• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

F13M6のブログ一覧

2014年02月21日 イイね!

‘ BMW 7 LOUNGE.’

‘ BMW 7 LOUNGE.’みんカラのみなさん、こんにちは。
2週続いての大雪で、精神的・肉体的にもかなりうんざりされていらっしゃる事と存じます。東京でも45年振りの積雪だったそうで、地域によっては孤立した場所が未だに存在し、救助を待つ方々もかなり多く見受けられます。これ以上の被害が拡大する事無く、被災された人達の一日でも早い救出が達成されます様願うのみであります。
さて相変わらずの忙しさと腰痛で、痛み止めを服用する日々が続いているのですが、そこに輪をかけて今回の大雪。
既に雪掻きで身体中がボロボロの状態でして、2週間振りの休みはのんびり映画でも観ようかと画策していたところ、担当の営業さんから悪魔の囁きが。 『 スイマセ~ン、メール便で招待状送らせて戴いたのですが、ご覧になってもらえましたでしょうか?』 『 はぁ?そんなもん来とらんよ・・・・。 』 
『 エェ~、大雪の影響ですかね? 』 『 別に見なくても大丈夫だよ。で、いつなの?』 『 明日の木曜日です!』 『 ・・・・・・・・・・! 』 観たい映画も既に決めノリノリだった連れ合いに土下座をし、急遽 『 BMW 7 LOUNGE.』 なるイベントに参戦する事と成りました。




昼食を地元で済ませ会場の 『 パレスホテル東京 』 に到着。 何度も訪れている筈なのですが、
頭がボ~っとしていたせいか、駐車場を逆走するとういう大失態!ホテルマンから顰蹙の嵐が(恥)







イベント会場入り口にいきなり 『 Studie AG 』 のZ4が! その迫力たるや凄まじいモノがあります。







今日は 『 BMW 7 LOUNGE.』 の筈なのに、Z4の迫力が7シリーズを完全に凌駕していました。







今回目を惹いたレアなスペース・グレーの 『 640i クーペ 』。 Mパフォーマンス仕様でとても純正
とは思えぬカッコ良さに暫し釘付け! みん友の 『 Nlog様 』 がお気に入りのホイールです。







インテリアの纏まりもお洒落極まりない! 新しい意匠のメーターパネルにピアノ・ブラックのトリム。







スポーティー&エレガンスの代名詞 『 M6カブリオレ 』。 相変わらず美しいサンマリノ・ブルー!







私のはクーペですが、アルピン・ホワイトかこのサンマリノ・ブルーかでかなり迷いました。



クルマに全く興味を示さずスマホに夢中。 っていうか、半分切れかかっております。(爆)







ここで待望の尾根遺産、いやプロ・ゴルファーの 『 谷原秀人 』 さんがご登場!



気軽にサインや写真撮影に応じたり、ゴルフ界の裏話なんかも聞かせて戴きました。







今回の真打ち 『 7シリーズ 』。 流石BMWが誇るフラッグシップ、迫力と存在感が違います!







今回BMWとコラボして出品されていた時計 『 BALL 』。 文字盤にもしっかりBMWマークが。







最近みん友さん達でもオーナーが増殖中の 『 M6グラン・クーぺ 』。 鋳造ホイールもかっちょえ~!







まさに何処から眺めても非の打ちどころがないデザインと言えますね!







尾根遺産達による四重奏。 こういう尾根遺産に弾かれてみたい!(俺はヴァイオリンかい?)







俄然盛り上がって参りました~! 会場のボルテージも最高潮に。



少しは興味を持ち始めたご様子で・・・・・・・?







尾根遺産達を撮り終え、さっさとクルマを撮り始めるクルマ馬鹿おやじ。(爆)







会場では数名の親しいみん友さん達にお逢いする事が出来ました。 お世話様でございました!



いやいやホンの2時間半位の滞在でしたが、カッコ良いクルマ達を思う存分堪能出来て、
まさに至福のひと時でございました。

圧巻だったのは綺麗な尾根遺産達の四重奏。 私はロキソニンにプリザS、そしてホッカイロの
三重奏。 それでもボロボロの身体ながらも来た甲斐があったというもの。

駄菓子菓子、私一人が悦んでいただけで、映画をドタキャンした天罰が自宅に戻ってから ・・・・。

蹴りを入れられ三重奏にサロンパスが加わり、これでやっと四重奏ってか?(爆)
Posted at 2014/02/21 23:33:47 | コメント(21) | トラックバック(0) | 日記
2014年02月15日 イイね!

‘ インプレッション ’

‘ インプレッション ’早いもので 『 M6 』 が愛車と成って約1年と4ケ月が経つ。お陰様でこれと言ったトラブルも無く、充実したカーライフと楽しい時間を共有させて戴いている。BMWと出逢う以前、ずっと国産を乗り継いで来た私は愛車に不満を抱く事など殆ど無かった。というより日本車の安全性と品質基準は世界でもトップ・クラスであると確信していたのである。
ところがそれまで敷居が高いと勝手に決め込んでいた販売店に立ち寄り、X5(E70)に試乗した途端それまでのクルマに対する概念というものが、180度大きく変わってしまった。だからと言って国産車が駄目だとか否定している訳では全く無い。上手く言葉では言い表せないが、衝撃・感銘・感動の全てが鮮烈な記憶として刻まれた瞬間であった事を覚えている。








X5(E70)を所有し 『 駆け抜ける歓び 』 を知ってからというものの、愛車と過ごす時間がこれまで以上に楽しくなったのは言うまでもない。しかし4年半乗り続けたクルマに別れを告げ、50歳手前にして 『 M6クーペ 』 という2ドアのスポーツ・カーを買う羽目になるとは、夢にも思わなかった。







仕事柄中々休みがとれず、クルマと過ごすのが唯一の楽しみと成っている現在、大袈裟かも知れないが 『 M6 』 なくしては生き甲斐さえも見出せなくなっている程。そこで自分なりにこのクルマに対する思い入れとインプレッションを綴ってみる事にした。







『 M6 』 を購入した決め手は何と言ってもそのエクステリア・デザイン。初めてBMWを試乗した時に受けた衝撃以上のモノを一目で感じとってしまった。そこには4ドアでないと使い勝手が悪いとか、家族の反対があるなんてのは全く入り込む余地が無かったのである。こんな例えが合うかどうか判りかねるが、まさに初恋の人との運命の出逢いとでも言ったところか?私は評論家でもないしとりわけメカに詳しい訳でもない。純粋にその外観にひと目惚れしただけなのだ。







BMW AG チーフエクステリアデザイナーの 『 永島 譲二氏 』 も述べている通り、BMW最大の売りはそのデザイン力に尽きると思う。もちろん人にはそれぞれ好みがある訳で、感性も千差万別。しかしクルマ好きであるならば、他社との燃費性能や馬力戦争に勝るクルマ自体の底力より、カッコ良さを優先させるのが自然と言えるであろう。ワールド・ワイドに販売戦略を展開するBMWは、デザイナー陣も超一流。先代のE60シリーズや現行の1、3シリーズも、デビュー仕立の頃は散々な評価であったにも拘らず、今ではすっかり認知され現行デザインの主流となっている。







私にとって初のMモデル。その印象は速い。確かに速い。ただ速いだけでなくスピード感がマヒしてしまう速さである。流れに沿って走り込んでいるつもりでふとスピード・メーターやHUDに目を向けると、とんでもない数字になっている事は日常茶飯事。そのスピード感を感じさせないところがMモデルの凄さであり、また怖さでもある。ボデイ剛性の高さとサスの見事なまでのストロークが合致しているからこそ成し得ているのであろう。MモデルやMスポーツ・タイプはかなり固めのアシという印象が一部であるが、コンフォートからスポーツ・スポーツ+にしてもピョンピョン跳ねる感じなど微塵も無く、むしろ路面の状況をステアリングを介して忠実にドライバーに伝えて来ると言った方が正しい。







ポルシェやメルセデスのAMGに比べやや大人しめだった感のMモデルも、ここ最近はアグレシッブ路線に変更している気が否めない。歓迎すべき事だと思うが、ブレーキ・キャリパーの加飾等は代表的な事例と言えよう。オプションのカーボン・セラミック・ブレーキともなると、ゴールドのキャリパーが奢られる。その他 『 Mパフォーマンス 』 を起ち上げる等、ライバル社に対しても抜かりがない。







Mモデルの印象で最初にその驚異的な速さを書いたが、私が一番伝えたかったのは別にスピードだけではない。モードを変える事で街乗りからサーキット走行までを1台で熟す、変幻自在な能力を秘めているクルマ、これこそがMモデル最大の驚異であり凄さであると言える。DCTも完璧とは言えないかも知れないが、出始めの頃より格段にギクシャク感が無くなり、まさにトルクの断絶を絶つ事を目的とした最強のトランスミッションである。
私の様なアマチュア・ドライバーに560psの馬力や69.3kgmのトルク等使い熟せる筈もないし、これから使う事も皆無であろう。しかしそんなハイパワーを心の余裕として受け止め、駆け抜けて行く事に歓びを感じているオーナーは私だけでは無い筈だ。







今の私にとって 『 M6 』 は間違いなく最高のクルマであり欠かせない存在である。ただそれを他人に押し付ける気など毛頭なく、先に述べた様に人の好みは千差万別であり、また用途によって所有する車種も違って来るのは当然の事。

自分の愛車に対する熱い想いをこうした容で公開出来る 『 みんカラ 』 と、このような自己満足で
固めた拙いブログにお付き合い戴いた皆さんに対し、心から感謝の念を抱かずにはいられない。
Posted at 2014/02/15 23:31:15 | コメント(31) | トラックバック(0) | 日記
2014年02月07日 イイね!

‘ 台場公園 ’

‘ 台場公園 ’みんカラのみなさん、こんにちは。
北風が冷たく日々厳しい寒さが続いていますが、如何お過ごしでしょうか?ここ最近は週末になると天気が大荒れとなり、関東でも明日はかなりの降雪予報が出ております。
路面の凍結による転倒やクルマでのスリップ等、予期せぬ事故が考えられますので、お出掛けの際は細心の注意を
払う様心掛けましょう。
さて私は現在仕事のピークと腰痛が重なるという、まさに
踏んだり蹴ったりの状態でおります。尾根遺産から踏まれたり蹴られるのは一向に構わないのですが、唯一の楽しみである 『 夜の徘徊 』 が出来ずにいるのは流石に我慢の限界に達しまして、昨晩痛み止め(ロキソニン)を服用し久方ぶりに深夜の都心に出向いて参りました。普段木曜は定休日にあたり、連れと一緒に外出するのでありますが、所用で午後から出掛けてしまい、運よく一人のんびり愛車と過ごせる休日となりました。(後で天罰が・・・。)




今回の目的地 『 台場公園 』 駐車場に到着。 流石にこの寒さと時間では私一人だけ。(爆)







公園入口から間もなく眼前に美しいビーチが飛び込んで来ます!







お台場のランドマークと言えばお馴染み 『 フジテレビ・ビルディング 』。







お台場方面の反対側には、 『 レインボーブリッジ 』 に繋がる首都高速が見渡せます。











普段はアクアシティ方面からレインボーブリッジを眺めるのですが、今回は反対側からの眺望です。



ご覧の通り人っ子一人おりません。 出来る事ならビキニの尾根遺産と・・・・・って今真冬だろ!







今やお台場のみならず、東京の代表的アイコンと言える 『 レインボーブリッジ 』。











台場公園奥からシーリア・ツインタワー・マンションを臨む。







誰もいないひっそりとした駐車場も良いロケーションに成りますね!







その佇まいはまさに 『 海に浮かぶ要塞 』 の様。



暗闇に 『 M6 』 のシルエットが浮き上がる。 露光時間を短めに撮影しました。







久しぶりの写真部活動でちょっぴり感覚が鈍っており、しかもこの暗さと強風が重なって
カメラ設定に一苦労。 しかし凍える様な寒さの中でも楽しい時間を過ごす事が出来ました。
時計を見ると既に深夜1時過ぎ。

いや~連れには申し訳ないけど折角の定休日、たまには一人で好きな事に興じるのも
悪くないもんだなぁ~! そう思った矢先、駐車場出口付近に白黒ツートン・カラーのおクルマが!
視線が合った瞬間に制服を纏った二人の紳士がこちらに歩み寄り、

『 スイマセ~ン、 職務質問なんですが! ここで何をされてましたか? 』

『 ・・・・あっ、ハイ! 写真の撮影を・・・・』。

『 お一人ですか? 免許証お願いしま~す。 それとトランクも宜しいですか? 』

『 ・・・・・・・ど~ぞ 』。

『 うわっ、三脚まで! 本格的ですねぇ~! 』

『 いやいや、そんな・・・・・ 』

『 ここは景色が綺麗ですからね~! 今度は奥さんか彼女さんとご一緒にいらしてみては? 』

『・・・・・・・・・・・・・あぁ~、ハイ! 』

人生初の職質を経験し、自宅に着いたのが深夜の2時半過ぎ。
ここで2度目の職務質問をされたのは言うまでもありません!(爆)
Posted at 2014/02/07 23:10:32 | コメント(20) | トラックバック(0) | 日記
2014年02月05日 イイね!

‘ 外部サイトで比較テスト ’

みんカラのみなさん、こんにちは。
外部サイトを利用して、異なるファイルサイズで画質の比較をしてみました。
上の画像が 『 みんカラ 』、下の画像は 『 フォト蔵 』 を使用したものです。
通常のPC画面やスマホですと大差ない様に見えますが、高解像度モニターやタブレット
(iPad Retinaディスプレイ)等で比較されますと、結構違いがお判りになるかも・・・・・・?































































ブログに張り付ける画像サイズでは殆ど違いは判りませんが、クリックして拡大画像に
リンク致しますと、やはり細かい部分の描写等は、ファイルサイズの違いが影響する様です。
まぁ、どっちも変わらないと言ってしまえばそれまでですが!(爆) こだわりですかね~?(笑)
Posted at 2014/02/05 18:57:23 | コメント(15) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@hiroM さん、事件です! 福六さんが房総半島を暴走してます。( ̄▽ ̄)」
何シテル?   12/15 17:24
F13M6です。前車はX5(E70)に乗っていました。新型M6に一目惚れしてしまい、日々駆け抜けています!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2014/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 

リンク・クリップ

M coupe's competition 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/10 21:39:27
久々の出会い。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/20 22:19:55
‘ 神ギター ’ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/22 19:17:53

お友達

ファン

208 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M6 クーペ BMW M6 クーペ
念願のMモデルとなりました。大切にお付き合いして行こうと思っています!!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.