• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

3yoのブログ一覧

2020年11月24日 イイね!

結構…野太い音だった

結構…野太い音だったONKYO ミニチュアコレクションを紹介したこともあって、なんだか久しぶりにレコードでも聴いてみようかな… てな気分に。
で、カバーに乗っかってる荷物をどけて、電源をポチッと…



……………………
………………
…………


んー、十分ある得ることだわな。
前回皿まわしたのは、10年前だもん(^^;
とはいえ、単なる接触不良かもしれないので、コンセントを差し替えたり、ボタンをポチポチしたりして悪あがきするも、一向に反応なし。

ま、しゃーないか…
と諦めかけた瞬間、ポッと電源のライトがついた!
よっしゃ(^^

で、用意してたディスクをいろいろとかけてみた結果…
予想以上に野太い音だった。
はて、こんな音だったかなあ!?
もう、30年モノのカートリッジだからダンパーがヘタってるってのはあるんだろうが、ミッドレンジが押してくる押してくる(笑 逆に高域のキラキラ感はだいぶ抑えられていて、低域側のあまり出ないうちのシステムとしては、なかなか楽しい音。
ただ、ICメディア サウンドに慣れた耳には、正直音のキレは無さすぎだが(^^;

結局 小 1時間ほど聴き込んだところで、やっと滑らかさが出てきた。
やっぱ道具は使わなきゃだめだねえ。
とはいえ、次にお皿を回すのはいつのことになるだろう。
Posted at 2020/11/24 22:59:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2020年11月22日 イイね!

帰ってきた どうにもとまらない 182

帰ってきた どうにもとまらない 182これはっ!
マジで他のメーカー機器でもやってほしい、ONKYOオーディオミニチュアコレクション。
¥500/個ってのは正直いいお値段だが、さすがにONKYO完全監修だけあって、コストを納得させるだけのクォリティ。もう「光る!最高級!フルコンポーネントステレオ」なんて目じゃない(笑

改めてラインナップを見ていくと、今のフィギュア製作の粋を集めた、といっても過言ではないだろうw この大きさにこれだけのリアルな情報量を詰め込めるとは…
アンプやデッキのフロントパネル造形は言うに及ばず、天板やサイド面の放熱スリット、裏面に装備されたインシュレーター、そして、バックパネルにはアンプに付属のRCAピンプラグが刺さる! プレーヤーのストレートアームはもちろん可動だし、スピーカーのサランネットもいい透け具合(^^
これで SONYの ESPRITや DIATONEの DS-10000なんかが出たら家宝間違いなし(笑

などと妄想してたら、第2弾として Technicsの SL-1200シリーズが出るみたい!
これも手に入れなきゃなあ(^^;

■フォトギャラリー
Posted at 2020/11/22 17:13:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 散財モノ | 日記
2020年11月19日 イイね!

メルカトルの罠

メルカトルの罠ランベルト・ハンメル・グードなどなど、世界地図の描き方は色々あるようだが、馴染み深いのは、やはりメルカトル図法。
それは、球体を円筒状に投影して桂剝き = 高緯度地域は左右に引き伸ばし = 北極・南極に近づくにつれて面積がデカくなる描き方。なんとなく解ってた気になってたが、実際のとこどれぐらいデカくなってるのかはピンとこない。

そんな不満? を視覚化してくれるサイトがココ

例えば、検索窓に「JAPAN」と入力すると、日本のアウトライン図形が表示されるので、そいつを比べてみたい国へドラッグ。すると、極に近づくに連れてデカくなり、赤道に近づくにつれて小さくなる。こりゃわかりやすいわ(^^
騙すつもりはないにせよ、メルカトルに慣れてる頭だと、日本は極東の小さな島国的感覚になっちゃうが、どうしてどうして並べてみた限りは、スカンジナビア半島とどっこいどっこい…

 ホンマかっ!?

でも調べてみると数値的には、スェーデンより小さいし、ノルウェー/フィンランド辺りとはそんなに差がない。んー、まあ製図の罠に気がついた、ということで良しということでしょうかね(^^;
Posted at 2020/11/19 20:56:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | わわわ. | 日記
2020年11月18日 イイね!

帰ってきた どうにもとまらない 181

帰ってきた どうにもとまらない 181ちょっと前の話になるが、新型ジムニーが出たタイミングに、1/64でジムニー祭りになった事があった。
ガチャだとアオシマやトイズキャビン、3吋ダイキャストでは、トミカを始め 京商・BM CREATIONS・ERA Car・スカイネット(アオシマ)… とまあ、ニッサン GT-Rもかくやというほど、百花繚乱状態のリリース。

ヲッサンもこの波にちょこっとだけ乗っかって、トイズキャビン・トミカ そして BM CREATIONS & ERA Carのジムニー / ジムニーシエラを納車。各社がこぞってリリースするだけあって、今回のジムニーは確かに良いデザイン、なかでも BM CREATIONS と ER ACarのジムニーは、仕上がりとギミックがいいバランス(^^
そして今回、こういう(ちっちゃいもの)系には珍しく、オプションのエクステリアパーツ(アクセサリーキット)が発売されたので、早速入手してみました → 結構ワイルドな印象に変わるなあ。
これからも、こういう広がり感で 1/64を活性化してくれればウレシイね。

■フォトギャラリー ジムニー / エブリィとか
Posted at 2020/11/18 22:48:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 散財モノ | 日記
2020年11月15日 イイね!

帰ってきた どうにもとまらない 180

帰ってきた どうにもとまらない 180スバルのインプといえば、三菱と並んで世界を席巻したラリーウェポン。20世紀の街中では、スポーツワゴン含めよくGC系を見かけたものでした(笑

当時ヲッサンはブラックw な企業で夜なべしながら働いてたおかげで自由にできるお金はあったが、その使いみちはクルマじゃなくてオーディオ & パソコンだった。
その頃のパソコンは今思えば C/P比のめちゃくちゃ低い品で、486・32bit機の PC98が 30〜40万円台(本体のみ)ってのが普通、ちゃんと動くかどうかわからない載替え CPU に 5万出すのが当たり前な時代だった(^^;

ただし、周りにはそんなパソコンオタクはほとんどいなくて、もっぱら男子はクルマ系。軟派はプレリュード・シルビアへ、硬派はランエボ・インプに流れてたのでした。
仕事を頼んでたカメラマンもご多分に漏れず GCインプ STIで、ロケ撮などでよく助手席に乗せてもらってたりしましたね。

そんな懐かし車種がホビージャパンからリリース、これはウレシイ。
それも WRX と STI の2タイプ。早速納車となりましたが、うんうん、こんな感じだった… と郷愁もひとしお。そして、追っかけ BM Creations からも、前輪が切れるインプが登場。
これを機に、ミニカーでは不遇なスポーツワゴンも出してくれんかな。

■フォトギャラリー
Posted at 2020/11/15 17:19:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 散財モノ | 日記

プロフィール

出かけた先で見たこと感じたことを、徒然なるままに書きなぐっています(^^;(実際のとこ「フォトギャラリー」がメインコンテンツという気がしないでもありませんが) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2020/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
スクラッチが楽しい、オトナの 1/1 プラモデルですね!
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
※みんカラ 仕様変更に合わせて車種登録を変えたら、本家がスイフトカテゴリーにはいっちゃっ ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
親の通勤用車でした。 土日に借りて乗ってましたが、MX(ディーゼル)だったので、レッドゾ ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
04/7/25ドナドナされていきました。雨の日だとすぐホイールスピンする軽量・ドッカンな ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.