• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Rinnのブログ一覧

2012年12月30日 イイね!

アンプガードを装着してみた

アンプガードを装着してみたアンプに接続する配線が剥き出しなので、トランクに積んだ荷物が動いたりすると配線を押し、アンプのコネクタを痛める恐れがありました。


そこで、このアンプを組んだ直後から、ガードの取り付けを検討してました。






最初の頃は、大き目の取っ手やU字金具を使って囲う事を考えていたんですけど、結構大掛かりになるし、何かの時に配線外そうとしても外し難くなってしまいます。

滅多に外す事が無いにしても、メンテナンス性は重要だよねって事で已む無く放置していたのですが・・・


春先にホームセンターを物色していたところ、ありました。

パール金属(株)のNo.H-6013 ストレージブラック ディッシュラック<S>という商品。

本来は台所でサイズの異なる食器を重ね置きするのに使ったりする簡易的な棚なんですが、鉄で出来てるので強度は充分。このように立てて使うとお洒落かなと。



まだ本固定していない仮置きですが、見た目も悪く無いと思います。








あとは、ウーファーの天板を作れば荷物積めるようになりますぞ。
Posted at 2012/12/30 16:31:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | インテグラ | クルマ
2012年12月29日 イイね!

忙しい時こそ、余計な事を考えてしまうもんで

そういや、ウチのインテさん、ヘッドライトの黄ばみが進行中でございまして。


もしヘッドライト新調するなら、思い切って別の顔にしてみたいなぁ、なんて余計な欲求が沸いてくるものでございます。



とはいえ、下手な事すればバランス崩れますし、メンテナンスも大変になります。
ましてヘッドライトだと、きちんとフレームに固定しなければ走行中に光軸がズレる原因にもなるし、路面照射が暗いとか、対向車に迷惑とか、ろくな事になりません。


悩ましいッスね。


全長と全幅にも気をつけないと、改造車検が必要になっちゃいます。
かと言ってカツカツに詰めて作ると不恰好になるし、下手するとフェンダーがタイヤに干渉して走れない車になる事も。


あと、移植元の車両パーツが新品で手に入り易い事も重要ですよね。
流通が止まりかけてる車種を選んでしまうと、それはそれで苦労しますし。





個人的な好みで言うと、S2000か、R34か、ガヤルドのライトが好きです。
え?バラつきあり過ぎですか?
S2000は、同じHONDA車でディーラーでも部品が入手し易く、ヘッドライトの設計も良いので明るく見易い。そして何より、インテよりシャープで風を切り裂いていくような顔つきが好みです。
R34は、正面を向いて凛としてるあの形状が好きですが、手を出したが最後、エアロ組みたくなりますね。悩ましいところです。
ガヤルド、個人的な好みにドンピシャな顔つきです。でも、車両どころかパーツも高価でおいそれと買えません。なので、この方向に進むとしたら、ワンオフでヘッドライト作って・・・かな?

いずれにせよ、やるとなったら車両1台分以上のお金が掛ってしまうので、おいそれと出来ませんけどね。
ヘッドライトは純正のまま、アイライン一体のボンネット作って、部分的に隠す事で印象を替えるというのも、面白いかもしれない。







・・・いやいや待て待て、そもそもヘッドライトの黄ばみが気になっただけなのに、どうしてこういう話になった?
Posted at 2012/12/29 12:41:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | インテグラ | クルマ
2012年12月21日 イイね!

インテSでパワーを出す条件

ECUのプログラムを直接解析したわけじゃないので、個人的な感想の範囲ですが。


インテSでパワーを出すには、次の条件が良いっぽい。
・吸気温15度前後(10~20度)
・水温 85度前後(83~87度)

はっきり言って、もの凄く狭いです。

吸気温は、純正エアクリBOX使用で冬場の日中の巡航温度でしょうか。
この時期でも朝晩は冷え切っててダメだし、春と秋は気温の変化が激しくて落ち着かない、夏場に至っては到底無理な温度です。

そして何より水温が厳しい。
ローテンプサーモなんぞ付けた日にゃぁ、暖気不足で確実にパワーダウンします。
かと言って純正サーモだと、ちょっと走るだけで90度を超える。



どうにも悩ましいですね。






ある方法を用いる事で、多少は使用範囲を広げる事ができます。
でも、そこで得られるのはハイグリップタイヤと同じようなもので、範囲の限界を超えた瞬間、一気に崩壊する。
タイヤならグリップを失うだけで立て直しも効きますが、エンジンまわりでソレやっちゃうのはまずいよね。



という事で、夏場いかに冷やすかだけでなく、冬場いかに暖めるかが重要でした。
なかなか難しいですねぇ。
Posted at 2012/12/21 17:34:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | インテグラ | クルマ
2012年12月20日 イイね!

横浜ゴムのフィンタイヤ

横浜ゴム、空気抵抗を低減する「フィンタイヤ」技術を開発
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20121219_579412.html


このタイヤ、回転方向指定が無いって理解で良いのかな?
回転方向指定のタイヤパターンだと、右専用、左専用のタイヤを買わないといけなくなるし、仮に前後でオフセット違いのホイールを組んでる場合、ローテーションどころか組み替えさえできなくなっちゃう。


アイデアは凄く良いんでしょうね。
シミュレーションがどれほど正確か判らないのと、回転物に空気を乱すほどの突起が付く事でエンジンパワーをどれくらい食われるか判らないので、その点も含めた技術情報を知った上で判断したいなと。


突起物の大きさはいかほどなんでしょうね?
例えば、従来のタイヤにゴム系接着剤を盛って突起を作ったら、同等とは言えずとも同様の効果があったりするんでしょうか?
多少でも効果があったりするなら、タイヤに接着する突起物が商品化されたりしてね。



つか、タイヤ周辺の乱気流を嫌うなら、ローターカバーを延長してタイヤの8割程度を完全に覆っちゃうカバーを付けちゃえば良くね?と素人発言してみます。
内側(エンジン側)に廃熱ホール作っておけばブレーキ熱も大丈夫じゃね~かと。
見栄えは激しく変わっちゃいますけど、ローターカバーの延長ならステア切った時もタイヤと一緒に横向くので、大きな問題にはならんかと。
あ、そうするとチェーン巻けないからダメなのか?
でも、タイヤの内側にフィンが付いてたら、チェーン巻くのも難しいよねぇ。
Posted at 2012/12/20 22:24:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2012年12月19日 イイね!

車の静電気対策

実は10年以上前から考えてるんですが・・・

車の乗り降りの際にパチッ!と来なくする方法。




よく言われてるのが、車から降りる際、地面に足を着く前に車の金属部分に触りなさい、というもの。

服とシートが擦れて静電気が発生しても、ボディに触れていれば即座に流れて体内に滞留しないので、静電気のパチッ!が発生しませんよ、という話。


これの進歩版として、触り易い場所に導電性のシールを貼り、そこからボディへアーシングするというもの。
ドア内張りが樹脂パネルに覆われていて金属部分に触り難いという盲点を商品化したものですね。






で、昔から考えているのが。

そもそもシート表面とボディが通電してれば、何も気にする事無く乗り降りの時にボディへ触れてる事になるんじゃない?
純正シートで出来ないなら、シートカバーの座面サイド部分だけ導電素材を使ってアースに落とせば良いだけの気がする。

こういうのって効果無いんですかね?
肌が直接触れるのと違って、ズボンとかが絶縁体になっちゃうと効果薄いのかもしれませんけど。




あともう1つが、インナードアハンドルを金属にしてドア鉄板にアーシングするって方法。
金属製のドアハンドル使ってる車もあるんだし、難しくは無いハズ。
車を降りる時って、ドアハンドル引きながらドア開けますよね。なので、そのままドアハンドルを持って降りてしまえば、金属に触ったまま降りた事になりますよね。







そんな事を、冬が訪れる度に考えてます。
考えてるうちが楽しいんですけど、そろっと誰か商品化しませんかねぇ?
Posted at 2012/12/19 00:42:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | インテグラ | クルマ

プロフィール

「1日で車3台メンテナンスすると結構シンドいっす。」
何シテル?   12/09 22:02
数年ぶりに復活しました。 車も乗り換え心機一転。 でも、やってる事は相変わらずです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

K&N Air Filter Cleaning - Japanese 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/18 20:28:15
 

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
プレミアムディープロッソ・パールというボディカラーに惹かれました。 今までの軽自動車に対 ...
ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
相方の車ですので、私が率先してイジるものではありませんが、ある程度は手を加えていくつもり ...
ダイハツ タント ダイハツ タント
家族用の車として購入。 基本的にはフルノーマルで維持しますが、若干手を加える予定。
その他 その他 その他 その他
俗に言う電動アシスト自転車です。 ホイールのリムには「HJC MTX DM-300」と ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.