• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sleepykoalaのブログ一覧

2019年01月22日 イイね!

偽覆面

https://response.jp/article/2009/01/05/118530.html

結構前ですが、変な動き(速い車が来ると追いついてみたり、急加速を急にしてみたり)をする古いセドリックセダンが前に居たので、あーこれは覆面パトカーの真似してんだな・・・と無視して抜いたらムキになって追っかけてきたやつがいました。

なんでしょうね、ボクが覆面だと勘違いしてビビって遅くならないからつまらなかったんでしょうか。

その時初めて、そういうシュミがある人がいることを知ったのですが、ちょいちょいニュースになっているのを見ると、この手の人って案外多いのか?と思ったりします。

ヤフオクなんか見るとパトライトのライトやアンプが結構売っていて、なんでこんなもんが売ってるんだ・・・と呆れますが、それこそ劇用車とか以外に使用目的はありませんし、コスプレまがいにしたって走行中はこれらパーツは全て外さないといけません。

この前も180系クラウンでわざわざ当時のマークXのホイールキャップに変えて、さらにわざわざクランバッジを覆面のように場所を移したり、アンテナも付けて、まぁご丁寧な覆面仕様がいました。ルームミラーもダブルにしてここまでやるかと思ったのですが、単純にナンバーが地元じゃないので「これ違うな」と無視して抜きました。

横に並んだらさも「なんで抜くんだよ」みたいな顔をしていましたが、グリル内にランプとか入れているとか、ぼくにとってはお前の趣味が意味不明だわ、、、と思いました。

まぁ、アブデカファンがレパードをそれっぽくするとか、西部警察のマシンXの真似とかなら、まだ理解できますし、ナイト2000とかウルトラマンのポインターとか、理解が出来るのもあります。正しい改造範囲なら捕まらないし。

でも偽覆面と偽白バイは立派な交通違反なんですよね。どっかの私有地でそれっぽくしているならまだしも、公道走ったらアウトです。

車の趣味は人に迷惑をかけないで法律を冒さなければ別段自由ですが、個人的には周りに影響を与えるような場合は考えモノじゃないかなぁと感じます。
Posted at 2019/01/22 23:05:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2019年01月19日 イイね!

まぁそりゃ良いよね

まぁそりゃ良いよねパナメーラのスポーツツーリズモ。

形やキャラクターの賛否はいざしらず、車としてはSクラスに匹敵する隙のなさ。デカさと値段と装備のバランスがネガといえばネガですがら、リセールなんかを考えると果たしてどちらを買うのが得策か、人により判断は別れるでしょう。

これと比べてしまうと動的質感が自慢のライバル車も色褪せます。これに並べるビックサルーンだと、マセラティクアトロポルテかベントレーとロールスロイス、性格違えどこれくらいしかないかなあと感じます。

しばらくポルシェから遠ざかってましたが、相変わらず触れると良い車だなぁ、、、と感じます。精度か明らかにいい車はやはり気持ちがいい。

まぁ、今はそれと真反対で時代に置いていかれた感さえある車を愛していますが、ガラケー使いながらスマホを併用し、アプリなんかたくさん入れないけど時代の先端は否応なく降りかかり、あ、悪くないなあ、、、と感じる、、、

小さかった時代のポルシェ、変わろうとした928みたいなポルシェ、どれもポルシェですが、よく言う最新が最良というのは間違いないとは実感します。

いや、買わないですけどね。
Posted at 2019/01/19 12:07:31 | コメント(3) | トラックバック(0)
2019年01月10日 イイね!

孤独のグルメ

孤独のグルメ自分の人生を自分のものにする、これは非常に難しい事です。なんせ、社会にいる限りはなかなか自分のワガママなんか通せません。

彼女がいたら尚更、結婚したらさらに、子供でも居た日には自分の人生は大切な自分と関わる何かに分け与えなければなりません。

そこ行くとかなり自分勝手に気ままに移動して飯を食っている自分はまぁまぁです。人間としてはなんですが、、、

で、年末年始は自分を自分の為に、、、少しだけ使えました。

ふと周りを見ると、人目を避けたい宿を選んだ為か、ある種の需要が異様に高いんです。不倫またはそれに類する人たち。

別段、自分は聖人君子じゃないから不倫や浮気は否定しませんし、どうぞご自由に、、、なんですが、いかんせん絵になる不倫や浮気を見たことが無いです。

大体は無理を感じたり、違和感があったり、経済力に任せた関係というのがありありと伝わります。

男は甲斐性あっての生き物ですから、稼ぐのは美徳だし、それは魅力の一部ですが、肉体関係の大半が経済力に頼っているように側から見えてしまうと、ど汚い現場に見えてしまう。

それこそ、金に使われた自分であって、自分の人生を我が物にしているとは見えません。まぁ、一人でエンジョイしているのを、惨めに思う不倫カップルもいたかもしれませんが、そうは見えないようにしている私は大丈夫、、、

な、はず、笑

足に使っているS400dは非常に快適で、ラージサイズのサルーンではこれ以上のバランスはないと個人的には感じます。何かにつけて、これに乗るのは場所も選ばず、安全で、失礼にならず、欲しくなります。四駆でないのがなんですが。4マチックは左しかないわけで。まぁ、いいんですが。

ただ、メルセデスのSクラスを乗る自分が傍目にどう見えるのか。その判断は自分自身が最終的に決めなきゃならない、孤独、、、ながら実は周りに左右されていて孤独の真逆にも思えたり。

孤独を美しく楽しむには、やはり人間の素養なかなり必要なのでしょう。まぁまぁ気にしながら、自分を成長させながら。

食も車も、孤独に楽しむのはなかなか大変な事です。孤独に見えて結局は社会の一員であることからは、なかなか逃げられませんから。
Posted at 2019/01/11 18:40:57 | コメント(2) | トラックバック(0)
2019年01月09日 イイね!

それほど響かない

それほど響かない新しいアウディA8、高いです。ショートでこれですから、例えばメルセデスS560ロング4マチックに合わせるとオプション無しで1762万円。メルセデスは1699万、AMGラインプラスで1799万です。

メルセデスと完全に肩を並べた値段で、かつ現行Sクラスや7シリーズに比べて後出しジャンケンなので、とりあえず圧倒的な差がなきゃ行けないわけですが、自分が覚えてる限りはレーザースキャナーが付いてレベル3自動運転に対応するとか、後は電動機械式アクティブサスペンションが異次元の乗り心地を実現している事らしいです。

乗らなきゃ分からないですね。

意外なのは重たいこと。2180キロは50キロしかSクラスより軽くないです。何故か燃費はSクラスの方が数値上は良いです。幅に至ってはパナメーラより太い1945ミリ。

ちなみに、パナメーラと比べるとターボエグゼクティブの方が軽いし、燃費も良いです。アウディの売りとなる走り味が実現されてないと価格、スペック上では取り立て新型バイアスを取ると魅力を感じないのが正直なところ。

触って座った感覚としては、うーむ、、、正直なところこれと言って感動はなかったです。

これまで一番好きなラージサイズセダンだったし、特に外装のアンダーステートメントさ、内装のモダンさや緻密さは他と違う空気を作ってましたから、期待値がでかい分まるでビックマイナーくらいの違いに感じてしまうのに問題があるのかも知れないです。

液晶だらけの室内はたしかに未来的だけど高級感とは違う気がするし、意外とパネルの隙間は空いていたり、先代まであった圧倒的な質感の違いが感じられないような、、、

乗るとオッと言わせる車であって欲しいです。
Posted at 2019/01/09 11:55:16 | コメント(3) | トラックバック(0)
2019年01月07日 イイね!

薄っぺらい記事

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190107-10372903-carview/

最近、よく目にするネット系の車評論ですが、まぁゴミみたいな記事が多いですね。

別に旧来の、、、例えば小林彰太郎さんのカーグラフィックやモーターファンイラストレーテッドみたいな原理的な雑誌を礼賛するわけじゃないんですが、紙媒体のソレにはプライオリティや根拠、方向性、ある種の癖、イデオロギー、、、そういうものが明確に合ったと思います。間違えれば次号で訂正を必ず書いたり、謝罪していましたし。

方や、冒頭のアドレスの記事、、、何が言いたいのか、誰の為にダレがら言われて書いたのか、その記事によって生み出される意義はあるのか、そしてそもそも内容がどうなのか・・・

落ちがケーキとお茶って、あんたどこ見てるんだ、、、

もし、トヨタサイドからレクサスを褒めてほしい、という依頼であれば、国産ならではのホスピタリティと信頼性、もしもの時の対応などが多分褒めるべきdealerの利点でしょうし、車の本質に関して言えばすでに優れているトヨタの材料を吟味したうえで、サブフレームやダンパー等の車の最終的な味付けに関わる重要部品をレクサス専用に用意しており、優れた土台の上にトヨタブランドでは無しえない味付けと過度特性を付加している・・・

ボクならこの方向性で書きます。

雑文で誰の依頼でもなく、ただ書くだけなら、トヨタグループの良いとこ取りがレクサスで、しかしながら一台当たりの利益率を上げるためには紙コップの珈琲ではいやだと思うお客さんも取り入れ(一部輸入車ディーラーよりも良い対応)、その上で国産ならではのイベントなどで心をくすぐったり、明らかな見た目の違い、座ってなるべく誰にでもわかる上質感を「利益率アップ」を前提としつつ実現しているのがレクサス。

まぁこんな風に書くと思います。詳しく書こうと思えば、色々な資料を集めたうえで、シャシーのどこからどこが違うのか、解る範囲で書きますし、読み手のレベル・・・例えば新幹線の中で配られている雑誌ならビギナードライバーや女性も多いので、中庸なものを、コアな雑誌であれは脇を閉めてきちんとした技術解説と実体験に基づく感覚的なインプレッション、、、

で、冒頭の記事のようなゴミ記事はボクの観点からするに、腐ってもメディアと名乗るには到底値しない記事に思えるんですがね・・・。

紙媒体の衰退、自動車文化の後退と時代の変化、価値観とライフスタイルの変化・・・いろいろなものが作用しているのは解るんですが、発信する側のレベルの低さがあまりにもひどいと思います。賛否じゃなくて、否しかないような記事じゃぁ仕方ないです。

かの、小林彰太郎氏も、W126の初期型日本仕様を批判するにはきちんとした理由の根拠と勇気が相当に必要だったと後年書いていましたが、果たしてその記事の賛否はいずれにせよ、今の自称評論家にその勇気の欠片でもあるでしょうか?

若いライターはなんだかちょうちん記事みたいなのばかりで、子供も評論家とかアウディA4とS4の差が乗っても解らないとほざいてしまうおっさんチームは相変わらず既得権益を守って大磯の大試乗会の枠を是が非でもゲットでもしたいがごとくの保身記事ばかりで退場してくれない・・・

これじゃぁメーカーだけじゃなくて、それを伝えるライターにも日本の車文化の衰退原因はありますよね。

簡単に言えば、昔みたいに覚悟とリスクを背負えない世情がそうさしているとは思いますが、そうしなくていい人達がきちんとしたインプレッションを届けることで、日本の車文化は少しでも変わる気がしますけどね。

とりあえず消え去ってほしいな、薄っぺらい記事。
Posted at 2019/01/07 15:26:14 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@RANちゃん え?ロータリースイッチを破壊されたんですか??」
何シテル?   11/23 13:42
ほぼ寝てる
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
足車。
ボルボ V70 ボルボ V70
いい車です。その一言に尽きます。 ↑ 売却しました。最後は段々やれていったけど、基本的に ...
アウディ S5 (クーペ) アウディ S5 (クーペ)
またアウディに戻りました。
トヨタ クラウンハイブリッド トヨタ クラウンハイブリッド
社会的な顔として購入。床まで踏みつけた時の加速は、反社会的。 ↓  壊れることなく11万 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.