• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

高丘満方@タカダケのブログ一覧

2016年07月10日 イイね!

2度めのスタートライン,だけどすぐ来てしまうゴールラインに向けて。

ども,生きてますよ。

というわけで……


ひとまず動くようになりました。

レモン「ふっかーーーつ!!」

シャロン「え?レモン?」

もうめんどくさいのではらいそ号と呼ばないでレモンさんと呼ぶことにします。単純に呼び慣れてますから。

にしても予想を超える難工事となりました。

もうありとあらゆる人から『もう一度同じことあったらもうやめてくれwww』と言われまくっております。自分も実際問題そう思っているところです。

レモン「とにかく呪いがね…」

普通の車なら単純に老朽化だね☆で終わるんですが,終わらないとなるとこのように厄介なこととなります。もはや一言。

『呪い』という他ないです,マジで。

ちなみに呪いといえばミッションです。オイル交換してみました。

みほ「かなりひどそうな…」

ましろ「恐ろしい光景しか浮かばないぞ…」

シャロン「鉄粉じゃなくて鉄片が出てきそうな…」

いや,そんなことありませんでした。

交換歴があまりにも無かったのは事実だったらしく,色はすさまじいものでした。

ただメンテやってない軽トラのデフオイルと思えばそこまででもなく,鉄粉以外のものは一切出てきませんでした。

というわけでミッションはひとまず安全が確認されました。

シャロン「ほほお」

現在の不良箇所は左バンクのヒーターケーブル切れと若干のアイドル不良。とはいえどちらも動かす分には問題ないか対応できる程度です。

レモン「アイドルがちょいと悪いくらいならバイクだと思えばいいだけだしな」

つまり……

18日の花園行きを走れたら8月より大洗運用を開始します。

とはいえスイスポ時代のレモンさんみたいにポンポン運用するのはやはり厳しいです。月1回が限度といったところです。

レモン「SLの運転だと思って頂ければ…」

ただこれでは大洗限らず普段の移動にも問題があるのは当然でして,稼働率補填のため引き続きクレアさんは頻繁に運用されます。

そしてクレアさんの後継機なんですが…。

250ccは一旦諦めます。

今年1年は高速を走らない前提でいきます。

それでも老朽化の激しいクレアさんが走り続けるのは問題あるし,現状だと秩父管外運用には付けません。そこで……


求む,カブ90。

一同「やっぱりこれか」

結局のところ『安い・頑丈・積める』を考えるとこれが一番いいのです。多少の雪にまで耐えられる耐候性もグッドです。

ちなみに丸目の子が前提です。角目&燃料メーターがスピードメーター内にあるのがやっぱり好きになれんのです…。


カブは今年中に運用開始を考えています。

とはいえ,ビートルさんが乗れるのは遅くとも来年10月までです。やっとこさあスタート地点に付きましたが,終わりは極めて近いものとなります。そもそもゴールまで乗れるかどうかもわかりません。

しかもカブ90の配備確定により,ビートルさんの後継機も決定してしまいました。

みほ・シャロン「わかった気がする(確信)」

同じようなことをカブ50とサンバーでやっている社長がいましたね…。

目的は違いますが,スタイルは引き継ごうと思っています。もちろんこの後継機は20万キロまで降りない今度こそ長期政権となります。

それまでに最高のバトンタッチができるようにするにはビートルさんをしっかり責任持って乗ることです。

戦いは始まったばかり。
Posted at 2016/07/10 22:23:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | レモン→はらいそ号の話 | 日記
2016年06月30日 イイね!

クラッチ修繕後のビートルさんはどうなるのか?


さて,先日突如として知ったこの話…。

みほ「なんだか一気に問題が解決したね」

シャロン「まあ最初はみほのドールを作ろうなんてのが目的だったけど…」

ましろ「とはいえ版権物を扱うようなメーカーではないんだろう?」

本当にまさかとは思いましたよ?普通の考えだったらやっぱりボークスがDDで出すかもと考えるでしょうし…。

ちなみに……


スマートドールよりこちらのほうが個人的には馴染み深いかもしれません。

とはいえ採用規格こそ180度変更となったものの,『みほのドール』をお迎えするという本当に最初期の目的が叶えられることとなりました。

皮肉にもその原動力となったのが……


彼になろうとは誰が予想したか。

シャロン「そこね…」

恐らく彼が今のところ作った唯一の功績と言えるかもしれません。

クラッチ故障によって7月に行う予定だったドールお迎えが無期限延期となった直後にこれです。やっぱり出来過ぎています。

ましろ「でもクラッチ故障でお膳立てって体張り過ぎだろう…」

スマートドール1体をお迎えするには最低でも6万円ほど掛かります。みほも恐らくそれくらいになるだろうと言われています(もしくは若干高いか)。ですが,高丘組のみほドールは残念ながら事情が違います。

つまり事実上,クラッチ修繕費が上乗せされているという事になります。こじつけに近い話ですがwww

もちろんビートルさんの修繕費用も貯めながらという困難がありますが,またとないことなのでみほはお迎えします。

シャロン「しかも10月車検だったわよね…。大丈夫?」

た…多分wwww

みほ「レモンさんの時だったら事前に全部終わらせてから車検してたよね?」

ビートルさんもそれに習うこととなるはずです。そもそもできることなんてフロントホールベアリングのメンテくらいしか変わったことはありませんので…。

あとマフラーがあまり様態が良くなかったりするんですが,まあこちらも考え次第。そもそもそうやってギリギリで乗るすべしか我々にはありません。

シャロン「ロマンなんて追求しないでよ?」

もうしません!(キッパリ)

なんでこれからの修繕はロマンを捨ててでも信頼性あげられるところは徹底的にそうする予定です。事実,今回のクラッチ修繕で行うレイトタイプ化もそのひとつです。

そんなこともあるので今回の修繕後もビートルさんの稼働率はあまり上げない予定です。またルート選定もできうる限り平坦な路線を選んで走らせます。

つまり秩父を出てしまえばずっと関東平野をただ走り続けるだけの路線……

・秩父~大洗間
・秩父~宇都宮間
・秩父~寄居~川島間

ここらへんが該当します。なお鬼怒川温泉に関しては例外的に臨時運用します。秩父~西川越間は実績づくりが必要。雁坂?論外です。高速運用能力?付与する予定は一切ありません。同時に東京運用も非対応となります。

つまりビートルさんで関東脱出は不可能と判断しています。


シャロン「まさかここまでのことになるとは…」

関東から出る方法は鉄道と高速バス,レンタカー以外にないということです。まあ鉄道旅を撮るというのもいいでしょ。

ただし大洗運用につきましては原則ビートルさんのみで運用します。今後は水戸大洗線ではなく栗城線のみで大洗を結ぶことになります。そこは絶対に守ろうと思います。


ただここまでビートルさんの稼働率を下げるとなるとクレアさんの運用が常態化します。

シャロン「専門校時代に戻っている気がするわ」

ただクレアさんもあまり状態が良くありません。でも今回の武功と何より秩父~親鼻間ではやはり二輪のほうが省コストということもあって,このポジションの車両がないのは問題です。

なのでクレアさんを来年度かそれ以降に置き換える方向でいます。

幸いにも今回のことのおかげで「車検のない二輪車なら運用しても良し」という許可を得ました。4号たん事故以来の規制がようやく緩和されたことになります。

そのため……

・250ccで最低限の高速運用能力を確保。
・車体的に積載能力を高くしやすいものであること。
・関東圏外対応のため,痛単車化改修にも耐えうること。
・信頼性はクレアさんと同等かそれ以上を確保すること。
・パーツ面での不安が一切ないこと。
・キャブレター車であること。


この6つの条件で車両候補を選定中です。候補機は……

カワサキ代表:エストレヤ(総合面で最有力)
ホンダ代表:VTR(信頼性と出力面で有利)
ヤマハ代表:セロー(唯一のオフロード機からの候補)
スズキ代表:ボルティー(導入費用最安)


つまりバイク便で使えそうならOKということであります。

そして痛単車に対応できるという条件がありました。仕様は既に決まっています。


シャロン仕様復活以外に何をしろというのか?

流行りもんには決して流されませんぞ我々は…。
Posted at 2016/06/30 22:37:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | レモン→はらいそ号の話 | 日記
2016年06月26日 イイね!

すいません。どうなるかわかりません。

高丘です。

元気ではないですが生きてます。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて,まずははらいそ号の話。改めてとなります。

クラッチの修繕を7/3に行うこととなりました。かなり時間がかかりましたが,政治的物理的都合を考えるとまあどうしようもなかったわけで…。

作業は順調に行けば1日で終ります。ただもちろんどうなるかわかりません。

どうやっても44年間クラッチ1枚で生き残ることは不可能です。なので間違いなく1回以上はクラッチ交換でエンジンを降ろしているはずなので,ネジは生きているだろうと信じていますが……。

また作業以上に気になるのはミッションのダメージです。今回の事件で,44年間の歴史に恐らく無かったであろう無用な過負荷を極めて短時間の間に掛けてしまいました。

例えクラッチが正常となったとしても,このダメージは呪いのように襲ってくるはずです。いつまで保つか?もちろんお盆を前にして故障する可能性は大いにあります。拭い去る手立てはありません。

ではミッションが故障したら?最長で半年は走れなくなります。ミッションは否が応でもリビルト品で交換となりますが,スイングアクスルの調整など現代車には一切ない高度な作業が必要。よって外注不可避で膨大な予算と時間がかかります。最悪はそれすらできずに44年の歴史を重機送りにすることとなるでしょう。

どうやっても危ない橋です。自らが招いた事象です。全て自分が悪いし,どうすることもできません。

前回の日記からここまでビートル・はらいそ号に関しては本当に情けない,申し訳ない,やってはいけないことをしてしまったと思っています。おおいに後悔しています。また期待をしていただいた方々にも多大な心配とご迷惑をお掛けしています。大変申し訳ございません。

なんだかいろいろ考えすぎて,『これが人相手じゃなくて本当に良かったな。そうじゃなければ人殺しと何ら変わらんよ』とすら思うくらい悩んでおります。ここまで罪悪感に囚われたのはいつ以来でありましょう…。

とはいえ先程の通り,もう逃れるすべはありません。道は一つしかありません。破滅かそれとも奇跡か。

走って贖罪を果たすか,潰すという絶望が待っているか。

それは7/3を超えた先にあります。

旧車に乗るというのは責任に乗ることだと思います。

皆さん,新車を買いましょう。悪いことはいいません…。新車を買いましょう。

それも立派な未来を買う責任だと思って…。

自分は己の過去と戦いたいと思います。
Posted at 2016/06/26 22:57:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | レモン→はらいそ号の話 | 日記
2016年06月14日 イイね!

昨日の補足

Q1:レモンさんはどうしたの?
A:次のオーナーさん見つかりました!無事に転属となりそうです。


長らく次のオーナーさん探しをしてきましたが,先日無事見つかりました。皆様のご協力あってのことです。本当にありがとうございました。

現在,転属に向けての作業を進めています。ちなみに転属先は関東圏内なので,今までレモンさんと会う機会のあった方は新たなオーナーさんの元でも比較的出くわす機会があると思います。その際は是非とも黄色い声援をw


Q2:はらいそ号のスケジュールは?
A:遅くとも7月初旬までには試運転を開始する予定です。

試運転のルートは決まっています。秩父→熊谷→春日部→鷲宮→花園→秩父です。レモンさん痛車化直後に走ったルートがこれです。熊谷・春日部とは?

はらいそ「高丘の整備士学校が熊谷。その系列校が春日部にあります。恩師がこの2校にいるんですね。花園は外部の委託講師の人がやっている整備工場があります。これを札所めぐりのごとく周ります。鷲宮?鷲宮はあの鷲宮です。ちょうど途中にあるのでついでに寄るのじゃよ」

ちなみに熊谷春日部には寄ってませんが,4号たんも試運転は鷲宮線で行いました。伝統ですね。特にビートル,はらいそ号の場合はそこから更に足を伸ばし大洗を目指す車両です。この折り返し地点にたどり着いて帰ってこれれば,だいたい片道200キロ程度の運用ならまず無事に走れる確証となります。

※正確には鷲宮の手前である多門寺で鷲宮方面(鷲宮線)と大洗方面(栗城線)で分岐。

では記念すべき大洗行きはいつか?多分7月23日になると思います。もちろんこれは試運転なので本来の6~7割程度の出力で通常の1.5倍ほどの時間を掛けて大洗を目指す予定です。

本気をだすのは恐らくお盆か八朔祭への運用だと思います。また今のところ高速運用は一切考慮していません。ETC未搭載だし能力的にも東京都内を除いた関東圏内のみに運用範囲を留めたほうが今のところベストだからです。少なくとも今年中の高速運用及び西川越以東区間対応化は行わない予定です。また豊郷方面行きは最初から全く想定していませんw人間もクルマ側も限界です。


Q3:それにしてもクレアさん大活躍ですね。
A:今後の武功によっては新型車入れてもいいと思っている。


ホント,ここまで乗るとは…。主力機だった専門校時代よりも運用範囲が長いのでその分ガッツリ乗ってる感がありますwしかも割と快適です。理由は乗り方がはらいそ号とかぶるところがあるからだと思います。車体に対してのブレーキ性能もよく似てるし,必然的に車間距離の取り方はカブるし…。

とはいえ流石にご老体なので,壊れたら躊躇なく置き換えようと思っています。CD125がいいなあ…。
Posted at 2016/06/14 21:44:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | レモン→はらいそ号の話 | 日記
2016年06月13日 イイね!

生きる。

生きてるよ!!!

えー,長らくほぼ音信を断っておりました高丘です。

シャロン「断たざるを得なかったでしょうが」

まあ,いろんなことが起きまして。

原因はもうお察しの通りビートルさん,はらいそ号です。

6月7日,運用を開始したんですが…

ですが……

クラッチを壊してしまいまして…orz

レモン改めはらいそ「まあそんな自分を責めないでおくれよ…」

何が起きたのか?

えー…当時は交差点を曲がろうとしてまして。もちろん発車します。発進します。

その時,シフトをミスって3速に入ってたんですね。

これ自体はビートルのビギナーではよくある話(らしい…)。1速に入れて再発進。

その時ミスをしでかしました。レモンさん時代のクセが出たのです。

クラッチペダルを半クラ使わずポンッ!!と離してしまったんですね。

そしたら……

・クラッチ遊び突然死
・ペダル激重化
(ただし発進及び変速は可能)


現代車ではどうにも考えにくい故障が発生。いきなり運用制限が課せられて今に至ります。

ただ動かないとバッテリーあがりやエンジン不調を来します。それに動かないことはありません。なので雨の日などどうしても…な時に動かしております。

ましろ「結果的にそれで減速時のダブルクラッチはほぼ完全習得と」
みほ「本当に3日で慣れたね」

発進以外はな…。

そうです。レモンさんターボ化直後もそうでしたし,あの9回乗越伝説でお馴染みの教習所時代も大いに苦戦したんですが昔から自分,発進は苦手なんです…。では,はらいそ号のクラッチでは一体何が問題だったのか?もちろん言い訳になってしまうんですが…。

・レモンさんターボですっかり忘れている半クラ感覚(これが9割)
・人生初のオルガン式クラッチ(重くストロークも長い)
・エンジンパワー&トルクがないと思いすぎた自分のミス


この3点…。そんでもって,明確に自分で自分のクルマのメカをぶっ壊したのは人生初。レモンさん時代は機関系トラブルは一切ありませんでした。これが精神的に響いて寝れば寝汗ダラダラの悪夢を見続け,昼間はそのせいで体が重く,更にまた寝ればより酷い悪夢を…という悪循環に陥りまして,結果一週間以上つぶやきもほとんどできない状況となったのです。

みほ「今もかなりうなされている気が…」

無論,資金的な悩みもあります。レモンさんの売却益でギリギリどうにかなったとはいえ,当初の予想を遥かに上回る難航ぶりでかなりの大ダメージを食らったのは言うまでもありません。

ましろ「もしも万が一D500の発売時期がより遅れていたら…」

よりとんでもない事態となっていたはずです。首の皮一枚で最悪の事態を免れたといえます。

ちなみにクラッチの故障原因はいろんな方のご協力により大方予想がつき,パーツ発注は済ませております。遅くともお盆までには大洗便へ出せる信頼性を確保できると信じてやっています。

ただそれと同時にまたしてもドールお迎え計画は順延(しかも無期限)という事態だけは免れません。本当にすいません…。









もちろんクラッチ以外の箇所での整備は随時行っています。

・ヒーターレバーのブッシング交換(戻り現象解消)
・左ヒーターホース交換
・左右ロッカーカバーパッキン交換
・右ドアモールラバー交換
・エンジンオイル交換
・オイルストレーナー清掃及びパッキン交換
・車高戻し
・グリスアップ

もちろんこれからも増えていくことと思います。なので先日まで言っていたことをここで撤回する必要があります。

・皆の衆,新車を買おう。
・一生乗れるとは思えない。


この2つです。

こんなに苦労をするんです。新車のほうがいいに決まっています。もちろんビートルで体感できる楽しいことは書くと思います。ですが,それは恐らく一握りにも満たないと思います。ほとんどは苦難苦労苦渋の三苦ばかりとなるはずです。たとえそれがビートルという旧車としては維持が極めてイージーな車両であったとしてもです。

裏を返せば,現代車の意義をどんな日記よりもわかりやすくお送りできる日記にできると考えています。特にもしもあなたが『永く乗れる新車が欲しい』と考えて自分に声を掛けて頂ければ間違いのないお答えができると確信しております。

またいくらパーツがあろうと,自分はただの自動車整備士です。先日,一部を賑わせたあの記事…。正直言ってほとんど真実です。自分の周りでもそういう方はいらっしゃいますし,今現状ビートルをどうにか維持できる程度の自分も『明日は我が身』と言わざるを得ません。

そうなるとどうやってもビートルさんの維持はまさに『自転車操業』となります。これはこれで楽しいのですが,一生涯というスパンにするのは不可能です。ビートルさんにとっては皮肉な環境なはずです。ビートルという車自体が某総統閣下とその政治の自転車操業に振り回された歴史があるからです。

ならばどうするか?乗れるまで乗る以外にありません。

それに『思い入れのある車』という意味ではビートルさんが最後になるのは現時点で間違いありません。ビートルさんを降りた時,それが自動車整備士,自動車屋としての自分のラストシーンになります。舞台の幕が降りたら?今度こそこう言ってやるんです。

クルマなんて大嫌いだ!!

ってwwww

それまで絶対に乗ってやる。間違いなく『人生最後のクルマ』です。

長い記事となりました。最後に1曲。いくらタイトルが『生きる』だとしても気軽には流しませんよw

ちょっとひねってこちらを。東京事変でただならぬ関係

Posted at 2016/06/13 19:45:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | レモン→はらいそ号の話 | 日記

プロフィール

「お知らせ http://cvw.jp/b/1070708/42516705/
何シテル?   02/16 20:15
お知らせ 当アカウントは2017年7月を持ちましてブログ他主力機能の更新を終了しました。現在は整備記録等の都合により8000系の愛車紹介機能のみ不定期で更...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

スズキ スイフト 帝都急行8000系FSEフレンドシップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/28 20:02:11
【動画】公道でこのスピード… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/23 09:41:38
たまには書かねば。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/09 12:13:34

愛車一覧

その他 Nikon D300 写真関連のご紹介 (その他 Nikon D300)
(更:20160630) 当日記開闢からの問題。それは写真の質がいまいちだったこと。長 ...
スズキ スイフト 帝都急行8000系FSEフレンドシップ (スズキ スイフト)
※20171028更新:現在,当該編成は通常通りのダイヤで運行されています。なお性能に関 ...
その他 その他 帝都急行のご案内 (その他 その他)
※こっから先は仮想鉄及び中二病分が多めであります。 当ページでよく登場する帝都急行とい ...
イタリアその他 Bianchi 帝都急行大洗港線OA40形"Cielo" (イタリアその他 Bianchi)
事故により4号たんを潰してしまって数ヶ月。 やっぱり大洗での行動をサポートする車両を得 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.