• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

散らない枯葉のブログ一覧

2021年07月30日 イイね!

5ナンバー車は減ったのか?

5ナンバー車は減ったのか?まだまだ国内市場の主力。

 新型カローラがモデルチェンジでグローバルサイズの3ナンバーになってしまった頃は、日本サイズの5ナンバー車は次第に消滅して行くのではないかと心配されていたが、カローラに続くトヨタ「ヤリス」、ホンダ「フィット」、日産「ノート」が5ナンバーサイズのままでモデルチェンジが行われたこともあり一時ほど心配されなくなったように思います。 その仕上げとも言えるトヨタ「アクア(タイトル画像)」も5ナンバー車のままモデルチェンジされたので、まだまだ国内市場では主力であり続けるのではないかと思います。

alt

 一覧表にしてみると、ここでもトヨタ(ダイハツ)が強く、「ルーミー・トール」「ライズ・ロッキー」と言う新規に5ナンバー市場に投入してきたクルマも大ヒットさせて、順調に軽自動車からの上級指向のお客さんをも確保しているようにも見えます。  日産「マーチ」と三菱「ミラージュ」はタイ生産の逆輸入車、再度日本生産に切り替えての新モデル投入は無さそう、「フリード」と「マツダ2」は2022年秋にフルモデルチェンジの噂、、今しばらくは混とんとした状況が続きそうですね。
Posted at 2021/07/29 18:09:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ雑学 | クルマ
2021年07月29日 イイね!

電動化とは無縁の存在。

電動化とは無縁の存在。トヨタランドクルーザー。

 トヨタのホームページを見ると「新型ランドクルーザー(タイトル画像)」も掲載されており、既に受注活動を始めている様子です。 図体は全長:4950×全幅:1980×全高1880mmと大きく、車両重量も約2.5Tonと重いので、エンジンもV型8気筒の4608cc(プレミアムガソリン)の大排気量エンジンを搭載しています。 主要諸元表を見ると主要燃費改善対策としては可変バルブタイミング(吸・排気)のみが記載されており、アイドルストップ等は設定されていません<汗>。

 高級グレードのWLTCモード燃費は6.7Km/L、先日発売開始された「アクア」と比べると5倍も燃費の悪いクルマということになります<汗>。 「新型ランドクルーザー」の販売先の国々や、その使用環境を考えたときに、オーソドックスなガソリンエンジンとオートマチックトランスミッションが最適とされたのだと思います。 個人的にはこの方針は正解だと思いますが、ガソリンエンジン廃止予定の国々からは将来的には締め出されてしまうかも知れませんね、、その時は日本での販売も止るかも知れませんね。
Posted at 2021/07/29 10:25:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ雑学 | クルマ
2021年07月28日 イイね!

我家の二酸化炭素排出量。

太陽光発電導入がベストの様ですね。

 先日ガスコンロを交換しましたが、都市ガスを使えば諸に二酸化炭素を排出するのにクルマのエンジンに使用するガソリンの様に世間の目が厳しくないなと思って電気やガスやガソリンの二酸化炭素排出量を調べてみました。 6月度の電気やガスの使用料を参考に計算して見ると、電気が166Kg、都市ガスが80Kg、ガソリン(3台分)が232Kgとなりました。 合計すると月約500Kgだから、年換算で我家は6トンも二酸化炭素を排出している事になります<汗>。

alt

 こうして積算して見ると凄い事になっている事に気付きます。 ガスを電気に、ガソリンを電気(EV)に変えても、中部電力の電気を使用する限り(電気の使用量が増えるだけで)我家の二酸化炭素排出量は減りそうにありません<汗>。 太陽光発電と家庭用蓄電池を組みあわせ、自前で昼夜給電できる設備導入しか個々の家庭でカーボンニュートラルに協力する方法は無さそう<汗>。 資料の精度は悪いかも知れませんがガソリン車廃止しても二酸化炭素排出量は減らないかも知れませんね。
Posted at 2021/07/28 15:40:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ雑学 | クルマ
2021年07月26日 イイね!

"ニーズ" あるからの誕生かな、、

"ニーズ" あるからの誕生かな、、スペインで「ヤリスバン」誕生。

 タイトル画像(Webからの借物)はトヨタのスペイン法人が2021年7月21日に「ヤリス」シリーズに新たに追加した「ヤリスバン」だそうです。 外観は何も変わりなく見えるのにこれが「ヤリスバン」なのですね<笑>。 スペイン法人は同セグメント内では、唯一のハイブリッド車になると説明しているので、きっと好燃費で評判のハイブリッドがバン市場でもニーズに合い売れると判断したのではないかと思います。 恐らく外観が同じクルマでも、日本同様にバンと名乗って商用車登録するには、荷物の固定手段とか、荷物移動による乗員保護策が必要となるのだと思います。 下の室内の写真(Webからの借物)を見ると、見事にバンに変身しています<笑>。

alt

 新型「ヤリスバン」は、リアドアはそのままに後席を撤去し、前席と荷室を分ける金網を装着。 荷室の底面にはゴム素材が配されたほか、4箇所に荷物固定用のフックがあるなど、荷物の運搬に適した仕様とされています。  荷室容量は720Lで、最大積載重量は430kgだそうです。 予防安全装備「トヨタセーフティセンス」等は「ヤリス」同様に標準装備だそうなので、日本とは商用車作り方、求め方の思想が違う感じがします。 車両価格が高く?とも、予防安全性能が高く優れた環境性能車(ECOラベル対象車)を選んで買い求めるスペインの人達は賢いと言うべきかも知れませんね。
Posted at 2021/07/27 08:54:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | クラウンセダン | クルマ
2021年07月26日 イイね!

「アクア」と「ヤリス」を比較しても意味がない。

「アクア」と「ヤリス」を比較しても意味がない。燃費改善を止めないトヨタ。

 トヨタのハイブリッド専用車「アクア」がモデルチェンジされた、ハイブリッド専用車なのに、燃費が「ヤリス」に負けていてはモデルチェンジの価値が無いみたいな変な記事まで登場している<笑>。 燃費改善を止めないトヨタに対して、白旗上げてハイブリッドの燃費競争を止めてしまった本田や日産との、燃費差はタイトル画像に示したように大きく、今後も差は広がることはあっても縮まることは無さそうである。 本来はトヨタを追わない本田や日産の燃費戦略をマスコミは追求すべきと私は思うが、燃費にはなるべく触れないで、商品性が良い悪いの擁護記事が多すぎる。 確かに燃費性能が決め手ではないかも知れないが、燃費が良いことが邪魔だと言う人もいないと私は思っています<汗>。

alt

 真面目に比較して見ると「アクア」の燃費は「ヤリス」に対して6%ほど劣ります、それに対して車両重量は70Kg(6%)ほど「アクア」が重くなっています、重くなった分、燃費が悪くなったと考えるのが妥当ではないかと思います。 車載電池をバイポーラ型ニッケル水素電池に変えたことでのトヨタが言うような燃費向上分があるとするのなら、素性(燃費性能)としては「アクア」が上かも知れないと思っています。 その分の重量で居住性改善や遮音性能向上とか「ヤリス」を上回る商品力向上に使えるところは、他社に対して燃費面で大きな差を付けている余裕かなと言う感じです。
Posted at 2021/07/26 09:52:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | アクア | クルマ

プロフィール

「5ナンバー車は減ったのか? http://cvw.jp/b/1923480/45320474/
何シテル?   07/29 18:09
「散らない枯葉」です、よろしくお願いします。 団塊世代ど真中の昭和23年生れです。 40年間、大手の自動車メーカーの技術部門で働らき、定年退職した今は悠々自適...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

マイカーは "ニッケル水素電池" 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/04/16 22:53:25
日産が軽自動車メーカーと言われる日。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/11 22:53:41
トラックのCO2低減。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/05 22:38:26

愛車一覧

トヨタ カローラフィールダーハイブリッド マイ・フィールダー (トヨタ カローラフィールダーハイブリッド)
7月6日納車されました♪ 7月21日に走行距離が1000Kmを超えました。  アベレ ...
トヨタ クラウンセダン ザ・セダン (トヨタ クラウンセダン)
 16年前に、400万円越えのセダンの購入に、周りの人にも奇異に見られたが、セダンこそ“ ...
スズキ スプラッシュ 紺碧の青い車 (スズキ スプラッシュ)
スズキ スプラッシュに乗っています。奥様用に買ったクルマですが、少し欧州車の仲間と感じ ...
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.