• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

intensive911(JUN)のブログ一覧

2020年03月07日 イイね!

新型ポルシェ911ターボSのコンフィギュレーター公開!

新型ポルシェ911ターボSのコンフィギュレーター公開!さて、新型ポルシェ911ターボSのカーコンフィギュレーターが公開。
ボディカラーは16色、それに加えて好みの色を指定できる「カスタム」が追加されています。
ボディカラーについては全般的にシルバーやダークグレー系が増え、やはり濃い目のメタリックグリーンはラインナップされず(アベンチュリン・グリーン・メタリックという色はあるものの、グリーンっぽくない)。
ちまみに「マイアミブルー」がドロップし、メタリック系の明るいブルーもなくなり、ブルーの選択肢は「ジェンティアン・ブルーメタリック」「ナイトブルーメタリック」という濃いめの色のみとなっています。



★「お友達」「フォロー」は随時募集中!SNSにも「いいね!」「フォロー」お願いします!★
Facebook
Instagram
Twitter
Pinterest
Youtube
Posted at 2020/03/07 21:01:36 | トラックバック(0) | ポルシェ911 | 日記
2020年02月15日 イイね!

そろそろ新型ポルシェ911ターボ/ターボSが発表されそうだ!スーパーカーをも脅かす性能を持つと予想されるもその「弱点」とは?

そろそろ新型ポルシェ911ターボ/ターボSが発表されそうだ!スーパーカーをも脅かす性能を持つと予想されるもその「弱点」とは?ポルシェは2018年に992世代となる新型911を発表していますが、まずはカレラSとカレラ4Sからスタートし、その後ベースグレードのカレラとカレラ4、さらにはそれらのカブリオレを追加済み。
そして3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにおいてポルシェは「911ターボ」「911ターボS」を発表すると目されていて、今回いくつかのメディアが新型911ターボ、911ターボSについての予想スペックを公開しています。

まずAutocarは「911ターボで570馬力、911ターボSで620馬力」だと予想。
991世代の911ターボが540馬力、911ターボSで580馬力なので驚くべきレベルのパワーアップということになりますが、これによって911ターボSの0−100km/h加速は2.8秒、最高速度は330km/hに達する、とも。※Road and Trackは911ターボSの馬力を640馬力だと予想

なお、この数字はフェラーリF8トリブート、ランボルギーニ・ウラカンEVO/アヴェンタドールS、マクラーレン720Sといったスーパーカーとほぼ同等であり、まさに新型911ターボはスーパーカースレイヤーだといえそう。
ちなみにポルシェ911はその「リアエンジン」というレイアウトに起因する強力なトラクションをもって「馬力以上の速さ」を見せつけるクルマであり、新型911ターボ/ターボSは「700馬力クラスのスーパーカー」をも打ち負かすことになるのかもしれません。

新型911ターボ/911ターボSのトランスミッションは8速ATそして4WD、さらには4WS(後輪操舵)にて武装することになると思われ、Autocarの予想だと新型911ターボは「現行911よりもちょっと重くなる」とのこと。
その(重くなるという)理由は不明ですが、Autocarだけになんらかの確証を得ているのでしょうね。

なお、これだけ強力なポルシェ911ターボですが、弱点があるとすればそれは「ルックス」。
簡単に言うと性能はフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンを脅かし打ち負かすほどですが、そのルックスが「(スーパーカーに比較して)乗用車的」である、ということ。
つまり価格や性能の割に「スーパーカー的ではない」ということで、おそらく多くの911ターボのオーナーもそう考えているのか、価格帯の近いマクラーレン540Cや570Sが発売された際には「大量のポルシェ911ターボのオーナーがマクラーレンへと流出した」とも。

ポルシェは直近にて911ターボのほかに「911GT3」の発表もスタンバイしているところだと思われますが、911ターボと911GT3の差について、ぼくは「911ターボは足し算で速さを得たクルマ」、「911GT3は引き算で速さを得たクルマ」だとも考えていて、そのため足し算=ハイテクデバイスは時間が経てば相対的に競争力が低下したり新たなデバイスに取って代わられることになるものの、引き算=ピュアさはいかに時間が経過しようともその魅力を失うことはないのだろうと信じているわけですね(実際のところ、中古相場がそれを証明している)。

その意味では「性能面では新型911ターボがスーパーカーを脅かす」ことになりそうですが、「”価値”という点では新型911GT3がスーパーカーに比肩する」ことになるのかもしれません。

★「お友達」「フォロー」は随時募集中!SNSにも「いいね!」「フォロー」お願いします!★
Facebook
Instagram
Twitter
Pinterest
Youtube
Posted at 2020/02/15 17:15:01 | トラックバック(0) | ポルシェ911 | 日記
2019年07月22日 イイね!

新型ポルシェ911の見積もりを取得した(乗り出し2143万円)!

新型ポルシェ911の見積もりを取得した(乗り出し2143万円)!
さて、先日試乗した新型ポルシェ911(992)。
ぼくは「もう911は買うまい」という911不買の誓いを立てていますが、それは「ぼくの腕が未熟であり、リアエンジンレイアウトの911をうまく走らせることができず、怖い思いをしたため」。

よって911(997)を売却した後は同じポルシェでも981ボクスター、718ケイマンというミドシップ、そしてランボルギーニ・ガヤルド/ウラカンという、ミドシップ+4WDといった安定志向のスポーツカーを選んでいます。

つまり、それだけ「RRは怖い」という認識がぼくの中にあるわけですが、今回の新型911試乗ではまったく不安を感じさせず、「911不買の誓い」もどこへやら。

そこで取得したのが新型ポルシェ911の見積もりですが、ここでその内容を見てみましょう。

ポルシェ911カレラ(PDK)

車両本体価格 16,600,000円
自動車税 21,200円
自動車取得税 519,300円
自動車重量税 49,200円
自賠責保険料 35,950円
検査登録費用 2,100円
ナンバープレート代 1,440円
車庫証明 2,600円
リサイクル預託金合計 22,590円
オプション合計 4,116,000円

合計 20,776,000円

オプション詳細は下記の通り。

マイアミブルー 444,000円
スタンダードインテリア モハーベベージュ 98,000円
セラミックコンポジットブレーキ 1,460,000円
スポーツクロノ 381,000円
PASM付スポーツサスペンション 154,000円
20/21インチRS Spyder Designホイール 382,000円
カラークレストホイールセンターキャップ 27,000円
LEDマトリックスヘッドライト 475,000円
ポルシェ・エントリー&ドライブシステム 90,000円
レーンチェンジアシスト 135,000円
トリュフブラウン シートベルト 72,000円
アンビエントライト 78,000円
スピードメーター レーシングイエロー 57,000円
ダークバルダオ インテリアパッケージ 263,000円

合計 4,116,000円



★「お友達」「フォロー」は随時募集中!SNSにも「いいね!」「フォロー」お願いします!★
Facebook
Instagram
Twitter
Pinterest
Youtube
Posted at 2019/07/22 20:25:49 | トラックバック(0) | ポルシェ911 | 日記
2019年07月21日 イイね!

新型ポルシェ911(992)を試乗してきた!

新型ポルシェ911(992)を試乗してきた!さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。
ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。
ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。

最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっているはずで、「乗ったらたぶん欲しくなるんだろうな」という、今回はやや警戒と恐れを抱いての試乗といわけですね(ある意味では、買いたくならないよう、その理由を探すための試乗だとも言える)。


ただ、実際に自分で新型911のステアリングホイールを握ると「すごいなこのクルマ」としかいいようがありません。

ぼくが高く評価したいのは「乗り心地がよく、安心して運転できる」こと、「室内の静粛性が高く、運転していて疲れない」こと、「先進的なインテリア」、「魅力的なサウンド」。

一方で気になるのは「あまりに高価になってしまった」こと、さらに「オプションを装着するとさらに高価になる」こと(乗り出し2000万円!)、そしてその割に見かけが「スーパーカー的ではない」ということ。

よって、現在スーパーカーセグメントに置いて「比較的」安価なラインナップを持つマクラーレンに”ポルシェの顧客が流れている”のもわかるような気がしますが、911の真価はもちろんその外観ではなく、その「中身にある」ということを改めて知ることになった試乗でもあったと思います(この部分は言葉ではなかなか表現できない)。

ぼくは「(自分には乗りこなせなかったので)991はもう買わない」という”911不買の誓い”をたてていますが、その誓いをうっかり忘れそうになるほど新型911は扱いやすく、「911カレラSは高価すぎるので、ベースグレードの911カレラが出たら買うか・・・」と思ってしまったほど。

おそらくはこれほど扱いやすく、どこにでも乗って行けて(そんなに大きくない)、信頼性も高く、かつユーティリティも高いスポーツカーは他になく、スーパーカー的ルックスを求めないのであれば(スーパーカーはそのサイズや形状の問題もあり気軽には乗れない)、まさにベストバイだと言えそうです。

なお、ポルシェ創業の理由は「自分がほしいと思うクルマ、つまり小型で効率の良いスポーツカーがどこにもなかった。だから自分で作ることにした」というもので、かつポルシェの考えるスポーツカーは「日常性を持つクルマ」。

よって、「エキゾチックであること」「エクスクルーシブであること」を目的としているスーパーカーとは根本が異なるクルマでもあり、その意味で「ルックスがスーパーカー的ではない」のは当然なのかもしれませんね(その意味で、ポルシェは実用性を犠牲にしてまでスーパーカールックスを目指すべきではない)。






★「お友達」「フォロー」は随時募集中!SNSにも「いいね!」「フォロー」お願いします!★
Facebook
Instagram
Twitter
Pinterest
Youtube
Posted at 2019/07/21 22:15:50 | トラックバック(0) | ポルシェ911 | 日記
2019年07月07日 イイね!

新型ポルシェ911(992)内装編!これまでの「平面」「から「立体」へ、そして初代911を意識したデザインへ

新型ポルシェ911(992)内装編!これまでの「平面」「から「立体」へ、そして初代911を意識したデザインへさて、新型ポルシェ911(992)の外装レビューを続けてお届けしましたが、今回は「内装」編。

外装同様に、新型911では930世代へのオマージュといえるデザインが多数詰まっており、しかし単なるレトロではなく、しっかり機能性や最新の技術と結びつけられているのが「ポルシェらしい」ところ。

そして992のインテリアは非常に「立体的」ですが、ポルシェはこれまで「平面的」なインテリア構成に注力していて、それは現行パナメーラやカイエンでは非常に端的。
たとえば、電源OFFでブラックアウトするパネルや、同じく電源オフで閉じるエアコンブロワーはその代表的な部分だと思います。

それが一気に今回の新型911のデザインのような「立体」に転じたということになり、そしてポルシェはエクステリア、インテリアのデザインを「全モデル通じて」統一する傾向に。
よって今回の新しい911に採用されたデザインが今後の各モデルに採用されてゆく、ということになりそうですね。





★「お友達」「フォロー」は随時募集中!SNSにも「いいね!」「フォロー」お願いします!★
Facebook
Instagram
Twitter
Pinterest
Youtube
Posted at 2019/07/07 20:57:09 | トラックバック(0) | ポルシェ911 | 日記

プロフィール

「ポルシェ718ケイマンの「ここが我慢できない」部分! http://cvw.jp/b/261031/43866030/
何シテル?   03/31 21:48
登録名は「intensive911」ですが、HNは以前より「JUN」で通しています。 ランボルギーニ・ウラカン、ポルシェ718ケイマン、ホンダCBR250RR...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ぼくの基本ブログ→Life in the FAST LANE 
カテゴリ:自分関係
2014/01/19 08:51:18
 
フォローお願いします→Twitterアカウント 
カテゴリ:自分関係
2011/08/02 08:49:29
 
いいね!お願いします→Facebookページ 
カテゴリ:自分関係
2011/08/02 08:46:47
 

愛車一覧

ランボルギーニ ウラカン (クーペ) ランボルギーニ ウラカン (クーペ)
ガヤルドに続いて、ぼくにとって2台目のランボルギーニとなります。 ボディカラーはBIA ...
ホンダ CBR250RR ホンダ CBR250RR
ぼくは突然バイクやクルマを購入することがありますが、今回もやはり突然。 CBR250R ...
ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン
試乗した際の魅力に抗しきれず購入したポルシェ718ケイマン。 これで「4台目」のポルシェ ...
アウディ TT クーペ アウディ TT クーペ
以前に乗っていた8J/TT(二代目)に続いて購入した8S/TT(三代目)。 今回「維持 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.