• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mx5ミアータのブログ一覧

2018年12月06日 イイね!

2019 Mitsubishi Outlander PHEV

2019 Mitsubishi Outlander PHEVアウトランダー PHEV の北米マーケットでの販売、伸びに伸びて2018 年モデルからやっと発売になりましたが、日本のニュースみてると、2019 年モデルから大幅マイナーチェンジで、エンジンが 2.4L になったりとかなり改良されているそうですね。多分、北米モデルも同じように 2019 年モデルから 2.4L アトキンサイクルエンジンになるでしょうから、やっと発売開始したと思ったら、次の年に早くも旧型感が(笑

今のところ、Mitsubishi のサイトには 2018 年モデルしかないみたいですが、アウトランダーPHEVって、デビューが 2012 年?モデル末期でやっと北米販売となったけど、改めまてみると、このシステム本当すごいね。2012 年の段階で、モーターでベクタリングの4WD。NSXも真っ青だね。いまだに殆どのメーカーが追いついていないんじゃない(量産するという意味で)。それを、この価格で。。。ちょっと早すきたんじゃない。ユーザーがついていけないよ(笑

そういえば、2018 年モデルがでる前に私が予想ブログあげてますが、さすが Mitsu! 庶民の味方だ(笑
良い意味でハズレて、ベースモデルのSELの価格は、$34595 から。こんなにハイテクなのに!モーター3個(ジェネレーター含む)もあるのに!

で、ここからが本題(ふぅ〜、長かった〜)。2019 年モデル。エンジンだけかと思ったら、バッテリーの容量も12.0kWhから13.8kWhに引き上げられていた。
をぉぉぉ〜。もしかして、EV走行で 30 マイル走れる???30 マイル走れたら、WA州の場合、消費税控除だ!(笑
しかし、2018 年モデルのEV走行距離は(12Kwhで)たったの22 miles 。。。新型が13.8KWhで15%増しで、もし単純にEV走行距離が15%増しだとしても足りないか。。。

まっ、でも、バッテリが日本仕様と同じ 13.8kWh になるとすると、補助金はちょっと増えて $6587(4kWhで$2500そこから1kWhごとに$417)。

2019 年モデルも約$35,000と仮定して、$35,000 x 10% - $6587 = $31913+諸費用
いい値段だね〜。Mitsu 伝統の大幅ディスカウントもあるだろうし(笑

しかし、しかしね。Webでスペックみてたら気づいたのだけど、北米仕様って 1500W AC アウトレットが上位グレードしかないのね。。。日本仕様は全グレードでもあるみたいだけど(災害時に使えるというのが売り?)。で、上位グレードの GT にすると $6000 も高くなるのね。。。(涙
Outlander PHEV でキャンパー引っ張れば、電気の心配ないと思ってたのに〜

タイトル画像の MiEV Power Box(関連情報URL)を日本から持ってきたら使えますか(笑
詳しい人教えて!!!
Posted at 2018/12/07 22:07:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | EV | クルマ
2018年11月19日 イイね!

Finally, a Subie with a plug

Finally, a Subie with a plugLA Auto Show で発表かと思っていましたが、ちょっとだけフライングでクロストレック(日本名 XV )PHVが発表されましたね。既にレビューも色々なメディアで紹介されているようです。
同時にスバルのWebサイトもアップデートされているようです(関連情報URL

気になるスペックですが、バッテリーサイズは噂通りプライムと同じ 8.8 KWh先日のCARBのリークではEV走行はプライムと同じ 25 マイルとありましたが、カタログ値は 17 マイルみたいですね。。。

お値段は、私の予想はおもいっきり外れて $35K から。。。
一番上のグレード扱いで、全ての装備ついて(革シートも)らしいですが、高いよね〜
$4500 のクレジットもらっても $30K 以上でしょ。。。
たった17 マイルしかEV走行できないし。。。

それなら、クソ重たいバッテリ積んでいない軽快な素の 2.0i を選ぶな〜。6MT で $22Kからだし。

完全に CA しかターゲットにないですな。。。(涙

マツダのEV(ロータリーエンジンのレンジエクステンダー)に期待してます(笑
Posted at 2018/11/20 23:00:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | EV | クルマ
2018年11月14日 イイね!

2019 Subaru Crosstrek Plug-In Hybrid

2019 Subaru Crosstrek Plug-In Hybrid日本では既にXV(北米では Crosstrek) は Advanced というグレードでハイブリが売られているからか、プラグイン仕様はヒッソリと発表されてましたが(笑)、北米仕様の方(PHEVね)のEV走行距離がCARBの情報からわかってしまいましたね(関連情報URL)。

25.65 マイルだから、やっぱ、プリウス プライム(日本名プリウス PHV)とドンピシャですな。
四駆だし重いし、プライムより電費悪くなると思っていましたがそんあに変わるもんじゃないんですね〜
多分、実際に使用したらプライムの方がいいはずですが。

まあ、でも、WA州の場合、30 マイルを電気だけで走れなくては消費税控除にならないので、下回るなら誤差ですからどうでもいいですが(苦笑

しかし、北米の場合、ZEV対策でクレジット稼がないといけないから(特にスバルの様な中規模の車会社も今年から必須)しかたがないですが、日本の e-Boxer と呼ばれているものと全然違うシステムで驚いた。というか、日本仕様はちょっとトリアエズ感が強くない〜?

日本仕様の場合、ミッションとプロペラシャフトの間にモーターがあって、ナンチャッテハイブリ(マイルドハイプリともいう 笑)、しかも出力が 10Kw 。。。
北米仕様(PHEV)は、ちゃんとミッション内にモーター埋め込んでる。もしプライムからの流用だったら 53 Kw あるわけだし、ジェネレーターを2個目の走行用モーターとして使うのであれば + 23Kw(プライムと同じ仕掛けと推測)。

環境も状況も要望も違うので仕方がないですが、あまりにも日本仕様がオソマツに見えるのは私だけ???
まっ、日本仕様は買おうと思っても買えないんだから関係ないですが(笑)

ちなみに、今年中に販売になるとからしいのですが、最初はZEV採用の州だけで、WA州は含まれないとか。。。(涙
Posted at 2018/11/15 22:33:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | EV | クルマ
2018年10月04日 イイね!

あれ、ハイブリッドじゃなくて、プラグイン!?

あれ、ハイブリッドじゃなくて、プラグイン!?そろそろ我が家の足車のアクトバックを買い替えたいと色々と妄想しているのですが、奥様の足車ですから次は電気仕掛けと考えていて、スバルからのプラグインがでるのではないかと決めれずにいます。
ちなみに北米スバルの Web サイトはずっとこんな感じで焦らしている。。。

まあ、各社、電動化は避けれないわけで(特に北米)、待てば待つほど選択が増えるのも事実ですが、あまり待っていると待ちくたびれて、、、もうすぐ子供が 14 歳だから、アウトバックにあと 2 年乗って子供にやるか、とも思って乗り換え熱も冷めてきて。。。まだ 70K マイルだし。。。

本当にXVのプラグインってでるのかな???って思っていたら、ひっそり(笑)ニュースになってました(関連情報URL)。
EVOLTIS (エヴォルティス) という名前ではなさそうですね。

噂通りプリウス PHV(北米ではプライム)のユニット載っけてでそうですね。
PHV化で$5000 高くても、EV補助金対象となるから $4500(プリウスPHVのバッテリだと8.8KWhだから)返ってきたら、ほぼ相殺。
でも、プリウス PHV(北米ではプライム)でも、EV走行は 30 マイルいかないから消費税控除は無理だな〜
Posted at 2018/10/05 18:03:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | EV | クルマ
2018年05月28日 イイね!

Subaru's Upcoming PHEV Might be Called Evoltis

Subaru's Upcoming PHEV Might be Called Evoltis先日、ニュースになっていたスバルの新型PHVは EVOLTIS (エヴォルティス) という名前になるかもですね(米国特許商標庁に「EVOLTIS」という名前で申請)。

また、呼びにくい名前だ(笑

CA の ZEV 規制強化で、とうとう2018年からスバルやマツダのような中規模メーカーもPHV・EV を売らないと商売させてもらえなくなるから、スバルはとりあえずトヨタのPHVシステム使って規制だけはクリアしたいところでしょうね。スバルもマツダも、クソ重いバッテリ積んだような車は作りたくないけどマーケットが大きいCAは無視できないので仕方なくっていうのが本音なんでないかな〜(笑
マツダはどうするのか気になりますね〜。ロータリーのPHVでいけばいいのに〜(んなぁわけないか 笑)

で、我が家の普段の足、アウトバック、新車から10年経過(でも距離は68Kマイル)して買い替えを考えているのですが、奥様メインの車となるので、お得度が一番重要でして(苦笑)、インセンティブがまだあるうちに、はたまたトランプ大統領が関税 25% かける(クレイジーだ!)前に買い換えたいわけです。
うちの奥様、車のことは何もしらなくて、移動の道具としかみてないのですが、なぜかスバルというブランドが好きみたいなんです。なので、 EVOLTIS (エヴォルティス) ?がPHVででてくれると嬉しいところなんですが、来年なんでしょうな。。。それまで待てんな。。。別に急ぐ必要はないけど <<どっちやねん(笑

では、お得度チェック!

エヴォルティス(仮名 笑):
国の補助(プリウス・プライムと同じシステムだからバッテリは 8.8Kwh):$4500
消費税:約10%(プリウス・プライムと同じシステムだから EV モードで 30マイル走れない)
予想価格ですが、多分、北米では前回と同じようにXVクロストレックにモーター積むと思うな。ちなみに旧XVクロストレックHV(PHVでない)のベースモデルは$30Kギリギリ切ったような値段だったので、今回も同じような値段だと思う。現行XVクロストレックの北米のベースモデルMSRPが$21795(5MT)でATだと+$1000。
なので、ベースモデルが$30Kとして、$30,000 x 10% - 4500=$28,500+諸費用

ん〜、いい値段だ〜

サイズ的には、現行XVクロストレックと同じはずだから、、、
クロストレック: L 175.8" x W 71" x H 63.6"
Outback (BP): L 189″ x W 70″ x H 62-63″
とOutback と変わらない。ちなみに下記とも比較。
プライム:L 183″ x W 69″ x H 58″
クラリティ:L 190.3" x W 72.7" x H 57.8"

しかし、スバルの北米ラインアップから選んでいいなら、私なら、レガシィの6気筒選ぶな〜
安いし、人気ないから値引き多そうだし、高速道路ガンガンいけるよ。
MSRPが$31,945だけど、最上位グレードだから革シートで全オプション付いて、ボクサー6気筒はもうすぐなくなるかもしれないし。。。
Ascent は4気筒ターボしかないみたいだし。。。

タイトル画像は VIZIV FUTURE CONCEPT
Posted at 2018/05/29 18:56:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | EV | クルマ

プロフィール

「ノースウェスト桜開花レポート 3/23。少しづつですが咲いてきました。心が洗われますな〜」
何シテル?   03/24 08:15
「みんカラ」ヒストリー: 2007 年 9 月開始 -> とある事情(笑)で 1 年間閉鎖 -> そして復活
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ヒーターホースバイパス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/11 12:40:49
本気でチューニング・・・の準備 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/19 23:02:03
Engine Load - ROMチューン  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/13 18:14:32

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
日本では見たこともない巨大ナメクジが街のシンボルになるほど雨が降る街 - シアトル - ...
トヨタ ランドクルーザー80 トヨタ ランドクルーザー80
ガレージ(というか家)プロジェクトで、荷物を一杯運ぶことがこれから増えそうなので、荷物を ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
2008 年 4 月、スバリストになりました。 実は 4 輪では初めての新車だったりし ...
ホンダ ステップコンポ ホンダ ステップコンポ
2001 年 4 月発売。多分、その 2 、3 年後には生産中止だったと記憶してます。確 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.