• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

高丘満方@タカダケのブログ一覧

2013年06月30日 イイね!

先程は失礼しましたwww

えー,改めましてこんばんは。高丘です。

レモン「オイラたち3ピースバンドだったんですね」

誰も楽器できないどころか1台クルマで1台バイクとかwww


結論:その(西住ちゃんの)ぬくもりに用がある(コラァ

レモン「っていうかサンボマスター聞くんだね」

中学校~高校までよく聞いたなあ。たまたま今日聞いてねえ。懐かしかったしちょうど強引にその展開へ持っていけるネタが揃ったから絶賛使用したわけ。

レモン「無茶だなあwww」

いや,そんなに無茶な気はしなかったがなあ……。

※高丘さんは基本音楽は渋谷系っ!!の人ですが,基本なんでも聞きます。ただ日記で使える音源がようつべにあるものだけなのでここだ!!というのがガッツリ流せないのがジレンマなのです。

さてはて,まあ今宵は雑談ネタ多数です。

レモン「来月は雑談ネタすら確保しづらいだろうしね」

まあね。

まずは今日帰ったら茶の間にバイク旅行が転がっておりまして……


お~,これいいな~と。

スズキのV-Storm650です。中身はグラディウス。外見は箱という箱がないすぎるアルペンローダーです。

レモン「ただカウルが足りんなあ」

いやいや,ABS付きで箱がこの上なく似合って車両価格は約80万。これをジャーマングレーに塗ってアマ4取って無線載っければいろいろとそそるバイクに…


レモン「んなもんKLXでやれ」

えー……だけどやる気になればそれっぽいことは…

レモン「余裕でできそうだなあ。ただKLXだと高速キツそうだなあ。そもそもVFRがある以上,高速用は大型二輪であるべきだし……」

もうVFRにはETCいらんよね。

レモン「いらないなあ。大洗は一般道で十分だし」

やっぱりVFRとともにあるべきバイクはそんな感じだよね。

※そんな感じ→フルカウル・大出力・圧倒的存在感の伴った超エキサイティイイイイイイイイイイイイイイン!!!!!な長距離高速運用専用機。

レモン「となると不思議と2つしか選択肢がなくなるんだよな」

日本っておかしい国だよね。マジキチだよね。

レモン「大丈夫。そっから更に2匹かたつむりさん憑依させるとか言わないからwww」

まあねwwww

レモン「再来年は楽しそうだなあ」

お前のローンの次は間違いなくこの日本で一番身近な物騒な子だからね。

レモン「頑張って働きなされよ」

アイっ!!そうそう,うちの父親は次のローンが決まりそうだぜ。


レモン「整備がんがれ!!へっつあがんがれ!!」
アイィィイイイイイイイイイイっ!!


※まだ決定ではないですからねwwwただもう家族内でのエスティマ後継はこれで確定のようです。

さてでは今日はこのへんで。最後に一曲。

『サンボマスターは君に語りかける』は名盤です。そう言えばパソの置き換えの間でデータ消えてそのままですね。ずっと忘れてましたが,サンボマスターとの出会いのアルバムですからまた入れておこうかなあ……。その1曲目で今宵はお別れです。

サンボマスター,歌声よおこれ
Posted at 2013/06/30 22:33:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2013年06月30日 イイね!

美しき(貧乏)整備士の日々

ども,高丘です。

もう明日から7月ですよ。

ご承知の通り,来月オイラは何もできません。

来月のために何もできなかったし,それでも何も出できないんですよ。

だけど,来月何もできなくても,再来月何かするために……


レモンさんのタイヤ交換したんです。


そしたら,このボロタイヤに釘が刺さってたんですよ。

最後まで構ってくれと言わんばかりに。

最後までこのタイヤには無茶ばかりさせましたよ。

結果的に…


1本だけ新品,


あと3本中古なんていう惨めなハメになったんですよ。

だけどそんなことでめげることなんてできないんですよ。

もうこれでレモンさんは全開で高速走ったりしない限り車検まで何もしなくていいし,そのためにVFRが来るし…。

たしかにオイラは貧乏整備士,無茶してしっぺ返し食らって惨めな思いして,愛する大洗も豊郷も行けずにただこんな寂しい過疎った街で整備士するだけ。少なくとも来月はそれだけしか無いんです。

だけどそれがなんだってんだ!!

オイラは来月何もできなくても再来月再来年を全力に楽しく散るために血反吐吐くいいながら整備士やってるんですよ!!

だからボロタイヤ!成仏しやがれ!!

釘一個分の馬鹿くらいオイラとレモンとVFRで捧げたらあ!!

これがオイラたち貧乏整備士とか3人衆のロックンロールなんですよ!!セァアア!!!!


Posted at 2013/06/30 20:30:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | レモン→はらいそ号の話 | 日記
2013年06月28日 イイね!

あいちみちっ!!

ども,高丘です。

今日も会社にいませんでした。

明日はいます(既に車検少なくとも2台。ヘタすると3台の担当がほぼ確定)。

ちなみに出張理由は昨日と同じ。

結果は後日です。当然の如く自信がありませぬ。

そして今宵もネタ無しで雑談だと思ったんですが,先ほどヤフーニュースを見て衝撃を受けました。

祝:山井ノーヒットノーラン

これはなんと素晴らしい。あの日本シリーズリアルで見ていたオイラからすると感慨深い。落合さん好きなオイラなので最近のプロ野球は全くといっていいほど見ておりませんが,時たまこういう風に流れてくるニュースは実に感慨深い。

レモン「何せ実質的な能力だと当時も今も中日トップ級だからな」

今の陣営となって特に鮮明に報道されるけど,星野の時代から今までずっと故障するかしないかで活躍するか否かが決まるのは中日投手陣の伝統。最悪何も出来なかった未完は数知れず(中里とか矢口とか)。そして粘って粘ってここに来たというわけで。いや~いいですね~。

レモン「愛知か~。ほとんど通過だからなあ」

いけなくなったお盆の代わりに行く秋の豊郷はほぼオール一般道だから,大書きあたりは通るなあ。つまり国道19号=木曽高速…あれ?

レモン「あのさあ,木曽高速ってさあ…あの深夜めちゃくちゃヤバい奴?

俺たちさあ,中央道に貢ぎすぎたんだね。

レモン「絶対一般道のほうが面白いじゃん!!」


不覚…。やはり高速は邪道だったか。流石たしなみ一般道…。

レモン「それでも9時間19分」

いや,深夜だとありえない。9時間なんて100%かからん。ただ超高額超高性能低画質プリクラには注意な!!

レモン「よし,同志高丘よ。車検前の大一番だ。気合を入れ給え」

わかっている同志。

レモン「っていうか中日で道思い出すってなんじゃい」

つまり我々にとってそこがナゴヤ球場,またはナゴヤドーム巨人戦!!先発はもちろん山本昌!!


レモン・オイラ「そーれそれそれー!!」
Posted at 2013/06/28 22:02:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月27日 イイね!

どうなる熊谷!!

ども,高丘です。

結局日記を書きます。

レモン「で?どうだったの?出張とやらは」

えー…結果は後日です。

レモン「試験かなんか?」

そんなんじゃないんだが,試練だったことは確か。

レモン「今後に関わる?」

それはその試練の出来9割と会社上層部の気分1割次第です(コラァ

レモン「おいおい」

まあ今宵はとりあえず今後が楽しみな話題だから置いといて…。

皆さんChakuwikiというサイトは御存知ですか?

レモン「イエ~ス」

このサイトはWikipediaの噂板というべきもので,ありとあらゆる身元不明の噂で10割ができています。しかし噂の精度の高さは折り紙つきです。特に我らが埼玉県関連の精度の高さは眼を見張るものがあります。

例えば…うーむ…

『秩父の奥から東京へ(あるいは渋滞の日に東京へ)出ようとすると3時間近くかかり、むしろ札幌の方が東京と近い』

レモン「実にそのとおりだ」

フェリー使って遅くなってもこの上なく贅沢な気分で優雅に行ける。秩父に『優雅』というおみやげ話はない。もちろん速さもない。上野町の渋滞だけで1日が終わる。

もうひとつ。

レモン「ただそのChakuwikiは1つだけ間違っている」

そうなのか?

レモン「秩父が埼玉県になっている」

おっと!!なぜ今までそんな当たり前の間違いを見逃していたんだろう!(棒

レモン「全く本当に秩父人なのか?」

あともうひとつ,こんなことも書いてあった。

『葉書や封書の住所を書くとき、絶対に「埼玉県」を書かない』

あくまでもこれらは噂話です。信じるか信じないかはあなた次第。

さて冗談はさておきまして,そんな埼玉県民ではないはずの秩父谷にニュースが飛び込んできました。


熊谷にアニメイトができるそうです。

レモン「これも壮大に間違っているな」

日本一アツい本屋ではなく日本一暑苦しい店長だ。これはクレームものだね。しかも高丘さんはアニメイトに行きません。

レモン「同人誌とその周辺となるとアニメイトは確かに」

アニくじ…。

レモン「どちらにしろもう無理だろ…。俺らには…。とにかく泣くな」

泣きすぎてもう涙が出ないがな。

とはいえそれでもいい動きであることは間違いないでしょう。次にメロブなりとらのあななりらしんばんなりができれば高丘さんは幸せです。

レモン「秩父~熊谷間の運用コストは安いからなあ。まあ望み薄だけど」

中古同人誌なら万代書店という手もあるが,高丘さんが専門校時代に行ったときは同人誌の品揃えの偏りがひどくて高丘さん好みはほとんどなかったなあ。

レモン「とりあえずその序章,石杖は出来たよね」

アニメイトの客層は女性のほうが大半だからね。

レモン「そもそもアニメに限らず,熊谷のお店って女性向けが大き気がするのはオイラだけか?」

わからないが,たしかに女性向けのファッションはやけに充実している気はする。シネティアラも来場者は女性が多いというイメージがなんとなくある。実際はそうでもないんだろうが…。

レモン「だけど熊谷住んでるとなると大宮にも行きやすいしなあ。高校生はめちゃくちゃ多いから否が応でもアニメイトはウケがいいだろうけど」

高校にもよるだろうけど熊谷の万代は寄りにくいからな。あの位置じゃあ熊谷に来る電車通学者は極めて来にくい。アニメイトは熊谷駅の目の前だ。極めて行きやすい。それがいずれ大学生になって大宮行きやすくなり~のか。メロブになると高崎にもあるから……

レモン「そう考えると我々の理想は遠そうだね」

もしも同人誌が熊谷でホイホイ買えるようになったらコミケは行かなくなるだろうなあ…。駐車場の関連でコストがものすごくが高いし,都会ってその補完のための秋葉原もコミケより若干安い程度でやっぱりものすごく苦労するしなあ…。これが秩父じゃなく飯能になった瞬間にものすごく楽になるんだろうけど…。

レモン「そんなことできる余裕がありましぇ~ん」

だから期待薄ですが,高丘さんは熊谷に同人誌をと願い続けます。

何せ熊谷の中心街は以前の活況とは程遠い状況になっております。空きビルは多量にあります。交通の中心だし,若い人も決して少なくはありません。

決して素質がない土地じゃないからこそ,何かできてほしい。

今,専門校時代のオイラの熊谷に足りなかった何かができようとしていると信じたい…。熱くなれ熊谷(切実
Posted at 2013/06/27 21:06:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月26日 イイね!

Who are you?

ども,高丘です。

今日はまじめにコラムを少々。

なぜか?それはこれ書いたあともっと真面目にならなければならないからです。


というのも,それ以前に高丘さんは今,急遽明日行くことになりそうな出張?応援?みたいなのに必要な知識を一夜漬けで仕入れている最中です。しかし手元にある資料はこれ一冊しかありません。やること自体は旧車レストアの世界では基本の基以外の何物でもないのですが,何せ文系バカで不器用というどうしようもない高丘さんの場合はまさに急を要する事態です。

ホント,いつも申し上げておりますがねえ…。この日記を読んでいる中学生以下の少年少女諸君らは文系でも理系でも体育会系でもどうでもいいから勉強しなさい。体育も技術も家庭科もどうでもいい。必須五教科のみを必死こいて学びなさい。他を学ぶのはその後でどうにでもなる。前にも話したことある通り,君たちの人生は中学卒業するまでにほぼすべて方向性が決まってしまう。もう既に君たちは大人並みに未来を決めることができるし,決めなければならない。そういう意味で少年法はむしろ君たち自ら捨てるべきだ。

少なくとも君たちはまだこの自分のようなクソッタレになると決まってはいない。だからなんでもいい。勉強しなさい。むしろそうすればイジメなんてのもなくなる。そもそもそんなヒマは君たちには一切存在しないからだ。血反吐吐くまで死ににいきなさい。むしろ死になさい。それくらい君たちの未来は無い。無いものは創るしか無い。こんな未来のないことが義務付けられた社会で君たちが唯一許された権利はただひとつ,創ることだけなのだから。今,自分とかがやっていることはそれまでの消化試合でしか無い…。


さて,余談が長くなりました。ではまさにその"今"のお話をしましょうね。


ルマンが終わりました。やっぱりトヨタは勝てませんでした。

そもそもこのルマンというものに注目している日本人が今時何人いるのでしょうか?少なくとも同世代から出るルマンはやっぱり…


この一台が一番おなじみでしょうか?『最後だから派手にやろう』という精神は今の社会にも通じます。結局,ロータリーという形にはなりませんでしたが,マツダは見事に今の栄光を掴みました。『過去は忘れろ考えるな』という考えは個人的に『ふざけんな』です。過去は創るのです。絶望も希望も,すなわち"今"を。それを『考えるな』と捨てるのはいかがなものでしょう?

そして今年も今を創るための今がルマンで激突したのです。いくら意識しなくとも,近年のルマンは今を創っています。


今回勝ったのはやっぱりアウディでした。4連覇です。

アウディとはすなわちVW,ドイツです。技術だけ見るとクルマの社会は大きな財閥が各大陸に存在します。欧州ならVW,ベンツ,BMW,ルノー,プジョー・シトロエン,フィアットといったところでしょう。ルマンには代表としてアウディ=VW系列が欧州での大きな技術的地位を築いているという証となります。

では日本ならばどうなるか?今回はトヨタとホンダ,日産がいました。ホンダと聞いて驚く方が何人かいる思います。ただこれは日本の本田というよりアメリカのホンダの車両。日産も同様決して純日本生まれではありません。純粋に日本と言えたのはトヨタだけです。今のトヨタはハイブリットの技術的証明を創るためルマンに参戦しています。ここが当時のマツダとよく似ています。

では日本を先ほどのように技術的仕分けをするとどうなるでしょう?実は日本がアメリカビックスリーの崩壊をまともに食らったのはこと技術面なのです。GMとつながっていたスバルとスズキが一気に離れ,違う方向性を突き進んだからです。

では分けてみましょう。まずはそもそも日本車という概念から羽ばたいたメーカー。これがマツダと三菱です。特にマツダは日本車の概念を自ら放棄してやりたいことを堂々とやって大成功を収めています。ルマンのあの一瞬を彷彿とさせる輝かしい軌跡です。

三菱は元々から外国車の息吹をどこまでも感じさせる作りです。ただし自ら作った障壁を覆さないといけない苦しみは未だに抱えています。新型ekワゴンに関してもほぼi専用だった3B2型エンジンを普通の形にして使うまでに7年もかかったのです。個人的にはこの3B2というエンジンは期待をしています。三菱ふそうももちろんこの系統。日産の気配は既にないUDトラックスもこちらです。

次は日産・ルノー系。GMを飛び出したスズキがVWと袂を分けた後にたどり着いたのはここでした。あのエネチャージですが,バッテリーが別になっているというだけでやっていることは日産がだいぶ昔から使っていた回生ブレーキと非常によく似ています(日産は回収した電力を補機バッテリーに直接ぶち込みます。なので対応バッテリーが必須です)。CVTはジヤトコで同じものだし,ECUもボッシュ系列(日本の場合は旧日立系つまるところ日産につながる)とやはり似ています。日産ルノーがやったことをスズキが流用するという関係です。

残るはトヨタ系列とホンダ,この系統だけです。この両雄,似ているのは技術が純日本生まれであるという点。むしろ日産系からGMを取り入れ結局トヨタになったスバルはむしろ日本に還ってきたを言うべきでしょう。結果は当時の予想を大幅に覆す成功を収めています。そして何よりメインかサブかの違いはあれどハイブリットというものを世に広げたのもこの2社です。

ただ他の日本メーカーが使っている技術はトヨタ系統です。スバル,ダイハツ,日野……。ホンダは伝統墨守唯我独尊の精神で己を磨きあげています。ただ多数派が勝つとなれば日本車技術代表となるのはトヨタとなります。

しかし今回,アウディは欧州流ダウンサイジングだけで戦ってはいません。去年からモーターを積んでて,しかもルマンはやはり勝っているのです。モーターを積んだクルマという意味でオリジンと言えるトヨタは今回も涙を飲むこととなりました。これは技術というよりレースの展開と言えますが,どちらにしろハイブリットが4位まで連なるということを考えると面白い。文章だけ見ると一見,技術で誰なのかがわからないという点で。今も過給ダウンサイジングとハイブリットは市場で派手な戦いを続けていますが,レースの世界は『もうどっちでもいい』といっているような感じがして。

恐らく過給ダウンサイジングとハイブリットの決着は目の黒いうちにわかるでしょう。どの今が勝っても面白いとルマンが言っていると言うならこれはこれで面白いでしょう。それでも自分は加給ダウンサイジングに一票を投じますが,勝者は別にどちらでもいいんじゃないかなあと思います。整備士的にはどっちも苦労するクルマにはなりそうですから…www

さて,あなたはどっちの今を推しますか?あなたは誰?Who are you?


Posted at 2013/06/26 22:13:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

「お知らせ http://cvw.jp/b/1070708/42516705/
何シテル?   02/16 20:15
お知らせ 当アカウントは2017年7月を持ちましてブログ他主力機能の更新を終了しました。現在は整備記録等の都合により8000系の愛車紹介機能のみ不定期で更...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

スズキ スイフト 帝都急行8000系FSEフレンドシップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/28 20:02:11
【動画】公道でこのスピード… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/23 09:41:38
たまには書かねば。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/09 12:13:34

愛車一覧

その他 Nikon D300 写真関連のご紹介 (その他 Nikon D300)
(更:20160630) 当日記開闢からの問題。それは写真の質がいまいちだったこと。長 ...
スズキ スイフト 帝都急行8000系FSEフレンドシップ (スズキ スイフト)
※20171028更新:現在,当該編成は通常通りのダイヤで運行されています。なお性能に関 ...
その他 その他 帝都急行のご案内 (その他 その他)
※こっから先は仮想鉄及び中二病分が多めであります。 当ページでよく登場する帝都急行とい ...
イタリアその他 Bianchi 帝都急行大洗港線OA40形"Cielo" (イタリアその他 Bianchi)
事故により4号たんを潰してしまって数ヶ月。 やっぱり大洗での行動をサポートする車両を得 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.