• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2018年12月13日 イイね!

[フルモデルチェンジ]ホンダ・インサイト 二度目の復活。高級セダンに変身??

[フルモデルチェンジ]ホンダ・インサイト 二度目の復活。高級セダンに変身??ホンダ「インサイト」がフルモデルチェンジした。正確には約5年ぶりに「インサイト」復活と言うべきだろう。
初代「インサイト」はトヨタ「プリウス」に遅れること約1年の1999年に登場した2シーター・ハイブリッド車。「走る実験室」とも言えるモデルで、メーカーサイドも大量生産・販売は想定していなかっただろう。個人的にその当時買わなかったことを(軽く)悔やんでいる1台。初代「インサイト」は2006年に生産中止となり、「インサイト」の名称はここで途切れた。
2代目「インサイト」はリーマンショックの影響が色濃い最中の2009年2月に登場。当時のデフレブームを背景にハイブリッドカーの大衆化を目指し、200万円以下で買える事をアピールし、大いに注目されたのも束の間。同年5月に3代目トヨタ「プリウス」が登場し、「インサイト」に対抗する低価格路線により販売は急降下。わずか3ヶ月の天下となったことは記憶に新しい。その後2014年まで細々と販売は継続したが、再び脚光を浴びることはなかった。
2代目「インサイト」のモデル廃止からもうすぐ5年。再び「インサイト」が帰ってきた。今度の「インサイト」はサイズも大型化し、価格も上昇。かつての「大衆車イメージ」を脱し、326万円~362万円の価格帯で勝負。現行「アコード」が385万円~なので、シビックセダン(265万円)と「アコード」の中間に位置するクーペライクなスタイリッシュセダンである。
まぁセダン不況のご時世に「グレイス」「シビック」「インサイト」「アコード」「レジェンド」ついでに言えば「クラリティPHEV」も含め、ホンダには国内市場で売れないセダンが掃いて捨てるほど存在する。北米で売れれば良いというのは理解するとしても、「クーペ」や「ツーリングワゴン」を設定するとか、バリエーションの広がりが欲しいものだ。正直、「インサイト」は要らないのでは。「シビック」にハイブリッドを追加すれば済んだように思うのだが。いずれ「アコード」が国内市場から撤退する布石なのかもしれない。
最近のホンダ車は市場を無視した強気な価格設定が鼻につくが、「インサイト」も同様のイメージなのが残念。先代は「価格破壊」を旗印に登場した安物イメージなだけに、随分イバラの道を選んだな....という印象が拭えない。リバイバルなら「コンチェルト」「インテグラ」「アスコット」....色々と在庫もあるだろうに。まぁ「インサイト」のリベンジを諦めないホンダの社風も嫌いではない。難しいとは思いつつも、最近落ち目の「プリウス」に一矢報いて父(2代目)と祖父(初代)の敵討ちを果たして欲しい。

↓初代「インサイト」。走る実験室。今思うととても贅沢なクルマでした。

↓2代目「インサイト」。ハイブリッド車の大衆化を目指すもトヨタの物量作戦に敗北。
Posted at 2018/12/13 21:14:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年12月09日 イイね!

[マイナーチェンジ]トヨタ・プリウス これが販売低迷のテコ入れなの??

[マイナーチェンジ]トヨタ・プリウス これが販売低迷のテコ入れなの??デザインがイマイチでトヨタが期待するほどには販売が振るわなかった現行トヨタ「プリウス」。テコ入れ策として大規模フェイスリフトを近く実施すると噂されていたから大いに期待していた。
「ロサンゼルスモーターショー2018」でいよいよ発表されたMC後モデルを見て愕然。「何も変わってないじゃん」....。
まぁよく見れば、前後フェイスが若干マイルドな表現に改められたことは判るのだが、現行プリウスがブサイクなのは小手先レベルの問題ではなく、全体的に奇異なプロポーションで、線が細く貧相なボディラインが原因だと思っていた。(軽薄で車格感に乏しい)
また、サイドから見たオニギリ型のシルエットも実用上ユーザーに何らメリットはなく、ハイブリッドが珍しい存在では無くなった今、デメリットでしかない。(後席のヘッドクリアランスや後方視界等)
既に発表されているように、「カローラ」シリーズがセダン・ワゴンも含め新世代へ移行すると「プリウス」のアドバンテージは「PHV」があることに限られる。「HV」は単なる醜い不便なクルマ。それ故、相当大掛かりなMCを期待していたから、従来型のトヨタ手法に留まるお手軽な改良内容に肩透かし。劇的な販売回復も見込めないだろうね。残念....。
個人的には、放置されている「プリウスα」をモデルチェンジし、現行「プリウス」を廃止する位でも良いと思うのだが。

↓放置気味の「プリウスα」。実用車ならコッチ方が適役だと思う。

Posted at 2018/12/09 11:28:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年12月01日 イイね!

[ニューモデル]レクサス・ES 久々のトヨタ・ウィンダム復活。

[ニューモデル]レクサス・ES 久々のトヨタ・ウィンダム復活。トヨタは新型レクサス「ES」を発売した。国内では初投入となるモデルだが、「ES」は、1989年にレクサスブランドが誕生したタイミングで「LS」(セルシオ)と共に、レクサス最初のラインアップとして投入された歴史あるモデル。ちなみに初代「ES」は日本で言うところの初代「カムリ・プロミネント・ハードトップ」である。2.0LのV6エンジンを搭載し、FF版マークII的なイメージだった様な....。兄弟車種の「ビスタ・ハードトップ」を豪華にしてV6エンジンを載せたのがレクサス「ES」。それを国内向けに「カムリ・プロミネント」として売ったと考えるべきかな。まぁいずれにしても国内ではパッとしなかったと思う。
国内では2代目「カムリ・プロミネント」も存在するが、ややこしい事にこれが2代目レクサス「ES」ではない。初代トヨタ「ウィンダム」がそれに該当する。トヨタもテレビCMで「レクサスES300=日本名ウィンダム」とアピールしていたから覚えている方もいるだろう。ゴテゴテしたトヨタ式の仏壇セダンとは違い、割とセンスの良いモデルだった。
3代目・4代目レクサス「ES」も国内では2代目・3代目トヨタ「ウィンダム」。2代目はバブル崩壊後のコスト削減がバレバレの駄作で急速に存在感を失い販売台数も低下。3代目は品質感を取り戻したが、ヌメヌメしたボディデザインが国内では受け入れられず.....この代でトヨタ「ウィンダム」は国内から撤退している。
日本から姿を消したレクサス「ES」は5代目・6代目と独自の進化を続け、今回の新型レクサス「ES」が7代目。ようやく本来の姿で国内デビューを果たした。ここまで約30年が経過。それだけトヨタも新型レクサス「ES」には自信があるのだろう。
レクサス「ES」が初代から一貫している事は、FRベースの「LS」に対し、FFベースでトヨタ「カムリ」の豪華版であること。新型レクサス「ES」もTNGA(GA-K)プラットホームを採用するからトヨタ「カムリ」と共通である。まぁ初代が「カムリ・プロミネント」なのだから当然。
新型レクサス「ES」の国内価格は580万円~698万円円(税込)。対する現行トヨタ「カムリ」の国内価格は330万円~435万円。装備レベルの差も考慮すると100万円+αの価格差を「レクサス」及び「ES」固有の価値として認められるかどうかになりそう。
個人的な印象としては、過去見てきた歴代レクサス車中では最も気になる1台。「IS」「GS」の「高級」とも「スポーツ」とも言えぬピンズレしたデザインは未だ目に馴染まないが、「ES」は迷いがなくスッキリしたのが好印象。そもそもトヨタに「スポーツ」なんて期待していないのだから。価格について絶対的に「お買い得」という印象はないが、立ち位置に迷いがある「クラウン」より「ES」の方が総じて魅力的に見える。もはやFR/FFだのと駆動方式でセダンを語る時代でもない。
新型レクサス「ES」は現行トヨタ「カムリ」同様にパワートレーンは2.5Lハイブリッドのみだが、レクサス「IS」「GS」に用意される直4ターボエンジン搭載グレードが500万円前後で用意されればもう少し話題になったのではないか。いずれ試乗してみたいと思う。
毎度思うが、「レクサス」は何故セダンばかり出すのだろうか。「ES」のステーションワゴンやクーペがあったら俄然興味が増すんだけどな。
Posted at 2018/12/01 15:19:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年11月29日 イイね!

[マイナーチェンジ]三菱・デリカD:5 東京オートサロン2019に参考出品

[マイナーチェンジ]三菱・デリカD:5 東京オートサロン2019に参考出品三菱自動車は、2018年度内に発売を計画する新型「デリカD:5」を東京オートサロン2019に参考出品すると発表した。既に三菱販売会社にて予約注文を開始している。車両本体価格(予定)は約385万円~約425万円(税込)となる。
今回のマイナーチェンジは「見た目の変化」に注目。特に驚くべき変化を遂げたフロントフェイスは好き・嫌いの賛否両論となりそう。近年の三菱が提唱する「ダイナミックシールド」を採用し、縦型のマルチLEDヘッドライトを採用するなど、嫌でも一目で新型モデルと分かる特徴的なエクステリアとした。
また、従来モデル最大の弱点であったインストルメントパネルもデザインを大きく変更し、オールラウンドミニバンとしての機能性と上質さを与えたと説明する。
予防安全技術「e-Assist」の新規採用もニュース。衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]や後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]などの採用により、安全性を高めた。また遮音材と吸音材の採用箇所を増やし静粛性を向上させた。
パワートレーンは、2.2Lのクリーンディーゼルエンジンと新開発8速スポーツモードA/Tの組合わせに限定した。(ガソリンモデルは旧モデルを当面併売)ディーゼルエンジンの排出ガスをクリーンに浄化する「尿素SCRシステム」を三菱自動車として初採用。AdBlue(尿素水)により、NOxを浄化する。

「デリカD:5」が登場したのは2007年だったから、約12年振りの大規模MCとなる。初代アウトランダーをベースにしたオフロード志向のミニバンとして孤高の存在。長年、国内で販売に苦戦する三菱において、コンスタントに月販1000台前後で推移していたと言うから大したもの。目立ったライバルもなく、ニッチな市場を独占している。
今回のMCについて勝手な想像を膨らませると、本当はフルモデルチェンジをする筈だったが、三菱が日産傘下に入った影響で三菱独自のモデルチェンジが出来なくなり、急遽延命措置として大規模なフェイスリフトを敢行したんだと思う。もし、そうでなければ12年もかかって三菱がこんな薄っぺらいMCしか出来ないのならばサッサとクルマ作りを止めるべきだ。
トヨタ・アルファード風にギラギラしたフロントフェイスに比べ、サイド・リヤは従来モデルの雰囲気を色濃く残すからどうにもチグハグ。これなら従来モデルのままで良かったかも。
三菱に期待するのは、新型「デリカD:5」が「アウトランダーPHEV」と同様のパワートレーンを採用し、3列シートのPHEVミニバンとして復活を遂げることだろう。それとも、日産の軍門に屈し、数年後には「デリカ:e-Power」が出てくるのだろうか...。

↓個人的に「デリカ」と言えば.....やはり「スターワゴン」が印象的でした。
Posted at 2018/11/29 22:26:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年11月26日 イイね!

[ゴーン氏が金融商品取引法違反で逮捕]どうなる日産。いまこそ再生のチャンス。

[ゴーン氏が金融商品取引法違反で逮捕]どうなる日産。いまこそ再生のチャンス。連日ゴーン氏逮捕に関連するニュースが流れている。稀代の名経営者と持て囃されたゴーン氏も長過ぎた任期によって公私混同を起こしてしまったとすれば残念。「コストカッター」は平たく言えば「ケチ」。自分の金を使わず全てを会社の金で.....と考えても何ら不思議ではない。
瀕死の状態だった頃の日産にとって、過去のしがらみに囚われず大胆なコスト削減を実行したゴーン氏は不可欠なものであった事に疑いはないが、それを脱して以降もトップの座に据え続けたことは失敗だった。自動車ビジネスは「安かろう悪かろう」では生き残れない。日産経営陣の発言を聞いても全く「良いクルマを造りたい」と言う熱意を感じないもゴーン氏の影響だろう。まるで金融機関の説明でも聞いているかのような....。少額だが日産の株主としてもずっと不満だ。
このブログを読んでいる方には信じられないかもしれないが、私はずっと日産の熱心なファンだった。日産のクルマが絶頂期を迎えていた80年代後半~90年代前半。私は小学生~高校生の時期。スカイライン(R32)・フェアレディZ(Z32)・シルビア(S13)等のキラキラした日産車達のカタログを毎夜眺めては、1日も早く免許を取得し、マイカーにすることを夢見ていたものだ。
90年代後半になってようやく免許取得可能な年齢に達し、スカイライン(R32)を68万円の中古車で購入したときの感動は今でも忘れられない。予算の関係で2ドア→4ドアに妥協したのは今でも心残りだが、乗れて良かったと思う。そして....それ以降の日産車には「買いたい」と思うクルマはなく、今では三菱と並んで国内メーカーでは最も嫌いな会社に沈んでいる。
今回のゴーン氏逮捕は短期的に株価の下落や新車販売の落ち込みなど経営に与えるダメージは大きなものだろうと推察するが、日産がこれを契機にマトモなクルマを作れる会社に戻れるのか、それともゴーン以降のインチキなクルマ作りを続けるのか。日産内部の人間にどこまでクルマ作りへの情熱が残っているのか楽しみにしたい。
※短絡的に「スカイライン」や「フェアレディZ」を日本人が喜ぶようなサイズ、価格、性能で開発しろと言っている訳ではない。どんなセグメントのクルマであっても「言い訳無しで欲しいと思えるクルマ」が日産から再び産み出されることを期待したい。







Posted at 2018/11/26 21:54:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。12年ぶりに地元...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

181 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.