• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

てっちゃん@のブログ一覧

2018年05月18日 イイね!

老兵(初老)は死なず(転ばず)只消え去る(年取る)のみw

老兵(初老)は死なず(転ばず)只消え去る(年取る)のみw
何気に過去のブログを振り返って見ていましたが・・・
過去はこのようなアホな事して楽しんでたようです。
その後はこんなアホな事したり・・
懲りずにこんな事してみたりw
若いっていいですね!(涙
2018年03月30日 イイね!

中洲に現存する軍歌bar

鹿児島県の天文館にはかつて「軍国酒場」がありましたが福岡県の中洲には「アンカー」という海軍barが今も営業されているようです(驚


い、行きたすぎる・・・(爆

※ちゃり友のtakeさんへ
福岡出張の時に突撃インプレ願います!w

追記:実は老若男女問わず日本国民全てが知らずに歌っている軍歌は・・

あの「蛍の光」でした(驚
2018年03月18日 イイね!

新型グロムで行く鹿児島戦争遺構巡りの旅 鹿屋航空基地史料館編

ソロキャンプ編からの続きです。

これでこの旅最後の記事となりますが、今回かなりの長編になりましたので・・
最初の記事から見られる場合はこちらから行けますのでよろしければご利用ください。

キャンプ場を出発して直ぐに気になる看板が目に入ったのでUターンしてみると


我が地元にもゆかりのある神武天皇の碑があるようなので
alt

階段を上って行くと
alt

戸柱神社という神武天皇にゆかりのある神社がありましたので
alt

参拝し
alt

先ほどの
alt

神武天皇御発航伝説記念碑を見て来ましたが
alt

大和地方平定のため、柏原港から出港したとされる初代神武天皇の御発航記念碑なんだそうです。
alt

横には古そうな灯篭らしきものがバラバラに・・(汗
alt

階段を下って出発すると
alt

また気になる石碑が目に入ったので
alt

Uターンしてみると
alt

東串良町役場近くにあるこの戦没者慰霊碑は、日清戦争から大東亜戦争までに戦死した町出身者の陸軍309人、海軍124 人、計433人もの御霊が祀られており
alt

祖国のために尊い生命を捧げた英霊に心から敬意を表し
alt

その志を受け継ぐべきことから戦後70年の節目の年に
alt

慰霊殿跡地に建立したものなんだそうです。
alt

偶然にも出会う事ができた慰霊碑と名碑に刻まれている英霊に手を合わせまして
alt

次の目的地へ
alt

到着です。
alt

ここは鹿屋市の海上自衛隊基地内にある史料館でして
alt

陸地にありますが海上自衛隊の基地なので・・・海自らしく中には戦艦比叡の主錨をはじめ
alt

退役した海上自衛隊の航空機などが展示されてまして
alt

ここはもう何度も来ていますが
alt

せっかくなので
alt

史料館へ立ち寄ってみます。
alt

まずは3分程のビデオを観まして
alt

撮影可能な
alt

1階にある
alt

資料に
alt

目を
alt

通します。
alt

ここには世界で一機のみしか現存しない
alt

二式大型飛行艇が
alt

展示されているのが
alt

目玉なので
alt

改めて
alt

じっくりと見てみますが
alt

目前にあるのが世界で唯一の「二式大型飛行艇」です。
alt

シンボルであるステンドグラスを眺めながら
alt

二階の展示フロアへ
alt

ここは
alt

零戦のみしか
alt

撮影できないので
alt

改めて
alt

じっくりと
alt

見て
alt

みます。
alt

別々の海底にバラバラになって沈んでいた二機を
alt

一機にまとめてレストアしたものなんですが凄い技術ですね。
alt

再び一階へ降りると
alt

自衛隊の
alt

展示スペースと
alt

なって
alt

おりまして
alt

次は外に展示されているものを見に行きます。
これは我が地元の門川町沖合で見つかった
alt

紫電改のエンジンなんですが
alt

遠見山の山頂にある
alt

太平洋戦争日向灘空域戦没者鎮魂碑」 が建立されるきっかけになったものなんですよね。
alt

様々な海域で墜落した機体のプロペラや魚雷の展示に
alt
こちらは
alt

戦時中に使われていた国旗掲揚台です。
alt

敷地内も見どころ満載ですが
alt

ここは何といいましても
alt

この
alt

二式大型飛行艇が
alt

目玉で
alt

圧倒的な
alt

存在感を
alt

放って
alt

おりますが
alt

当時アメリカ軍指揮官も「飛行艇技術では日本が世界に勝利した」と賞賛した
alt

日本が世界に誇るこの技術は
alt

何と現代でも同じ会社が存続し退役したこちらの機体US-1や
alt

現役のUS-2に受け継がれているという事を想うと感慨深いものがありますね。


という訳で久し振りに「二式大型飛行艇」を見る事ができたので
alt

鹿屋航空基地史料館を後にして
alt

帰路に着きますが・・せっかくなので串間経由で山道を走りながら帰ろうと向かっていたら雨が降り出したので慌てて進路を最短ルートに変更しまして(汗
alt

何度も降ったり止んだりを繰り返しながら川南町まで戻って来るとやっと雨が止んだので、旧陸軍落下傘部隊の給水塔に寄って近くのラーメン店へ到着するもまた雨に追いつかれ(涙
alt

食事を諦め慌てて出発。日向市に入ると雨もあがったので
alt

地元の美々津町にある「日本海軍発祥之地」碑を経由して
alt

日向市内の協和病院へ。
alt

ここは戦時中富高海軍航空隊の基地があった所でして、滑走路の一部が残されており
alt

当時は真珠湾攻撃に備え空母「赤城」の艦載機がこの地に集結し猛訓練を行ったという、歴史的にもとても重要なところでありまして
alt

その後戦況が悪化すると「神風特別攻撃隊」の出撃地(知覧や鹿屋基地への経由地)となり・・
alt

敷地内にはいまでも空襲で受けた爆撃の痕が残されていますが・・・
alt

協和病院様による保存活動に心から感謝ですm(__)m
※夏に慰霊祭が行われており、海上自衛隊の方々も毎年慰霊に来られています。
alt

という訳で旅の最後は地元に残る戦争遺構で〆まして←そうこうしてたらまた雨が降って来た(汗
alt

結局鹿屋から日向市まで雨雲と競争しつつも何とかずぶ濡れになる事も無く、14時過ぎに無事帰宅する事ができました。
alt

今回は観光メインでしたので走行距離は2日間のトータル470.9kmと少な目でしたが
alt

今回の旅でグロムの積算距離が19000kmを越えたので←まだ納車後一年ちょっとなんだけどw
次は10回目のエンジンオイル交換をしなければです。
alt

今回も急遽決めた旅程ではありましたが以前から気になっていた所を全て巡る事が出来たのでとても充実した旅となりました。←実はこの旅のブログをupするだけで約8時間以上も掛かりましたがw

来週こそは自宅でゆっくりと過ごそうと思いつつ・・・
今夜は(も?)旅の思い出を肴に飲みますかね♪


おしまい
2018年03月17日 イイね!

新型グロムで行く鹿児島戦争遺構巡りの旅 鹿屋市の戦争遺構編②

鹿屋市の戦争遺構編①からの続きです。

予定より時間が押していたので急遽巡る順番を変更し次の目的地へ
alt

到着です。
alt

ここは見学時間が16時まででしたので
alt

何とか20分前に到着できて良かったです(汗
alt

ここは海軍航空隊岸良基地跡に残る
alt

地下壕第一電信室跡でして
alt

何と
alt

内部が
alt

見学できるので
alt

早速中へ
alt

入ってみます。
alt

壕の中には
alt

地下壕の見取り図と共に
alt

音声ガイダンスがありましたので
alt

興味のある方は動画をご覧ください・・・


この
alt

壕の中で
alt

串良基地から
alt

飛び立って行った
alt

若き特攻隊員の
alt

最後の
alt

瞬間を
alt

聴いて
alt

いたんですね・・・(涙
alt

戦争は
alt

もう二度と
alt

起こしては
alt

なりません。
alt

当時に想いを馳せながら
alt

外へ出て来ると
alt

のどかな風景が広がっており・・・
今の平和な暮らしは先人達の多大なる苦労と犠牲の上に成り立っているという事を現代に生きる我々は決して忘れてはなりません。
alt

改めて地下壕全体の様子を眺めてみると戦時遺構としては珍しくとても綺麗に整備されており驚きでした。
残された戦跡を後世へ伝えるべく大切に保存している鹿屋市に感謝しつつ、次の目的地へ向かいまして
alt

到着です。
alt

ここは
alt

海軍航空隊
alt

笠野原基地跡にある
alt

川東掩体壕です。
alt

酷く傷んでいますが空襲の痕跡でしょうか?
alt

掩体壕は
alt

我が地元にも
alt

残っていたのですが
alt

区画整理事業の為
alt

取り壊され
alt

今ではこのように欠片がモニュメントとして残されているんですよね。
宮崎市内にも多数残されているので比較的目にしやすい戦時遺構です。
alt

続きまして次の目的地へ
alt

到着です。
alt

ここは
alt

旧笠之原海軍航空基地跡に残されている
alt

地下道入り口跡です。
alt

機銃掃射の跡でしょうか?
alt

あちこちに痛々しい痕跡が残されていました。
alt

そして次の目的地へ向かいまして
alt

滑走路跡と思われる直線道路を走って行くと
alt

到着です。
alt

本日最後となる地は
alt

串良平和公園です。
alt

ここは神風特別攻撃隊の基地として使用された「串良海軍航空基地跡」でありまして
alt

敷地内には
alt

一般攻撃隊と
alt

神風特別攻撃隊を
alt

祀る
alt

慰霊碑が
alt

建立
alt

されています。
alt

滑走路跡の直線道路は桜の名所とされているようでしたが
alt

少し早かったのでまだチラホラとしか咲いていませんでした。
alt

こちらが慰霊塔で
alt

手前に建てられている
alt

灯篭に目を潤ませながら
alt

慰霊碑のもとへ
alt

到着です。記帳してから
alt

慰霊塔に手を合わせ
alt

串良海軍航空基地出撃戦没者の
alt

名簿に目を通して・・
alt

平和公園を
alt

後にします。
alt


ソロキャンプ編に続く
2018年03月17日 イイね!

新型グロムで行く鹿児島戦争遺構巡りの旅 鹿屋市の戦争遺構編①

軍国酒場編からの続きです。

ドライブイン薩摩隼人を出発しまして
alt

錦江湾と
alt

桜島を眺めながら
alt

しばし走って次の目的地へ到着です。
alt

ここは金浜海岸にある「進駐軍上陸地の碑」でして
alt

この碑の
alt

直ぐ近くにある
alt

海岸に
alt

進駐軍アメリカ海兵隊が
alt

戦後初めて本土上陸した地です。
alt

当時、鹿屋の多くの人々が進駐軍を恐れ
alt

山間部に逃れたと言われているそうです。
alt

参考までに上陸時の画像です。揚陸艇から最初に上陸したのはブルドーザーだったようです。
alt

当時に想いを馳せながら
alt

次の目的地へ向かいまして
alt

到着です。
alt

ここは
alt

高須海水浴場でして
alt

海水浴場の脇に
alt

米軍の本土上陸に備え
alt

作られた
alt

トーチカが
alt

ありました。
alt

銃身を出すには小さな覗き穴です。
alt

付近には
alt

当時のものと思われる跡や
alt

お地蔵様が。
alt

近くの磯場には
alt

鳥居がありまして
alt

展望所からは開聞岳や
alt

桜島を
alt

望む事ができました。
alt

実際には戦後先ほど訪れた金浜海岸へ
alt

進駐軍が上陸したんですね。
当時に想いを馳せながら次の目的地へ向かいまして
alt

到着です。
alt

ここは
alt

野里国民学校跡でして
alt


戦時中は
alt

人間爆弾・桜花作戦を行う
alt

神雷部隊の特攻隊員達が
alt

出撃を待つ日々の中で
alt

暮らして
alt

いたという
alt

所で
alt

当時の
alt

国旗掲揚台の
alt

一部が
alt

残されていました。
↓画像右側に見えますね
alt

ここから戦地へ向かって行った
alt

特攻隊員達を見送っていたんですね・・
alt

次の目的地は
alt

桜花の碑です。桜花とは通称「人間爆弾」と呼ばれ単独では飛行することができない為、特攻隊員が乗り込んだ後に
alt

一式陸上攻撃機の腹部に搭載し、離陸後上空で切り離しジェットエンジンに点火して高速で敵艦に突撃するという
alt

凄まじい特攻兵器ですが、実際には重すぎて離陸するのもやっとの状況だったらしく
alt

その多くは敵艦へ突入する前に撃墜されてしまったそうです(涙
さぞ無念だったであろう・・と、慰霊碑に手を合わせ
alt

次の目的地へ向かいまして
alt

到着です。
alt

ここは
alt

小塚公園(旧鹿屋航空基地特別攻撃隊戦没者慰霊塔)という所で
alt

鹿屋基地から出撃し命を落とした特別攻撃隊員908名の御霊を祀る慰霊塔がありまして
alt

銘板には戦没者908名が刻まれており
alt

桜の花咲く4月に慰霊祭が行われているそうです・・・
alt

慰霊碑に手を合わせ
alt

次の目的地へ向かいます。

その②へ続く

プロフィール

「[整備] #CRF250RALLY サイドバックサポートとサイドバックの馴染みによるタイヤとの接触対策 https://minkara.carview.co.jp/userid/2703528/car/2685814/5083571/note.aspx
何シテル?   12/11 20:05
当ブログへようこそ♪ みんカラ歴11年目にしてブログのディスク容量が限界に達した為、新たなIDを取得して再スタートしました。 過去のブログや愛車紹介はこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

DRT JAPAN 広島 
カテゴリ:災害ボランティア活動
2018/09/29 08:19:10
 
DRT JAPAN 
カテゴリ:災害ボランティア活動
2018/09/28 21:08:04
 
災害NGO結 
カテゴリ:災害ボランティア活動
2018/09/28 21:02:38
 

お友達

SNSでも基本リアルな関係と同じと考えておりますので見知らぬ方からいきなりのお誘いはお断りしております。
お誘いは基本リアルに会った方かブログで何度かやり取りをした後でお願いしますm(_ _)m
31 人のお友達がいます
GON武内GON武内 * RGいしいRGいしい
隆。隆。 タカキチ☆タカキチ☆
H20年サンバートラックH20年サンバートラック アフリカの星アフリカの星

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
30プリウスから1年落ちのPHVに乗り換えました。 目的は妻の日常の通勤や買い物をEVの ...
ホンダ CRF250RALLY ホンダ CRF250RALLY
ABS無しのモデルです。(LDではありません) いつものロング&キャンプツーリングから ...
ホンダ グロム125 ホンダ グロム125
バイクが大好きで17歳で限定解除(1987年・4回目で合格)し、当時仕事はバイク屋の整備 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.