車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月24日 イイね!
まだ5月なのに真夏日のイタリアンジョブ
先週末は、イタリアンジョブが開催されました。


当日の日曜日の藤橋は30℃を越す暑さでした。
涼しいはずの山の中で、日焼け止めを3回も塗り直したのに、日焼けして顔がヒリヒリしています…(泣)




朝一番、スタッフ入りからハイテンションなのは、オートマイスターでOHしたばかりのチンクが納車されたhanaさん。



メーターもハンドルなど、ピカピカ!




エンジンまでも、まるで新車!




もちろんボディも下周り含めフルOH!




サングラスが❤️て、浮かれ過ぎ!(大笑)




晴天での絶好な天気に、エントリー車両は89台と、多くの見学車両で会場は大賑わいました。

















「もう少し右にハンドル切って〜!」
「あと5cm前進!」
など、エントリーされた方に細かい指示をして面倒をお掛けしますが、綺麗に整列した車両が並ぶイタジョブ会場に誘導するのは、スタッフの友人達の賜物です。
来年も、細かな誘導にお付合い下さいね!





個人的に、会場で最も注目した車両は、131アバルトラリー!





ゴールドに塗られたカムカバーの、16バルブのスペシャルエンジンに大注目でした。



どうやら、狭角ヘッドの金色カムカバー繋がりで、お頭と大盛り上がりしていた模様でした。







ミニマムなコチラの車両も大注目でしたね〜



何とコレ!ペーパークラフトで出来ています。
市販キットを拡大コピーして、スペシャルに作り上げた器用さにビックリでした〜







会場で、タイミングライト片手に毎度のメンテナンスを始めるマイスターの姿も。(笑)





見学車両も濃い素敵なクルマが多く、コッチの方がバラエティに富んでいたかも…(笑)







ステアリングフェチだけに、使用している銘柄に興味津々



MOMOのジャッキーイックスのような、ステアリング。
ジャッキーイックスのは所有してるけど、微妙に違って見えました。
デルタの初期物も同じようなステアリングだったような…(汗)




ナルディの限定モデルですね。
ナルディには珍しいスポークが丸穴開きのタイプ
360mmφで、操作も良さそうです。




私がスパイダーに愛用しているMOMOのMONZAのウッドタイプと同じですね〜
シリーズ4のスパイダーに装着されていました。
365mmφと少しだけ大きめですが、細い握りのステアリングは、雰囲気が最高!





楽しい時は、「あっ‼︎」と言うまでに過ぎてしまい、毎年思うのですが、余り話が出来なかったのが悔やまれます。

その少ない会話で、当日の会場で良く質問されたのは、

1番多かったのは「サクランボの育て方」
2番目には「猫を何匹飼ってるの」
3番目にして、ようやく車ネタ「バネレートはどれくらい」でした…(笑)





閉幕前の集合写真、今年も私が撮影させて頂きました。
来年に向けて、集合写真の際に笑えるネタを仕込まないと…(汗)





また来年も藤橋でお会いしましょう!
Posted at 2017/05/25 00:13:41 | コメント(7) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2017年04月28日 イイね!
反逆的な選択
現在スパイダーに履いている、ダンロップ DIREZZA Z1 STAR SPECのタイヤが製造から6年経過して、明らかに経年劣化でグリップが悪くなって来ているようで、前に走行している車両が無ければ、10分強ほどアクセル全開が出来る良く行くワインディングでも、以前のようにショルダーにゴムの塊が出来る様な事がなくなりました。


以前に古くなったSタイヤで苦い思い出があるだけに、新しい銘柄のタイヤに履き替えないとアカンがね〜

と言うことで、次期購入するタイヤを考えてみました。



サーキット走行禁止になったスパイダーではありますが、それなりにワインディングでは気持ち良く走行出来る程度なタイヤを履きたいので、今流行りのECOタイヤは選択にありません!
時代に逆行してようと、止まる曲がるがキチンと出来ないパフォーマンスなECOタイヤは履きたくありません。
ガソリンをケチって、万が一のリスクが高くなるタイヤは遠慮したいですので!


それに、一緒に良くツーリングする仲間がSタイヤ常用しているだけに、ECOタイヤでついて行くのは凄く辛いので〜〜

しかし、そーなると使えるサイズの有る銘柄のタイヤが近年無いのが現状です。
185/70R14なんて、ECOタイヤにしかラインナップされていないし、困ったもんだ…(泣)




現在使用中のは、DIREZZA Z1 STAR SPEC 195/60R14

DIREZZA Z1の良いのは、Sタイヤほどではなくてもソコソコのグリップが有り、道中に降雨があっても何とか走行出来る事と、何より14インチサイズはリムをガードするプロテクションがなく、サイドウオールがドーナツのように丸く膨らんでクラシカルに見えるのが1番のポイント!

しかも195/60R14ならメーターの誤差も少なく、実際の速度をスピードメーターから補正する事もなくて楽チンです。

難点はハイグリップタイヤ言えど、コーナーではタイヤ鳴きは結構するタイヤですが…(汗)


本当の105系のスパイダーのオリジナルタイヤサイズは



ミシュランのXASに代表される 165HR14になります。
MYスパイダーのスペアタイヤに付いていたのも、このタイヤでした!





現在販売している後継 DIREZZA ZⅢですが、195/60R14がありません。
185/60R14で、ラヴォイタに使用していたDIREZZA 03Gと同サイズです。
でもリムガードはやはり14インチには無くて、好みなフォルムであります。
しかし、カットがウエット時は本当に大丈夫かいな?と思うデザインです…(汗)





ラヴォイタで使用していたのは DIREZZA 03G S2コンパウンド
Sタイヤなので、当然リムガードが無くて格好良し。
しかし、一般公道走るタイヤとしては、ショルダーが硬すぎて路面の凹凸に敏感になり過ぎて、直線安定性に欠けるタイヤだし、第一185/60R14にはジムカーナ用かタイムアタック用のコンパウンドしかなく、レースや公道で使用できそうなH1コンパウンドが無い!





最近、ハイグリップラジアル系では巷では最強と言われているPOTENZA RE-71R
ブリジストンのタイヤはサイドが斬り建っていて、角ばったフォルムで余り好みでは無いし、
14インチでもリムガード付き…
しかも、やはり185/60R14サイズしかない…
タイヤグルービングがDIREZZAと劇似て、ライバルメーカーとしてどうなの?(笑)
80年代位に大人気で、私も使用した事があるRE71とは、全く異なる似ても似つかわないデザインだけに、新しいトヨタ86と同じで売名行為そのもの!
トヨタさんにブリジストンさん、その行為は恥ずかしくないのかな〜





唯一195/60R14サイズのラインナップがあるのが、ADVAN AD07
現在販売されているのは後継種のAD08ですが、195/60R14は生産されてないので、平行して販売されている型遅れのADVAN AD07が候補になりますね。
リムガードは搭載してなくて、ヨコハマタイヤらしく角の無いラウンドしたフォルムで良し!





グッドイヤーからもDIREZZAに似たデザインの、EAGLE RS SPORT S-SPECがありますが、ブリジストンと同じくリムガード付きで185/60R14しかない…





近年、評判の高いアジアンタイヤ代表として、NANKANG NS-2Rをセレクト
しかし、この銘柄も185/60R14しかなく、195幅のサイズは無いようです。
グリップは、国産ハイグリップに肉薄していて、価格は2/3程度!
ブランドネームは微妙ですが、コストパフォーマンスが高いと聞くと、コレも有りかと。
しかし耐熱性は今一歩で、ミニサーキットの鈴鹿ツインサーキットで3周走行ほどでタレるよう…(汗)
少なくても10分以上全力で走らせても、タレないタイヤが欲しいので却下かな…



ハイグリップラジアルからグレード落として履くとなると、業務用車両に使用していた、



ダンロップ DIREZZA DZ101

現在は後継機種のDIREZZA DZ102になりますが、やはり全体的なグリップが弱いのと、タイヤ鳴きが盛大なので、スパイダーに使うには躊躇します。



で、現在業務用車両に使用しているのは、



ミシュランのパイロット スポーツ 3

どうも以前履いていたDIREZZA DZ101よりタイヤ自体の重さが有るようで、加速が鈍くなりました。
トータル的なグリップはDIREZZA DZ101より若干良くて、Sタイヤのように路面の小石をタイヤハウス内に巻き上げ音を立てて走行します。(汗)
サイド剛性が高いようでして、停止時などでタイヤの潰れる量が少なく、ブレーキ掛けても姿勢変化が減り上質な感じで止まりますし、雨天時の際にもグリップが良くて使い勝手良い乗り味になったのですが、残念ながらスパイダーに使用出来るサイズがありません。



で!期待しているタイヤは!



ヨコハマ ADVAN HF-type D

東京オートサロン2017で、現在開発中のプロトタイプを参考出展したよなので期待したい!
プロトタイプのサイズは195/70R14と言う事だったので、正にスパイダーの純正サイズのシュランXASと同サイズ!

しかも、自分がAE86でジムカーナをしていた30年位前と同じデザインで、コンパウンドは現在の技術で出来ているとなると、第一候補ナンバーワン!

でも、何時販売になるの?(汗)

ヨコハマ タイヤさん、早く販売開始してぇ〜


※ 噂では、どうやら今年の10月くらいの販売開始を目指して開発してるようです。





※ 以下タイヤ参考サイズ

サイズ            比率

165HR14  外径 626mm  (1.000)

195/70R14 外径 628mm  (1.003)

185/70R14 外径 614mm  (0.980)

195/65R14 外径 610mm  (0.974)

195/60R14 外径 589mm  (0.940)

185/60R14 外径 577mm  (0.921)



DIREZZA ZⅢ      185/60R14 外径 580mm  (0.926)  

ADVAN NEOVA AD07 195/60R14 外径 588mm  (0.939)  


スパイダーに現在履かせているDIREZZA Z1 195/60R14で、

車高高が93mm!(汗)

185/60R14に替えると、単純計算で…

87mm!


アカ〜ン!


車検に通らんがね… (大汗)
Posted at 2017/04/28 12:52:12 | コメント(10) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2017年04月17日 イイね!
日本自動車博物館ツーリング
4/16の週間天気予報、当日3日前までは微妙な塩梅でしたが、当日は曇りのち快晴!

まいどの仲間達と、石川県の日本自動車博物館までツーリングをして来ました。






館内を全部観るのに思ってた以上に時間が掛かるほど、展示車両が多くてバラエティも豊富!

個人所有の施設と思えぬほど、スケールのデカイ博物館でした。




館内はスチール撮影は出来ると言う事で、少しだけ撮影してみました。
※ ムービー撮影は不可







館内は所狭しと、所蔵車両が正しくギッチリ収まってました。

展示の方は製造国や、メーカー毎のレイアウトになっていてます。


ココで、グットきたのは、「働くクルマ」








コレは業務用マスコット車両として欲しいぞ〜
宝くじ当たったらですが…




マツダの3輪車は、親戚が所有していたので運転した事が有ります!
懐かしい〜!
うん十年前ですが〜
ブレーキが甘くて、ホント怖かったです…(汗)




コレも、懐かしい車両です。
2代目クラウンは、自分が幼い頃に父親が乗っていた車両だったので!
メーターとシートはフラットで、チョット変わっていたクルマでした〜




イタリア車両の方は、FIAT500の展示も歴代毎に展示されていました。




童夢が製作した「ジオット キャピタル」までも所蔵していました!
ライト周りがゾンタぽっくも見えますが、上品で綺麗なデザインです。
スバルのF1用エンジンV12を観れるように、リアカウル開けて展示してくれたら最高なのに〜




肝心のスパイダーは、デュエットが展示されていました。
リアにサイドマーカー付きだったので、多分は北米仕様の個体だと思います。


と言う、内容の無い絵日記でした。(汗)



















Posted at 2017/04/17 14:51:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | ツーリング | クルマ
2017年03月20日 イイね!
耐久号で美浜サーキットにて練習走行

3連休の最終日、美浜サーキットに練習走行に行ってきました。

と、言っても私は3連休では有りませんでしたが…(涙)



今回の課題は、いかにタイヤに優しく走行出来るか!

ブレーキでタイヤを傷めず、しかしタイムは大幅に落とさない走行は、なかなかの難題です。

ノンスリの入っていない耐久号の124スパイダーだと、立ち上がり時にロスが大きく、タイムを詰めるにはライン取りとブレーキで頑張るしかないのですが、ブレーキの掛け方次第ではタイヤを傷めて、耐久レース向きのタイヤに優しい走行の仕方から大きく外れますので、なるべく短い時間でブレーキングを終わらす走行の仕方か、ブレーキポイントを手前にして優しくブレーキを掛ける走行か、迷いましたが、怪物チンク乗りのカメロンパンさんと協議の結果、ブレーキを少しでも長い時間掛ける方法は、ブレーキも焼けてフェードするし、タイヤにとっても傷む時間が長くなるので、出来るだけ短い時間でブレーキを終わらせ、タイヤをロックしないように走行するのが、正解ではないかと決めて実践してみました。

今回の美浜サーキットですが、初走行でしたので、2周ほどでコースレイアウトとラインを確認して、後はなるべくコンスタントにタイムを刻めるように、ブレーキもロックしないよう気を付けて20分走行しました。

ターゲットタイムは、当日応援と一緒に走行してくれたCars on Sundayさんの51秒台のタイムを参考に、同じ位のタイムで揃えるように走行してみました。

耐久レース向きのハードコンパウンドタイヤなので、思ったよりも曲がらなくて、6000回転までの自主規制が有る為、幾分もどかしさはありましたが、タイヤを労った走り方は出来たと思います。

混走でも、ノーマルのままのエンジンに、純正形状のままの脚周りの耐久号の124スパイダーで、ほぼ51秒台半ばベースとして1秒位の前後の誤差で走行出来たので、練習としてはまあまあだったと思います。

前回の鈴鹿ツインサーキットや、西浦で走行した時は、リアブレーキの効きが非常に悪くて、フロントばかりで、ブレーキを掛けるとフロントが突っ張った感じになり、リアが不安定だったので、美浜サーキットの下勾配の裏ストレート後の4コーナー進入時が最初不安でしたが、124としさんが、事前にリアブレーキを調整してくれたおかげで、リアブレーキが良く効いて不安なく走行出来たのが、1番の収穫でした!









Cars on Sunday さんのジュリア


S800さんの106


Mr.Mさんのエッセ

※ 今回コンパクトカメラで撮影したので、汚い画像でゴメンなさい!



やっぱり、サーキット走るのは楽しいね〜
Posted at 2017/03/21 01:03:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年03月17日 イイね!
2017 イタリアンジョブ エントリー開始からの〜ラヴォイタオープン戦

2017 ITALIAN JOB
エントリー開始です!




ラヴォイタ オープン戦開催日と合わせて、今年のイタリアンジョブのエントリーが開始されました。


エントリー詳細はクラブマザーヘッドのホームページをご覧下さい。

参加規定車両を所有する貴方の参加をお待ちしています。



さて、先週末に名阪スポーツランドEコースで開催された、2017 ラヴォイタオープン戦の撮影スタッフとしてお邪魔して来ました〜


個人的な今回の注目参加車両はコチラ!



競技用ラリータイヤを履く三菱コルトギャラン
豪快なドライビングで、当日の会場で一番注目されていました〜




サーキットを全開で走るSZを観れる事は、そう有る事ではないだけに注目されていました。
が、個人的にはSZを良く見る機会が多いので感覚が麻痺して、有難く感じない…(笑)






ドアまで外して20kgの軽量化を施してのタイムアタックでしたが、ドア付きとタイムが変わらないと言う結果だったそうです。(笑)




やっぱり、ポルシェの6気筒の快音はサーキットに良く似合いますね!




今回105系スパイダーの参加は1台のみ。
寂しいので、次回はスパイダー乗りの貴方は是非参加して下さい!


オープン戦は順位もクラス分けなしの車種等も何でも有り!
※ でもレーシングカート参戦は却下されましたが…(泣)



ポディウムの真ん中は、オープン戦連覇のスーパー7!
超軽量な車両だけに、加速が尋常じゃない!
コーナー間をワープしているように感じさせる動きは凄過ぎです!
次回以降、スーパー7を上回るエントリー車両が出て来るかな…




2位は、なんと排気量660ccのビートの赤い~のん!? さん!
軽量のビートの特徴を生かす、ドライビングは流石と言うしか有りません!
特にブレーキングは上手かった〜
ホイールベースが短いのて良いなぁ〜と思ったら、ウチのスパイダーの方が30mm短かった…(笑)




3位は私がスパイダーで参加していた時の、目の上のたんこぶっ!(笑)
キングKさん!
リアをオタフク風にして、トレッド拡げて挑んだけども伸び悩んだもよう。
次回までには慣れて、巻き返し有るか!




今回のお頭、頑張りました。(笑)
私が尻を叩いた効果でしょうか!(爆)
ブレーキもライン取りも思い切ったドライビングでした。









当日に会場でお会いした皆さん、またお会いしましょう!

追記:
週末(月曜日の祝日)はサーキットで耐久号での練習走行です。
タイヤを労わって、ロングライフで走れるように頑張ります。


2017 ラヴォイタオープン戦 写真集、フォトアルバムに全ての参加車両をアップロードしました。
ご覧下さい。

Posted at 2017/03/18 01:01:30 | コメント(8) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
プロフィール
「@Velizy ウチのは、品種は佐藤錦ではないようですが、大粒で意外と甘く、スーパーで購入する物と遜色ありません。
お孫さんと収穫ですか!
楽しそうですね〜
ウチと違って大きなお庭のようなので、羨ましい限りです。」
何シテル?   05/14 18:49
現在、alfa romeo spider Sr2に乗ってます。 免許を取ってから、んっじゅ~ねんキャブ車ばかり乗り次いでます。 オープンに乗ってますが、本当...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
残念 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/25 14:19:40
ファン
24 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ スパイダーベローチェ アルファロメオ スパイダーベローチェ
化石燃料車は何時迄乗れるのかな・・・
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
峠にジムカーナなど、楽しみました。 GTVには、パワーステが付いてない競技前提グレードだ ...
BMW 2002 BMW 2002
シングルキャブのモデルになります。 乗り易く、随分乗り廻しました。 特に足廻りが良くて、 ...
ヤマハ RD50 ヤマハ RD50
祖父のメイト以外だと、1番最初に乗ったバイクになります。 心地良い排気音で、50ccにし ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.