• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KAZUYAのブログ一覧

2020年10月24日 イイね!

明日、四国で決戦

明日、四国で決戦

四国地区ジムカーナ選手権の事実上の最終戦が、明日、瀬戸内海サーキットで開催されます。





仕事から帰宅後、ジタバタせずに必要最低限の荷物の積み込みだけでもやって準備終了。


振り返れば、9月20日にハイランドパークみかわで開催された四国地区戦、続く9月27日にスポーツランドTAMADAで開催された中国地区戦と2週にわたって納得のいく走りができませんでした。





瀬戸内海サーキットは、走り慣れた地元のコースと違って、他地区のアウェイなコースだけに、攻めきること自体がなかなか難しいですし、何事も起こらず、無事帰宅することこそ何より大事ですが、完熟歩行をしっかり行って、少しでもコースの見極め、できる限り納得のいく走りを目指したいと思います。




明日は午前2時半起きなので、いつものように夜更かししないように、早めに寝るようにします(笑)


Posted at 2020/10/24 21:03:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | JAF公式戦 | クルマ
2020年10月23日 イイね!

Winmax ARMAストリートパッド

Winmax ARMAストリートパッド

10月10日にスーパーカーのブレーキパッドとブレーキローターを交換





あれから約2週間経し、アタリも出たので、街乗りパッドとしてのインプレを書きます。





競技用パッドだと、ドライバーの好みが分かれるところですが、ストリート用のパッドだと、恐らく多くの人が求めるのは初期からしっかり効いて、できればダストが少ないものが求められるのではないかと思います。



ARMAシリーズの中でも、AT1という最廉価モデルで、ローター対抗温度は常温から400℃。



結論から書きますと、初期の効きを含めたペダルタッチの安心感は、クルマが軽量ということもあって、十分。



カチッと初期から効くので、ストリート(街乗りメイン)であれば、文句なし。



あえて嫌らしく書くと、踏力に応じて奥で効く、いわゆるスポーツパッドのようなペダルタッチを求めると狙いがズレますが、そもそもソレが狙いではないので、ナンセンスなハナシ。


ストリートパッドで重要なのは、ノーマルパッドの延長線上にあるような誰でも感じられる安心感だと思うので、初期の効きは大事ですよね。


続いて気になるのはダストの量。




通勤中、それほどハードなブレーキングをするわけではありませんが、これまで使っていたDIXCELのESとスリットローターの組み合わせからすると、ダスト量は激減。


単純にESのダスト量が多いということではなく、スリットローターとの組み合わせがダスト量を増やしている要因とも思いますが、AT1に交換して、ホイールが余り汚れなくなったのは嬉しいですね。

 




AT1の製品紹介を見る限り、ライフも期待できそう。



価格も安価で、ストリートパッドとしては優秀なのではないかなと思います。



Posted at 2020/10/23 21:22:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | アルト | クルマ
2020年10月22日 イイね!

スーパーカー/ワイパーアーム塗装

スーパーカー/ワイパーアーム塗装

先日、カプチーノのワイパーアーム塗装で見た目の若返りができたことに気分が良くなったので、劣化が進んでいたスーパーカーのワイパーアームも塗装しました。





作業工程は、カプチーノよりもミッチャクロンの工程を省き、水研ぎ→シリコンオフ→プラサフ→黒塗装→クリアで仕上げ。

 




こうなってくると、微妙に劣化して色あせがあるガーニッシュが気になってきました(笑)

 



 




通勤車なため、稼働しない日しか塗装作業ができないので、またタイミングが合うときに作業しようと思います。



Posted at 2020/10/22 20:42:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | アルト | クルマ
2020年10月21日 イイね!

2014年軽耐久6H最終戦参加時の懐かしい映像【動画】

2014年軽耐久6H最終戦参加時の懐かしい映像【動画】

普段、動画や写真の振り返りは余りしないKAZUYAですが、外付けHDに溜まった写真や動画の整理をしていたら、懐かしい映像が出てきたのでネタにすることにしました。



映像は、2014年10月26日、TSタカタサーキットで開催された「カジオカ軽耐久」に参加していたときのものになります。



現在、走ることといえば、ジムカーナばかりとなりましたが、以前は、ジムカーナだけでなく、耐久レースやスプリントレースにも参加していました。





現在、2020年10月なので、あれから6年も経過しました。





単純に小学校1年生が6年生になるということなので、月日の早さを感じるとともに、自身のオッサン化と、相変わらず変わっていない部分に動画を見返しながら思わず笑ってしまいました。



2018年の途中からジムカーナのメイン車両をビートからカプチーノへとスイッチしたため、「KAZUYA=黄色のカプチーノの人」というイメージを持たれている人もいらっしゃいますが、付き合いが長い人は、今でも白ビートの人と思ってくださっているとは思うんですけどね(笑)





そんなバリバリのビートの人だった(?)頃の懐かしい映像です(笑)






Posted at 2020/10/21 19:06:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 軽耐久 | クルマ
2020年10月20日 イイね!

今週末の予定



今週末10月25日の予定のネタバレです。


いつかは行ってみたいと思っていた愛媛県にある瀬戸内海サーキットへ走りにイク予定です。


同日、四国地区ジムカーナ選手権が開催。

元々6月に実施予定だった第4戦が10月25日に延期となり、仕事の調整ができたので行ってきます。



四国の中では、広島を起点とすると、瀬戸内海サーキットは、しまなみ街道を使えば、一番近い開催場所でもあります。



既にエントリーリストも発表されていて、軽自動車・コンパクトカーが混合となっているR1クラスは7台。


コペン、トゥデイ、カプチーノ×2、アルトワークス、セブン、シティとバラエティーに富んでいます。


R1クラスの今シーズンのチャンピオンは、既に確定している模様ですが、遠征組の私はその辺、気が楽なので、初の瀬戸内海サーキットを楽しみながら、どこまで善戦できるかという感じです。


一番の目標は、納得のいく走りを目指すことなのですが、気負いすぎて、直近2戦では思うような走りができていないので、そこは気負いすぎない程度に行こうと思います。



他のクラスでいえば、Sタイヤを履いたNS1も10台、PNクラスは15台と大入り。


見学だけでも楽しめそうです。




Posted at 2020/10/20 23:11:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | JAF公式戦 | クルマ

プロフィール

「2014年軽耐久6H最終戦参加時の懐かしい映像【動画】 https://minkara.carview.co.jp/userid/274366/blog/44497407/
何シテル?   10/21 19:07
車好きが集まる「みんカラ」に登録してみました♪ ランニングコストの安い軽自動車(ビート・カプチーノ・アルト)で、ジムカーナやサーキット走行など、スポーツ走...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

2020ジムカーナ計画Vol6 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/26 23:26:16
2020ジムカーナ計画vol4 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/22 21:14:45
2020ジムカーナ計画Vol3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/08 21:34:46

愛車一覧

スズキ カプチーノ スローイン・コースアウトカプチーノ (スズキ カプチーノ)
手軽なFRを探していたところ、F6A搭載の軽自動車生粋のリアルスポーツFRターボ車のカプ ...
ホンダ ビート スローイン・コースアウトビート (ホンダ ビート)
ミッドシップに乗りたくてやっと巡り合えたクレタホワイトのビート。 最大出力64ps/8, ...
ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
2016年4月25日、Keiワークスの後継ファミリーカーとしてやってきました。 普段は ...
スズキ アルト スローイン・コースアウトアルト (スズキ アルト)
定番の「スローイン・コースアウト」の冠をアルトにも付け、「スローイン・コースアウトアルト ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.