• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

千葉北カングー団のブログ一覧

2014年03月30日 イイね!

アンサー・フォー・ユー

アンサー・フォー・ユーこのネタは、トヨペット店のキャッチコピーが、「Answer,for you.」であるということを前提に進めてまいります。





まずは、千○トヨペット高○店に常設展示されている初代と書きましたがすみません2代目でしたトヨペット・コロナ(2014年3月23日撮影)。


続いて、○葉トヨペット○見川店に展示されていた3代目コロナ・マークⅡ(2014年3月16日撮影、現在はありません)。


もしかして、
アンサーというのは、
「もっと旧車趣味、はじめませんか。」
ということなのだろうか(真顔)。

さて、これだけだと単なる皮肉で終わるので・・・。
実は千葉トヨペット、この2月から八千代市に「BPセンター」なるものを開設しました(正確には増設らしいですが・BPといってもブリティッシュペトロリアムではありませんぞ)。従来は外注していた事故車の板金や塗装を行う施設とのこと。

いっそのこと、レストアセンターにして、エリア86みたいな旧車オーナーの交流拠点にしてみるのはどうですかねぇ?という提案をして、このネタを締めたいと思います。
Posted at 2014/04/06 04:17:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車関連小ネタ | 日記
2014年03月21日 イイね!

みなさんカンバンわ

みなさんカンバンわ恋が攻めてきたッ!は、映画「モテキ」のキャッチコピー。
恋が全滅的だッ!は俺のキャッチコピー(自虐ネタやめい)。
そしてタイトル写真は茂木(もてぎ)駅。
国際的なサーキットがある街とは思えない位のどかでしたが、駅前のタクシーはシビック・ハイブリッドでした。




さてここからが本題

那珂川清流鉄道保存会へ向かう途中、茂木で見つけたトヨタ店協力工場の看板です。

建物は新しいので、看板だけあえて残したものと思われます。素敵な心意気です。


烏山ではマツダの古い看板が残ってました。

現在のmaZDaロゴ、マツダ文字(カタカナフォント)が導入されるよりもさらに前のものと推測されます。

シャッターに、Be a Driverの看板をラッピングしたくなります。


これは、刺さる標識に代わる、キラーコンテンツになるかも・・・。


Posted at 2014/04/03 03:11:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味のはなし | 日記
2014年03月21日 イイね!

那珂川清流鉄道潜入記

那珂川清流鉄道潜入記世間では3連休の初日と言われている春分の日ですが、この日は茨城県の笠間市で用がありまして、せっかくだから足を延ばしてかねてから行ってみたかった場所を目指すことにしました。三重県の貨物鉄道博物館に匹敵するくらい貨車が置かれているという、栃木県那須烏山市の「那珂川清流鉄道保存会」です。とはいえ笠間市での用事を終えたのが午後1時過ぎ。地図を見るとどこから攻めても一本道では行けず時間も読めません。恐る恐るのスタートです。
実際には笠間市と言えど旧岩間町からのスタートで、そこから旧笠間市中心部まで国道355号線で30分、そこからツインリンクで有名な茂木町まで県道1号線+県道206号線で30分、最後に国道294号で30分という感じでした(ざっくりです)。
その前にJR烏山駅前で記念撮影。この3月から蓄電池電車アキュムが導入されるということで駅舎を新しくしておりました。計らずしてカングーから竹ヤリが生えているような感じになっています。

ここは俺が食い止めるニャ!

さて目的地到着です。門があって奥に鉄道車両も見えるのですが、入り口に「○○様葬儀会場」と看板があり献花も見えます。しかし目の前には園内を周遊するレールも敷いてあってここしか考えられません。そろそろと進入。おー、千葉都市モノレールじゃ、あ~りませんか(チャーリー浜風)。

「ここから先有料 大人1,000円」とあるのですが、受付に人は居りません。すると、先客だと思っていた女性が「見学ですか~?」とやってきました。料金を支払うと硬券の入場券をくれました。この先客だと思っていた人が、当施設の管理を実質的に行っている人で、車輛買い付けの苦労話やスイッチャーと呼ばれる小型の機関車の魅力を話してくれました(爆笑問題大田光さんの奥さんを思わせるパワフルな人でした)。

ここは八溝会館と呼ばれる施設の敷地内を使用しており(だからお葬式をやっていたワケだ)、実際の母体は地元の運送会社ということでした(だから車輛輸送が容易にできるワケだ)。

さてワタクシの興味の対象は貨車であります。上屋にぎっしりと詰め込んでありました。
あまりにぎっしりすぎてちゃんと写真に収められないのが欠点な気がしましたが、
栃木の工場から日産車を全国に運び続けたク5000(トリコロールカラーです)や、

千葉から自動車メーカー向けに冷延コイルを運んだというトキ21500(サビてよくわかりませんが)

などの、「普通の人はムダと思うだろうけど、せめて1両でも残したほうがいいんじゃない?」と思わせる車輛が置いてあります。
タンク車好きにはこれもたまらないタキ2600。


どちらかというと貨車と小型機関車が多いですが、気動車や客車も置いてあります。


この敷地外にもレストア中の車輛がまだあるそうです。どこから資金が沸いてくるのか不思議な面はありますが、個人的には烏山駅から観光鉄道をここまで延伸してもいいのではと思いました(那珂川の景観もスバラシイです)。

あともうひとつ。行くなら、桜の花の咲くころに。おぼえていてね。おもいだしてね。
Posted at 2014/03/23 10:54:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅のはなし | 日記
2014年03月09日 イイね!

昔も今も

某協会のウン十周年記念誌が発刊されました。
その中に、昭和35年の千葉市内という国道14号の写真がありました。
東京方面を向いて、右手に丘があり、左手が海という事から、現在の稲毛海岸あたりと推測できます。

現在左側は埋め立てられており、海岸とは言うもののすぐ海と言うわけではありません。

その写真の片隅に、「ルノー」という文字を見つけてしまいました。

Hinoという文字も確認できることから、日野ルノー時代の看板と推測できます。

さてこの文章では、写真の位置を稲毛海岸と断定してしまっていますが、稲毛海岸には今でもルノーの看板を確認することができます。


下に書いてある電話番号は、ルノー千葉中央のものではありませんでした。
今も同じ場所でルノーを売り続けているとしたら、ちょっとしたロマンを感じさせます。
(追記:この投稿から数ヵ月後、看板のあった場所はコンビニエンスストアになってしまいました。)
Posted at 2014/03/13 02:54:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | チバのカナザワ人 | 日記
2014年03月02日 イイね!

第3のOEM

Y10型日産ADバン。


マツダにはファミリアバンとしてOEM供給された。

この他にもスバルにレオーネバンとして供給されたらしい。

そして先日見かけたのがこちらである。

会社に来ていたサービスカーなのだが、

やはり名前はUDバンなのだろうか。

そしてこの3枚の写真は今年の2~3月に撮ったものである。
みんなモノ持ちいいな~。少なくとも15年は経ってるゾ。
Posted at 2014/03/12 03:19:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産車のはなし | 日記

プロフィール

「テレビブロス誌別冊の全国ラジオ特集でFM石川が開局30年と知る。何故か石川は隣県より民放FMの開局が遅かった。開局日午前0時一発目の曲はCOMPLEXの1990だったと思う。当時はFM80.5のステッカーを貼った車が県内に溢れた。看板番組はケン・ロック・ステーション。うーむ…。」
何シテル?   04/04 20:07
旧型カングー駆け込み購入組です。 ルックスやファッションはとてもカングーに乗る人のソレではないが許せ!。 団と付いてますが語呂優先で名前をつけてます許せ!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

ルノー カングー さのすけ号 (ルノー カングー)
日々姿カタチを変えております。着地点がわからなくなってしまいました(笑)。
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 親父の811ブルをきっかけに日産党に。 巡り巡って初のマイカーはU13ブルSSSとなり ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
20年活躍しましたが2012年8月引退。楽しさを知った時には時すでに遅し。    
日産 クリッパーバン 日産 クリッパーバン
自慢は希望ナンバーじゃないのに「23-98」(日産クリッパー!)。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.