• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jawayのブログ一覧

2013年10月13日 イイね!

エネルギーはいつでもどこでも入手可能になる?

エネルギーはいつでもどこでも入手可能になる?【スマートモビリティアジア13】
エネルギーはいつでもどこでも入手可能になる…九州大学 佐々木一成教授
http://response.jp/article/2013/10/12/208434.html
 スマートモビリティアジア13では、燃料電池に着目した。国内でも有数の燃料電池研究施設を持つ九州大学伊都キャンパスにて行われた講演に、九州大学教授で次世代燃料電池産学連携研究センター長も務める佐々木一成氏が登壇した。

◆燃料電池とは
 佐々木氏ははじめに、燃料電池について解説を行った。「日本のエネルギーインフラをどうするか、というところで燃料電池が出てきます。簡単にいうと、エネルギー源になるものが電池の中に入っていないのが燃料電池。つまりエネルギー源を外から入れないといけない。逆に言うと、外から入れる事ができれば持続して利用できるということです」と説明。
 これまでは、化石燃料を始めとして、燃やすことでエネルギーを取り出していた。「ニューコメンの蒸気機関の開発は1712年、当時の効率は約1%でした。ガソリンエンジンの開発は1876年、実運転で数十%の変換効率。エネルギーは取り出すまでに、さまざまなロスが発生しています」(佐々木氏)と指摘した。

◆このままで良いのか…良くない
 佐々木氏は「ではエネルギーの利用はこのままで良いのかという問題で、効率をあげる必要があるということ」と話す。
 燃料電池車は車両効率が約60%、定置用高効率発電機では、家庭での発電効率約40%など、効率が高まっているという。電気科学システムを使う電池は、「小さな発電規模でもロスの無駄を少なくすることができるのが大きなメリット」(佐々木氏)とした。

◆燃料電池の発電効率はまだまだ伸びる
 燃料電池の発電効率はまだまだ向上するという。大規模発電施設での発電効率約60%といった数字は現実的なものとなっている。あわせて、燃料電池の市場創出については、富士経済によると世界で5兆1843億円(2025年)と試算されていることを紹介。これは2011年の699億円からの大幅増額で、エネルギーの取り出し効率向上とビジネス面での市場拡大は今後急速に進む見通しだ。
 佐々木氏は、燃料電池の簡易な仕組みを目の当たりにしてもらうため、太陽電池を利用し水素を発生させ、水素での発電まで行なう実験を簡単に披露した。「基本的な仕組みは難しくない」(佐々木氏)とし、燃料電池が身近な存在であることを強調した。
 こうした燃料電池分野での九州大学の取り組みとして「将来の燃料電池の研究開発を先導していける研究者が集まっている」と話す。「大学の中に企業の研究所を作れ、産学官の連携体制を整えることができる。学生の育成、今後の研究者の育成にも取り組んでいる」とアピールした。

◆CO2ゼロの再生可能水素エネルギー
 佐々木氏は、日本のエネルギー政策の課題として「高効率変換がポイント。そして世の中に実用化されること。そこから日本が海外に頼らないエネルギー貯蔵をどのように実現するかということも課題」とした。
 「エネルギー事業は多様化へ。水素燃料電池が実現すると、垣根が無くなっていきます。チャンスと競争が発生するということですね。これはエネルギーの考え方を根本的に変える可能性があります」と可能性を示唆。「情報とエネルギーは同じ方向へ向かいます。いつでもどこでも情報を入手できるようになりましたが、エネルギーも、いつでもどこでも入手できる社会になります」とまとめた。
--------
スマートモビリティアジア福岡
http://www.smart-mobility-asia.jp
--------
スマートモビリティアジア福岡 FaceBook
https://ja-jp.facebook.com/Smartmobilityasia
--------
エネルギーと言うのは変な表現だけど偏在が遍在へ変わって行く過程の事だ。要するに、まずは偏在してなきゃならない。つまりエネルギーと言う物は「いつでもどこでも」とは反する存在だ。
そして、偏在しているものは価値があって、物流とはその為に存在する仕事のようなもの。偏在と言う状態は必ず存在する。

そして、いつでもどこでもと言う遍在の状態を作るための投資とその費用回収は誰が行うのだろうね。過疎地にも投資しなきゃ行けないってことだけど、行政すら撤退戦をやってるのに、企業が新規参入するのは難しいよね。

んで、太陽電池から水素作って、と言うのは原理的には簡単だけど、エネルギー変換効率を半分に落とすぞ、と宣言しているも同然だ。太陽電池の電力は出来るだけそのまま電力として変換せずに使う、と言うのが重要。エネルギーの変換ってのは常に効率の問題にさいなまれる領域なのだから。
水素生成はなんらかの副生成物として、あるいは余剰エネルギーから生成するようにしなきゃ、勿体なくって仕方が無い。それ専用の設備を使うなんてのはもってのほかだと思う。

で、個人的な感想としては「水素をユニバーサルサービスで供給出来る物にしよう」と言うのは実に大言壮語みたいなものだけど、それくらい言わないと学生が研究室に集まって来ないよ、と言う事だったりして。(笑)
Posted at 2013/10/13 23:29:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキットや土地の話 | 日記
2013年10月13日 イイね!

その頃、カミサンと子供は・・・

その頃、カミサンと子供は・・・12日、SWK走行会で私がオートポリスに居る頃、カミサンと子供は長崎がんばらんばフェスタin諫早でなんやらスポーツ体験をしていたみたい。こんなイベントが有ったんだぁ。知らんかったよ。まあ何であれ身体を使って楽しむ機会を持つと言うのは良い事だ。
こんなカヌーの漕法の練習機を使う機会なんて普通はまず無いよね。他にフェンシングなどのマイナースポーツもあるよ。なんでも経験すると言うのは良い事だ。

でも来年は国体って事で、妙に運動公園付近の交差点で道路工事が多くて、車線が走るたびに変わってて面倒だなぁ。最終的な交差点形状ってどうなるんだろうねぇ。
この辺りを見てると国体関連の工事も色々と怪しいなぁ。(笑)
Posted at 2013/10/13 22:33:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 家庭や仕事 | 日記
2013年10月13日 イイね!

福岡空港の空の日

福岡空港の空の日福岡空港の空の日のイベントでANAのハンガー見学に行って来ましたよ。
子供向けの航空教室が有ったり、ハンガーでエンジンの剥身を見たり、んでB737の最古参型のコクピットにも座らせてもらったりしましたですよ。
おかげで写真は山盛り。カメラの電池も切れるほどで、そりゃ撮り過ぎだろう。(笑)

外は超快晴で写真を撮る時に外が少しでも入ると飛んじゃいます。かと言って撮影モードをHDRにすると電池の消費がどんどん速くなります。
もうしばらくすると省エネなHDR用プロセッサとか出て来るんだろうけど、今は普通のDSPをぶん回しているのだから消費電力がデカいのは仕方が無いですね。

ハンガーから国際線ターミナルに戻ると、もう人が山盛り。イベント大盛況。空港内案内バスツアーの整理券も配賦完了で見れませんでした。やっぱ福岡は人が多いね。

と言う訳で福岡空港をウロウロしているだけで一日終了。あー疲れた。
Posted at 2013/10/13 19:24:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 家庭や仕事 | 日記

プロフィール

「中学生の子供の問題だけど、四番と六番が関数ではないと言う回答は納得がいかない。
また八番を関数とするのもわからんことはないけど、微妙に納得できない。中学生がGrepするのかよ。」
何シテル?   12/09 11:57
日本の西の端辺りでゴソゴソやってます。テクノフェチでメカフェチです。車関係の中の人ではありません。 某著名な2kmサーキットに程近い大学で車とバイク漬けの...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

日産(純正) ステアリングスイッチ 2/3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/08 15:01:23
日産(純正) スイッチ付本革ステアリング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/08 14:54:41
2016 勝手に 「道場破り」  in オートポリス  ドラテク編! ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/29 23:25:20

お友達

ファン

240 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ シルバーだけどグレ子ちゃん (スズキ スイフトスポーツ)
おかしいなぁ。最初の話だとGWの頃には来てるはずだったのに、なんで実際の納車は6月末なの ...
日産 ノート 第二・カミサン号 (日産 ノート)
カミサン号を8年乗ったプレマシーからノートへ変更。後席の広さが感動的。 運転は面白く無い ...
マツダ RX-8 マックロボロスケ(マック-ウロボロス-キー)号 (マツダ RX-8)
まああのその皆さんご存知だった奴です。 MSV1なのでマツダスピードのパーツは元からテン ...
マツダ プレマシー カミサン号 (マツダ プレマシー)
カミサン号。買い物と子供の送り迎えだけなら軽で良いじゃん、なんて私の意見は通らずに普通車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.