• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しょう206のブログ一覧

2009年08月31日 イイね!

ゆとり世代


ゆとり世代の仕事ぶりに接することが多い。
最近の新入社員や、インターンシップの学生など。

80年代の後半に生まれた層が、社会に出始める時世。
22歳の大卒のみならず、24歳の修士卒も一部該当する。

昨年までは、高校時代にゆとりを経験した層だったが、
今年は、ついに 中学時代からのゆとり世代がやって来た。

---

今時の若者なので、一人ひとりは、それなりに優秀。
物事を理解する意欲はあるし、課題へのアンテナもある。

教えれば一生懸命こなそうとするし、不真面目ではない。
社会人として当たり前のルールは、きちんと解っている。

若さ故に ハチャメチャ...みたいなことは絶対に無い。


ただ、彼らに仕事を指示したり教えたりしていると、
なんとなく、漠然とした物足りなさや不安感を感じる。

素直だと感心する反面、ちょっと疑ったら?と思うことも。
不慮の事態を予測していないので、後付けの対応も多い。

では考えていないのかと言われると、決してそうではない。
必要以上に考えすぎて、何も前に進まないなんてこともある。

---

ゆとり世代だから...という画一的な見方はすべきでないが、
なんとなく、現代の若者はこうなのかなぁ...という印象がある。

今の新入社員から3年上の先輩たちの仕事ぶりを見ると、
おおよそ そのあたりから、何かの境界があるような気がする。

Posted at 2009/08/31 06:24:14 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2009年08月30日 イイね!

新型カングーに会える日は近い

新型カングーに会える日は近い






さよならルノーカングー 残り189台と書いたとばかりだが、
9月の前半には、新型カングーに出会えることができそうだ。

ちなみに、先ほど 確認したら、旧型は まだ179台残っている様子。
ディーラーさんによると、在庫限りで 新型・旧型が併売されるらしい。


9月に入れば、早々にも、カタログやパンフが用意されるだろう。
お店の展示車についても、既にスペースを空けて待っている状態。

担当さんとカングーの話をしていたら、ふんふんと横で聞いていた4歳児。
「かんぐーが来たら、また みにいこうね!」と、やる気満々になっていた。

Posted at 2009/08/30 07:12:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2009年08月30日 イイね!

ルノーの薫り


3年・3万kmの車検で、消耗品をいろいろ交換してもらった。
ATフルード、エンジンオイル、エンジンマウント、それにプラグ。

おかげさまで、乗り心地も、ドライブフィールも 新車状態。
エンジンは軽やかに回り、DPOは軽快に変速動作していた。

マウントを交換すると、エンジンの振動やアクセルフィールが改善。
気のせいか、サスとボディのバランスまで、以前に戻った気分。

担当メカニックさんに感謝。


車検から戻ったメガーヌツーリングワゴンのドアを開けると、
久しぶりに、新車の車内に漂うルノーの薫りが感じられた。

ルーテシア2でも、メガーヌ2でも、いつも同じ薫りだった。
ディーラーの展示車も同じ。 そして、3年を経た愛車にも...

この薫り、いったい何なのだろう...

Posted at 2009/08/30 01:06:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2009年08月29日 イイね!

アフターサービスランキング2009

アフターサービスランキング2009
日経ビジネスに掲載されるアフターサービスランキング。
日本におけるサービスの顧客満足度を集計したもの。

自動車では、レクサスを筆頭に日本メーカーが上位を独占。
多くの海外メーカーが苦戦するなか、ドイツ勢はまだマシ。


ちなみに、我がプジョーはと言うと、15社中15位の最下位。
満足度はレクサスの1/3、半数のオーナーが再購入を否定。

なお、回答数30以上のブランドしかランキングしないので、
ルノーやシトロエンなどは、順位を当てることすら適わない。
ランキングに登場するだけ、プジョーはマシなのかも...

---

日本車の満足度が高い根拠として、次の実例が紹介されていた。

 レクサス:ドレスアップを注文したら、作業を写真に収めて、
       記念アルバムにして渡してくれた。
 マツダ :担当営業マンが毎年手書きの年賀状を送ってくれる。
       営業マン個人の対応が良く、その印象が大きい。
 トヨタ  :サービス対応が迅速、部品の入荷が早い。


また、反対に、輸入車全般に顧客満足度が低い理由としては、
修理代金が高い、保守部品がなかなか手に入らないなどの事例。

その理由として、国内メーカー並みのパーツセンターを求められても、
販売台数が低迷する日本市場に対して、割に合う投資ではない実状。

成長著しい中国などの市場と比べると、やはり優先度は低いとのこと。


---

道路インフラが未発達で、車社会も熟成されていない成長地域。
反面、アフターサービスやモデル投入などの投資は、日本より大きい。

他方、道路もかなり整備されており、交通ルールやマナーもそれなり、
車社会が構造的に出来上がっている日本には、さほどの投資がない。

欧州車に乗るにあたっては、どちらの地域に住むのが 幸せなのだろう...


Posted at 2009/08/29 06:34:04 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ全般 | 日記
2009年08月28日 イイね!

X3 → RX450h


職場の駐車場において、最大の輸入車派閥であるBMW。
ドイツ車勢の中でも、なぜだか圧倒的に人気がある。

最近、そのうちの1台であったX3が、エリア初のレクサスにスイッチ。
しかも、今話題のハイブリッド車。RX450hという選択。


興味を持ってWEB CGの記事を読んでみると、省エネはともかく、
3.5LV6(249ps)+モーター(前:167ps、後ろ:68ps)による発進加速は、
静止から100km/hまで7秒、カイエンにも見劣りしないとのこと。

ハイブリッドでも、走る楽しみを感じられるかも?..と見方が変わった。

この先、電気自動車の時代は、モーターだけでがんばることになる。
今の時代のハイブリッドが、五感で楽しめる最後の世代なのかも。

Posted at 2009/08/28 06:34:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ全般 | 日記

プロフィール

「水泥公司と書かれたホキ+セキの貨物。日本のようなコンテナ貨物は皆無で、昔懐かしい混成貨物が主流。。火砲を載せたチキが留置されていたり、いい感じの鉄風景。ちなみに水泥って、セメントのことらしい。」
何シテル?   08/06 09:17
プジョーのCCとSWに乗ってます。 オープンカーは四台目、フランス車は五台目です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

旅の燃費 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 12:36:15

お友達

お友達のところには、ちょくちょくお邪魔させてもらっています。
109 人のお友達がいます
Kei-1976Kei-1976 * ロイヤルエンジンロイヤルエンジン *
kureakikureaki * UNOCAL69UNOCAL69 *
GentaGenta * CHELLCHELL *

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 208 プジョー 208
通勤車五代目です。 カブリオレ四代続きの後半は、 オープンで走ることもほとんどなくなり ...
プジョー 207SW (ワゴン) プジョー 207SW (ワゴン)
ファミリーカー3代目です。 マイチェン後の仕様。 さらに小変更が加えられた2011年式 ...
プジョー 207CC (カブリオレ) プジョー 207CC (カブリオレ)
207CCプレミアム(2007)です。 オープンカー4代目です。 マイチェン後のグリフ ...
ルノー メガーヌ ツーリングワゴン ルノー メガーヌ ツーリングワゴン
メガーヌ2 ツーリングワゴン Ph1(2006)です。 ファミリーカー2代目です。 20 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.