• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

でかバンのブログ一覧

2018年05月25日 イイね!

誰も…突っ込んでくれなかったぁ(汗)

誰も…突っ込んでくれなかったぁ(汗)こいつの存在は、ずいぶん前から知ってましたが…さすがに使わないだろうと放っておいたら、まったく見無くなっちゃって。

そうなると俄然焦るのが…悪いクセ。

で、数年前にヤフオクで見かけて迷わずポチったのが、これです。




リヤハッチに取り付けるキャリア(笑)




「こんなの誰が使うの?」

「はいっ、誰も使わないでしょ!」


こんな会話がきっと、東海セリカdayの会場でささやかれたことでしょうか?

いやっ、その前に…誰も気が付いてないと思われます(汗)




スキーキャリアって名目で出品されてましたが、その通りに使ったら…間違いなくルーフにスキーが刺さるでしょう!?





しかしこれ、実によくできてます!!
横から見ると…


ダックテールにうまく合うように後端がキックアップしてます。
リヤスポ(3分割テール)なんか付けても、間違いなくクリアするはずです!!




でも問題があります…お分かりだと思いますけど。

それは、リヤハッチが重たくなっちゃって、ハッチのダンパーが支えきれないことがあるんです。
そう、全開してても…ハッチが落っこちてくる可能性があるんですよ。

ついでに、せっかくの開閉式リヤルーバーが…開きませんっ(泣)


バカですよねぇ、こんなの付けるなんて。。。



でもまぁ、珍しいから…いいかなぁ!?

次回見たら、是非笑ってやってくださいませ(爆)
Posted at 2018/05/25 07:55:23 | コメント(14) | トラックバック(0) | セリカ | 日記
2018年05月24日 イイね!

【東海セリカday 本章第3編】 あぁ、これぞまさに…東海セリカdayっ!!

【東海セリカday 本章第3編】 あぁ、これぞまさに…東海セリカdayっ!!今回の皆様からの参加表明は、ほとんどが掲示板によるものでした。

ですので、その一つ一つに返事を書き込み、同時にリストを作成しているうちに…何となく気が付いたことがありました。

「おぉ、こりゃもしかしたらもしかするかも?!」




で、日を追うごとにその「もしや」は、「たぶん」に変わり…当日は「やったね!」という確信へと変わりました。
それが何かと言えば…


ビッグバンパーの参加台数ですっ(笑)
実は今回、後期セリカの参加表明が11台で、しかもそれがすべてLB。 しかも驚くことにうち10台がビッグバンパー仕様という、今までに無かった傾向が見えてきたんですっ!!!!!!
何か変っ(笑)


確か2015年春に開催した雨の中の「春の東海セリカday」では初めて9台も揃って、皆で狂喜乱舞しながら(笑)「すごいやっ!」って興奮しながら写真撮ったのを覚えてますが…今回はそれを超えちゃったんです。


そういえばニッパチさんのブログにもありましたが…私がこのビッグバンパーに乗り始めて10年ちょっとした頃に、とある全国区のクラブに加入したんですが、その時50名近くいたメンバーのうち同じビッグバンパーの乗ってたのが唯一、ニッパチさんだけだったんです。
その時には周りから「何がいいの、このバンパーの?」ってよく聞かれたものでして…ちょっとした異端児だったと記憶してます(笑)

あれから15年が経つことになりますが…まさか今頃になってビッグバンパーがこれほどまでに一堂に会する日が来ようとは(汗) 夢にも思いませんでしたよ、ホントに。。。
もう感無量っ!





ってことで、閉会後にさっそく皆さんに声を掛け実現させたのが…







これ。


一心不乱にカメラを向けるオッサンの面々(笑)

もちろんその先には美しい尾根遺産の姿。


「もっとこう脚開いてみて!そうそうこっちはもっと欲しそうに唇半開きにして…」と心の中で呟いたとか?!(おいおいっ!)

…なんてことあるわけもなく、もちろんこれです。(当たり前っ)




あっ、ここでこうしてる紳士方の名誉の為にも申し上げておきますが、もちろんそんな桃色チックな妄想なんてする余裕すらまったく無かったのが現実でして…なにせこの車列を整えるまで裕に30分は掛けたんですもん。

半円状に並べようって言ったって、どこが基準かも決めてなきゃ、車幅も考えりゃかなり詰めなきゃならないのは明らか。でも端っこから順番に並べたんじゃこんな狭いところに入りきらない…等々、岐阜のブラリミ乗り“Sさん”はじめ皆さん好き勝手なことを言う(笑)。
そこで意を決して長野の“吸バンセリカさん”が石で路面をひっかき線を入れる。
周りじゃ他のメンバーが“ああでもない、こうでもない”とやんややんやと囃し立て、そこに並べるため必死で重ステを操るオーナー面々を、(必ず後に自分の番が来ることを忘れて)笑いながら「あと数センチ右だ左だ!」なんて無茶振りしては、「あ~あっ、行き過ぎちゃった!」って(たぶん?)愛を込めながらもあっさりとダメ出ししちゃう。。。

そんなこんなで、こういったオチャラケがまた楽しく、初顔合わせながらも一気に親近感を醸し出すんですよね。

こりゃ、前夜祭以上に効果のある“セリカの輪”の作り方だったかも!?



そして完成の図がこれ。



なんということでしょう!


こんなこと、他の地域のセリカdayじゃまず見られないんじゃないかと…断言しちゃいますっ(笑)






でも、こんな普通の構図じゃ飽き足らないのが…我々変態さんの常でして




もう、こうなると止まりません。
せっかくのLBだからと


「はいっ、ちょっとお尻突き出してみようかぁ~っ?」の図(うそ)


でも、まだまだこれでも普通っぽい。




それじゃと…「胸元、思い切ってガバッと開けちゃおう!」と指示(これもうそ)






おぉ、なんて面白いんだっ!?

逆アリゲーターのボンネットを一斉に開けてると…もう何のクルマか分かりませんね。
それどころか…これはベルリンの壁(死語)かいっ!?




しかしこうしてたくさんの愛すべき後期セリカに囲まれると、幸せしか感じられず、疲れも一気に吹っ飛んじゃいました!!!!
めでたしめでたし。。。








こうして今回も無事に何事もなく、一日も無事終了しました。

手を振りながら帰路につくセリカの運転席には、めちゃめちゃ嬉しそうに笑みを浮かべる顔がみられ、またある方はわざわざ手を振っていただいたり、声をかけて去っていく姿が…。
もうほんと、この瞬間が…幸せですねっ。

「皆さんお気をつけてお帰りくださいませ、そしてまた会える日まで!!」って思いを胸に、うれしさいっぱいの『第12回東海セリカday』がこうして幕を閉じました。

以上、報告終わりっ!!


Posted at 2018/05/24 10:36:02 | コメント(21) | トラックバック(0) | セリカ | 日記
2018年05月23日 イイね!

【東海セリカday 本章第2編】 あぁ、絶景かな、絶景かなぁ~っ!

【東海セリカday 本章第2編】 あぁ、絶景かな、絶景かなぁ~っ!この写真がすべてを物語ってますよね、ずっと向こうまでセリカ、せりか、celica…。
その数160台弱…もう数えることもできなきゃ、一台ずつ写真に収めることすら諦めました(汗)


さて、今回はバタバタ劇を織り交ぜつつ、開会後から閉会までの様子をお伝えしましょうか。
今回 “も” 、あまり面白くない内容ですので、ご容赦くださいませ。。。



そういえばトヨタ2000GT(!)がふらっと訪ねてきてくださったり、ギャラリーのお友達が次々来てくれましたが…お話はもちろん挨拶すらやってる暇なかったですね、反省反省。。。




でも参加された大勢の皆さんから声をかけていただいて…それだけで満足ですよ!!!
ありがとうございます。





で、そんななかTHサービスさんとちょっとおしゃべり。
「最近はますますお忙しいのでは?」と聞けば、初代だけでなく5代目180系までの部品の供給範囲を、今回一緒にいらっしゃった「アミスタッドカーズ」さんでやっていただけてるとのこと。
こりゃ周りにも教えなきゃ…ってことで、ちょっと声を張り上げてPR(笑)
 
 THサービスさん     http://thservice.net/
 アミスタッドカーズさん http://amistadcars.com/

少しはお役に立てたかなぁ?!

なんたってこちらはいつも助けていただいてますからね、これじゃまだまだ役不足だぁ。。。




さて少しは写真撮らなきゃってことでカメラを構えて初代から一台ずつ撮影を開始します。今までのセリカdayでも毎回、一台ずつ写真を撮っていたんですが、例の事件でデータはすべて吹っ飛びましたからね、今回はチカラ入れて撮るつもりでさっそくスタート。

しかも途中で「早いですけど帰ります」と言う方もいらっしゃり、ご挨拶しながらも焦って撮影し始めたはいいんですが…やっぱりすぐ挫折(笑)

無理ですわ、あの台数は…やっぱり。




こんな感じで全体の雰囲気も…と3代目まで撮影したところで、「そろそろ昼食会場への移動を呼びかけた方がいいよ」って仲間からのアドバイスがあり、時計を見て焦る。

なんと、12:40だぁ。。。

13:00~で会場を予約してましたが、この昼食会場へは…駐車場からは遥かに遠い彼方でして(滝汗)



青丸からぐるっと回って赤丸まで…そりゃすぐにはイケませんっ。


なので、早めに周りに声をかけて歩き回り、団体さんをご案内~っ!





と…やはり嫌な予感は的中。
思った通り、いや、思った以上にレストラン内は大混雑してるじゃありませんかっ。。。


普通のお客さんが入りきれずに入り口で大勢待ってる中を、「予約者だから」と優先して店内に入れる優越感はあるものの…やっぱりそれでもごった返してましたね、店内は。。。


「東海セリカday」様って張り紙 (よく見りゃ、dayがdeyって間違ってるという突っ込みどころはありましたが) があり、150名ほどのテーブルが用意されてましたが、実際は185名もの方々に食券を販売しているわけなので朝の挨拶時にも公園事務所側いわく「空いてる席に自由に分散いただいても構いませんよ」なんて言ってましたが…そんなことすら不可能。どこも空いてない!?

しかももっと気になったのが、店内でお皿をもって料理を取りに行く人の列があまりに長いのと、そのスピードがメチャメチャのろいってこと(滝汗)
もちろん我々の団体だけでなく、他のお客さんも行列に並んでますからね。
その動きをじっと見てても、ほぼその列は動かず。。。


こちらは皆さんに「昼食をここで必ず食べてね!」って参加条件にしていた手前、しっかりと食事ができると思っていたんですが、まさかこんな状況とは(滝汗)…初代メンバー“工場-長さん”“赤ダルマさん”らとしばらく一緒にその成り行きを見てましたが、この混雑は減るどころか、ますますひどくなってるように見えます。
やきもきしながらも、でも皆さんもなんとなく笑顔で食事されてるように見えましたので、ホッとしてたら…結局我々が席に着けるようになったころには、料理のお皿は見事に空っぽ!?
しかも補充は全くされない…。

なんとか、他団体のおばちゃんらと一緒に並んで、やっとありつくことのできたカレーと少しのおかずのみで…まぁ、それでも良かった方かなぁ!?
いやぁ、こういうところでバイキングなんてのは、やはり期待しちゃいけませんでしたね(汗)

期待してた皆さんには申し訳なかったと思われます…反省反省。。。





でも、そんな感傷に浸ってる場合じゃなく(笑)、14:00からはビンゴの景品を皆さんに提供いただくようアナウンスしちゃってましたから、実質15分ほどで食事を切り上げ、急いで会場に戻ります。


で、すぐブルーシート広げて机を移動し…ビンゴカードも一部で行き渡ってなかったようで、慌てて配布。

なんとか14:30のビンゴ開催までたどり着きました。





例年恒例のじゃんけん大会にしなかったのは…とにかく早く終われることを見越しての変更だったんですが、現実はそうは簡単には終わらないことは、この時は知りません(汗)


(ちなみに私の自転車もやっと“処分”できました。嫁からずっと邪魔だって言われてましたもん(汗)
パンクしちゃったけどそれ以外はまったくもって異常なしでしたから…どうぞもらって行かれた方はかわいがってくださいませ。)

そして、ビンゴを読み上げるごとに次々出てくる「ビンゴっ!」の歓声。
対して私を含め一部の方は、一つもリーチなし?!

だんだん数字を読み上げる声にも、あきらめの感情がちょっと混じったのは…秘密です。
で、その勝者たちはもちろん、せっかくだからと商品選びはやはりじっくり行いたい…そりゃそうでしょう。お宝もたくさん混じってますからね!!
だから当然のように大混雑し、ブルーシートの上は商品だか勝者だかであふれちゃった(笑)

これは至極当然な成り行きですが、当初はまったく予測してませんでした(爆)


ってことで、どんどん読み上げるペースが遅くなります。
で、途中で周りからも情け容赦ない“巻き”が入りましたが、結局は予定時間をオーバー!?

で最後は、なし崩し的に「残ったものはご自由にお持ち帰りください」なんて強引に締めちゃったりして…たくさんの景品を提供いただいた方にはほんと申し訳ないことをしました。。。
すみませんです。



それでもなんとか40分(!)でビンゴ大会も終えることができ、15:30前には無事閉会宣言。


こうして長くも熱く、そしてあわただしい一日が“ほぼ”終了。

いやぁ、お疲れ様でした…といったところで、あれっ、やっぱり皆さんお帰りにはなりませんね。



なので、私もここからスイッチが切り替わり…“いち参加者”となって一緒に輪に加わります。
そしていよいよ…





ってことで、ここまでの生々しいドキュメント2編は…これから始まる『お楽しみ』を盛り上げるための単なる前振りだったりして(笑)!?


さて、それが何かといえば…それは明日の第3編で(笑)

以上っ。。。
Posted at 2018/05/23 08:03:22 | コメント(8) | トラックバック(0) | セリカ | 日記
2018年05月22日 イイね!

【東海セリカday 本章】 はじまりはいつも…汗。

【東海セリカday 本章】 はじまりはいつも…汗。振り返りの第一弾。
ちょっとしたドキュメント風に…何が起こったのかを書き綴っておこうと思います。
お手伝いいただいた方々の感謝の気持ちを忘れないためにも…ね。



では当日を朝から振り返ります。


宿は前夜祭を盛大に行った多治見駅前に確保してましたので、そこからセリカ君を引っ張り出します。

「おはよ~っ!」
で、こいつにもあいさつ。

初めて知った多治見のゆるキャラ“うなガッパ”君。





で、そのまま多治見ICが乗る直前に、愛知のセリカメンバーから電話が入り、「次のSAで待ってるから」とのこと。
時間を事前に打ち合わせたわけじゃないのにこの偶然…もちろんアクセル踏む足に力が入ります。

で、合流。
写真撮り忘れちゃった。。。

でもそのまま私を先頭に、中央道~東海環状を走ります。
バックミラーに写る初代セリカの車列には、ホレボレしますね。テンションもどんどん上がってきます!!


そして会場となる「ぎふ清流里山公園」に到着。

駐車場のどこを貸してもらえるのか…今回は先方と事前の打ち合わせをやってませんでしたので、一昨年お世話になった場所にとりあえず到着。


あれっ、「柵で囲ってくれてる」とは聞いてたんですけどね…何も無いやっ(汗)


とりあえずどんどん進みます。
なんたってこの駐車場は、収容能力3000台と言うほど広大な場所ですから…奥に長細いっ。

で着いたのがここ。

うわっ、マジで最奥だわっ。。。

パーテーションで入り口が閉鎖されてましたから、確かにこの場所が「セリカday会場」と言うことがわかりました。
中に入ると…

結構広大ですね。
とりあえずこの段階ではホッとしました。



でもそれが…あんなことになるとは!?この時は予想だにできず(汗)






まずは一緒に到着した、初代メンバーがこのエリア内を走り回って確認してくれます。

「受け付けはどこにする?」
「どうやって全部を並べようか??」

実は今回は、まったくのノーアイデアだったんです。
いつもなら前夜にある程度のイメージは用意するんですが、今回は場所の広さも枠線も何も事前情報が無かったんで…。。。


で、さっそく仲間で手分けしておおよその位置を目測。

その間にどんどんセリカが到着してきて…その都度「ちょっと詰めてもらえます?」「皆さん揃って全体に前に出してもらえますか??」等、個別に参加者さんに協力依頼に走り回ります。

そのうち「ダメ、スペースが足りない!」なんて弱気な声も出始めましたが、初代セリカメンバーがその都度機転を利かして、「枠線は無視しよう!」「あそこの列には、このクルマも並べよう。あと数台入れるから!!」等々、実に的確な判断をしてくれて…最終的にはほぼ収まっちゃいました。

でもついには…完全なるオーバーフロー。だからあとから来た参加者には、通路にまでイレギュラーな縦列駐車を無理強いしてしのぎましたが…
ちょっと申し訳なかったですね。


しかしホント、ナイスなっファインプレーには、もう感謝、感謝です!!




またその間には、「年中修理マンさん」によってテントを提供いただき、受付を設置。
私はこの間に事務所まで(足で)走って、昼食チケットを受け取りに。
事前に事務所からは「悪いけど、事前に昼食代を引き替えてもらえないかなぁ?」って依頼があったんですよ、昼食会場の混雑防止ってことで。さすがにこんな会場を貸していただいてる手前、無下にも断れませんでしたが。

でもひとり1580円ですからね…端数も覚悟し500円分の10円玉を事前に引き換えてもらって対応を考えます。でもそのためには机が必要なので、ついでに「長机貸してもらえます?」って聞けば「良いですよ!」ってことでひと安心。

でもここで困ったことがひとつ。

「おいおい会場まで数百メートルも登っていかなきゃいけないぞぉ。。。」




と困っていたら、XX乗りで前夜祭にも参加いただいた“学さん”が「私、駐車場が分からなくって困ってる人が出てきそうだから、この駐車場入り口付近で待機します!」って近くで申し出てくれまして、それならこの机運ぶのをちょっとだけ手伝ってもらおうかなぁ…って思ってたその時、ちょうどST165乗りの“きっぽさん“が「ジュース買いにきた」って愛車で登場!

これぞ『飛んで火にいる夏の虫』(笑)

レクサクカラーで全塗装した高価な(?)GT - FOUR のリヤシートを畳んでもらって、急きょ「セリカ・トラック」を仕立てることで事なきを得ました。




その頃すでに受付付近はテンテコマイ。

初代メンバー“KP 39さん”を筆頭に現金回収をしてくれ、その隣では、セリカに憧れる若者“S”君もビンゴカードを配ってくれてます!
これが功を奏し、受付はそれほど混乱することなくスムーズに進みます。




しかし、どんどん到着するセリカに対し、まったく読めない会場のキャパシティ。
それでも入口では初代メンバー“赤ダルマさん”が次々到着する参加者を的確に案内し、それを同じくメンバーの“nonoさん ”が機転を利かせて柔軟に車列に誘導。そしてその車を各代の仲間達が整列させてくれる…お願いするでもなく皆さんが協力いただいてることに、ホント嬉しくてたまりませんっ。

と、ここで気がつく。

「そういえば最も台数の多いST205カルガモ軍団の姿が見え無いなぁ。こりゃもしかしたら入りきれないかも(滝汗)」なんて…今だから言える心の声が(笑)

実はそれほどまでに緊迫した会場レイアウトだったんですよね、直前まで。

その後、無事にカルガモ軍団が到着したころには、やっぱりまとめて一列に収めることができなくなって…せっかくの車列だったのに…申し訳なかったですよ。。。



なんてバタバタやってるうちに、開会の11:00をとうに過ぎてる!?

そこであわてて開会したんですが…この時点で実はまだまだホッとはできない心配ごとがありまして…(汗)

食券と現金がはたして合うのか???

受付では継続して現金のカウントが始まってます。数人で手分けして、お札と硬貨を選別し、数えること数回を繰り返し…ここで元金融関係にお勤めの経験のあった“姉御様”にHELPを要請(笑)
さすがプロの手つきで数えてる姿には、後光が射しているかのように見えましたね、この時は!!!横では“親分さん”にも見守っていただきましたしね。

でもその間にもまだ受付を済ませてない方が次々といらっしゃったりして。。。

さすがにちょっとお待ちいただき、急いで合算すると、もうそれだけで30万円近いお金になりました。
あはは、こりゃ確かに皆さんの協力無ければ、絶対にできないことでしたわっ(滝汗)


そしてこれをまとめて事務所にもっていくのに、ふたたび足で数百メートルを歩くことに。。。
なんだかんだと現金を確認いただき、(ここでも手作業でした、先方までもが!?)一連の集計作業が終わったのは…12:00をとうに過ぎてましたっけ。

いやぁ、時間が経つのはホント早いわ。。。




でもこうしてなんとか東海セリカdayはスタートしました!!




以上、記録としてかなり生々しいドキュメントを記述しました。
ここに名前を書かせていただいていない方々にも多大なるご協力をいただいていたのは、もちろん忘れるわけにはいきません。

実は前日まで「全部一人でやってやろう!」なんて軽く思ってましたが…やはりそりゃ無謀なわけで。やはり運営には参加者皆さんのご協力はもちろんのこと、こうしたコアなメンバーの多大なるサポートの上に成り立ってたんだということを、改めて思い知りました。
ホント、裏方さん全員集めて、“盛大な”慰労会したいほどです…が、きっと愚痴が止まらないかも!? まぁ、それ以前に軍資金がありませんが(汗)
でもほんと、ありきたりの言葉ですが…ありがとうございましたっ!!

だからこそこうして記録を残すと共に、裏方さんの存在をしっかりアピールしておこうと思い、文字だらけのオチの無い駄文を載せました。


以上本編、まずは開会まで。。。



Posted at 2018/05/22 07:55:32 | コメント(23) | トラックバック(0) | セリカ | 日記
2018年05月21日 イイね!

【東海セリカday 序章】 これは…すごいっ!

昨日は、実に160台近くのセリカに囲まれ、大変幸せな時間を過ごさせていただきました。
各地から参加された皆様方、本当にありがとうございました!

ブログアップは…写真を撮る時間も無かったことで、簡単になりそうですが、まずは今回、個人的に最も興味のあった車両のご紹介を先にさせていただきます。






それがこれ。






あはは…セリカじゃないじゃん(爆)


セリカが“和製ムスタング(当時)”と言われてたのは皆さんご存知でしょうけど、その同じ年代に製造されていたマスタング(現在ではこう言います。)がうれしいことに今回登場いただけたんです!!
それがこの、とっても大きなムスタング・マッハワン(今流で言えば…マスタング・マックワン!)。

とにかくこれがまた圧倒的なサイズでして…
「これ、絶対に全長は5m超えてるよね!?」って思ったら、4.8mだそうです。
5m超えてないから、当時アメリカでは小型車を表す“ポニーカー”と呼ばれらしいんですが…これがポニーサイズなら普通のお馬さんサイズのクルマって?!



まぁ、それは置いておいて


実はこのクルマのオーナーさんというのは、我らがセリカのパーツを次々とリリース、サポートいただいている“THサービスさん”。
今回はお友達を引き連れてわざわざ駆けつけていただいたんですよ!!うれしいですよね。

いやぁ、しかし本場マスタングは…やはり存在感が半端ありませんよねっ!
昔から大、大、大好きなクルマでしたが、なかなかどうして今まで実車なんてじっくり見る機会もありませんでしたから…今回初めてじっくりと見させていただくことができたんですよっ。あぁ、幸せっ!!!



まず特徴あるフロントバンパーは…固いFRPだとばかり思ってましたが、実はウレタン製だそうです。でも中にはゴッツイ心棒(リインホースメント)が入ってるそうで、やはり硬いようです!?

リヤは赤いシンプルなテールランプ。

真ん中の丸いのはもちろん給油口ですが…その開閉方法にはまさかの!?
これは言えませんが、ボンネットも実は。。。

いいのかぁ、それで(笑)
ってことで、表記は控えます。



でもやはりこの“カモメウィング”でしょうねっ、魅力あるパーツと言えば。

ボデーに沿ったデザインですが、驚くのは…角度調整式だということ!
まぁ誰もこれを立てちゃう人はさすがに居ないようですが…。


ボンネットを開けば、奥の方にエンジンが!?

いや、実に大きなエンジンなんですよ、これ。 このモデルは5.7リッターのV8ですが、それでもボンネットの前半分にはおおきな空間が空いてます!!!
ご友人のお車は7リッターエンジンを搭載されてるということですが…見た目はきっと変わらないはずですからね。やはり奥の方に収まっていることでしょう!?




「このクルマ、ホント死角が多いんですよ!」だそうで、確かにドアミラーはボデーの大きさの割にはちょっと小さい?!
デザインはめちゃかっこいいタルボ型と呼ばれるものですが…よく見りゃ、ドアの厚みに収まっちゃうほどですもん。


「車線変更はホント気を使いますよぉ」とは、納得の弁です。。。




ドアの厚さは半端ありません。


我がセリカでも意外にドアは厚みがあるんですが、こちらはもう別次元。
しかも中には頑丈なサイドビームが入ってるとのことで、確かに重厚感ある音と感触で、かっちりと閉まる感じが安心ですよ!!




…と、「どうぞどうぞ」ってことで、室内に座らせていただきました。

前に見えるは、長いボンネット…かと思いきや、意外に普通!?

長いことは間違いなく長いんですが、見切りはしっかりできそうで、安心です!?




その点、絶対に素人じゃ不安になるのが…後ろの見切り。


だって、こんなんですもん(滝汗)


























はるか向こうに見えるガラス。
かなり…というかメチャクチャ寝てますから、ガラスの上下長はそれなりにあっても、有効的な視野角は?!しかもその後ろにトランクルームがありますからね。

絶対にバックはできませんね(泣)





シートに座り前を見ると目に飛び込んでくるのはもちろんメーター。



ここでかわいらしい“お馬さん”発見!


単なるデザインかと思いきや…ハイビームにすると、このお馬さんが光るとか!?
おもしろいでしょ!!!




ということで、興奮しっぱなしのひと時でした(笑)

Posted at 2018/05/21 16:36:01 | コメント(21) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@MyST165さん、残念ですが…また次回がありますからね、たぶんっ!」
何シテル?   05/16 13:03
小学生の頃に憧れたセリカ。就職してから入手し、はや30年近くが経とうとしてます。 ずっと日常的に乗り続け、だからちょくちょく機嫌も悪くなりますが…それがかえっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

気になる車・・・(^^)339 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/09 21:30:38
トヨタ博物館にちょこっと行きました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/19 22:38:17
これは・・・・・? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/21 19:14:00

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ロードフォックス キツネ様 (ホンダ ロードフォックス)
これまた“不動”で入手。ブレーキ関連やスターターなどなど、部品を集めて修理し無事復活しま ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
車齢35年を向かえ、いよいよ憧れの“北米仕様”にモディファイ完了です。 純正ドアミラーを ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代セリカLBだけでは不便だったため、無理して中古を購入。でもまだまだ“あの映画”の影響 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.