融着テープを巻いて置きました。


コンクリートドリルで下穴を開けカールプラグを入れてベースを
固定して配線をカットしてコンセントを差し入れます。
ベースにある松下電工の文字に時代を感じます。


取り出し部に直付けとなりすっきりしました。


防水コンセントにタイマー光センサーユニットを挿して3分岐コードを
繋げイルミネーションを繋げ直しました。


このユニットも長年使用してますが問題無く作動してます。


余計な配線が無くなったのですっきりしました。


白樺もほとんど落葉して落ち葉の絨毯状態です。


これはこれで綺麗なのですがいずれ綺麗にしないとなりません。
少し集めただけで可燃ゴミ袋がすぐにいっぱいになります。

晩秋から冬景色になりつつあります。
511
Posted at 2021/11/23 13:16:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2021年11月23日 イイね!

FIAT600 テールランプビス座堀

FIAT600 テールランプビス座堀昨夜の雨と強風で道路に落ち葉が沢山あり
滑りそうで怖いくらいでした。
車いじりには寒さが厳しくなって来ました。

早朝にちょこっと作業をしました。
左テールランプの丸頭ビスが少し出ている
のが気になったので座堀を深くする加工を
施しました。



今までの状態ですが右テールランプに比べて座堀が浅くビス頭が
出っ張っている状態です。


外した状態ですがビス皿部分の座堀が浅く内径も狭い状態です。


ミニルーターの超硬ビットで皿部分を深く削ります。


少し削ってはビスを入れてドライバーで押し付けながら回して
擦れたて跡が付いた部分をまた削ってを繰り返します。
まだ浅い状態です。


ある程度まで削ったら車に戻してねじを締めて当りを確認して
また削ってを繰り返して出っ張りが少なくなりました。


大して変って無く見えるかも知れないですが結構削り込みました。


ブルーマジックを付けて磨いてもウェスは引っ掛から無くなりました。
アルミベースの肉厚は十分ありますがほどほどにして置かないと
壊したりしますのでこのくらいで😅。

最近テールランプ関連作業が多かったですがこれで落ち着きました。
他の方にはど~でも良い事とは思いますが・・・こだわりです😊。
2a seriaのテールランプ・・・この形がとても好きです。
当時の物はほんとに工芸品と思います。
510
Posted at 2021/11/23 10:04:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2021年11月17日 イイね!

FIAT600 アクセルリンク調整他

FIAT600 アクセルリンク調整他交差点で停止するとアイドリングが下がらない
状態が頻発する様になり軽く空ふかしをすると
下がるので各部の点検調整作業をしました。

考えられる原因はキャブのバタフライが渋く
なったかワイヤーが渋くなったetc・・・。
摺動部の注油などから始めました。



アクセルワイヤーの固定金具を緩めてフリーにしてアウターを引いて
隙間からグリースやラスペネを注入してみました。
ボディに固定されているアウター上からスプレーグリースを注入。


ラスペネの極細ノズルだとボディ固定のアウターに注入しやすく
グリース+ラスペネを注入しリンクまでのアウターにも注入しました。


次はリンク部分のワイヤー固定部を分解して油汚れを綺麗にして
雄ネジもワイヤーブラシを掛けて綺麗にしました。


新しいグリスを軸部に注して組み直します。


リンクの軸部も綺麗にしてグリスを塗り直して組付けました。


キャブのバタフライシャフトのリターンスプリング部にもラスペネを
吹き掛けて置きます。
シャフト自体は手で回して離すと抵抗なく戻りますので問題無いです。


手前に写っているリターンスプリングを掛ける前にワイヤー固定部を
手で押し引きするとバタフライシャフトのスプリングだけでは完全に
戻りませんでした。
リターンスプリングを掛けると当然引っ張られて戻りますが・・・。
リンク全体の動きは引っ掛かりも無くスムーズです。
この状態でテスト走行するとアイドリングまで下がり切りませんでした。


あと少し戻らないのは何で?
リターンスプリングを強くしたらどうかと思いバネの根元側を少し短く
なる様にバネを回して見ました。
元の状態はバネのフック支点まで黄色矢印間だけ長さがあります。
と言うか以前の方が延ばしてしまった?この分詰まってれば強くなります。


ステーの穴にバネフック部分を通り越した所まで回して掛かる様にして
リンク側のフックを掛け直すと作用部分が短くなりバネが強くなります。
この状態でテスト走行するとアクセルペダルが僅かに重くなりましたが
停止時はアイドリングまできっちり下がる様になりました😅。


バネが湾曲して見えるので見栄えはイマイチですが簡単な調整方法です。
回す量を変えれば張り具合を調整出来ます。これでしばらく様子を見ます。


続いてハンドルコラムのビビリ音対策です。
走行中どうにも気になって仕方ありません。
滑らかな路面では出ませんが少しの凸凹でも出ます。
コラムステーとフレームの隙間にシム代わりになってボルトが通せる物・・・
ワッシャーでは厚すぎるし・・・と探して目に付いたのはこれです。


アルミ缶のプルタブ・・・指が切れない様に端部は丸めてあります。
ハンマーで叩いて潰しましたが厚すぎて入らずダメでした。
もう一つ用意してドライバーとラジオペンチで丸めを広げてハンマーで
平たく延ばしたら隙間に差込めました。


プルタブ一枚を入れたらガタがほぼ無くなりボルトナットでガッチリ
締め込んでテスト走行したら見事に音が出なくなりました😊。


最後にスーサイドドアのオープナーですがこれも走行中に緩んで来ます。
ロックタイトを微量付けて締め込みました。

これで気になる部位の対策が出来ました😊。
近ごろ良い天気限定ですが家内が週に2回ほど通勤に乗って行きますので
調子良くしておかねばなりません。
片道5分も掛からずエンジンが完全に暖まる前に着いちゃいますど😣。
509
Posted at 2021/11/17 14:43:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「クリスマスまであと一ヶ月。
庭のコンセントも調整して
イルミネーション点灯開始😊。」
何シテル?   11/23 18:28
16歳からバイクに没頭し自身で整備する様になりました。 1993年にJAGUAR MK2を見て現代の車には無いデザインに とても惹かれました。 それからは...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

    1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

【備忘】ダッシュボード グローブボックス等 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/22 08:21:08
【備忘】リアドアトリム1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/22 08:18:34
【備忘】リアドアトリム2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/22 08:18:15

愛車一覧

フィアット 600 FIAT600 2a Serie (フィアット 600)
1959年式の600 2a serie (最初期型のマイナーチェンジ) 600Dになる前 ...
ジャガー Sタイプ 3.8S(S-TYPE) 1964年式 (ジャガー Sタイプ)
1993年旅先でJAGUAR MKⅡを初めて見てこの様な車を所有出来たらと・・・ 実車を ...
日産 デイズ 日産 デイズ
2020年3月登録、20年使用したセレナから乗り換えました。 経済性と維持費を抑えたく軽 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.