• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

すた☆君のブログ一覧

2017年09月25日 イイね!

徳島帰省日記 (いきなり)最終話



徳島市立動物園にて。

Posted at 2017/09/25 21:50:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徳島 | 日記
2017年09月22日 イイね!

第二回 関ケ原マダムツアー

いろんなご縁があって、6月に引き続き2回目の 『関ケ原マダムツアー』というのを開催した。

その名の通り、おばちゃんたちのグループを史跡案内する。

今回も前回同様、笹尾山⇒大谷吉継墓所と陣跡展望台⇒床机場⇒東首塚 を ご案内させて頂いた。

歴史に興味がない人が歴史を好きになってくれるのが一番嬉しい。

前回のおばちゃんは歴女になってくれたとのこと。

(笑)


さて。

次回はいつかな?

僕は僕の方法で関ケ原を盛り上げる。
Posted at 2017/09/26 01:12:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 関ヶ原甲冑ウォーキング | 日記
2017年09月18日 イイね!

珍しい石田三成さん

珍しい石田三成さん驚いた。

まさかこの人が石田三成の甲冑を着ているなんて。

大砲や鉄砲を撃っているとこしか見たことなかったから。

しかし、これはいい。

是非これからも、三成やって下さい。





Posted at 2017/09/26 01:03:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 関ケ原 | 日記
2017年09月15日 イイね!

9月15日午前8時の関ケ原古戦場

9月15日午前8時の関ケ原古戦場今日は関ケ原合戦の日だけど平日なので、てきとうな時間に一人で出陣しようかなあと思っていたけれど、

去年の倍ほどの仲間たちと共に、午前8時に笹尾山山頂で関ケ原合戦の開戦を迎える事になりました。

随分、ラブ関ケ原な仲間が増えたと実感した。

来年はこの倍いこうか!

(笑)

映画の影響かイベントの影響か、平日なのにお客さんが多くて驚いた。

午前8時に町内のスピーカーに鳴り響くほら貝の音色。

やっぱり9月15日は関ヶ原古戦場だね。



Posted at 2017/09/26 00:43:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 関ケ原 | 日記
2017年09月14日 イイね!

りぼん軍曹さんと関ケ原史跡巡り♪(関ケ原合戦の前日)

午前10時

待ち合わせ場所の笹尾山へ行くと偶然名車がずらり。

名車


今日は関ケ原合戦の前日。

今頃だれそれはどうしている? とか、臨場感を味わう事ができた。


スタート


山を登ろうとしたら『近江タクシー』の営業さんが、名刺を出してきた。

どうやらロードスターを見て、関係者と思ったようだ。

・・・そら思うわな。

(ーー;)


『近江戦国ツアーを企画するから宜しく』との事。

でも、どう企画していいのかよくわからないとのことで、りぼんさんと色々アイデアを提案した。

①陣羽織を着る
②発進するときほら貝を鳴らす
③車内は「真田丸」のオープニング曲をかける。
④戦国握り飯。
⑤ガイド中に甲冑を着る。

せっかくいっぱいお話したんだから、採用してね。

^^




笹尾山山頂にて。

今日はオフで甲冑も着ていないんで、静かに観光客に溶け込んでいようと物静かにベンチに腰掛けていたが、なかなかそうはさせてくれない。

なんだろう、地元慣れした雰囲気をかもしだしているのだろうか。

(--;)

するとツアーのおっさんがいきなり人のYシャツの乳首の辺りをつまんだ。

そこつまむな。○態か。)

『Yシャツどこで買った?』

大一大万大吉のロゴが刺繍されていた。

ワラワラと集まってくる観光客。

てか、ガイドさんのガイド聞けよ!!

めんどくさくなりそうでイヤだなあと思ったけれど、正直に答えた。

『数年前に、役場で買いました。』

ガイドが終わってガイドさんもこっちにきた。

おっさんがガイドさんに尋ねた。

『このYシャツ、役場で買ったんやって。わしも欲しい。』

ガイドさんの『あんた何者や?』と言わんばかりの、不思議そうな顔。

仕方がないから、正体をばらした。

・・・だからイヤだったんや。

オフぐらい静かにさせて。

(ーー;)



先日もこんなことがあった。

家族で来ていたら カメラマンに

『この展望台はいつ新しくなったんですか?』 と、いきなり聞かれた。

じんべえを着ていたからだろうか、それともなんとなく地元っぽい話をしていたからだろうか。

どうあがいても、よく来ている人に見えるらしい。


ここ数年、一人で笹尾山に登って誰とも話しせずに降りた事がない。






笹尾山でりぼんさんとお話しして、下山したらランチを買いにローソンへ。

ローソンは遠くなったので、前みたいに甲冑で買いに行けなくなったねとがっかり。


丸山

でも、ローソンを出たら正面に 黒田竹中陣跡の丸山がある。

あそこに 黒田長政がいたし、東軍がのろしを上げた場所でもある。






ランチ


平日でちょうど人も居なかったんで、贅沢なポジションでランチタイム。

今日の今頃、あそこに小早川の軍団がいたんだなあと。

しばらく二人でくつろいでいたが、ツアーが来たんで急いで撤退。




大谷隊陣跡を出て、裏側へ廻った。

あまり一般には知られていないが、大谷吉継の陣跡はただの山ではない。

山中城という山城があって、そのあとに大谷吉継が陣地を作り直した。

だから、全くのゼロからの陣地作りではない。

とすると、大谷吉継はお城を使って戦っていた事になる。

お城は一つで兵1万人とかいうから、藤堂京極と戦ってもなお小早川と戦えたのはこういった背景があったからなのはまず間違いない。


山中城
この写真は、大谷隊陣跡の西側になる。

ここからみるとよくわかる。真ん中に切り立った斜面の堀切らしき谷間が下から上へと大きくつながっている。
これは、大谷墓所~陣跡への林道の東側にも見られる。
意識してみると、そこは山城だと言う事がよくわかる。

関ヶ原古戦場の史跡の整備を今現在、町と県とが協力して行っている。

かっこいいイラストの看板を設置するのもそれはそれでメディア栄えしていいが、そんな真新しいのばかりでなく、せっかくこんないい史跡が残っているのだから、これをもっと全面的に整備して出して欲しい。

史跡で一番いいのは、ダイナミックな跡地だ。

合戦当時の姿がダイナミックに今も残っているのは、誰しも心を引かれる。



黒血川

これはもともとは 山中川と呼ばれていたけど、壬申の乱で黒血川と呼ばれるようになった。

672年に壬申の乱がここで起こった。

大海人皇子 後の天武天皇は、桃配り山で桃を配った人物だ。

この戦で彼が勝たなかったら、伊勢神宮は今のように栄えてはなかっただろう。

伊勢神宮と関ケ原は歴史的につながっている。

この場所は、大谷隊と小早川隊が戦った場所でもある。

900年もたった後にもここで天下を二分する大いくさが起こっている。

この町の、戦った場所も同じだ。

立地と地形がそうさせるのだろうか。

不思議なものを感じた。




「黒血川」

名前からしても、なんだか気持ちが悪い川である。

静かな中、どこかから「カコーン」と断続的な音が聞こえてきた。

川の西に神社があることがわかった。

どうしてこんなところに神社があるのだろうか?

関ケ原もまだまだ知らないところがいっぱいある。






メナードランド

昔のアイススケートと遊園地の跡地だ。

この不自然な建物は、玉の火薬庫である。

コンクリートの建物を土でカモフラージュして、山のように見せかけている。

火薬庫とは、近代戦争の時、日本中の火薬を保管していた場所だ。

武器庫は兵庫県にあった。

今から110年ぐらい前~戦後まで 、ずっと秘密を隠し通した。

アメリカ軍がこの基地を見つけたとき、かなり驚いたらしい。




見張り小屋


普通に気持ち悪い。




火薬庫


玉の火薬庫。

正式名称は 名古屋陸軍補給しょう関ケ原分しょう だ (読み方を丸暗記しているだけなので、漢字は覚えていない)

これは魔法瓶のように、二重構造になっている。


今の若者、魔法瓶、わかるか?

昔は子供の遠足で魔法瓶にお茶を入れたんだが、あれは中のガラスが割れるんだぞ。

信じられないだろう?

そういう時代があったんだ。




龍雲


龍のような雲を見つけた。



冷水

関ケ原鍾乳洞の前にある、名水。

あまりにも冷たいので驚いた。

ここにも伝説がある。

日本武尊伝説

やまとたけるのみこと のことである。

伊吹の荒神と戦った やまとたけるのみこと は、毒の雨を降らされ、毒に犯され傷ついた体をおこしてなんとかこの泉までやってきて、体を浄化して、回復したら南の空 亀山のほうへと 白鳥になって飛んでいった。

関ケ原は、神話の時代の古戦場でもある。




東首塚~笹尾山へと戻った。 

締めは笹尾やまだ。


車上ガイド


たまにこうやって、ロドの上に地図を広げてガイドするときがある。

足が不自由な人もいるだろ。

不自由でなくても、弱っていて山を登れない人も居る。

そんなときはこうやって麓で地図を広げてガイドすると、とても喜ばれる。

せっかくここまできてくれたんだから、一人でも多くの人に関ケ原の魅力を知ってもらいたい。


以前、麓でこうやって地図を広げてガイドしたら、その時のお礼にと、お孫さんが京都のわらび餅を持って来てくれたことがあった。

あれは嬉しかったなぁ。




そんなこんなで、ガイド終了。

8時間ぐらいたっていたね。

(笑)

ロド



レスト伊吹で真っ暗になるまでディナー。

夕食

今頃は西軍が大垣城を出たころだろうな とか 考えた。


楽しかった。

遠方からありがとうね。

また来てね。

^^
Posted at 2017/09/26 03:03:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 戦国史跡ツーリング | 日記

プロフィール

「新車来たー!! \(^▽^)/▽^^^」
何シテル?   12/23 02:21
旅行が好きで、日本中の戦国時代の史跡を巡っています。 2012年 3月 関ヶ原検定 ≪零≫  2012年12月 関ヶ原検定 ≪壱≫  に、合格しました...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

霧の中の決戦地 
カテゴリ:関ヶ原合戦の史跡
2010/12/24 11:25:35
 
関ヶ原町の史跡 『十九女池・六部地蔵・七つ井戸・与市の墓』 
カテゴリ:岐阜県の史跡(関ヶ原合戦以外)
2010/12/20 12:40:04
 
関ヶ原町 『常盤御前の墓・鶯の滝』 
カテゴリ:岐阜県の史跡(関ヶ原合戦以外)
2010/12/20 12:36:11
 

お友達

煽り運転をしている人は、ご遠慮下さい。

リアルな友達が増えすぎました。

*甲冑ボランティアでお会いした人が、わざわざ貴重な時間を割いてまでして、車の興味も無いのにみんカラ登録までして下さって、私にメッセージを送って下さる場合がありますので、基本そちらの方をメインとさせて戴きます。
26 人のお友達がいます
jet74744jet74744 * ピズモピズモ *
★akira430★akira430 * おっとぉY61おっとぉY61
asterisk+asterisk+ まっきなまっきな

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2代目の戦国ロードスターです。 出陣時は関ケ原バージョンになります。
マツダ ロードスター すた号 (マツダ ロードスター)
マイナス2℃で、オーポン走行しました。 冬でも幌をあけるオーポン漢を目指しています。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.