• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Rinnのブログ一覧

2011年03月28日 イイね!

ドア内張り交換

ドアスピーカーをアウターに仕上げたのは、いつの頃だったか。


中域がクリアになる反面、低域が消えてしまう印象があり、日々物足りなさを感じてました。

サウンドシャキットで調整しても、ブーミーに歪むばかりで音圧を感じない。とってもツマラナイ。






そこで、思い切ってドア内張りを元に戻しました。






とはいえ、タイプSの内張りなんぞオークションに流通しているハズも無く、探せど探せどタイプR用の赤い内張りばかり。

この際だから多少の汚れは・・・と妥協して手に入れた内張りも、出品者の雑な梱包で傷モノになり、流石にコレは後悔するんじゃないか?と、交換できずに放置していたのですが。。。




ようやく綺麗な内張りが手に入り、交換に至りました。





入手したのは黒内装のタイプR用。
当然、タイプSのような吸音材はありませんが、音質改善の為に追加した吸音材ごと丸々移植したので、スピーカー穴とカラー生地部分の違いを除けば全く違いがありません。




もっとも、これに合わせてスピーカー取付を アウター → インナー と変更してるので、取り付けによる音の変化も大きいと思います。





で、音質。


中音が篭り気味になったものの、低音は気持ち良く響くようになりました。
篭り感もシャキットの調整でそれなりにフォローできそうなので、妥協点としては良いかなと。




低音の消える原因さえハッキリしちゃえば、またアウター化、せめてスピーカーグリルのメッシュ化だけでもやりたい所ですが・・・

何枚もドア内張りを買い換えるわけにはイカンのでねぇ。
Posted at 2011/03/28 19:14:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | インテグラ | クルマ
2011年03月22日 イイね!

単位の意味ってご存知ですよね?(放射能の件)

ここの所、福島第一原子力発電所からの放射性物質流出でマスコミが嬉々として騒いでます。

それっぽい専門家も出てきて、それっぽい話をしてます。

全て視聴率確保の為じゃね?と思うくらい、肝心な事を全て隠して、視聴者の不安を煽る発言が溢れてます。



今回に限った事ではなく、不安を煽る報道は以前から繰り返されてきてる事なので、それを知った上で報道番組見てると何て事は無かったりするんですが。

そこはそれ、震災後の買占め騒ぎで踊らされた人達は、今回もアッサリと踊らされてるわけで。

冷静になれ日本人。

たぶん、外国から日本に来てる人達のほうが冷静だと思うよ。(言葉が通じない不安を除けば)







まず、放射性物質(および放射能汚染)に関しては、実際の量(単位)をしっかり把握しましょう。

放射能に限らず言える事ですが、報道番組を見る時に何より大切な部分です。

ミリとかマイクロとかって話じゃないですよ。



どの番組を見てもナレーターが手に持って説明していますが、放射性物質の量と人体の影響に対して、あれほど力説されながら一般人に全く役に立っていない情報はありません。






例えばさ、牛乳から放射性物質が検出されたと聞いて踊らされてる皆様よ。


・今回の災害が起こる前は、どれくらいの放射性物質が検出されてたか知ってます?
・何リッターの中からどれくらいの放射性物質が検出されたか知ってます?
・更に、皆さんは1年間でどれくらいの牛乳を飲むか知ってます?



こういうのを正しく計算して、今までどれくらいの放射性物質を口にしていて、今はどれくらいの放射性物質を口にする危険性があって、それが1年間で回復する(無かった事になる)とされる量に対してどれくらいの割合になるか。

そこまで把握した上で騒いでますか?






というより、本来ならここまで説明するのがマスコミの仕事だと思うのよね。

緊急速報の第一報ってのならまだしも、いかにもな格好の専門家まで呼び出しておいて「今すぐ健康被害に繋がるものではない」という安直な結論だけ口にしていれば「真実を報道している」と言えるなんて、とっても馬鹿げた話だと思うのですよ。



なぜに国民が容易く踊らされるのかと言えば、マスコミ(出演する専門家も含む)の提供する説明が根拠を省いているからで、隠蔽された真実を知る事ができない不安から、簡単に右へ左へと流されているんだと思います。

専門家は言う事言ってるのに編集の都合でカットしているってだけかもしれませんが、だとしたら肝心な部分をカットするような番組に出演するほうが間違ってるわけで。


先に書いた通り、その省かれた部分、隠蔽された真実をTV画面から読み取る事ができるか否かで、政府とマスコミの手の中で転がされる人生を歩むか、現実を紐解ける人生を歩むか、大きく分かれる所です。









何事も、目先のトリックと勝手な思い込みに流されない事が大切ですよ。
Posted at 2011/03/22 13:16:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2011年03月22日 イイね!

EML327 Bluetooth + Torque(Androidアプリ)

徐々に復旧が始まりつつあるとはいえ、被災者はこれからが本当の戦いだと思いますし、原発も日々予断を許さない状況だったりして、何というか生活に精神的余裕を持てない状態がずっと続いてます。

そんな状態ゆえ、ドライブに出掛ける気にはなれないし、近場は自転車で動けば充分だし、車を使うのは通勤くらいだよなぁ~・・・なんて生活を送ってますと、車をイジる気にもなれず、少々停滞気味です。




そんな中、お手軽に取り付けできて遊べそうなパーツをGet。
EML327 Bluetoothと、AndroidアプリのTorqueです。


EML327は、診断ソケットに差し込む以外に何も作業を必要としないパーツ。
もっとも、診断ソケットは常時電源接続なので、車を使用しない時に取り付けたままにするとバッテリー上がり易くなります。これは、いずれ対処予定。

AndroidアプリのTorqueは、実際どれくらい使えるか判らなかったので無料版を。



ガソリン給油もままならない現在において、コレの動作テストの為だけにウロウロ走り回るのは愚の骨頂ってなもんで、動作試験は通勤中のみ。

脳内で描いた妄想と過去の経験から、使えそうなメーターをAndroid携帯で設定。
翌通勤時、車に乗り込んで出発前にTorque起動。ダッシュボードへ固定。

で、走り出してみると・・・



上手く動く時と動かない時とがあり、まだまだ設定の詰めが足りて無さそうです。

とはいえ、通勤途中にチョコチョコ停まって再設定とかできないしな。(他の車の邪魔だし、燃費考えると環境に悪くガソリンも惜しい。)

失敗した時は翌通勤時までに設定見直し。運転中は上手く動かなくても我慢我慢。
もっとも、それ故に毎日の通勤が楽しみでもあり、輪番停電にやられっぱなしの毎日に挫ける事無く仕事場へ足を運べてるって話でもあるんですが。







パーツ取り付けだの加工だのワンオフだのDIYオフだの、震災前は気兼ね無くやってた趣味丸出しの行動も、今は取り付けで出るゴミを1つ増やすだけで心が暗くなるもんで、ゴミの出ないモノで遊んでます。
みんカラ上での車ネタ自重とかでなくてね。これだけ世間が大変な事になってると、己のモチベーションが上がらないと言いますか。
被災してない以上、自ら腐っても仕方ないわけで、早いとこイジりヲタな自分を取り戻したくはあるのですが、なんだろうねこの精神状態。







まるでタイトルで釣ったような内容になりましたが、そんなこんなで、Torqueで遊んでおります。
もちっと安定させる方法は無いもんですかねぇ。
正しく動き出すと色々な細かい情報が(空燃比まで)見れるので重宝したいのですが、上手く受信できない事が多かったり、フリーズして携帯電話再起動が必要になったりと、今ひとつ使いこなせておりませぬ。
流石に、コレだけの為に別のAndroid端末を買う気にはなれませんしねぇ。
Posted at 2011/03/22 12:22:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | インテグラ | クルマ
2011年03月18日 イイね!

東日本で電波時計をお使いの方へ

おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は停波中です
http://jjy.nict.go.jp/index.html


との事です。

確かに電波を受けられなくても普通の時計として動くモノが多いですが、一部の機種では、電波の正常受信を前提として作られたモノがあり、電波を受けてないと1日で数分ズレる時計もあります。

電波さえ受信できていれば、これほど頼もしい時計は無いのですが、日頃から正確だと思い込んでいるだけに、こういった状況で時計がズレはじめると色々と問題になる可能性があります。


最近の携帯電話はデータ通信時に時刻補正する機能がありますし、インターネットにも時刻補正のサービスがあります。

電波時計がズレていないか定期的に比較確認し、あまりにもズレるようなら電波塔復旧まで電波時計をアテにしないようにしましょう。
Posted at 2011/03/18 08:38:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2011年03月15日 イイね!

あまりにも馬鹿馬鹿しくて

11日の地震と、そこから繋がる諸々の被害に遭われた皆様の苦労と悲しみは、私の想像を遥かに超えるものであり、この事に関しては慰めの言葉すら軽々しく口にできるものではなく、この場は沈黙をもって挨拶とさせて頂きます。




さて、こういう重苦しい時に不用意な発言をすると心の無い輩と思われてしまいそうですが、あえて書くとします。
先にお断りしておきますが、以下、私個人の考えと価値観によるものです。




幸いにして被災地とならずに済んだ皆さんへ。


まずは落ち着いて、普段通りに生活しましょう。
今起きている状況は、皆さんが自ら招いている人災です。ぶっちゃけ馬鹿馬鹿しい話です。
買い物に並び、ガソリンスタンドに並び、商品が無い、ガソリンが無い、灯油や軽油が無いと騒いでいるのは、全て自分達で招いている話なんです。

食料品は、中部から南側の各地でも作られてます。輸入食材なんぞ海外各国の救援意識もあって、しばらく減る事はありません。

ガソリンや灯油も、原油は海外から買い付けているもので、今までと変わらず毎日補給されてます。




では何故売り切れるのかと言えば簡単な話、必要なモノ以外を大量に買い込むお馬鹿さんが多いからです。

買っておかないと売り切れるのではなく、お馬鹿な買い物をする輩が多いから売り切れる。

売り切れた商品を補充すべく販売店はメーカーに発注し、運送業者が被災地でも無い各地へ頻繁にトラックを走らせる事になる。

すると被災地へまわせる食料品が減り、被災地へ運ぶ為のガソリンも減り、被災地へ送り届ける灯油も減る。






そう、今まさに被災者を窮地に追い込んでいるのは、他ならぬ被災者以外の人々が起こした人災なんです。



それで何?被災地は大変だ?被災者が気の毒だ?

自分達で被災者を追い込んでおいて、そこで泣く人々を気の毒に思うのは、何処ぞのマリーアントワネットだけにしとけよ。








という話です。


被災地が大変だからこそ、我々は贅沢を敵とし、電気も必要最低限、ガソリンも必要最低限、そして食料も必要最低限に絞り、買い控えるべきではないでしょうか。

我々が買い控える事によって、数日後には豊富な食料が準備できます。それを運搬するガソリンも準備できます。

復旧に携わる人の買い物に並ぶ時間を減らせれば、より短期間で復旧作業が進みます。

我々の買い物の時間も減り、毎日の生活に時間の余裕が生まれます。





災害募金がどうとか、地元で買って知り合いに送るとか、そういう目先の行為に走る前に、我々が取るべき事、やるべき事ってありますよね。

まずは冷静になる事です。
そして、今までと変わらぬ生活を送り、その中で余剰した時間を有効利用し、本当の手助けを考える事が、被災者にとって最も必要な救援になると思います。













あとね、ある意味厳しい現実を言うとだ。

皆さん、地震と津波で消えた街の映像を何度となく見てますよね。
あの規模の震災に遭うと、荷物なんて僅かしか持ち出せません。
つまり、大量に買い込んだ食材も一瞬で瓦礫の山に埋もれるか、波に飲まれるだけです。

非常食や持ち出し袋を備えるのは、今回の災害を教訓とする好ましい行動ですが、持ちきれないほどの食材を備蓄しても賞味期限が切れて捨てるだけになるので、それがいかに無駄な事か、もう一度冷静に考えましょうね。



何であれ、贅沢は敵です。自身のみならず、被災者や周辺住民にとってもね。
Posted at 2011/03/15 20:25:20 | コメント(47) | トラックバック(7) | 雑記 | 日記

プロフィール

「1日で車3台メンテナンスすると結構シンドいっす。」
何シテル?   12/09 22:02
数年ぶりに復活しました。 車も乗り換え心機一転。 でも、やってる事は相変わらずです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

K&N Air Filter Cleaning - Japanese 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/18 20:28:15
 

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
プレミアムディープロッソ・パールというボディカラーに惹かれました。 今までの軽自動車に対 ...
ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
相方の車ですので、私が率先してイジるものではありませんが、ある程度は手を加えていくつもり ...
ダイハツ タント ダイハツ タント
家族用の車として購入。 基本的にはフルノーマルで維持しますが、若干手を加える予定。
その他 その他 その他 その他
俗に言う電動アシスト自転車です。 ホイールのリムには「HJC MTX DM-300」と ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.