• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

*Seiのブログ一覧

2010年05月02日 イイね!

はじめてのTC1000<反省編>

はじめてのTC1000<反省編>参加した走行会は、「一緒に走ろ♪」のTC1000初心者デビュー枠。
初サーキット走行ってことで、前日までビクビクしていたアテクシでしたが、当日の朝になったらもうケロっと平常心(爆)
直前になるとジタバタしないで腹が据わるのは長所だと思うw

走行前準備は、ジムカとかわらないからサクサク。
ジムカにないガラス面のビニテ貼りも、周囲を見ながらサクサク。
サクサク終わりすぎて手持ち無沙汰www
タイヤもブレーキパッドもそのまま走行なので、あまりやることないんだよね;


走行が始まる頃には、青い長男白いカタツムリ次男が相次いで様子見にきてくれました(^^)
平日なのに!?って思ったら、GW連休なのね。。。いいなぁ正社員w
せっかくのお休みに足を運んでくれた、親孝行な息子たちに感謝。
ふたりとも、翌日は自分たちがTC1000を走るというのに、ヘボヘボ走行のピット指示(笑)や動画撮影、ありがとね(^^*)

走行後には、仕事帰りのメガネスーツ紳士まで登場。
北関東のお三方勢ぞろいw
ホント、みんなありがとう。


とうことで、走行の反省点などをメモメモ。


■第1ヒート
デビュークラスは先導車つきでコースイン。
自分以外のみなさんは、デビューとはいえけっこう走ってそうな雰囲気(^^;
車も、インプとかインプとか、あとインプとか(笑)、パワーあって速い車だぁ~
ほかには180SX、レガシィ、フィアットグランデプント、フォードフォ-カス。。。。
うむむ。まちがいなく私がいちばん遅くてヘボイな;;

先導車でタイヤあっためる程度に2周後、追い越しの練習。
3週目に追い抜かれる練習。
そこそこ峠を流す程度の、全開まではいかないスピードで。
いちどピットインして、残り2周くらいをやっと自由走行。
周囲の車の様子見しつつ、とりあえずラインの確認と、ストレートで全開→1コーナー前フルブレーキのタイミングだけ確認(^^;
しっかりコース幅使って、インに寄せるところ、コーナー出口で膨らむところを走る目線で覚える。

2周回って初のベストタイムは52秒2。
よかった。1分かからなくて;;;;;;
追い抜きもなく周囲も様子見で似たようなタイムだったから、まずまず?
あと、コーナーでのH/Tやシフト操作は普通にできました(笑)


■第2ヒート
早めに講師の同乗をお願いして、ラインとブレーキポイントやコーナーのどのあたりでどれだけアクセル開けていってるかを確認。
ジムカチャンプの斉藤講師に乗っていただき、初心者の目線に合わせたアドバイスをいただきつつの走行で、とっても身になる。

ナビ席だと周囲の車の様子も確認できる余裕があるので、皆さんの走行状態もチラ見。
うーん。。。みんな速いし上手だ~。
ってことは、安心して走行できるってことだね(笑)
こころおきなく、スピンできますwww

ピットにもどって細かなアドバイスをいただき、運転を代わったらチェッカー(^^;
自分の運転で1走もできなかった;;;
講師が軽く攻めてのベストタイムは45秒7。
ろどすタンは、やればできる子や~

マシンのポテンシャルが解ったので、おのずと自分へのハードルが高くなる( ̄ー ̄;)
当初の目標「デビュー走行を50秒台で走る」が、「いくらなんでも50秒は切らないと」に更新されてしまった。。。。

走行後、パドックで斉藤講師から足回りとコーナリングについて詳しいアドバイスが。
いままでモヤモヤしてたことが一気にクリアに!
このアドバイスを踏まえて、次からの走行は意識したコーナリングをしてみよう~。


■第3ヒート
タイム順にクラス替え。
デビュークラスはほとんど入れ替えがなかったけど、大きくてパワーのある車ばっかりなのは変らず;;
テンロクほぼノーマルのろどすタンが、すごくいたいけに感じる(^^;

とりあえず、全開できるところは躊躇なく踏むことを目標に走る。
あと、自分の悪いところの洗い出し。
それから、本来サーキットを走る目的だった、コーナーでの車の様子や操作の分析。

自分が全開できそうなところは、ホームストレート、2コーナーからヘアピン手前、複合抜けた後から最終コーナーにかけての3箇所。
できれば踏んでいきたいところは、ヘアピン立ち上がりから複合入り口。
シッカリ踏んで、キッチリブレーキ→前加重でコーナリングできるようひたすら集中。

タイミングを探ってる間は思ったラインに乗せられないけど、だんだん感覚がわかってくると、それなりのラインで走れるように。
だんだんリズムができてくる感じ。

複合と最終コーナーが難しくて、まずは最終コーナーの向き変えと立ち上がりを重視。
さっそく、最終コーナー立ち上がりで1クルクル消化~www
ストレートに向けての向き換えを、アクセルオフにしたりチョンブレーキにしたり試行錯誤してたら、立ち上がりラインがヤバイことになってしまい、慌てた挙句オーバーでスピン;

だって、アンダーで抑えきれなさそうな気がしたから、スポンジバリアに激突するよりオーバー出してイン側でスピンする方がマシだと思ったんだよぉ~(T_T)
ぅぅぅ(T_T)超ヘタレだぁ~
「回るな、コレ」ってわかってスピンしたから、凄い冷静で、後続車の通過を待ってサクッとコース復帰。
ジムカでいっぱいスピンの挙動経験しといたのが良かったね(^^)

ラインの甘さとか、ブレーキ残しすぎとか、アクセル開けるの遅すぎとか、課題いっぱいの走行でベスト51秒3。
ビリからにばんめw


■第4ヒート
第5ヒートは時間も短くクールダウンも兼ねてるので、実質第4ヒートが最後の走行。
とにかく全開できるところはガンガン踏んで、ブレーキでしっかり曲げて、とメリハリをつけるように意識する。
ラインも、思うほどインについてなかったり、立ち上がりちゃんと外まで膨らんでなかったりするので注意。
果敢に走行して、ヘアピン立ち上がりとか、複合とかで2クルクル消化www

まずは踏めるトコで踏まなきゃタイムは上がらない。
でもその分ブレーキングにナーバスになるので、車速を落としすぎたり立ち上がりのアクセルONが遅れて、物凄くタイムロスしてる感じ。
わかっちゃいるけどできないのよぅ~・゚・(>_<)・゚・

でも、1コーナーとかヘアピンはなかなか良い感じ?
最終コーナーのクリップからの向き変え→縁石に寄って外に膨らむ→全開も、なんとなく感触がわかってきた。

周囲は速い車ばかりだから、引っ張ってもらおうと付いていくも、コーナーでどれだけ詰まっても、立ち上がりであっというまに置いていかれる(´;ω;`)
みんなのくるま、加速ずるいよー・゚・(>_<)・゚・
非力なテンロクエンジンで、もう必死な感じwww
そして何度もラインを譲るwwwww
でも、わりと自分のペースで周回できたので、気持ちよく走れました(^^)

タイムはこの日のベストの49秒3。
ビリからにばんめキープ(^_^;
生まれて初めてのサーキット、テンロクノーマルEg。。。。にしたって、ちょっと酷すぎますかね、このタイムは(^^;
恥ずかしくて「サーキット走りました」って言えない(T_T)
講師の走行タイム(しかも本気じゃない)が45秒台ってことは、ヘボくても47秒後半くらいで走っとけって感じですよね;;
遠く及ばないわ。。。。。(´;ω;`)
でも、当初は1分かかるかもって思ってたから、それを思えば上出来でしょうか(^_^;)ゞ


■第5ヒート
黄色い新型カマロに追っかけられるwwwwwwwwwwwww
車乗り換えるなんてズルイよDaiさんwww
だったらワタシもドウラー号にゼッケン貼り換えて走りたかったwwwwww

オトナ車と張り合うなんてもってのほかなので、さっさとライン譲ったです(^_^;
ミラーに黄色いデカイ車が迫ってくるのはけっこうコワイですwww

ヘアピン手前でスポンジバリヤに正面から突っ込んだ車両がいて、走行時間半分くらいで終了~
ほんとにクールダウンで終わったw
でも、もう体力が限界だったからちょうど良かったかも~。


各ポイントでの反省点もメモメモ。

■ホームストレート
とにかく全開。
できるだけ早くに左に寄ってそのまままっすぐキープ。
テンロクだと3速までしか入らないので、ストレートから1コーナーはシフトダウンせず強いブレーキで一気に曲がる。

■1コーナー
コーナー手前の信号のあたりでフルブレーキ→インに付けて思ったより鋭くコーナーに入ってよし。
曲がったらあまり外に膨らまず、気持ち早めにアクセル開けてOK。

ここは後半わりと良い感じでコーナリングできた。
というか、ジムカでは邪魔にしかならないABSを、ここのコーナーでは武器にできるのでは??
むしろABS効かせるくらいフルブレーキして、タイヤがロックしないのをいいことにぐりぐり曲がっていける?

■2コーナー
ガンガン踏んでってOK。っていうかもう全開で抜ける感じで。
コーナー抜けたら外に寄って、ヘアピン進入への準備。

ここの全開がまだおっかなびっくりな感じ。
タイヤを余らせてる感が自分でもありありと解る(^_^;
オーバー出すくらい踏んでみたらよかったのだけど、スポンジバリヤ激突が怖くてビビリミッター作動;
ここでガッツリ踏まないとタイム上がりそうにない。

■ヘアピン
コーナー手前アスファルトの切れたあたりからブレーキ。
外からガッとインに付けて自然に膨らむ感じで。
小さなコーナーはジムカ練が活きる。
メガネスーツ紳士に「カミソリターン」と命名される(^_^;
自分で動画を見ると、もっとインに付けても良い感じ。
シフトダウンのタイミングが遅いかも。
すべての準備を直線で済ませるように。

■複合
むずかしい;;;;;;
どうやって走ったらいいか全くワカラナイ(´;ω;`)
ラインは真ん中をダラ~っと通る感じ?
複合入り口で要らぬブレーキを踏んでしまう。
そこはアクセルだろ!と思うのだけど、できない(T_T)
で、ブレーキ踏むべきところでダラダラとヌルイ操作をしてしまい、出口まで迷いながら緩慢に通り過ぎちゃってる。
うぅむ。。。。むずかしぃ。。。。。。

複合出口はもっとインに付けていきたい。
アクセルを我慢し続けるのがなんともシンドイ(^_^;
外に膨らみながら、徐々にアクセル開けて全開!ガッツリ全開!!

■6コーナー
全開→シフトアップ→6コーナーの縁石にまっすぐ向かう。
この「まっすぐ向かう」がなかなかできない。
7コーナーを意識するあまり早くに寄り過ぎちゃって、ラインが苦しくなる。
走ってみると、いがいと6コーナー→7コーナー→最終コーナーまでは思うように走り抜けられないのね。。。

■7コーナー
コーナー入り口でブレーキ残しすぎ。
車速も落ちすぎ。
もっと早くにアクセルあけてかないとダメなんだけど、ビビリが入ってできない(T_T)
「ブレーキで曲がる」がいちばん大事な箇所ですね。
ここでのタイムロスは相当なものなので、キッチリ走れるようにならないとタイムUPは難しいと思われる;

■最終コーナー
クリップに付いたらコーナー出口に向かって車の向きを変えてホームストレートに向かいたい。。。。が、なかなか思うようなラインで走れない。
今回とってもしつこく拘った所ですが。。。(^_^;
インに付けるときの向き(角度?)がキモか?
はやくにまっすぐのラインに乗れるように、タイミング良くうまく車を向き変えするのがだいじ。たぶん(^_^;
アクセルオフとかチョンブレーキとか、いろいろ試して、第4ヒートでようやく感触が掴めてきたかも。

でも、インに付けてるつもりで意外と寄せきれてなかった。
縁石踏むくらい!ってイメージだったのになぁ。。。。
あと、外に向かうラインもダメダメ。
もっと早くに外に付いて直線ラインをとらないと。

むずかしいです、最終コーナー。。。


全般にぜんぜんヌルイ走りで終わっちゃったけど、けっこう気持ちの余裕もあって、冷静に楽しく走行できました(*^_^*)
それがなにより良かった(^^)


セッティングについてもメモメモ。

第2ヒート走行後に、斉藤講師がパドックに来てくださって足のセッティングについて具体的なアドバイスが。
ダンパーとバネのバランスがいまひとつで、足がやわすぎるから前加重がかかってもすぐにノーズが戻ってしまい、コーナーリング時の操作に微細な修正が必要で、ビギナーにはちょっと難しい車になっているとのこと。

ロードスターは、バネとダンパーのバランスが1:1くらいで前荷重+ステア+横Gがビシッといっぺんに決まるから、よりコーナリングがキビキビと気持ちよくできるそうで。
いまの自分の足だと、、ダンパーの戻りの早さとバネによるロールの大きさが一致しなくて安定しないから、前荷重→ステア切って横Gっていうのにタイムラグが生じ、それぞれを順番に感じながら操作してると、操作が遅れてコーナリングが決まらなくなるとのこと。

ジムカでターンのたびに荷重が抜けてから車を曲げてく操作に入っちゃってるのは、タイムラグを操作で修正しながら走らせていくだけのスキルが自分にはまだないからだったのね。
減衰を固めれば固めただけ操作しやすいと感じたのは、ダンパーの戻りをゆっくりにして前加重をできるだけ残し、ピョコピョコさせずにロール速度を抑えていたからってことかにゃ??
でもそれだと付け焼刃でしかなくて、バネにはしっかりバネの仕事をさせてダンパーとのバランスをよくしてあげることが、より気持ちよくラクに操作できて、上達への近道でもありますね。

チョコバナナ(KONIスポーツショックKIT)からオーリンズに換えてだいぶロールがマシになったと思ってたけど、逆に荷重がわかりづらくなっていたのはバランスの問題だったってことだ。
操作の気持ちよさでいえばKONIの時の方が解りやすかったので、それはあのKITのバネとダンパーのバランスがとても良く考えられてたってことですね。
なるほど、ショップの方がチョコバナナのバネの交換はおすすめできないと強く主張したわけがよく解りました。
コースを走るのでなければ、チョコバナナはホントに気持ちの良いショックKITだったからなぁ。。。

ということで、バネ交換が課題に。
でも、足回り固めるとボディ補強も必要になるので、ロールバー装着は必至。
むぅぅ。簡単には踏み切れないモンダイです(^_^;




最後に初めてサーキットを走ってみての感想。

「楽しい~~~!!!(≧∇≦)」(笑)

得るものも多く、理解も深まりました。
走ってみないことにはワカラナイだろ!っていうのは、正解ですね(^^)
初心者に優しく、安心してサーキットデビューできたので、参加して本当に良かったです。

主催とスタッフのみなさま、お世話になりました。
Shokoタン、Daiさん、いろいろありがとう~。心強かった!
またチャンスがあれば、ぜひ参加させていただきたいとおもいますm(__)m


*追記メモメモ*
減衰:Fもどし0/Rもどし3。
空気圧:温感2.3くらい←グリップは欲しいが抜きすぎるとヨレるので、サイドウォールを固めるためにやや高めで丁度良い感じ(14インチAD07)。
Posted at 2010/05/02 18:45:32 | コメント(10) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2010年05月01日 イイね!

はじめてのTC1000<感想編>

はじめてのTC1000<感想編>サーキット走行って、自分には縁のないものだと思ってた。

ジムカを始めても、たぶん自分はサーキットは走らないだろうなって、なんとなくそう思ってて。
車に対する考え方が、根本的に「走る人」とは違うから、足回りガチガチにしたりロールバー入れたりってあまり気が乗らないの。


まず第一に優先したいのは、「この車をできる限り永く大事に維持したい」。
できればノーマルに近い状態でいたい。
だから、いま自分が許容できる範囲の車の状態で、走ることを楽しんで行こうと。

だけどね、せっかっくのロードスター。
OPENをまったり楽しむのも素敵だけど、それ以前に、この車はとっても素性の良い「スポーツカー」なんだよね。
自分が運転してると、その「スポーツカー」の部分を、車の側が我慢してるように感じてしまう。

もっと上手に運転してあげたい。
たまにはスポーツカーらしく走らせてあげたい。
だからジムカーナを始めたの。

やるからには車をキッチリ整備して、最低限のスポーツ走行に耐えられる状態にしておかなければ。
時間を掛けてヤレた部分をコツコツなおしていって、おっかなびっくりジムカを始めてみた。
そしたらやっぱり、走るの凄く楽しい(≧∇≦)
ロードスターの良いところ、いっぱい感じることが出来てとっても幸せ(*^_^*)
うん、じゅうぶん幸せ。

でもね、ジムカを続けるにつれて、高速コーナーでの挙動や操作をじっくり体感したいって思うようになってきたですよ。
ジムカって、ターンはあっという間。
広いコースの外周でも、テンロクじゃ2速でいけちゃう。
もうちょっとスピードが乗って、もうちょっと長い時間かけてコーナリングしたら、ジムカでわからないことがわかりそうな気がしたの。

要するに、欲が出てきたわけです(笑)

でね、昨年秋ごろからタイミングを待っていたのでした。
TC1000で超初心者のデビュークラスがある走行会ってだいたい決まってるから、その開催日と仕事のスケジュールがうまく合うときを、待ち続けました。

やっと走れたよ、TC1000(*^_^*)

競うことが目的ではなく、もっと車のコト知りたくて走るので、タイムはあまり気にしてなかったけど、それでもやっぱりコッソリ目標は持って(笑)
1ヒートは講師の運転で終わっちゃったので、トータルでいったら3.5ヒートくらいしか走れなかったのだけど、一日で目標としていたことが全部消化できたから、大満足!
そしてとっても楽しかった!(≧∇≦)


走れば走ったで、やっぱりもう少しマトモに走りたいなぁって欲が出てきたけど、あきらかに車への負担は大きいですね。
あと、体の負担も大きい(^_^;
虚弱な自分には、あの程度のユルイ走りですら過酷な負担に感じます(^^;

ジムカは長くて1分程度のコースを1回ずつだけど、サーキットは10分以上周回してるから長い時間集中し続けなければならないし、コーナリングで大きなGがかかり続けるから、フルバケ入ってても体の内側が軋む感じがする。
夕方にはもう体中が痛くなってきて、翌日は全身筋肉痛に加え、首の痛みがハンパない(^^;
時間が経っても、内蔵が全部左に偏ってる感じがするし(笑)<TC1000は右コーナーが多いので
体力が戻るのを待ってサーキットデビューしたつもりだったけど、まだまだ足りなかったか;;

ただ、やっぱりジムカとの相互効果はあると強く感じたので、あくまでもジムカメインで、年に1回程度を目標にまたサーキットを走るかもしれないです。
走ってみないと解らないよねって思ってたけど、実際ホントにいろんなことが解ったから(^^)
「走る人」にとってはアタリマエのことばかりだろうけど、自分の中では「???」が実感を伴って理解できたことがとっても嬉しいの(*^_^*)

それに、自分の車の状態もよくわかりますね。
今回はターン時の前加重でジムカで違和感を感じていたことが、サーキットのゆっくりなコーナリングを体験することで原因がわかったっていうのが大きな収穫でした。
ただ、そこを詰めてくには、より「走る車」へ振ってかなくちゃならない(=ノーマルから遠ざかる)から、いろいろ悩むことも多いのだけど。


走ってみたことでいろいろ思うことは尽きないのだけど、いずれも自分にとってはプラスなことばかりでした。
ヘボヘボな自分にはありえないと思っていたサーキット走行を体験できただけでも、人生に悔い無し!です(笑)
「サーキット走りました!」っていえるほどの腕とタイムじゃないですけどね(T_T)
でもまぁ、辛くもビリは回避できて、走りも「コースをドライブしてきました~」ってほど酷くなかったから良しとする(笑)

というわけで、初サーキット感想編デシタ。
長くなったので、詳細や反省編は別エントリーで。
Posted at 2010/05/02 14:46:54 | コメント(10) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2010年04月30日 イイね!

準備完了~わーい(嬉しい顔)

準備完了~風もなくきもちいいるんるん


楽しんではしってきまーすうれしい顔揺れるハート
Posted at 2010/04/30 08:41:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | モブログ
2010年04月29日 イイね!

さすがだな、俺!

うつくしい仕事のさばき方で華麗に定時で終了。

前日までの根回しが効いたぜ!
さすがだな俺!

帰って車綺麗にして荷物積んで予習して寝よう。



ペン備忘めもめも
ブレーキパッド予備
ベルト予備
プラグ予備
参加申し込みにハンコ
エア2.4?
ビニテとハサミ
マジック
エアロボード外す
日傘と帽子
ムービー充電
着替え

その他やるといいかもレンチ&あるといいかもひらめきなアレやナニはコメント欄に箇条書きよろしくッ(>_<)
Posted at 2010/04/29 18:23:02 | コメント(12) | トラックバック(0) | サーキット | モブログ
2010年04月28日 イイね!

あといちにちもうやだ~(悲しい顔)

残業して帰宅中なう。
校正紙に文字を書く力も尽きるほどつかれた涙

明日もたいへんー。
原稿ちゃんと揃うかながく~(落胆した顔)
画像データUPで今日より遅くなるかももうやだ~(悲しい顔)

ちなみに、今週は土曜出勤なので、金曜はその代休を前倒しでいただくのでした。
走行前日に深夜残業で走行翌日は休日出勤いやだなぁ。
体力と気力もつかなぁ。

ちなみにGWなんか関係なく祝日含めて全出勤ですよありがとうございます猫2


ぅぅぅもうやだ~(悲しい顔)
金曜日のわたし、大丈夫だろうか。
こころぼそくなってきた涙


6時半ゲートオープンて早くね?
3時起き?冷や汗2
Posted at 2010/04/28 22:42:14 | コメント(7) | トラックバック(0) | サーキット | モブログ

プロフィール

「巾着田に行ってきた(*´∇`) http://cvw.jp/b/147628/41971092/
何シテル?   09/21 16:06
職業:睡眠 外観:雪女に成り損ねた座敷わらしw 特性:座敷わらしの妖力で雨予報を覆す 特技:迷子を少々嗜んでおります ブログを読んで、リアルで会って...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

*Seiのデジブック 
カテゴリ:Other hobbies
2013/03/23 15:14:18
 
*Seiの登山記録 
カテゴリ:Other hobbies
2010/10/12 23:38:34
 
Joy Fast 
カテゴリ:Roadster
2009/05/30 15:45:57
 

お友達

おともだち登録したからといって義理や閲覧・コメントの強要はしませんし、自分も巡回していません。
皆ここだけが人間関係のすべてではないですし、webはリアル以上に思いやりが必要と考えています。
疲れない程度に、楽しく気に入ったエントリを読んで頂ければ幸いです(^^)
107 人のお友達がいます
PSW@コペンPSW@コペン * はやとはやと *
むろっちむろっち * カワトロ・バジーナカワトロ・バジーナ *
bmasa (まさ)bmasa (まさ) * オデゆきぶんオデゆきぶん *

ファン

90 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター ろどすタン (マツダ ユーノスロードスター)
はじめて目にしてから焦がれ続けたユーノスロードスター。 発売当初から、本当に長いこと片想 ...
ローバー ミニ みにみに (ローバー ミニ)
ろどすタン長期整備にそなえて養子に迎えることになった足用代車。 そもそもは、内装とリア ...
スズキ チョイノリ ぴかちゅう号 (スズキ チョイノリ)
2台目スクーター「ぴかちゅう号」。 ネーミングみたまんま(^^; SUPER9Sが大きす ...
スズキ ギャグ ちびすずき (スズキ ギャグ)
50ccのレーサーレプリカとして注目を集め、そのわりには人気が出なくて流れ星のごとく消え ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.