• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Koukiのブログ一覧

2012年11月24日 イイね!

「開かずの峠」に10年越しのリベンジ達成!!

「開かずの峠」に10年越しのリベンジ達成!!三連休の中日、この方こんなブログ記事を読んで以来ずっとウズウズしていた、あの場所に行って来ました!!(^o^)

その場所とは、R157 岐阜・福井県境の温見峠を含む区間。

3ケタの100番代の国道であるにも関わらず、この区間は対向車との離合が難しいような狭路、
断崖絶壁の路肩にはガードレールがなくポールにトラロープが渡してあるだけのスリル満点区間が延々と続き、
路面もダート寸前の荒れた路面あり、コンクリート舗装あり、沢が増水すると容赦なく道路上が川になる洗い越しあり、と盛り沢山。
毎年11月末~4月初旬までは冬季閉鎖、それ以外でも度重なる落石や路肩崩壊に苛まれ、1年のうち数日程度しか通り抜けできないという、まさに「開かずの峠」と呼んでも過言ではない場所。

それゆえに、ぼくがプロフィール画像にしている「危険 落ちたら死ぬ!」という、
正気の沙汰では到底考えられないような(^_^;)警告の看板があるのです。


2003年のGWに、前車ブルーバードで挑んだ時も路肩崩壊によって通行不能。

その時から10年弱が経ち、再びこの山に挑むことにしました。



大阪を朝9時に出発し、京都・滋賀と進んで関ヶ原を越えて岐阜県へ。

計画ではもう少しスムーズに行くつもりでしたが、京都市内の混雑と、かなり回避したとはいえR8の流れの悪さに阻まれて、岐阜市内まで来た時には既に夕方の3時半。

実は、出発前に道路状況を確認したところ「R157 岐阜・福井県境 積雪のため通行止」という情報が出ており、
「まあ、あの看板を拝みに行って引き返して来るだけでも価値があるか・・・」なんて思っていたので、日没までにはたどり着けるだろうと思ってそのまま突撃しました。


R157を北上し、岐阜市内からおよそ1時間。
だんだん日没が近づいて薄暗くなって来ましたが、通行止とか通行不能といった類の告知は一切出てきませんでした。

そして、かつては旧根尾村だった本巣市根尾地区に入り、R417との交点を過ぎるといよいよこの看板が出現!




いいですねー。期待が高まります(笑)

さらにそこから走ること5分少々、いよいよ大型車に対する最終警告が現れます。




さらに無視して走ると、



ここでようやく通行止の情報が出てきます。

が、いつもの癖(笑)でとりあえず行けるところまで行ってみます。


※ちなみに前回(2003年5月)の同じ場所

この時は明確に通行止の表示がされていました。



そして、いよいよ・・・・



って、あら?
看板の位置変わってない!?



2003年5月


ゲートが設置されて移動されたようですね。




と、いうか!

ゲート開いてるし!!(^o^)


ってことで、これ行けるんじゃねぇ?!と確信し、狭路区間に突入です。



キタキタキター!!

狭いうえに対向車もそこそこやってきて、ドキドキでヒヤヒヤなのにワクワクして笑いが止まりませんでした(危ない


ちなみに昼間に来るとこんな感じ(2003年5月撮影)




そうして走ること約20分、とうとうこんなものが・・・



いちおう、冬季閉鎖中なんですよね・・・

でも、今回は半分開いてるし~。進めそうだし~。


ちなみに2003年のガチバージョン(笑)



そして、



進んでみたら、路肩に先日の残雪がありました(滝汗

ってことでおそるおそる外気温チェック。



なんですとっ!?って感じですが、もう何があっても驚きません。


ちなみに、前回はここまで来るまでに完全通せんぼでした。




その後も道は狭くなったり急に広くなったりを繰り返しながら標高を上げて行き、
やがて対向車にも会わなくなって久しくなった頃、急にあたりが開けてきました。



岐阜・福井県境 温見峠到着~!!(^o^)/




当然人気は一切なく、寒風吹き荒ぶ峠道は実に不気味な雰囲気で・・・
長居はせず福井県側に下って行きました。

福井県側も急勾配で狭路で荒れた路面が延々と続き、距離がものすごく長く感じられました。


ようやくr230との交点まで降りてきた時には、岐阜を出発してから実に3時間弱が経過していました。




その後はR157で大野市内まで降りて、R158で福井に出てR8で帰途につきました。
敦賀からは北陸道に乗って、名神から京滋BPに入って、さらに第二京浜で枚方まで上を走って、あとはR1BPで大阪へと帰って来ました。

結局一日で5府県を走り、560kmも走っていました(^_^;)


今度はぜひ天気のいい日のお昼間に走行したいものです。

といってたらまた10年後かもね(笑)
Posted at 2012/11/26 00:18:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2012年07月09日 イイね!

新御堂筋をひたすら北上したら今話題(?)の場所に来てしまった

新御堂筋をひたすら北上したら今話題(?)の場所に来てしまった今朝は、朝早くに目が覚めてしまい、おまけにとても良い天気だったので7時半ごろからお出かけ。
(天気じゃなくても出かけるつもりだったけど ^^;)


とりあえず、新御堂筋(R423)をずっと北上。


千里中央の中央環状との交点あたりでスピード違反の取り締まりをやってました。

近頃はレーダーに反応しないことや測定方法が問題になってるから?光電式を使ってるんですね。
しかし、こんな朝早くからやらんでも・・・・




箕面までやって来て、箕面有料には入らずにR171を神戸方面へ左折。
R171をしばらく走った後、豊中でR176へ入りしばらく北上。



R176との分岐点が始点であるR173と一瞬重複したあと、単独区間に突入。
っていうか、関西の国道は新道・旧道とか別線が多すぎてどこにどの国道が走っているか混乱するときがある・・・



「亀岡 30km」の表示にテンションが上がります(笑)
やっぱり近いわー。

天下の(?)新御堂筋で最終的には5車線ぐらいになるR423も、最初こそ片側一車線の快走路だったのですが、やはりそこは400番台の3桁国道。
山間部に分け入るにしたがって、だんだん道幅が狭くなっていきます。



そして、箕面有料道路との交点を通過。

「新名神高速道路建設中」の看板が近くにあり、その新名神なのか箕面有料の延長なのかわかりませんが高架道路ができつつありました。




さらに山に分け入っていき、京都府亀岡市へ突入。






京都縦貫道の亀岡IC付近でR372と合流し、そのままR9へ入りますが、まずは近くにある道の駅「ガレリアかめおか」で小休憩。




そこから京北・R162方面に向かってみようと思い、少し京都方面に走ってr25からR477へ。



R423もけっこう楽しめましたが、R477はまた格別(笑)

こういう看板が出てくるとワクワクしますね。



R477おにぎりとツーショット(^^



この区間は8年前に一度走ったきりだったので、相変わらずな酷道っぷりにとっても感激していました(^_^)




再びおにぎりとツーショット(^^



対向車が来たら交わすのに少し苦労する道幅。
待避所がそこそこあったので苦戦は強いられませんでしたが・・・。




そんな山道、もとい、R477をしばらく走るとR162に出ます。
R162を小浜方面へ。



大阪はあんなに天気良かったのに、雨模様になってきました。

そして、こんなに緑たっぷりの所を走るので森の香りを堪能したいのに、前にはバイクの集団が・・・
その後周りがバイクだらけになって、抜かせずにイライラして張り付いてくる輩や排気ガスの匂いがウザったくなったので、少し広くなっている場所で横によけて休憩。

まったく、走るのはいいけど他車に迷惑をかけないで欲しい・・・。


気を取り直してR162を北上し、遂に県境の堀越トンネルへ。



福井県突入ーー!!!



ん?
おおい町??

合併して名田庄もおおい町になったんですねー。
ということで(?)地名を見ていたら、ふと気になり・・・・・
小浜市内へ向かうR162を外れてr222に入り、小浜から少し西のR27へ入り、
小浜市から再びおおい町へ。




というあたりで、ちょうどお昼時になりました。
さあ、どこかでご飯を・・・と思っているとこんな看板があらわれ、



道の駅(?)「おおい町情報交差点ぽーたる」へ。


建物の中に入ると、巨大な鉄道模型が目を引きます。



お金を入れると実際に動かすことも出来るのだとか。。

そして、お昼は「海老天丼(¥700)」をいただきました。




腹ごしらえもした所で、いよいよこの青看板に従って左折。


※道の駅に行く前、舞鶴方面から撮影したので逆向きです

曲がってすぐ、「青の戸大橋」で小浜湾を渡ります。



あとはひたすら直進。
さすが、原電に続く道だけあって整備が行き届いています。
そして、いよいよ分岐点まできました。



しかしながら、さすがに今は厳戒態勢で厳重な警備に守られており、PR館はおろか分岐点から向こうに行くことすらできませんでした・・・。
下手な行動をすると怪しい人として検挙されそうだったのでそのままスルー(^_^;)


カーブの奥側に警備員が立ってます・・・・。

とりあえず、岬の突端方面まで行ってUターン。






あの送電線で、大阪へと原子力の電気が運ばれている。
ここは北陸電力の管内であるにもかかわらず、あの送電線は関西電力。

融通があるので間接的には使っているとはいえ、使う場所とまったく無縁な場所で生み出された電気を使って生活している我々都会人。

クルマを停めて、少しいろんなことを考えていました。


太陽光や風力などの再生可能エネルギーが今すぐに立ち上がる見込みはなく、
頼みの綱の火力はその燃料となる石油やLNGは輸入に頼り、先日のイラン情勢のような不安材料もある。
だから原発が必要なんだというストーリーで、本質的な安全性が確認されそれがきちんと示されないままに、
半ば出来レースのように推進された今回の再稼動。

しかし、世の中のあらゆるエネルギーが石油由来から電気由来に置き換わっているこのご時勢、
それに「電気」を生業としている立場でもあるぼく自身、電気を使う量は減らしても機会を減らすなんてことは考えられない。

それゆえ、現時点ではぼくは原子力は必要と考えている。

確かに、事故が起こった時のことを考えると、本当は使うべきではないのかもしれないとも思う。

でも、なんとか安全に使いこなし安定な電力源にしようと日々力を費やしている現場のエンジニアたちがいる。
クルマもそうだが、事故を起こしたくて起こすわけじゃなく、出来る限り事故を起こさないように努力しているはずである。

事故を起こさないための対策を踏まえて、法律でガチガチに規制するとか、お役人でない本当の意味の専門の保安員を置くとか、
国がしっかり意識を持ってもっと管理監督をするべきと考える。

いままで国策として国が推進してやって来たのだし。

電力会社はあくまでイチ民間企業であり、事故の責任をそこだけに押し付けるのはちょっと違うんじゃないかなと思うのです。


この件については本当に賛否両論あると思うのですが、
ここに書いたのはあくまで個人的な意見ですので、批判はスルーでお願いします。



おおい町を後にして、r1から舞鶴若狭道・大飯高浜ICへ。


こんな看板があったけど、これ以上国道が増えるんですかね・・・・


舞鶴若狭道から、京都縦貫道(丹波綾部道路)→R27→京都縦貫道で再び亀岡へ。

亀岡からr6で高槻へ抜けようと思ったのですが、なんと土砂崩れで通行止・・・・orz
仕方がないのでR9で京都市内に出てR171を下る流れのよろしくないコースで南下。



最終的に茨木からr14に入ったら渋滞でぜんぜん進まず・・・

これならR171→R423で帰るんだった・・・と大後悔しつつ、
茨木駅あたりから万博公園方面に脱出してr1→r2→r121→R423で帰宅。

結局、J's RACINGのあるr14-R171交点から我が家から1時間もかかった(-_-;)
今日の中でココが一番くたびれました・・・・orz
Posted at 2012/07/09 00:53:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2012年07月01日 イイね!

25号(非名阪)で忍者の里へ・・・結果的に2府3県を巡った旅

25号(非名阪)で忍者の里へ・・・結果的に2府3県を巡った旅今日は生憎の雨でしたが、東方向へ向かってみることに。

といっても5月のGWにR163で奈良方面は行ったので、今まで行ったことのない道・・・と考えて、
R25(非名阪)を攻めてみることにしました。


新御堂筋を南下して梅新東を越えて、ひたすらR25をトレース。

(一部区間が)「名阪国道」と呼ばれるぐらいなので、大阪と名古屋を結んでいる重要な幹線。
もっと良い道なのかと思いきや、平野あたりから片側一車線の田舎3ケタ国道的雰囲気になって期待を全く裏切りません(笑)

その後、奈良に入って法隆寺の前なんかを通って、相変わらず単調な道がつづく。


途中のトンネル手前にこんな看板が!!



そういえば、いよいよ明日からだ(予定)。


山に分け入っていくと現れるダム。そしてその堰堤を渡る国道・・・




その後も、名阪国道の良い道とは別に伸びる、所謂「非名阪」の区間はとても刺激的な道でした。



ここは伊賀上野の市内ですが、コレ国道なの?って感じ・・・。



まあ今更呆れることも面白いこともほとんどなく・・・・


こうして伊賀上野の市街地までやって来て、ちょうどいい時間だったのでお昼ご飯。
食べながら、そろそろR25にも飽きてきたなーーと思い、伊賀上野からR422で信楽方面へ北上することにしてみました。



始まりからして激細でワクワクしてましたが、そんなに狭くなく適度なワインディングで気持ちよい道でした。

そして、今度はR307にスイッチして枚方方面へ。



最初は緑の中をじゃんじゃん走っていましたが、最終的には枚方に出て第2京阪で帰りました。




気づけば2府3県を巡る旅になっておりました。
Posted at 2012/07/01 23:31:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2012年06月17日 イイね!

琵琶湖にタッチして帰ってくるの巻

琵琶湖にタッチして帰ってくるの巻2日間さんざん出かけたのに、今日もまたお出かけです。

昨晩は大雨で駐車場にクルマを停めに行って帰ることが難しかったので、
近隣の上限料金の安いコインパーキングに一夜停めていました。

しかし長々と停めると料金がかさむので朝起きてクルマを動かしに行ったものの、
天気も良かったのでそのまま出かけてしまうことにしました(^_^;)



いままで、南(和歌山)、東(中京・東海)、西(岡山・兵庫)、ととりあえず行ったので、
今日は北方向を目指してみることにしました。


吹田から内環状(R479)→r16でひたすら高槻方面へ。

朝も早めでクルマが空いていたのか普段からこうなのかはよくわかりませんが、
なかなかスムーズに流れ、高槻駅前でR171へ入ってさらに京都方面へ。

途中、伏見のSABにちょっと寄り道・・・・



偶然にもC35な方がいたので横に駐車。
オフ会ですか?って感じに(^_^;)


そのままR1を北上し、お昼を食べてそのまま京都市街に突入。

街中の渋滞にはまりつつ北上し、銀閣寺の北あたりから比叡山を越えて琵琶湖沿いの坂本に下る「山中越(r30)」へと入ります。

しかしここは道幅が旧規格なのでセンターラインが引いてあっても車線が狭いです。



そこを、デカいミニバンがやたらセンターをはみ出して大曲りしてきてヒヤッとする場面が多くありました。
車幅感覚が掴めないんならそんなデカいクルマ乗るなよ・・・(怒)


それでも、緑の中を駆け抜けるワインディングはとても心地よく・・・・。



あっという間に滋賀県に突入し、山を下ってR161へ。



右側に琵琶湖をちらちら見ながら走っていると、かの有名な「雄琴」を通過したりして(^_^;)

まあ、時間もお金もないので素通りなわけですが・・・・(笑)


そして、堅田までやって来て、琵琶湖大橋を渡って名神で帰ろうか・・・なんて思いつつ、よくよく考えていると
青看板にR477の表示と「途中トンネル」の文字が。


計画を変更して、途中峠から百井峠を攻めてみることにしました!!!(笑)

途中峠も旧道に入ろうかな?と思ったのですが、



トンネルが無料開放されて久しいので素直に途中トンネルを通って、R367を外れてR477へ。





まあこうやって散々脅されますが、構わずに突撃します(^_^)


最初のうちはこんなにいい道だったっけ?ってぐらいの快走路。



しかし途中から徐々に本領発揮し始めます・・・。





休日だからかそこそこの交通量で離合に苦戦する場面も幾度かありましたが、



いよいよ峠を越えて木立の中を進んでいくと、あの名所(迷所?)に到着します。



R477の名所「百井別れ」です!!



国道が鋭角に曲がっていて曲がるのに切り替えしが必要、しかも、分岐する府道のほうがはるかに道が良いという・・・
西日本の道マニアの間では、これを知らないとエセだと言われるとゆう噂があるぐらい(大嘘)の有名なポイント。

確か、2005年3月に遠征帰りに通って以来のはずです。





一息ついて、その道の良いほうのr38に入ってひたすら南下して京都市街へと下ります。



その後は行きと同じルートを帰ろうかと思ったのですが、なんだか面倒になってきたので阪神高速8号京都線から第二京阪で帰ることに。

しかし京滋BPとの分岐のところでまた気が変わり、ひさびさに京滋BP~大山崎JCT~名神高速のルートで帰りました。



いやー、琵琶湖が下道オンリーで2時間ちょいなんて良い環境ですねえー(笑)

これって頑張れば北陸とか岐阜とかにも足を伸ばしやすいってことですよね・・・・フフフ
Posted at 2012/06/17 23:19:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2012年05月20日 イイね!

高野龍神~和歌山方面ドライブ

高野龍神~和歌山方面ドライブ大阪へ来てようやく1ヶ月。
生活にはだいぶん慣れてきましたが、仕事にはまだ全然慣れません(>_<)
まあ、最初からいきなりバリバリされちゃあ元からいる人もたまらんだろうと・・・(笑)

GWのことやらいろいろ書きたいことはあるのですが、またそれは思い立ったときに追々と・・・。


ここのところ週末になると毎週のように津山に帰っていましたが、今週はお休み。
おまけにものすごーく天気が良かったので、お出かけしてきました。

とりあえず南を目指して、いけるところまで行ってみよう!というコンセプトで10時頃自宅をスタート。

外環状(R479)を延々と下って喜連瓜破からR309へ、さらに下って大阪狭山市で外環状(R170)に入り、
さらに富田林でR310にスイッチ。

そのまま山越えして五條市に出ようかと思ったのですが、途中気になる広域農道があり(^_^;)
R310を外れて農道経由でR371へ抜けて、和歌山県橋本市へ。
ちょうどお昼時だったので、橋本市内の紀ノ川沿いのレトロなレストランに入ってみました。



すごーく景色が良くて和みました(*^o^*) 味はそこそこ・・・・

そして、橋本から次はR371に入ってみますが・・・。

入り口の青看板にいきなりこんなマークが(^_^;)



まあ紀伊半島ではそんなに珍しいものでもないので構わず曲がると



道マニアの皆さんにはすっかりお馴染みの看板が現れますが、これまた構わず進みます。
すると、間もなくこんなすばらしい道に・・・



まあ、今更驚きませんが・・・でもちょっとドキッとしたのは



途中から、ナビ上の国道の赤い線が消えました(^_^;)
確かに「国道371号」と表示しているので国道は途切れてはいないのですが、道が細すぎて山道同様の扱いみたいです。



その後も素彫りの真っ暗なトンネルがあったりしましたが、延々とこんな道を20分ぐらい走ると高野山に到着。



高野山の一帯を少しだけぶらっとした後、今日の目的のひとつ・高野龍神スカイラインへ。

TV番組などでも何度も取り上げられていてすっかり有名ですが、



奈良県と和歌山県の県境をまたいで走っているので、スカイラインの区間中に県境を10箇所以上またぐという
県境マニアにはたまらない道です(謎)

スカイラインというだけあってすごーく見晴らしが良く、全体的にアップダウンも豊富にあり、距離がわりと長いのですが退屈するということも全くない道でした。




ちなみに、ここを走行中に78.0MHzがかなーりクリアに受信できたのは驚きでした。
ちょうど自分の番組の時間だったので、数日前に収録した内容をおさらいしながら走る(^_^;)
障害物がないとはいえ、20Wの出力で直線距離にして約250kmも飛んでいるとは・・・


その後はR371をトレースして龍神へ下り、龍神からはR425で御坊方面を目指します。

この区間のR425はR424が重複しているので、油断して一度R425の交点を通り過ぎてしまいました・・・



確か以前やってた「水曜どうでしょう」でも同じルートを辿ろうとして同じように通り過ぎていたような・・・(^_^;)

R425単独区間に入ると、狭くなったり広くなったりを繰り返し・・・



でも途中からはバイパスの整備が進んでいて快走路でした。

途中からR425を外れてr27に入り、御坊ICから湯浅御坊道路に入って阪和道経由で和歌山市街へ。
和歌山からR26をひたすら北上して、泉佐野でラーメンを食べて阪神高速で大阪へ。


しめて約350キロ弱といったところですが、走っている時間が長かったので結構走り応えがありました。

これからも関西にいる間にあっちこっち行ってみないと(^_^)
Posted at 2012/05/20 00:43:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記

プロフィール

「気づいたら2017年初ブログ http://cvw.jp/b/11541/39430611/
何シテル?   03/09 20:58
豊富な自然、素晴らしい風景、ご当地の雰囲気を満喫出来るドライブ・旅行が大好きです! 今まで、北海道以外の46都府県には行きました。(沖縄県以外は自走) 自走...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

アクセラ慣らしの旅(3日目・最終日) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/29 08:05:37
秋月電子 
カテゴリ:趣味的
2009/11/29 23:24:07
 
海釣り大好き! 
カテゴリ:趣味的
2009/11/29 23:22:57
 

お友達

無差別送信や広告宣伝目的と思われるものは基本的に全てお断りさせて頂きますのでご了承ください。
62 人のお友達がいます
徳小寺 無恒徳小寺 無恒 * アブハム@CR6アブハム@CR6
KUROYONKUROYON りょう@りょう@
ひろっち@三菱好きじゃけん☆ひろっち@三菱好きじゃけん☆ ぷくすけぷくすけ

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アクセラセダン マツダ アクセラセダン
前車ローレルはかなり気に入って乗っていましたが、何分にも、燃費が良くない上、年式が古くな ...
日産 ブルーバード Myブル (日産 ブルーバード)
初めてカタログで見た時からこのスタイルに一目惚れ!! 憧れの果てに就職2年目の2002 ...
日産 ローレル ローレルさん (日産 ローレル)
某中古車検索サイトで何気なく検索していて、偶然見つけたローレル。 見つけるまでは、本当に ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
近場に出掛けたりするのにはガソリン代も安いし駐車場の心配もしなくて良いので楽だな~と思っ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.