車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月05日 イイね!
オッサンだらけの忘年会キャンプ毎度毎度のオッサンキャンプ。春・夏・初冬の年三回やってます。CC買ってからは気候が良ければCCで行っていますが、さすがに冬季は焚き火が必須。今回は車で長野を目指します。

いつもの同行のオッサンが今回は不参加なので関西からは一人旅。いつもは高速で往復するのですが、高速を走っても面白くない我が愛車。誰に気兼ねすることもないので行きは下道で行くことにしました。
冬季のキャンプを楽しむには「飢えと寒さ」を防ぐこと。土嚢袋8つ分+αの薪を積んで備えは万全。

まだ漆黒の闇夜の中を出発。昨夜、いそいそと準備していた時に、最近剣道に疲れている息子が「お父ちゃんは楽しみがあっていいなあ・・・」と。胸にグサリと一太刀浴びてしまいました。許せ息子よ!親父の楽しみだ!
関ヶ原に到達する頃には夜が明けました。しかし夜間の交通マナーの悪い車の多いこと!示し合わせたようにぞろ目のナンバーの黒いRV車が無法運転をしてました。

独りだと休憩もあまりしません。一気に可児市まで到達。道の駅「可児ッテ」にて小用&コーヒータイム。

恵那市に入りましたが、時間はまだ10時前!関東組との待ち合わせは飯田に15時なのでとんでもなく早すぎます・・・・半ば無理やりに休憩。小里川ダムの道の駅にて。

道中でカートのようなミニカー?に遭遇。直線では追いつくもののコーナーはとんでもなく素早く、正体を確認できず。マリオカートみたいでした。
酷道418号線をエッセは軽やかに。途中軽トラを一台パスしたのみで対向車は皆無でした。

お馴染みの平谷村へ。いよいよ長野県。しかし早すぎる!他のオッサン達に集合時間を二時間前倒しするようにメール入れました(笑)

お決まりの平谷峠にて。カブでえっちら越えた峠もエッセで快走!?

展望台にて。気兼ねなく独りマイペースでの運転は至福の時間です。BGMは「炎のたからもの」。良いです!実に良いです!

いつものナピカへ到着!時間はトホホの11時半・・・・温泉でも行こうかな?とは思いましたが、キャンプ場に先に入って独り昼飯と焚き火を楽しむことに。

いつものキャンプ場到着。相変わらず貸しきり状態でした。

餅とハムステーキ、コーンスープで独り昼飯。静寂のひと時であります。楽しい・・・・・(苦笑)
怪しさ満開。

オッサン達、無事に合流。そしていつもの宴に突入。相変わらずの中学生脳満開の内容の無さ。ストレス発散させていただきました。
皆、それぞれの「股火鉢」で焚き火と暖を楽しみます。先月関東組みだけでキャンプやった際は寒くって大変だったようで・・・冬季キャンプでの私の存在意義を思い知るがいい!!(大笑)疲れと酒に弱い私は一番に寝床へ。

楽しい時間はあっという間ですね。  若い頃、皆がキャンプに熱が入っていた頃は、車にしても道具にしても四駆やブランドキャンプ道具などに凝りに凝ったものですが、もはやそれも興味がつきたのか?最近はもっぱら皆を笑わせる方向へ行っているような?

オッサン三人で軽自動車で来るツワモノもいます。いかに安価なテントで耐えしのぐとか、100均グッズで代用するとか・・・・・

151線は景色も道路もドライブするにはいいですね。遠くのアルプスには雪景色が。町営温泉を目指します。

かじかの湯  入浴料500円。 ここで煤を落としてゆったりマッタリ。CCで来ると寄り道できずに帰らねばならないので。キャンプ後の温泉。最高ですね!


道の駅「ソバの城」にて昼食。かじかの湯と続くキャンプでのゴールデンコース。ここでソバとソフトクリームが最後の楽しみ。20年以上おんなじことやってます。でも美味いから止められませんなあ~
せめてもの罪滅ぼし?土産は山盛りのリンゴ。

ここで解散。ソフトクリームをほお張る愛しきオッサン達は日常へと帰っていくのでありました。さらば!皆良いお年を。 次は春ですが、次回は浜名湖みたいな意見も出てました。浜松ツーリングですかね?

帰りは高速で一気に帰ります。特に渋滞も何の刺激もなく京都へ到着。時間は稼げますがやはり高速道路は退屈というか面白くない? 一宮を過ぎたあたりで雨が降り始めましたが、そこは車。何の覚悟も必要ありません(笑)

総走行距離540キロの小旅行でありました。



Posted at 2016/12/06 06:06:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月25日 イイね!
福知山マラソン後記 毎年二度挑戦しているフルマラソン。今期一回目の福知山マラソンに出場してきました。
毎年JRで会場へ向かうのですが、始発でないと間に合わず、その始発もすし詰め状態なのと、乗り換えの園部駅での熾烈な座席の争奪ダッシュが嫌で嫌で!あまり人様と争うのが好きでない性分。

特急の指定特別列車もあるのですが、高額なのと帰りのガタガタの身体でのホームの上がり降りや最寄り駅から自宅までの徒歩が非常に苦痛なのです。 車で行くのもアリなんですが、駐車場からの大渋滞や疲労困憊の身体では居眠りの可能性が非常に高い。今まで考えもしませんでしたが今年はバイクで行ってみる事に!


朝5時過ぎに自宅を出発。暗闇の国道9号線を西へ西へ。新兵器の「膝カバー」とグリップヒーター。ワークマンの防寒ジャケットでカンペキな寒さ対策。快走快走!そこのけそこのけカブが走る!

園部を越えた辺りで小雨が!カッパ持ってきてません。まあジャケットは防水なんで・・  山を二つ越えて福知山へは7時前に到着。渋滞している駐車場待ちの車を横目に会場入り。なんと会場内に横付けできました。
電車だと車の人よりも後着になるので更衣の場所もほぼ無く、僅かな隙間で小さくなって着替えるのですが、今回は広々。待ち合わせの友人の分まで確保できました。 スタートブロックです。今年は「E」からのスタート。 幾分減りましたが今回もズルしてナンバーカードの位置よりも前に並ぶランナーが・・・自分のゼッケンには誇りを持って欲しいものです。フルマラソンに僅かな小細工なんて無意味です。

今回はいつも事前にやっている30キロ越えの練習が全く出来なかったのと、10月のハーフマラソンで全く無様な結果でしたので不安で一杯。スタート前、笑ってはいますが実は緊張でガクガクの状態でした。

毎度完走できてはいるので誤解されていますが、余裕なんてありません。毎回毎回一か八か。決死の思いでの出場なのです。



結果から言うとなんと福知山での一番時計が出ました。何で??
10キロを越え20キロ。折り返しを過ぎて30キロ。「ボチボチ足がガクンとくるかな?」毎度の予想を覆し、不思議に足は止まりません。恐怖の35キロを過ぎてペースは落ちてはいるものの足は出ます。「これは・・・?ええ~い!行ったれ!」

ラスト1キロのイヤガラセの坂道。毎度足が止まってしまうのですが、何とかかんとか上りきり、歓喜のゴール。

オッサン頑張りました。この瞬間だけのために走っているようなものです。しかしこの歳になってタイムが縮むとは・・・嬉しいです。

BGMの選択も良かったです。今回はサザンをずっと聞いてましたが、途中で口ずさむくらいノリノリでした。沿道の応援の女子高生や元女子高生達との合法的なハイタッチ。一生懸命に手を伸ばしてチョコや飴を差し出してくれる子供たち。本当に励みになります。余力の限り御礼と手を振って通過。

ゴール後の心づくしのおしるこ。腹にしみます。本当に美味い!
地元高校生の「お帰りなさい!」のハイタッチ。オッサンは目頭が熱いです。

栄光の「フィニッシャーTシャツ」今年も頂けました。

さっさと着替え、同行のオッサンを待たず帰路へ。会場内からいきなり帰れるのは何とも快適。

なんと!明るいうちに帰宅できるとは!途中の亀岡にて。グタグタの身体でしたが、もしかすると電車より快適かも?不安だった疲れもバイクの楽しさで全く無問題でした。駅のホームの歩行や座席の確保の心配が無いのとツーリング気分で走れる気持ちよさ。来年からカブにしよう!

京都~福知山往復160キロプラス自走42.195キロ。約200キロの一日でありました。 あ~終わった~!!!

Posted at 2016/11/25 06:20:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | マラソン | スポーツ
2016年11月21日 イイね!
下駄車 10万キロ越え先日、通勤途中に我が愛車、エッセが10万キロを越えました。7年と4ヶ月であります。
免許を取って以来、ずっとクロカン四駆ばかり乗り継いでいました。四駆以外は眼中に無い車生活でしたが、生活様式の変化、走れる場所の激減や思うところあって四駆を降り、通勤に毎日往復50キロ程度乗るので燃費が良くてお金のかからない車にしようと選んだのが軽自動車のMT車でした。

それまで乗っていたデリカスターワゴン。素晴らしく便利で重宝する車でした。しかしながら独りで通勤するのに8つものシートは無駄に思え、車検・整備に40万円の見積もり。当時施行された「エコカー補助金」の対象でもあったので25万円の補助金に目がくらんで乗換えを決意。デリカの代車で乗ったオプティがなんとも小気味良く走り、小さな車体を走らせるのが大変面白く感じていたのでファミリーカーを嫁さんに託し、自分は小さな車にしようと考えました。


行きつけの車屋がスズキの代理店だったのですが、当時のアルトのデザインが全く好みではなく、「暑さ、寒さに雨露しのげればどうでもいい」とはいいつつも一応は趣味を通してエッセに決めました。


オバちゃん相手のゲタ車としての位置づけで、ミラの格下という存在でしたが、そのチープさと潔いまでの「何も無さ」。が気に入り、昔に見たルパン三世の映画「カリオストロの城」のオープニングシーンで見た、ルパンと次元がフィアット500で野宿するワンカットに強烈に憧れ、なんとなくフィアット500にも似ているのも動機の一つでした。 甲斐性ナシにはフィアットなんぞ買えませんし・・・・これでキャンプに行けたら楽しいだろうなと。

何もいらないとは言いつつもハンドルとフォグランプは嫁さんにお願いして付けました。あまりにノッペリとした面構えなのでアクセントとしてフォグを。「毎日握るモンだから」と高価な純正MOMOのハンドルを。 「え!?ハンドルってこんな高いの?」すみません。

嫁さんの専用車の右側スライドドアを電動にするかどうか協議したのですが、その費用とハンドル代は同じでした・・・・・・

それまで乗っていたのが牛のようなディーゼルだったので、エッセの走りは新鮮でした。今までクロカン四駆ばかりに慣れた身にはまるでサルーンのような滑らかで軽快かつ伸びやかな加速と乗り心地のよさ(笑)

簡素な装備ゆえの車体の軽さもあるのでしょう。「重力下で運動する物体は軽いほど有利である」とはよく言ったものです。非力なエンジン(それでも58馬力もあります)ですが、加速は軽快で燃費重視のギア比ながらもキビキビ走り80キロクルージングなどは快適な速度域です。軽さは美徳。

燃費もイマドキのエコカーがアイドリングストップやハイブリッド、高圧タイヤや樹脂ボディ。リアガラスの小型化やガソリンタンクの小型化など涙ぐましい努力をしている中で、「何にもしてない」のに実質燃費は18キロ~20キロと大変優秀。エアコンは容積の小さな空間に他車と同じエアコンを積んでいるからか?強力に効きますしヒーターの回りも早いです。

積載量の少なさはキャリアで補ってますが、長尺物も積めるのでかなり便利に使えてます。仕事で脚立や材木の運搬等も。リアシートを畳めばそれなりに積めるので不便は感じません。息子と二人で遊びに行くには十分すぎるほど。

とにかくお金のかからない車で、オイル・バッテリー・タイヤ等の消耗品はホムセンやカーショップの格安品で済みますし、10万キロを経た今まで、故障もなく良い子で走ってくれてます。

良いことばかり記してますが、最近の「高額軽自動車」志向の方々には見向きもされないジャンルの車です。安っぽいペラペラ樹脂のインパネやハイバックのコストダウン満開のシート。遮音材など一切無いにぎやかな鉄板むき出しの車内。フニャフニャな足回りに子供しか我慢できないリアシート等々。

私にとっては「望むところだ!」ってな内容ですが(笑)

「費用はかけるより削るほうが。重さは増やすより減らすほうが困難である。年に数度の便利さよりも毎日の便利さを!」  
どなたかが雑誌で書いていた軽自動車のコメントですが、まさに同意。もちろん嫁さん専用車のファミリーカーあっての贅沢な話ではありますが。

そして先日10万キロを迎えました。200万円を越える軽自動車が走り回る昨今では、もはや販売されないであろう利幅の少ないこのジャンル。末永く乗りたいものです。 趣味として高額なスポーツカーをもつ甲斐性のないおっさんには可愛く便利な車です。

チープな軽自動車のMT。いかがでしょうか?結構面白いです。



Posted at 2016/11/21 06:32:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 趣味 | 日記
2016年11月06日 イイね!
文鳥のいる生活文鳥を飼い始めてもうすぐ一年になろうとしています。


はじめに二羽。そして新たに二羽を迎え、計四羽。放鳥時には狭い部屋を「バサバサ!」と飛び交い、「ジャングルかい!」と突っ込みたくなります。

新たに二羽を迎えた当初の一枚。
古参の二羽がいじめ倒すので放鳥は分けていたくらいですが、四羽とも成鳥になると諍いもなくなり、オスメスの見分けができるようになりました。シナモン文鳥だけがメスでした。雛のときから四羽とも、いじり倒していたので荒鳥にならず、無事手乗りに育ってくれました。それぞれの性格があって楽しいです。

意外や意外。一番いじめていた白文鳥といじめられていたシナモン文鳥がつがいになりました!鳥心はわからんモンです。人間が見てもこっ恥ずかしくなるくらいラブラブに。熱烈な求愛行動に娘や息子は「交尾や!交尾や!」  こら!その知識どこで仕入れた!?

そして先日、計六個もの卵を出産。 オスメスが交代で暖め続け、とうとう雛が!初めて見る生まれたての雛に家族一同が興奮気味でした。驚いたのは夫婦交代で餌や暖めをすること。オスもしっかり子育てに協力しています。イクメンですな。  嫁さんからイヤミを頂戴しております。

普段ならば籠を開けるや飛び出していくのですが、絶対に巣を空けることなく、どちらかが守っています。雛を見ようと近づくと「見せたらへん!」と怖い顔して睨んでおります。 かなり神経質になっているようで・・・

よく懐き、可愛いのですが、さすがにこれ以上は飼いきれません。
一羽飼いが飼い主ともっとも信頼関係の出来る飼い方だそうで、寂しがるだろうと何羽も飼うと文鳥同士のコミュニティが出来てしまうので人間とは遠のいてしまうとか。
来年以降は卵を産まない対策をせねばなりませんねえ。

里親になってくれる方を探さねばなりません。ネットで調べると専用の掲示板とかもあるのでいざとなると利用も考えています。多くの方は有償で取引されていますが、有償での取引は年間の羽数によっては資格が必要なことも知って驚きました。

大切に扱って頂けるのであればお金なんて求める気はありません。良い方に出会えるのを望むばかりです。おそらく全羽白文鳥でしょう。どなたかいかがですか?可愛いですよ!部屋荒れるけど・・・・・
Posted at 2016/11/06 10:45:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 文鳥 | ペット
2016年10月30日 イイね!
海釣り初挑戦日曜日、息子と一緒に海釣りへ。


テレビでタレントの釣り特集を見ていた息子が「釣りに行ってみたい」と言い出し、ちょうど仕事先の方が日曜に親子で波止場釣りへ行くというのに便乗させていただきました。

私、釣りというのは好きなんですが、趣味というほどではなく海釣りともなると場所や餌の選定等は全く要領をえません。いつも釣り好きの方に便乗していくので単独では不安。今回も釣りマニアの方とご一緒できてラッキーでした。

何しろ道具にしても安物の「釣りセット」でバス釣りから何から全てを賄っている程度ですから息子を教えるなんて出来ません。

釣りが決まってからは指折り数えていた息子。早朝4時半起床も飛び起きるくらいに気合入っていました。宮津市の漁港へ。

波止場でのサビキ釣り。初ヒットは息子。いきなりの奇妙な魚に驚いてましたが・・・
ボチボチと小魚が釣れるので心配していたボウズからは逃れられました。退屈しない程度の釣果で親父安心。初めての釣りに興奮気味でしたが、我が息子ながらさすがに男子。じきに慣れてきた様子です。

釣りあげるたびに「これ、なんて魚?」と興奮気味に聞きますが、魚の知識の無い親父。しっかりと教えることが出来ません・・・・面目立ちませんなあ・・



天気もよく、暑くも寒くも無い最高のコンディションとボチボチの釣果。終始ご機嫌の様子で連れてきた甲斐がありました。逐次LINEで嫁さんへ釣果報告。




まずまず釣れました。持って帰ると怒られますが、初めて自分で釣った魚を「食べたい!!」と希望。  正直「面倒くさい・・・」のですが、師匠の釣った見事なキスと息子のカワハギは捨てがたく、食べ甲斐のありそうなのだけを持ち帰りました。


とにかく魚が好きな息子。キスの塩焼きをポン酢で食し、「美味い!」と感激していた様子。他も煮付けにしてもらい、美味しく頂きました。   初の海釣りは上々だったようで「また行きたい」と言っております。これを機会に私も波止場釣りを勉強してみようかな?

いずれはPCXでタンデムして福井あたりへ行くのも良いですね。
まずは「1980円釣りセット」から前進せねば!

お魚美味しくいただきました。

Posted at 2016/10/31 05:38:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 釣り | 日記
プロフィール
「おっさんひとり旅。カブで辿った道を軽自動車で長野路を走ってます。

恒例の忘年会キャンプ。天気は最高ですが早く着きすぎるかな⁉」
何シテル?   12/03 11:17
18年ぶりにバイク買いました。なかなかツーリング等に行ける時間はないのですが、街乗りや通勤でトコトコ走って楽しもうと思ってます。情報交換などしていただければうれ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
スプロケット交換  15丁→16丁 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/08 22:33:35
お友達
どうぞお気軽に!
9 人のお友達がいます
vfr800ccvfr800cc * ゆーたるゆーたる
ニキライダニキライダ チャーリーパパチャーリーパパ
k-pasoMk-pasoM YパチYパチ
ファン
20 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ クロスカブ ホンダ クロスカブ
クロスカブ 10000キロを越えましたが好調。 燃費の良さや維持費・パーツの安さで貧乏親 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.