• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヤビツマニアのブログ一覧

2018年12月09日 イイね!

DA BOMB ショックのサグ出し

DA BOMB ショックのサグ出しエアーに交換するとしても、まだだいぶ先
今現在のこのショックをなんとかできないか?
ロックショックスのバネを流用できるか?
ひとまずこれにどんなバネが入っているか分解してみよう~







まずは右のロック側

こっちだけでは100mmストロークできるようで
ロックしてぐいぐい押してみると多少は縮む
ロックしてても多少クッションするってことか?

元に戻して、本題左側を分解する前に
サグ位置を確認、タイラップ=インシュロック=結束バンド
を使うらしいのでやってみよう~
無負荷でグリス跡まで45mm?仕様では50mmのはずだけど?

調整ダイヤルを軽い側で23mm、ねじり上げて19mm

さ、分解
ダイヤル付きのトップを外すと

なるほど白いのがアジャスターでねじると延びる
これでバネを縮めてセット荷重を調整できるってことだね
ストロークは8mm
???サグ確認では23-19=△4mm???あと4mmは何処へ?誤差か~?

その下からバネを引き上げ
さらに下からゴムが出てくるかかと思いきや、

工具がとどかなくて分解はここまで
ダイヤルもないので油が出てくるとは思っていませんでしたが、予想通り何も垂れてきませんでした。

さてと、スプリングを採寸しよう

自由長:140mm、線径φ3mmで有効巻き数23mmなので71mmはストロークできる
筒に戻して入口までの深さを測ってみると44mm
アジャスターの首下は縮めると42mmなんだけど、、、、、、
無負荷で45mmのうちの2mmはここに消えていたのか~、あとは車重で3mmかな?

ということでそのまま戻すのもなので、今できるサグ修正方法を
筒のストロークは50mmなので、バネストローク71mm+2mmで23mmは詰め物できる
で工具箱の中をワサワサしてみると、

14mmのコマの外径が19mmでちょどいい
長さは微妙に長くて24mm・・・ま、いっかこのまま入れちゃおう
スプリングの上にコマを乗せて、トップを押し付けながらなんとか締上げ

サグ確認してみると、14mm

23mmからすると9mmしかかわらんかったよ?2mmは消えるとして
コマ24mmで22m上がってサグ1mmになるんじゃないの?
そういえばアジャスタストローク8mm-2mmの6mmで△4mmからすると
22mm×2/3=14.5mm、またどこかに5.5mm消えてるよ??
試しにストロークさせてみるとグリス跡で50mmでカタログ値どおりとなりました。

あとはアジャスターを締め上げれば8mmバネを縮められますが、
底付きでストロークが減るだけなので、これはやめておきます。

ま、スプリング採寸できたので、そのうちバネ変更も考えておこう
バネ定数算出のために、体重計を持ってきて跨って前輪荷重計測34kgf
DA BOMB だけでは6.6kgfでした。
計算すると、k=1.245kgf/mm
もっと長くて、サグ位置が5mmとして
セット長さ137mmで34kgf、圧縮長さ92mm以下のバネってどうなるやら


で、ダイソーまで、買い物がてら乗り回しみた結果
まぁいいかぐらいです。でもサドルスプリングほどの激的効果はないようで、
負傷中の小指には段差のたびに鈍痛が・・・
なので適正な効果確認はまだよくわかりません。







Posted at 2018/12/09 19:14:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年12月08日 イイね!

DA BOMB 通勤改悪

DA BOMB 通勤改悪サドルスプリングは後ろ向きで試してみましたが、
どうも動きが・・・股痛軽減2までしか良くならず、
尻痛軽減は5に目減り、で思ったほど効果なく
通常取り付けに戻してました。
で、跨る前のサドルをちょっと前かがみに、
乗って水平になるように調整しておくと、
尻痛軽減9、股痛軽減6くらいになって、これで満足



でしたが、欲が出てフロントもショックにしたくなってきました。
調べるうちにショックのロックアウト機能付きってのが普通にあるようで
であれば、トラ遊び/通勤快速が切り替えられるかな
早速さがしまわりましたが、20インチ用ってあんまりないなぁ~
ブレーキのマウントはVカンチ/ポストマウントDisk兼用が通常なのか・・・
でも今のDA BOMBはHS33
ブレーキマウントがMAGURAのHS33/インターのDiskの兼用のなんて全くない
この先Disk化のときはどうしてもインターのMAGRA MARTA SLにしたいのでした。
で、珍しくインターのDiskブラケットのがあったのでひとまずこれを買ってみることにしました。
SPINNER GRIND 20


取付けようと今までのフォークを抜いて比較
あれま、ベアリング受けが無い
キャップボルト用の花びらナットもなかったのでヘッドパーツを追加注文

センターポストはそのままでは突き出してしまうので、サンダーでカット
でフォーク交換は完了

ブレーキはDsik化はまだ先なのでHS33のまま、
VカンチポストにHS33をコンバート取付できるクランプがガラクタの中にあったはず、

これでなんとかなりましたが、クイックリリース付きでなんだか位置合わせが難しい

次はロックアウトのリモートレバーを取付けて調整・・・全然まともに機能しない
ロックできてもリリースできない、リリースできるようにワイヤー調整するとロックしない???
で、ロックダイヤルを分解してみると、トーションスプリングが出てきたので、

これのセット位置を巻き上げてリリース力を上げてみましたが、、、
今度はレバーが重すぎ、リリースはやっぱりできない、、、もうリモート機能はあきらめようっと
切り替えるときに、ハンドルは片手持ちにはなりますが、
フォーク頭までは思ったより近い、こりゃレバー手回しが正解だな~

さ、試走!

ちょっとバーの位置が低くなったか?
段差を乗り越えてみると・・・前より楽にはなったけど思ったほどでもなくサドルスプリングを交換した時ほどの感動がない・・・・
むむっショックのストロークって10mmくらいしか動いてないじゃないか!!
で、理解した、サグ位置ですでに40mm沈んでいるじゃないか!!!
ロックアウトの反対側にプリロードの調整ダイヤルがあったので目いっぱい締上げてみるが、ちょっとはマシになった?、もう一度段差を乗り上げしてみると・・・あんまり変化なし。
試しに無負荷にしてロックアウトすると元のバー高さになったのでした。

こりゃどうしたものか?プリロードを強くしたいけど、コイル式
詰め物すればいいかもですが、50mmしかストロークがないのでどうだか?
あとはスプリング交換しか手が無いだろうけど、丁度いいものが見つかるか?

最初っからちょっと高かったエアー式にしておけばよかなぁ~
ちゃんとした手動ロックアウトレバーにしたいしやっぱりエアー式に買い替えだな!
Posted at 2018/12/08 17:08:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月22日 イイね!

4穴形成

4穴形成ダミー4孔ホイールセンターキャップ
の4孔を形成するためにまずは
CADで位置出しシートを印刷して切抜いて
孔位置をケガいてφ30のホールソーで孔開け
孔を停まり穴にするためにどうしよう
ということでホームセンターを物色していると、
φ30チョイ小さめの水道用のホース接手がありました。
これを角のRに合わせて調整してフタ


4孔に突っ込んで、これに樹脂を乗せて形成


そのあとはホイールに乗せて継ぎ目の隙間に樹脂を練り込み
パカッしたあとはミミを落としてゆきます。

今まで使っていたダイソーベビーはとっくに沈黙
そのあとは電動ドリルにフレキシブルをつないで代用していましたが、
1回ネジネジになってしまってからは使い物ならず、ようやくハンドルーターを調達できたのでした。

中華製のようですが、回転数調整やら砥石もいろいろ付属、フレキも付いてた。
これで作業効率が向上
成形した穴底もサクサク均してゆけます。
で、調子に乗って削りすぎて何ヶ所も孔開きに
また補修だなこりゃ、
センターのダミーハブ凸もこのルーターでサクサク成形

turbo-fans用のキャップはもうちょっと修正が必要で
ホイールにキャップを乗せて、その上にfansを乗せて隙間を樹脂埋めしないとです。
せっかくfansの塗装が完成したのでしっかりアルミテープマスキングしてやらないと、、、
Posted at 2018/11/22 17:50:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月22日 イイね!

生八つ橋をつくりました。

生八つ橋をつくりました。似非Gr.Aミラー取付用のブラケット隠しカバー
1号から紙粘土で左右型を2セット型取り
そのまま離型剤を塗ってガラスマット1枚にクロスマットを乗せて成形
予定通りパカッできず、紙粘土型は破壊






摘出したブツのミミを落として
面出しは、紙粘土に直接離型剤を塗ったため?予定通り難儀しました。
洗剤洗いして乾燥、、、で、生八つ橋が4個できました。


これにカーボンクロスを乗せて

樹脂が足りなさそうなので、近所のホームセンターに調達に行くと、
サーフボード用?樹脂が透明らしい、いつものよりちょっと高いけどこれで
なんだか凸凹がいっぱい、硬化液多すぎたかな?
あとで面出しが大変そう
樹脂が硬化する間に、似非ミラーの取付ブラケットを、1号のものを改良
前方オフセット位置に孔開けしましたが、、、M8×P1M10×P1.25タップが行方不明
しょうがないピーチ太郎に注文しておこう
そして、ボール被せはネジを緩めてチョイ浮かせでU字に切り込みを入れて

ガラスに触らない程度にほどほどの倒れ具合に調整しておくとして

日が暮れて寒くなってきたので今日の作業はここまで
Posted at 2018/11/22 17:06:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | Fluid facepie shape | 日記
2018年11月07日 イイね!

似非Gr.Aミラー 2号

似非Gr.Aミラー 2号さてと、2号ミラーを作り始めるか~
欲しかったバイク用ミラーが値下がっていたのでポチリ
左右セットなので根本ブラケットはヤマハ用逆ネジで注文
でもこれは分離、セローにまた乗れるようになった時には何かに使うとして~





届いたブツを1号と比較

やっぱり小さいな~1号は意図して幅広なのは機能重視でしたが
2号は飾りで見えなくてもいいと割り切っているのでこれでいいのだ。
とはいえ可倒機能は必須なはず
なので、オフロードミラーの角度調整部のボール被せを移植しよう
としましたが、ボールサイズが違う~移植断念・・・

むむ、この被せはどうやったら分離できるんだ?
・・・ならば、ベビーサンダーでU字カットすることにしよう

機能無視で鏡面見えなくていいとなると、
ドア側のミラー取付位置は本物と同じ位置にしたいので、
2号は1号より前方にオフセットすることに
1号ではミラー柱の取付ボルトが自作のドア取付ブラケットの裏に飛出していましたが、それでもドア側にハーネスの抜き孔があったので干渉ありませんでした。
が、前方オフセットするとドア側に空間あるのか確認要
干渉あるようならブラケットの表面にナット溶接だな・・・

で、ブラケット隠しのカバーは
前方オフセット用と助手席側のっぺらぼう化のために作り直し

まずは1号のカバーを分離して、紙粘土で型取り、
元の柱抜き孔部は孔埋め

面積小さいので手っ取り早くホームセンターでポリFRPを調達して成形

材料余ったついでなので、RHD/LHDどっちでもいいように
前方オフセットカバーを左右
ノッペラボウカバーを左右作っておくとしよう。
Posted at 2018/11/07 13:43:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ル・マン前夜祭、今年は24時間全部放送起きていられるか?」
何シテル?   06/16 22:32
今はナンバー無しST165ですが,いつしか走り出せることを信じていじくってます.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
今はナンバーありませんが,実働状態を維持しています.
ヤマハ セロー250 2010年式 FI (ヤマハ セロー250)
私が所有する動力車のなかで唯一ナンバー付(でした)。 10年前に2輪免許+大型を取って以 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.