• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2018年08月16日 イイね!

[フルモデルチェンジ]トヨタ・クラウン 15代目は「つながる」クルマ

[フルモデルチェンジ]トヨタ・クラウン 15代目は「つながる」クルマトヨタ「クラウン」がフルモデルチェンジを実施し、15代目モデルへ移行した。もう新型「クラウン」の登場から随分と時間が経過してしまったので、諸元については公式ページ等をご覧いただくとして、新型「クラウン」の感想なんぞを書いておこうかと。
結論から言えば新型「クラウン」の個人的な評価は50点。色々とチャレンジしていることは評価したいが、これが「クラウン」なのか??という疑問が残る。但し、リアルな購買層はこれ位の変革を求めていたのかもしれない。その辺りはもう少し月日が流れたところで判断したい。
何故私の評価がイマイチなのかザックリと言えば「浅いな....」というイメージが拭えないから。結局のところ公式リリースを読んでも、「新たなモビリティライフを提案する、初代コネクティッドカー」と「TNGAに基づきニュルブルクリンクで磨き上げた走り」この二点しか見えてこない。
更に言えば、今回のモデルチェンジでトヨタはクラウンの「若返り」を追求した。その結果として、歴代「クラウン」がコツコツと積み上げてきたブランド(「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」とか)を捨て、小手先のデザインで唐突感のある6ライトウィンドウを採用したりする迷走ぶりは如何なものか。どうにも「マークX」のフルモデルチェンジにしか見えない。私だけ勘違いをしているのだろうか。
これがもし「マークX」のモデルチェンジならば、もっと素直に「渾身のモデルチェンジ」と評価して良かった。やはり「クラウン」はもう少し演歌調で世間の流行と隔絶した孤高の存在であって欲しかった。たとえそれが購買層の平均年齢を押し下げる効果が無くとも。
そもそも、何故「クラウン」を買う顧客層の平均年齢を下げなければいけないのか理解出来ない。若年層に迎合する必要はなく、少し間口を広げ、幅広い年齢層に支持されるクルマを目指すべきだろう。当然より難しい道のりではあるが。
豊田章夫社長が「もっと良いクルマ作り」を提唱すれば「クラウン」ですらニュルブルクリンクに持ち込んではしゃいでいるのもナンセンスな話。「クラウン」に求められるのはリアルな日本の道路でいかに快適なクルマであるべきかを追求すべき。歴代「クラウン」はそれを求め続けてきたクルマだと思っていた。まぁ100歩譲って走り込むなら榛名山だろうに。
どうも新型「クラウン」はジリ貧の日本市場に見切りをつけ、セダン需要が未だ旺盛な中国市場に焦点を当て始めたのかと疑いたくもなる。勿論気のせいであって欲しいが。
「スカイライン」や「シビック」もそうだが、歴史あるクルマのモデルチェンジは難しい。いつまでも過去のイメージや栄光に縛られ保守的で雁字搦めなモデルチェンジしか出来ないのも不幸。しかし、それらも立派な財産。トヨタにとって「クラウン」の伝統はアッサリと捨ててしまえる程に軽いモノだったのかと疑問。恐らく一昔前であれば「クラウン○○」とサブネームを付け派生車種扱いで1世代は様子を見る位の用心さがトヨタには有ったはず。兎に角、お手並み拝見である。
個人的に年齢を重ねたら「クラウン・ロイヤル」をマイカーにするんだろうな....と思っていた。過去に何度かこのブログ上で発言した記憶もある。しかし新型「クラウン」はちっとも欲しくない。何故なら、ニュルブルクリンクを走ることが得意なセダンなんぞ世界中に沢山ある。新型「クラウン」は丸腰で強力なライバルが群雄割拠するセグメントに自ら立ち入ってしまった。「クラウン」だけが持つ独自の個性や価値観がどうにも見えない。トヨタは「つながる」クルマだと言うが、ずいぶん遠くへ行ってしまった。
Posted at 2018/08/17 00:09:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年08月07日 イイね!

[ニューモデル]ダイハツ・ミラ トコット 今時の女性仕様車(?)

[ニューモデル]ダイハツ・ミラ トコット 今時の女性仕様車(?)ダイハツは新型の軽乗用車「ミラ トコット」を発売した。当然ながらダイハツのベーシックラインである「ミラ イース」をベースに開発された新たなエントリーモデル。しかし、商用軽ボンネットバンの領域までカバーする「ミラ イース」に比べ、「ミラ トコット」は完全な乗用車かつ女性向けのキャラクターを与えられたことが特徴。
ダイハツのリリースにも「ミラ トコット」は、「ミラ イース」同等の扱いやすいボディサイズで、若年女性エントリーユーザーをはじめ幅広い方々に、日々のモビリティライフをより安心して過ごしていただきたいとの想いを込めて開発した新型車だと説明している。
企画・開発に際し、近年の若年女性の感性の変化に着目。ターゲットに近い女性社員で構成されたプロジェクトチームが企画に参画し、お客様視点でのコンセプトや採用アイテムに関する意見を「ミラ トコット」に反映させた。「ミラココア」の様に男性が開発した甘口の女性仕様車ではなく、女性社員がマイカーとして欲しいと思えるクルマを開発できたのだとすれば新しいアプローチかも。
ホンダ「N-BOX」の大ヒットに代表されるように、現在の軽自動車市場はスーパハイトワゴンと呼ばれる背高なスライドドア付きモデルが主流である。しかし、日常のアシとして通勤や買い物に走り回るシティコミュータとなる「ミラ トコット」の様な軽量かつ安価で取り回しの良いエントリーモデルはもう少し見直されても良い。
価格は107.4万円~142.5万円迄と、全グレードが150万円以下に収まった。最近は軽自動車でも200万円の大台突破も珍しくないから、「ミラ トコット」の安さは武器になりそう。
また最近注目を集めている安全装備も抜かりはない。衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」の採用に加え、SRSサイド+カーテンエアバッグを軽自動車として初めて全車標準装備した事は大きなニュース。やはり在庫車を買う事が多い軽自動車は安全装備をメーカーOPに設定しても普及しない。ダイハツの英断は大いに評価したい。
なんにしても「ミラ トコット」の特徴は素っ気無いデザインだろう。無印良品的なイメージと言えばよいのだろうか。メッキパーツでゴテゴテと飾り立てるカスタム系を量産するダイハツから生み出されたとは思えないほどの変わり身である。以前存在した「エッセ」の再来。もしくは2009年の東京モーターショーに出展されたダイハツ「バスケット」のモチーフが活かされているように見える。個人的には「ミラ トコット」をベースに「バスケット」を台数限定で生産したらどうかと思う。価格は250万円位でも欲しい人は買う。当然私も即オーダーを入れるね。
「ミラ トコット」はトップグレード「G“SAⅢ”」でも129.6万円(2WD/CVT)で買えるのは朗報。個人的に前後スタビライザーを省いたのは減点だが、この価格帯で安全装備も充実した新車が買えることはもっと評価されて良い。これに5MT車があれば今頃商談してるんだろうな....。

↓2009年の東京モーターショーに出展した「バスケット」。ヘッドライトがソックリ。

↓「ミライース」は退屈なデザインで損をしている。
Posted at 2018/08/07 23:41:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年07月30日 イイね!

[ニューモデル]ホンダ・クラリティPHEV EV走行114.6kmを達成

[ニューモデル]ホンダ・クラリティPHEV EV走行114.6kmを達成ホンダは2030年をめどに四輪車グローバル販売台数の3分の2を「電動化」することを目指し、電動車両の開発を進めている。
今回発売する「クラリティ PHEV」は高い環境性能に加え、力強いEV走行性能と大人5名がゆったりと乗車可能な居住空間と広い荷室スペースを両立した上級セダンとして開発されたプラグインハイブリッド車である。
ホンダの2モーター式ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をベースに、バッテリーの高容量化やコンバーターの高出力化など、電動コンポーネントの性能向上により、EV走行距離(充電電力使用時走行距離)114.6kmを実現した。さらにEV走行駆動力を大幅に高め、走り出しから高速域まで、EV走行の持続範囲を大幅に伸ばしたという。
充電システムには、普通充電ポートに加え、急速充電・外部給電ポートを標準装備。対応する外部給電器を接続することにより、外部機器への電力供給も可能とした。
ホンダは「クラリティPHEV」の発売に合わせ、NCSネットワークの充電器約20,800基が利用できるホンダ独自の充電カードサービス「ホンダ チャージング サービス」開始するとともに、全国のホンダカーズ店舗へ急速充電器配備を進め、電動車の本格的な普及に向けて取り組んでいく。
「クラリティPHEV」の国内販売計画台数は年間1,000台である。モノグレードで価格は588万円。メーカーOP設定も無く、基本的にはフル装備。ボディサイズは全長4915mm全幅1875mm全高1480mmでホイルベースは2750mm。車重は1850kg。結構大柄なクルマである。
「アコードハイブリッド」が400万円前後で、「レジェンド」が700万円。「クラリティ PHEV」はその中間って感じの値付けなんですかね。残念ながら、ホンダのセダン群はどれも割高に感じてしまうのが惜しいところ。「クラリティPHEV」も500万円を下回っていればもう少し話題性もあったろうに。
EV走行距離114.6kmを実現した「クラリティPHEV」のパワートレインは世界トップレベルの最大熱効率40.5%を達成した直列4気筒1.5Lアトキンソンサイクルエンジンと2モーターハイブリッドシステムを組み合わせたもの。特に最高出力184PS・最大トルク32.1kg-mのモーター出力による力強い走りがポイントである。
総電力量17.0kWhを備えた高容量・高出力バッテリーと高圧デバイスを一体化したインテリジェントパワーユニット(IPU)を薄型化して床下に配置。ハーネスや12V DC-DCコンバーターをセンタートンネル部に格納することで、広い室内空間と低全高セダンフォルムを実現。また、バッテリーの冷却には水冷方式を採用し、コンパクトなレイアウトで効率的に冷却することで小型化とバッテリーの耐久性向上を実現している。三菱のi-MiEVが搭載するバッテリーは16.0 kWhだから、それよりも大容量のバッテリーを搭載したことになる。
個人的には、現時点で最も理想的な電動車であり、久々にホンダらしいコダワリの有るクルマだと思う。しかし、ガソリンタンクが26Lしかないのは惜しい。色々な機材にスペースが必要だろうから、簡単でない事は察するとしても、588万円を要求するクルマならば、EV+ハイブリッド走行で悠々とワンタンク1000km以上を走破して見せる必要があろう。それには最低でも50Lタンクが必要だったと思う。
スタイリングはトヨタ「ミライ」や「プリウスPHV」程に奇異ではなく、素直にカッコ良くて先進性を感じさせるものに仕上がっているのではないか。数年後に認定中古車で乗ってみようかな....と割と真剣に思っている。まずは試乗をしてみたいと思う。
Posted at 2018/07/30 23:01:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年06月10日 イイね!

[マイナーチェンジ]ホンダ・ジェイド 2列シート5人乗り仕様を追加

[マイナーチェンジ]ホンダ・ジェイド 2列シート5人乗り仕様を追加ホンダは「ジェイド」をマイナーチェンジした。ご存知の通り、2015年の発売当初からセールスは苦戦しており、もはや多少のテコ入れで販売の回復は望めない....そんな印象すら漂う所謂「不人気車」ではあるが、どっこいホンダはまだ諦めておらず、今回の大規模MCとなった。
元々の素性を辿れば、中国市場がメインの中華モデル。あちらでは2013年から販売されているから、既に5年が経過。まぁ大規模MCを受けても不思議ではないタイミング。
国内では「ストリーム」後継のイメージで登場したが、ボディサイズを中国市場に摺り寄せたから全幅は1775mmと5ナンバー枠を軽々と逸脱。5ナンバーサイズを好んだ「ストリーム」の既納ユーザから支持を得られなかったのはホンダにとって誤算だったのだろうか。
今回のマイナーチェンジでは、「NEW STYLE WAGON」をコンセプトに、ガソリン車とハイブリッド車に2列シート5人乗り仕様を追加して再出発。まぁ元々中国では2列シート車があったらしいから、特に大掛かりな開発をしたというわけでもなさそう。
更に、スポーツ志向の「RS」を追加。先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」全タイプに標準装備とするなど、広範囲に手を入れている。
「ジェイド」の販売目標台数は500台/月。年間6000台である。
似たコンセプトだったマツダ「プレマシー」やスバル「エクシーガ」は既にモデル廃止となり「ジェイド」は背の低いステーションワゴン型モデルを欲する方には貴重な選択肢。もしかしたら、存在価値が見直されるかもしれない(?)
個人的にはホンダ内部で「ステップワゴン」「フリード」の3列シート車に加え、「シャトル」が2列シートで5ナンバーサイズ。どうにも「ジェイド」は中途半端で売り辛いのは明確。それでもニッチな選択肢として提供を諦めないホンダを褒めたい気持ちである。
以前と違い、売れない事を理由にどんどん選択肢が狭められている日本市場。軽自動車か3列シートの背高ミニバンしか売れない特殊な市場故、他人と違う車に乗りたい...という天の邪鬼は住み辛い世の中。我々は馬鹿なメディアと一緒になって売れないことを責めるのではなく、それでも提供してくれることを喜ぶべきだと最近強く感じている。まぁそれでも「ジェイド」の日本投入はちょっと安易だったかな.....(笑)。
今回のMCモデルを見ていると、以前あったホンダ「アヴァンシア」を思い出した。
1999年9月に登場した「アヴァンシア」は上級セダンの質感と落ち着きを持ち、ゆとりある広さと乗る人すべてが快適な居住空間を「アーチキャビンフォルム」と称し、 新たな上級モデル像を模索した意欲作だったが、販売は低迷。似たアプローチとしてはトヨタ「マークXジオ」や日産「ルネッサ」にも見られるが、いずれも失敗。この国の保守的なユーザーには支持されない鬼門のジャンルでも有る。ホンダは低迷する「アヴァンシア」の起死回生策として、2001年9月にマイナーチェンジを実施。新たなイメージリーダーとしてスポーツモデル「ヌーベルバーグ」を追加投入したが、販売は回復しなかった。但し、個人的に「アヴァンシア」は嫌いではなく、渋い選択肢だったと思う。何やら「ジェイド」には「アヴァンシア」にも通じる匂いを感じるが、販売は上向くだろうか。注目したい。

↓「アヴァンシア」のスポーツグレード「ヌーベルバーグ」2001年9月

↓「アヴァンシア」のベースモデル「L」




Posted at 2018/06/10 15:15:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年06月02日 イイね!

[ニューモデル]ホンダ・N-VAN  詳細が見えてきましたね。

[ニューモデル]ホンダ・N-VAN  詳細が見えてきましたね。ホンダが「アクティ」「バモス」の後継として発表する「N-VAN」について、隠されていたデザインやカラーバリエーションが見えてきた。
なんだろう.....。久々に「ホンダらしい」と言う表現が似合うクルマ。カテゴリーは4ナンバーの軽商用車なのだが、ビジネス利用に留まらず、マイカーとしてドレスアップベースや車中泊仕様としても価格次第ではブレイクしそうな予感がする。もちろん、私も大いに注目している。
グレード構成はビジネス主体で現行「アクティ」に相当する「G」と「L」。更に少し乱暴だが「バモス」相当のロールーフモデルが「+STYLE COOL」。「バモス・ホビオ」相当が「+STYLE FUN」と理解すると良いだろうか。
NAエンジン車には6MTを用意したものマニア目線では嬉しいポイント。ターボ車はCVTのみと残念。
充実した安全装備「Honda SENSING」を全車標準装備したのはニュースだが、一方でエアバッグはフロントのみ。SRSサイド+カーテンエアバックはOP設定すらない模様。基本、運転席以外は畳んでしまう前提なのだろうか。今回公開された写真には助手席と後席が畳まれた状態のモノしかないため、ヘッドレストの有無も確認出来ていない。
軽自動車税も商用車は5000円で済む。(乗用車は10800円)40歳以上の方なら、昔は4ナンバーの軽自動車をマイカー利用していた家庭が多かったことを記憶しているだろうか。物品税が5ナンバーの軽自動車に比べ格段に安かった事が原因。「N-VAN」を手軽なマイカーとして乗るのも悪くなさそうだ。
新型「ジムニー」と「N-VAN」はどちらも次期マイカー候補として楽しみな存在だ。
Posted at 2018/06/02 11:31:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。12年ぶりに地元...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

183 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.