• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MaybeWinのブログ一覧

2012年10月27日 イイね!

ナイロールメガネ補修

ずいぶん前に、私がそれまでメインで掛けていたメガネが壊れちゃいました。

たしか子供達に壊されたのではなく、勝手に寿命が来たからだと思いますが、買った当時(今から4年ほど前)はかなり奮発して5万円も払った物だったので替えのメガネを作って使い始めてからも捨てられず大事に保管してました。


で、その壊れたメガネですが、構造はレンズの上半分が金属のフレームに囲われ、下半分はナイロン糸で固定されている“ナイロール”というタイプです。

壊れた部分ははレンズを下から金属フレームに押さえつけて支えていたナイロン糸です。
この糸、あらためてネットで調べてみると、ある程度の年数で確実に寿命を迎えるらしく、私の場合は約3年ほどで切れてしまいました。



修理費用は比較的安くて1千円するかしないかが相場らしいです。
でも、うちの周囲には目ぼしい眼鏡屋さんが無く、そんなに安い工賃なら結構簡単なのかなと思って調べてみると、修理方法をブログで紹介して下さっているプロの方が・・・(^^)


ということで、昨日の仕事帰りにホームセンターに寄って材料を仕入れて修理をやってみました。


買ってきた材料は・・・



8号の釣り糸(テグス?ハリス?)です。

実際に必要なのは20cm程度なのですが、1mや2mなんて短いのは売ってなかったので500mなんてのを買ってしまいました。
釣具屋さんに行けばもっと短い製品もあるんでしょうけれど、とりあえずは自分で直せるかどうかの検証なので、安い材料で(^^;)

太さはネット上の情報で12号なんていうのもあったんですが、お店でどう見てみても太いなと思い、8号を買ってきました。
切れたメガネの糸と比べてみると、大差なかったのと、穴に入れるのには少し細い方が入り易いというのもあって8号で正解だったと思います。
(上が切れた糸、下が釣り糸)



あと、必要な道具は糸を切るハサミと、糸をつまんで引っ張るピンセットやラジオペンチなどだけです。
もしあればレンズを傷つけない為に薄手のナイロン手袋があれば良いかなと思いました。


それでは、実践です(^^)


このタイプのメガネはナイロン糸でレンズを囲って金属フレームに押さえつけているんですが、ナイロン糸の両端は金属フレームに開いた2つの穴を通して止められています。

(2つの穴)


2つの穴のうち、フレームの端側(下側)に近い穴に釣り糸を内側から通します。



次に外側から内側に向けてもう一つの穴(フレームの端から遠い方)に糸を通します。
ラジオペンチやピンセットなどを使って糸を引っ張ってたるみを取ります。
私は手術などで使う“カンシ”を使いました。



そして内側に入った糸を1~2mmほど残して長過ぎる部分を切ります。



次にレンズを金属フレームにしっかりとはめ込んで、金属フレームに入っていない部分のレンズ外周に掘られている溝に釣り糸をはめます。
先程止めた糸の端からたるまないように、金属フレームのもう片一方の穴の方まで釣り糸をレンズに這わせます。



穴に届く長さよりも1~2cmほど長く釣り糸を切ります。



そして後は先程、片一方の穴に通した方法と同じ方法(内側⇒外側⇒内側)でフレームに開いた穴を縫うように釣り糸を通します。

さて・・・・ここで、この修理で一番細かい調整が必要になってきます。
このタイプのメガネは金属フレームに半分だけハマッたレンズをナイロン糸で押し付けて固定しています。なので、ナイロン糸の張り具合がとても大事になってきます。

ということで、写真はありませんがそのコツは、先程、レンズを当てて糸の長さを決めた際に、レンズ外周ピッタリの長さがどの程度かを大よそ検討つけておきます。
そして、糸を2つの穴に通していく際にその長さ(位置)よりもやや多く糸を穴に通してしまいます。(レンズを金属に押し付ける張力が増えるように)
最初は一旦、糸を通し終わったらレンズを試しに入れてみると良いです。
レンズが簡単に嵌まりすぎたり、少しフレームを歪めただけでレンズが外れるようだと糸の張力が足りないので、もう少し多く糸を穴に通し直します。逆にレンズが全く入りそうにない(糸の伸縮性を考えても無理そうな)場合は糸を少し戻します。

そうやって微調整した釣り糸の余った先端を1~2mmほど残して切り取ります。



あとは金属フレームに先にはめ込んだレンズの下側に、頑張って張り直した釣り糸をうまくはめ込んでいけば・・・・




はい、完成です(^^)/




で、同じようにもう片側のレンズも・・・・




ということで、子供達の執拗な妨害の中(笑)、床の上で写真を撮りながらやっても20分以内に終わったので、ちゃんと机に座ってじっくり集中してやれば10分程度の作業だと思います。

まあ、メガネが壊れてる方も少ないでしょうし、メガネが壊れて自分で直そうと思う奇特な方も私以外、そうそういないと思うので参考にならないと思いますが、この手のメガネはこういう風な構造というご紹介までにお話しました。



さて、明日の午前は子供達の学習発表会。
ビデオ&写真撮影に神経をすり減らしそうです(^^;)
午後からはCM3君の圧縮圧力の測定をじっくりやってみたいです。
Posted at 2012/10/27 12:24:51 | コメント(14) | トラックバック(0) | 日常生活 | 日記
2012年10月25日 イイね!

圧縮再測定&もろもろ





今朝出勤前にCM3君を見たら、窓と屋根に霜が降りてました。
7時過ぎの気温は4℃でしたが、外に設置してある温度計を見ると最低気温はマイナス1℃を示していました。
とうとうこの季節がやってきました(><)
夜中の作業が少し面倒になってきますが、暑い夏よりは良い季節です。



さて、昨日は久しぶりに天気の良いお休みだったので、午前中から一気に2台洗車、CM3君の圧縮圧力の再測定、ファンヒーター塗装(笑)、軽トラのエアフィルター交換などなどをやっつけました(^^;)



ということでまずはCM3君のエンジン圧縮状態の再確認をしました。
お友達のsimaumaさんがCM3君の異音原因の探索のヒントを以前から教えてくださっているのですが、先日の圧縮測定結果をお伝えした記事へのコメントで“プラグホールからエンジンオイルを僅かに入れて再度測定しては?”というとても重要なヒントを頂きました。
それをやっと昨日実施しましたので結果をご報告します。




使っている道具はヤフオクで入手した安物コンプレッション・ゲージ。
まあ、絶対値の正確性は低くても、複数気筒のバラツキを確認するくらいなら使えるかなと思います。



そのゲージを使って測定するのですが、今回はエンジンオイルをプラグホールからシリンダー内に数ml注入して行います。

(汚い缶ですが、もうオイル交換には使わない物なので気にしないで下さい。中にはゴミは入ってません(^^;))


オイルを注入したらゲージに接続したホースの先のネジをプラグホールにねじ込み、セルを回します。


ゲージが最高点を示してそれ以上、上がらなくなった頃にセルを止めます。
これを4気筒分繰り返します。



で、結果は・・・


(1番)


(2番)


(3番)


(4番)



オイルを注入しなかった時と比べると2kg/cm2くらい上がって約13kg/cm2でした。
気筒間のバラツキはほぼありませんでした。
写真で見ると3番、4番で13kgよりも低めになっていますが、セルを切ってから写真を撮るまでの間に時間が掛かってしまって、針がやや下がった状態で撮影した為です。

さて・・・・

ネットで調べみるとWikipediaの“圧縮比”の説明で下記のように書いてありました。

「もしもこれで圧縮が大幅に回復した場合にはピストンリングやピストン、シリンダー等の腰下の不具合に起因する圧縮漏れ(発進時に白煙を吹く場合には、オイルリング不良によるオイル上がりも併発している)であり、これでも圧縮が全く回復しない場合にはシリンダーヘッドやヘッドガスケット、バルブシートとポペットバルブの密着具合等の腰上の不具合に起因する圧縮漏れ(発進時に白煙を吹く場合にはバルブステムシール不良によるオイル下がりも併発している)である事。圧縮の回復が僅かである場合には腰上と腰下の両方に不具合がある事が判定出来る。」

つまり、我がCM3君の場合、オイル注入前よりも明らかに全気筒で圧力が上がっているということですから、全体的に圧縮漏れがあるということですよね???

全気筒で同じような圧力ということは、楽観的に考えれば「均一に劣化(磨耗)していっているので仕方無い」と言えるのかもしれません(^^;)

現在、総走行距離17万キロ目前ですから、新車時の状態を保ててる訳がないので走行距離なりの劣化を起こしているのは間違いないと思います。

発進時や空ぶかし時の白煙などは特に無いのでオイル上がりは起こしていないと思いますが、まあいずれ発生してもおかしくないのかもしれないですね。

という事で、異音の原因かどうかは別にして、エンジンの劣化がそこそこ進んでいるのは分かったので、いずれ載せ替えと降ろしたエンジンのオーバーホールを十すするのを楽しみにしたいと思います。



そんなこんなをやっている空き時間に古いファンヒーターの外装を塗装したり・・・



ワンコなどの世話をしたり・・・

可愛い三女と戯れたり・・・




で、諸々の用事をしつつ夕方になり、すっかり忘れてたうちの軽トラのエアフィルター交換をして昨日の業務じゃなくて用件は終了しました。

うちの軽トラ、平成6年式のスバルのサンバー。



JA(農協)のマークが渋いです(笑)
今は亡き水稲、花卉栽培をしていたお祖父ちゃん、お祖母ちゃんが使ってた車なので、まさに農家用車両の雰囲気がいっぱいです(^^;)

しかし、錆も目立ってきていますし、うちのお義父さんが「もう古いから手放そうか」などと言っているので、それなら私が買い取りたいなあと思ってます。
しかし、車両状態が分かっていないと今後の整備費の予定も立たないということで、先日から少しずつ状態把握をしていってます。
でも、錆を落として塗装し直したり、少しずつメンテナンスして快調に動くようになればお義父さんも手放すとは言わなくなるかもしれませんが・・・。

ということで、先日、エンジンオイルの交換、ベルトの弛み改善、プラグ状態チェックなどの基本的なところはやってたのですが、手元に部品の無い部分についてはそのままでした。
で、エアフィルターが届いていたので昨日はエアフィルター交換をしました。

ちなみに、サンバーってリアエンジンなんですよね(^^;)





フィルターの新旧比較はまるで「こうなる前に交換しましょう!」のお手本のようでした(^~^;)



交換後のエンジンですが、先日オイル交換してから既にセル一発始動の状態になってましたし、普通に60km/hくらいで走るには特に問題は感じていなかったので、これといって劇的な変化はありません。
消耗品の定期交換(とっくに定期は越えてましたが・・・)をやったという自己満足だけです。
来月の車検に向けて一気に他の部分もメンテナンスしたいと思います。
出来ればユーザー車検を受けたいのですが、陸運支局が100km以上離れた遠いところにあるので、さすがに軽トラでそこまで行くのは嫌です(^^;)
なので、通すだけというお願いをして近場のお店に持って行こうと思います。


こんな感じで、久しぶりにかなり充実したお休みでした。
今度の日曜日は子供達の学習発表会ですし、その次の日曜日はPTAの研修会に行くことになってしまって終日、かなり遠い(100km以上)場所の中学校に行かなければならないので、またしばらくは日中の作業は出来そうにありません(TT)
軽トラのメンテナンスも主に深夜作業になるかな・・・。
Posted at 2012/10/25 12:11:30 | コメント(10) | トラックバック(0) | アコードワゴン | 日記
2012年10月19日 イイね!

圧縮&ATF

ここ1週間ほどで北海道は一気に寒くなってきました。
旭川辺りの週間予報ではそろそろ雪マークも(><)

私の職場や自宅周辺でも朝方は5℃以下に下がってきています。
昨夜20時頃の会社の駐車場を出る時で7℃・・・

あと半月もすればマイナスの世界に突入しそうな予感です。
あれだけ暑かった夏が終わったと思ったら、秋をゆっくり感じる間もなく冬になってしまいそうな感じ(^^;)


と、手が少し寒さで痺れる中、ちょっと前からやろうと思ってて出来なかった作業をやりました。
当然、いつものように深夜作業です(^^;)
昨夜の作業時間は22時半から0時までの1時間半。


まずはエンジンからの異音(カタカタ音)の原因がピストンリングの磨耗によるピストンの首振りじゃないかという事で圧縮抜けを確認。

先日、ヤフオクを使って入手したコンプレッション・ゲージを使ってみました。
生まれて初めてシリンダーの圧縮なんて調べるので、ネットで事前に集めた情報を元に恐る恐るやってみました。
連続で3秒ほどセルを回すとバッテリーが力尽きるのか、回転の勢いがなくなるのに不安を覚えながらなんとか4気筒を終了。
本当は“うちの奥さんにセルを回してもらって、私がゲージを確認して”という予定だったのですが、一日の疲れで子供達と眠ってしまった奥さんに無理をさせるのも申し訳無いと思い、なんとか一人で・・・。

4気筒全てのイグニッションコイルを抜き・・・
1気筒ずつゲージのコネクターをプラグ穴にねじ込み・・・
ゲージの表示部分を上げたボンネットの隙間越しに運転席から見えるようにして・・・

キーをひねって・・・

“キュルキュルキュル・・キュル・・・・キュル・・・キュ~ル・・・キュ~~ル”
「やば・・・バッテリー上がりそ・・・」

と、慌ててキーを戻し・・・


・・・を4回繰り返した結果が・・・


(1番)



(2番)



(3番)



(4番)



結局、どこもほぼ165psiくらいで変わらず、気筒ごとのバラツキは無いと思います。
という事は、圧縮抜けも問題にするほどはない??
というか、バランスは取れた状態で磨耗が進んでいる??
まあ、あと2千キロほどで17万キロを越えるCM3君ですから、磨耗が全く無いとは言えないと思いますので、うまくバランスが取れているだけで良しとします。
しかし、カタカタ音の原因は一体なんなんだろう・・・・
まあ、ディーラーに持って行って調べてもらえば直ぐに分かることなんですけど(^^;)


と、30分も掛からずに終わったコンプレッション測定で飽き足らず、何かしようと考えて思いついたのは約1年ぶりのATF交換。
昨年の今頃に計2回、下抜き方法で合計6Lほど交換して以来です。



今回も昨年と同じく下抜きして、抜けたATFと同量のATFをレベルゲージから補充しました。
出てきたATFはやはり黒ずんでて・・・





外したドレンボルトの先に付いた磁石にはしっかり鉄粉が・・・





まあ、昨年、初めてやった時に比べれば透明感もありますし、走りも問題を感じ無いのでちょうどタイミングの良い交換時期だったかもしれません。

で、補充するのは昨年余ったホンダのATF-Z1



抜いたATFと同量の新しいATFを入れるため、ペットボトルに分注し・・・



やっぱり並べると汚れ具合が気になる・・・・(^^;)

で、新しいATFをホコリなどを入れないように「これでもかっ!」というくらいに慎重に注入し・・・



ATF交換完了!!



ということで、昨日まで走ってて特に気になる事は無かったので交換してもそれほど劇的な変化は無いと想像しつつ、今朝、通勤時にいつもの道を走りました。
案の定、特に変化は感じません。

「それでは試しに・・・」と思っていつもの道で0-100km/hを測定してみると・・・
いつもは11秒フラットだったのが、10.5秒と言う結果が(^^)
3回、試してみましたがやはり0.5秒の短縮になります。

ん~~、やっぱりATF交換ってそれなりに効果があるんだなと一人、自己満足に浸ってます。



しかし、いつもながら思いつきで深夜作業する私って変態かなと思います(^~^;)
いや~、本当に昨日は寒かった・・・


と、こんな暗い写真ばかりだと気分が落ち込みそうなので、
明るい写真をおまけで最後に一つ・・・



ん==、やっぱり我が子は寝起きのむくんだ顔でも可愛い(^^;)
Posted at 2012/10/19 10:40:56 | コメント(7) | トラックバック(0) | アコードワゴン | 日記
2012年10月13日 イイね!

(^^)マニュアル~~

念願叶って、やっと手に入れました(^^)/

競ってしまった方、ごめんなさいm(  )m

シャシ整備編も欲しいですが、まずはこれをゆっくりと熟読です!!









来年にはエンジン換装DIY出来そう(^^)
Posted at 2012/10/13 09:18:43 | コメント(8) | トラックバック(0) | アコードワゴン | 日記
2012年10月11日 イイね!

色が合わない(><)

この間の日曜日、
うちの奥さんの乗るエルグランド君を遅ればせながらHID化しました。



物はいつものヤフオク出品物(^^;)
まあ価格が下の中といったところの商品。



特に難しい事もなく両側30分ほどで装着し終わったんですが、夜になって点灯させてみると・・・・





下のフォグと色が・・・

あ・わ・な・い・・・・(TT)


まあ、HIDなんかにしなければ全く発生しない問題なので、嫌ならハロゲンに戻せって事なんでしょうけれど、明るさを体験してしまっちゃ、後戻りは難しいのがHID化のデメリット(?)

ということで、一昨日の仕事帰りにホームセンターで購入した品々。




①フォグ用のH3、高効率ハロゲンバルブ
②コーナーランプ用のT20、高効率バルブ
③ポジション用のT10、高効率バルブ

以上三点を子供達を寝かした後に早速交換しました。








③のポジションバルブはヘッドライトの中にあるんですが、交換してみたのは良いけれど、明らかにハイ/ローのHIDの色と合わなかったので、かなり暗いバルブだけど前から付けていたLEDのタイプに戻しました。

ということで、フォグとコーナーランプだけを交換したのですが・・・・







やっぱり、合わない・・・(TT)



嫌なら全てハロゲンに戻せって事なんですが・・・(^^;)




ということで、HIDにしてみたうちの初代型エルグランドですが、フォグまでHIDにするとはた迷惑な車になりそうなので、とりあえずはこの状態でライト関係は完了です。


しかし、ハロゲンの照明色っていうのは電球色なのが当たり前なんですね~。
T10、T20は電球そのものなので、青くバルブを塗ってても真っ白にはならないんだなあと改めて実感(^^;)
Posted at 2012/10/11 15:26:24 | コメント(8) | トラックバック(0) | E50エルグランド | 日記

プロフィール

「震度6・・・! http://cvw.jp/b/950065/41962615/
何シテル?   09/19 02:37
北海道在住のMaybeWinです。自動車と馬、写真、そしてママと子供達が大好きな6児のパパです(^^)どうぞ、よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

バンシュウノタビ ~ナショナルスタヂアム イチョウナミキ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/11/30 11:52:31
一日防除でした・・・(^^; 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/17 08:00:46
絶景かな絶景かな… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/18 15:27:28

お友達

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
平成22年12月に125,000km越の車輌を購入しました。 所有中のエルグランドの燃費 ...
メルセデス・ベンツ Vクラス メルセデス・ベンツ Vクラス
入手年月日2017年2月1日 入手価格ヤフオク約9万円(リサイクル料込)。 215000 ...
日産 セレナ 日産 セレナ
家族車で2回目のC25セレナです。 やはりこの型のセレナに戻ってきました。 小さい子がシ ...
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
2013年12月に約85,000㎞走行の中古車で購入。 ヤフオクにて17万円で落札。 機 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.