• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TOMO@GDBCのブログ一覧

2017年10月04日 イイね!

新婚旅行 5,6日目

新婚旅行 5,6日目忙しくて大分さぼっていましたが、3月に行った新婚旅行5日目と最終日の様子を書きたいと思います。



5日目は実質現地での滞在最終日です。



前日まではロサンゼルス近郊のアナハイム周辺にずっといましたが、最終日はディズニー以外にせっかく来たので観光もしたいと、前もって申し込みしていた現地ツアーでグランドキャニオン日帰り旅行に行ってきました。



日帰りといっても片道約700kmほどの距離があるので、当然車ではいけません。



そのため明け方再びホテルに現地の係員さんに迎えに来て頂いて、3日目に行ったロングビーチ港周辺の空港まで再び向かいます。



元々このツアーも飛行機の関係から人数が集まらないと開催されないのと、現地についてからでないと、開催の可否は分かりませんって内容でしたが、現地到着時に確認したら最少遂行人数に達したとの事でツアーは実施されるということになりました。



そのため現地で2人分のツアー料金として1000ドルお支払い(汗



現地時間の6時頃の事でしょうか。



空港に到着し観光の説明や、小型飛行機につきトイレが無いので、済ませておいてくださいとの説明を受けます。















で、準備が完了して飛行機に乗り込んでいよいよフライト♪



19人乗りの飛行機でジェット機では無く、プロペラ機への搭乗です。



どうやらグランドキャニオンの環境保護の為、排気ガスで大気を汚しにくいプロペラ機でないと空港にいけないらしいとか。



ここからグランドキャニオン国立公園空港までは大体1時間ちょっとのフライトで着く場所らしいです。





























1時間ほどフライトして着陸態勢に入りましたが、想像していたグランドキャニオンとは全く違う開けた景色の場所に到着しました。



どうやら丁度この旅行期間中ロサンゼルスもそうでしたが、天候があまり良くない期間で特にグランドキャニオンでは雪が降っている天候らしく、空港周辺が雲に覆われてしまい着陸が出来ない状態になってしまったとか(汗



なので、比較的近くにあるアリゾナ州のキングマン空港という小さい空港に一時着陸して天候の回復を待つことになりました。



30~40分くらいでしょうか、キングマン空港の小さいロビーで過ごしていたら、パイロットさんたちが色々電話で話始めた様子があり、後にグランドキャニオンに出発できるというアナウンスがありました(^^♪





















キングマン空港を後にしまた30分ほどのフライトにて、ようやくグランドキャニオン国立公園空港に到着。



着陸前に外の景色を眺めていましたが、確かに雲の切れ目が無く分厚い雲に辺り一面が覆われていました。



かなりの天候不良の為空港の職員さんが「お前たちが今日初めて飛行機で来た客だ!」と言っていたらしい・・・



ここの空港から今度は観光バスに乗り換えてグランドキャニオンに向かいます。



飛行機にも搭乗されていましたが、本日の観光案内のガイドは2日前の夜景フライトの際にパイロットをして頂いたYさんがまた担当されていました(^^♪



ここからバスで20~30分ほどの場所がグランドキャニオンの観光場所になります。



天候不良の為辺りは少し雪景色となっていました。
































そしていよいよグランドキャニオンに到着。



ガイドさんに案内されながらスポットに向かいます。



駐車場からもう歩いてすぐの場所が観光場所となっており、グランドキャニオンの景色が見えてきた瞬間、本当にCGで描いたような広大な景色が広がっていました。



他のお客さんも見えた瞬間に圧巻の様子(笑



どこまでも続く谷と、どのようにして出来たのか想像もつかないようなこの景色を前に、何か人間の小ささを感じた瞬間でした(^^♪



まず到着した場所はマーサーポイントという場所らしい。



基本的に自然を守る為、あまり大々的な歩道や柵などは作らず、見る場所も自由ですが、滑落しても自己責任でって事で、基本的にはどこに行くのも自由な感じらしいとの事。



ここでしばらく自由行動の為、あまり遠くへは行きませんが写真撮ったりと景色を存分に楽しみました。



天候が悪かったおかげで雪景色も楽しめたほか、晴れ間もさして青空での景色や、雹・雨も降ったりとある意味短時間で、色々な景色を楽しむことができた。
































マーサーポイントでの観光を終えて次の観光スポットに向かいます。



ここからそんなに遠く無い場所ですが、お次はブライトエンジェルというスポットに到着。



比較的こちらは周辺に建物やロッジがあり、お土産なども多少売っている場所がありました。



そしてブライトエンジェルからの景色を見に、建物の裏へ抜けると先ほどのマーサーポイント同様広大な景色が広がっています。



下の方は渓谷となっており、長年の歳月によって少しづつ削られて作られた、谷になっている様ですね。



本当にこちらも綺麗な景色でした(^^♪
























以上にてグランドキャニオンの観光はあっという間に終わってしまいました。



空港に引き返しますが、空港近くのレストランにて食事も含まれているため、帰り前にブッフェスタイルの食事をとって、中のお土産屋を見て回ったりして残りの時間を楽しみました。



再び同じ飛行機に乗ってロサンゼルスへ引き返します。



無事ホテルまで車で送り届けて頂きましたが、この時点でまだ午後2時過ぎくらい。



片道700kmもある場所へ日帰り観光に行っても、まだまだ本日の時間は余っています(^^♪



なので、最終日を最後まで満喫しようとまたホテルから、ディズニーランドとカリフォルニアアドベンチャーに向けて出発しました。



とりあえず乗れる乗り物乗って、せっかく来たので本場のエレクトリカルパレード見ておこうと、何とかメインストリートの通り端で場所を確保して観賞。



見終わった後は現地通貨を残しても勿体ないので、閉園近くまで色々なお店を回ってお買い物。



そして実質現地は最終となりますが旅行5日目の工程が全て終了しました。。



最後はずっとアメリカ滞在期間中泊まっていた、ディズニーのパラダイスピアホテルに戻って荷造りして就寝。























そして最終日はもう朝早い時間の飛行機で帰国となるので、明け方早々に現地係員さんにホテルに迎えに来て頂き、ロサンゼルス空港へ向かいます。



搭乗までの残された時間と残った小銭で、空港内で帰るお菓子屋や食べ物を購入して時間を過ごしました。



帰りも行と同じシンガポール航空を利用しましたが、帰りは3人シートで隣に外国の方が座っていた為、トイレに行く際もどいて頂いたりとちょっと気を使います。。。



数時間ならトイレも我慢できるかもしれないが、さすがに11時間くらいとなると1~2回はトイレに行きたくなるので、ちょっと窮屈な帰りの帰路でした・・・。



そして長旅もようやく終わって無事成田に到着。



日本時間のお昼過ぎくらいに到着してこれにて新婚旅行の工程は無事終了しました。



あっという間の4泊6日だったので、予算と休みに時間があるならあと1~2日無いとちょっとパークの中も全て回りきるのは難しかったかな?って感じでした。



当面海外旅行へは行くことは無いかと思いますが、夜景フライトやグランドキャニオン観光なども出来たので、仕事を忘れて本当に楽しい時間となりました。



ただ、滞在期間中はほとんどお肉や、ポテト、デザートもかなり甘いチョコレートなどしか口にしていなかったので、長期の滞在は自分には合わなそうな気がします・・・













Posted at 2017/10/08 20:06:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新婚旅行 | 日記
2017年08月28日 イイね!

新婚旅行 4日目

新婚旅行 4日目久しぶりの更新です・・・



もう大分時が経ってしまいましたが、アメリカ現地の3月22日の様子。



丁度新婚旅行に行ったときは、ほとんど雨の降る事のないというロサンゼルス周辺では珍しく、丁度旅行期間中ちょっと天候が悪い気候でした。



で、本日も朝から小雨が。。



とはいえ、そんなに土砂降りになるような雨は降らないので、傘も差さなくてもいい位の雨。



前日は半日ディズニーランドで遊んで、夕方からロングビーチ港周辺の観光でしたが、アメリカ3日目はディズニーランド向かいの「カリフォルニアアドベンチャーパーク」へ一日遊びに行くことにしました。



初日にも行きましたが、その際には乗らなかった目的のカーズランドへすかさず向かいます。



旅行に行く前から下調べをしていましたが、やはりカーズランドが一番混雑するようなので、最初に見ておこうとパークのオフィシャルホテル宿泊の特権を活かして1時間前のアーリーエントリーで最初に向かった。



まさに映画に出てくるカーズの世界観そのままが再現されています。



行く前にはそんなにカーズの事も良く分かっていなかったが、後々映画見たりして分かったが、遊びに行く前に良く見ておくべきだったとちょっと公開(汗



もし行くことがあれば前もって映画見ておくと、楽しみ方がもっと増えていたかもね(^^♪



で、早速ですが一番人気の「ラヂエータースプリングスレーサー」へ。



確かに人気らしくオープンして早々に向かうのは、みんなここですね。



15~20分待ちで乗れたのでしょうか?



車に乗り込み景色を見たり、中の展示物を見たりとめぐっていき、最後は隣のレーンから並んできた他の車とバトルが展開されます。



思っているより速度も出るので、確かにこれは面白い♪



外国の方は陽気なので、隣のレーンの方もこっちを見て手を振ってきたり、はしゃぎ方が半端ない!



とりあえず隣の人も手を挙げてこっちを向いていたので、同じくこちらも手を振って合図(^^♪



残念ながら自分の乗っている車両の方は勝ちませんでしたが、楽しいアトラクションでした。






























近くにはカーズで出てくるV8カフェがそのまま再現されたレストランがあるので、お腹も空いたことだしここで食事をしました。



食べたのはベーコンとポテトとスクランブルエッグみたいなものです。



まぁいかにもアメリカって感じの食事でしょうか(笑



そのままカーズのラヂエータースプリングスの街並みが再現されていますが、大抵の建物はお土産屋さんになっています。



時間によってはマックイーンとか色々車がやってきて、写真撮ったりできる場所もありました。



ラヂエータースプリングスレーサー以外にも、細かい乗り物があり結構楽しめるエリアの為、小さい子連れの人たちもたくさん来ていました。





































その後は違う乗り物に乗ろうとパーク内をひたすらめぐります。



日本のディズニーシーにもありますが、こちらにも全く同様のトイストーリーミッドウェイマニアがありましたが、日本じゃ週末だと180~200以上は待ち時間があるときもありますが、1時間早く入ったのとそこまで人気ではないのか?15分ほどで入れました(^^♪



中は日本と全く同じ乗り物でした(笑



お次はすぐ近くにあるパークのシンボルともなっているミッキーの絵が描かれた観覧車に。



この観覧車普通に1周回って終わりではありません。。



世界一怖い観覧車ともいわれる事もあるようですが、観覧車の人の乗るカゴの部分がゆらゆら前後にスライドしながら動くのです。。



カゴの中でブランブラン揺られながら2周ほど回ります。



大分これは激しい観覧車でした。





















それからまたひたすらパークの中をめぐります。



ホーンテッドマンションの様な乗り物に乗って巡る、リトルマーメイドだとか、写真は撮ってませんが空を飛んでいる様な気分になれるソアリンだとか、それ以外も細かい乗り物色々乗って一日楽しみました。






















時間も夕方になり、ここで予約していたパーク内のレストランの時間が近づきます。



アメリカに到着した初日にもこのレストランを予約していたので行きましたが、今回二度目の訪問です。



ワインカントリートラットリアというレストランで、普通に食事もできますが、カリフォルニアアドベンチャーで夜にやる最後のショー「ワールドオブカラー」の特別鑑賞席がセットになったスペシャルパッケージのコース料理プランがあり、本日もこちらを頼んでおいたのです。



なんだかんだで、チップまで入れると2人で日本円換算で1万円以上は掛かってしまう勢い。



食事はまぁまぁって感じですが、最後に出てくるデザートがとにかく甘い!



マカロン・ティラミス・チョコレートに全て甘い物尽くし。。。



何とか食べ終わって帰り間際に、特別鑑賞席のエリアへ入場できるパスを受け取ります。



ショーは夜21時からですが、やはり鑑賞エリア内でも見やすい場所取りなどがあるので、1時間近く前にはショーの入場エリア周辺まで行きました。



こちらのショーは一番前で見ると、水しぶきでかなり濡れるため、初日は最前列でかなり濡れたので、次は一段後ろに行ったところに階段状に高くなっている場所がある為、高くなっている部分の最前列の柵のところから撮影しました。



結果から言うと少し下がっても結構濡れます・・・



びしょびしょになるまでは行きませんが、高価な撮影機材とか使われる方はちょっと注意が必要かも?



それはいいとして、こちらのショーは本当に素晴らしい!



観覧車前の池の中から噴水が上がり、ウォータースクリーン投影された映像やら光のショーやらとにかくスケールが違います。



目の前で見ていると本当に奥行きがあるかの様に吸い込まれてしまいます。



幅が広く動画ではセンター部分のメインの箇所しか撮影できていませんが、両サイドにもさらに広がる形で噴水が上がり、とにかく綺麗な光に包まれて、見ている外国の方も最後はかなり盛り上がります。



旅行中2度このショーを見ましたが、本当に美しいショーでした。



出来る事ならもう一度見たいと思うほど。



動画ではその良さが伝わらないのが残念です・・・





















Posted at 2017/08/28 19:23:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新婚旅行 | 日記
2017年07月09日 イイね!

新婚旅行 3日目

新婚旅行 3日目また前回の続きです。



旅行3日目でアメリカ本土2日目の滞在記。



初日はアナハイムのディズニーカリフォルニアアドベンチャーパークの方をメインで楽しみましたが、2日目は本家ディズニーランドの方へ遊びに行くことにしました。



また朝からセキュリティーゲートで入念に荷物、金属探知を受けてパークへ向かいます・・・



丁度ロサンゼルス近郊は、年間通してあまり雨は降らない地域の様ですが、旅行に行った1週間は天候が悪く、傘を使うほどは降りませんでしたが朝から雨が降ってました。



丁度ロサンゼルス空港近郊でWBCの決勝をやっていましたが、そちらも雨の様だったので。



前日は夜からのインパークでしたが、本日は直営ホテル宿泊の為開園の1時
間前からは入れるので、朝7時からパークへ遊びに行きました。























前日は夜であまりパーク内の雰囲気は良くわかりませんでしたが、日本のランドがここをベースにしているということもあって、アトラクションやパーク内の雰囲気は似ている感じです。



もちろんここだけのオリジナル物もありますが、たまたま改装中?なのか、ここでしか乗れない乗り物が結構クローズしていました・・・(汗



とりあえず1時間早く入ったので、乗れるだけ早く乗ろうと最初はハイパースペースマウンテンに。



中の作りもほぼ東京と同じ感じ(^^♪



ですが、こっちの方が乗っている時間が長かったのでしょうか?



終わって乗り場についたら、なぜかスタッフのオジサンが「ワンモアタイム!」と言っている・・・



下されるのかと思えば、そのままもう1周なぜか乗らされました(笑



まぁそれはそれで面白かったのでありかなと。。




















その後も次のアトラクションを求めてパーク内を移動。



こちらも東京にありますが、トゥーンタウンへ。



ほぼ日本と同じ感じです。





















しばらくして午前10時頃。



今回の旅行にオプションで付いてきた、ホテルの朝食もしくはパーク内のキャラクターダイニング1回サービスだったので、パークでの時間を友好的に使う為、自分たちはランドの中の「プラザイン」というキャラクターダイニングを予約しておいたため、指定の時間にお店に向かいました。



ブッフェスタイルのレストランで、食べている最中にキャラクターが巡回し、写真撮ったり楽しむことが出来ます。



それにしても食事は甘い物ばかり(汗



日本の食事と比べると、ここで生活していたらまぁ良く見かける体系になってしまう事でしょう・・・



とりあえず一通りのキャラクターが回ってきたので、写真いっぱいとりました(^^♪





















ここに来たらとりあえずここで写真を撮らないと・・・ということで、像の前と、お城を撮影。



日本やフロリダはシンデレラ城ですが、ここは眠れる森の美女の城がシンボル。



近づいてみると、想像していた以上に小さい!



城の下をくぐってみると、あっという間に裏側へ抜けてしまった・・・



まぁそれはよいとして、この後はパーク内を色々めぐってみました。




















色々お店を物色していると、ネットで見たことあるチョコレートが売っていたので、試しに買ってみることにしました。



ネットで見かけたチョコは結構大きそうだったので、お店の中にあったワンサイズ小さいチョコを、お店のおばちゃんにお願いして頼んだつもりが、どうやらうまく伝わっていなかったようで、一番でかいやつを間違って注文してしまった(汗



もう既に袋詰めまでされたころだったので、キャンセルを言うことも出来ずそのままお買い上げ。。



思いの他高く2個で確か23ドルくらい。。



もうどうにもならないので、ホテルまで持って帰って夜な夜な食べましたが、半分食べて限界だったので残念ですがゴミと化しました・・・(汗



中には生のリンゴ1個が丸々はいっており、表面は分厚いチョコレートコーティング、その表面に飴を砕いたようなパウダーがまぶしてあるので、とにかく甘いし、中のリンゴは生なのでなんとも言えないアンバランス加減。



まぁこれも良い思い出です・・・
















で、本日はお昼過ぎ頃までランドで遊んだ後、現地に到着してから申し込んでいたオプションの観光の予定だったので、センターに電話。



係の方が夕方ホテルに迎えに来てくれるとの事で、午後3時頃まで遊んでいったんホテルに戻りました。



で、準備して指定の時間にホテルのロビーで待っていたのですが、一向にお迎えが来る気配なし・・・



しばらく待っていると焦ったように1台の車が到着。



どうやら係の人がホテル間違って行ってしまったらしいとか(汗



とりあえず無事車で拾って戴いて、目的の場所まで高速で移動して頂きました。



現地に着いたときにこのオプションを申し込むつもりでは無かったのですが、比較的低料金なことと新婚旅行で来たので、もし空きがあったら是非体験されてみてくださいとの話を頂いたので、検討して申し込んでみました。



内容としては、ロングビーチ港まで移動して、今は観光施設となっている、豪華客船「クイーンメリー号」を観光、その後船内でディナーを食べて、再び近郊の空港に移動して、ロサンゼルス周辺の上空をセスナ機で夜景フライトしてくれるというコース。



結構人気のオプションらしく、セスナ機の乗員数も5名までという制限もあって、空きが少ないらしかったのですが、たまたま申し込んだ日は空きもあったので、せっかく旅行で行くなら色々楽しもうと申し込んでみました。



で、ディズニーランドのあるアナハイムからは約1時間弱でロングビーチまで到着。



貿易が盛んな場所だけに、港はコンテナやクレーン、大型のトラックなどがたくさん走っている。



で、間もなく目的地のクイーンメリー号のところまで来ました(^^♪



言われていた通りでかい船です。



タイタニック号の沈没を受けた後に作成された、同規模の豪華客船なので長さが半端ない。。



ですが現在はホテルや食事、観光施設となっているため動くことはありません。



アメリカにとっては終戦時の歴史を持っている船ということで、いろいろガイドさんに歴史を教えて頂いた。



一通り船内を観光して夕食の時間に。



いくつかのプランから食事を選べるようでしたが、自分たちはステーキをチョイスしてみました。



お肉もおいしかったですが、食べながら対岸の港を日が暮れて照明が付き始める時間帯に見れたので、天候はあまり良くありませんでしたが綺麗な景色を楽しめました。










































食事を終え夜7時位でしょうか、セスナ機での夜景フライトの為近くの空港に向かいます。



ですが、この時雨が降ったり止んだりで天候が悪く、オプションの観光を始める前にガイドさんから説明があったのですが、天候不良のため飛行が不可となる可能性がある為、オプションをキャンセルするか、クイーンメリーの観光+食事をして終了するか、フライト予定時刻まで天候の様子をみてフライトを行うかの3パターンから選んで下さいとの選択肢をもらいました。



まぁせっかくここまで来たので、可能性が少しでも残っているなら時間まで待ってフライトして頂きたかったので、最後の選択肢を選んでガイドさんに回答。



ということで、ガイドさん兼パイロットでもある案内役の方が、逐次近郊の空港のフライト情報を確認して、フライト可のサインが出るまで待って頂きました。



スマホの画面でフライト情報を見せて頂きましたが、ほぼ8~9割方フライト不可のサインが出ていましたが、何とか予定時刻に発着する空港のフライト可のサインが出たので、すかさずセスナで飛んでもらうことに。



先ほどまでガイドさんだった日本の方でしたが、お次はセスナ機用意して今度はパイロットに。



どうやら話を聞いていると、現地でパイロットの教官としてもやっている様なので、操縦は大分ベテランの方らしい。



ジャンボ機だと自動操縦があるけど、セスナ機は常に機体をいくつもの操作で操らないといけないので、逆に小型機の方が神経を使うらしいとの事でした。



で、小雨が降る中5人乗りのセスナに乗り込んで出発!



もちろんこの日は自分たち2人だけなので貸し切り状態でした。



話を聞くとセスナ機2人でチャーターして、フライト中にプロポーズされる方もいたらしいですが、その場合あらかじめ貸し切りでチャーターなので、数十万円かかるらしいですが、この日はたまたま二人だけの貸し切り状態だったので、追加料金はかからず送迎・観光・ディナー・夜景フライトがセットになって2人で500ドル程度だったので、とてもお得だったかも。。



ロサンゼルス周辺は、イメージしている様なビル群がそびえた夜景では無く、パイロットさんからもロサンゼルスについて色々話をしてもらいましたが、高層ビルは無く平坦な街並みが続く景色らしとのこと。



またロングビーチ空港周辺はオレンジ色の照明が多く、キラキラした夜景とは違い、やさしい雰囲気に包まれた景色が見られるとの事でした。



逆に建物の照明より、まっすぐ続く道を走る車の照明がまぶしく光、天の川の様な景色が見られるとか。。



本日は上空も霧があり、通常だと高度500m程度まで上がるようですが、安全の為100m程度高度を落としてフライトするとの事で、上空約400mくらいからの眺めです。



確かに言われていた通り空からの景色はオレンジ色で遠くまで見える平坦な街並みでした。



先ほど観光してきたクイーンメリー号上空や、ロングビーチのコンビナートや色々景色を眺めて、約20分ほどのフライトで無事空港に帰還。



パイロットさんに写真撮ってもらったり、色々話してまたアナハイムのホテルまで送迎して頂きました。



雨の降る日はほとんど無いらしく、今日みたいな天候でフライトすることはめったに無いので、逆にある意味貴重な体験らしいとのことでした。



めったに小型飛行機に乗る事も無いと思うので、とても良い体験になりました。





























この後はパイロットさんに写真撮って頂いたり、色々話ながら空港から1時間弱のアナハイムのホテルまで送り届けて頂きました。



朝7時から夜10時近くまで遊んで本日終了。



本日の疲れはホテル近くにあるセブンイレブンで買ってきた「NOS」を注入して明日に備えます。



つづく・・・











Posted at 2017/07/09 19:48:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新婚旅行 | 日記
2017年06月24日 イイね!

新婚旅行 2日目

新婚旅行 2日目
また3月のさかのぼりですが新婚旅行2日目を書いてみます。



エコノミークラスで成田からロサンゼルス空港まで約10時間のフライトが終わり、疲れがピークに達したころようやくロサンゼルス空港に無事着陸。



ついにアメリカ本土に到着しました(^^♪



この時日本時間では3月21日の明け方ですが、こちらは時差で20日のお昼となります。



着陸前に上空から街並みを眺めていましたが、なんとなく高層ビル群というよりは、ロサンゼルスの場合住宅街が広がった様な感じの街並みです。



ロサンゼルス空港に到着して早速入国審査。



やり方もいまいちよく分かりませんが、日本人?の案内の方もいたので、親切に対応してくれた。



片言の単語で無事入国審査も通過して、JTBの現地係員がいる場所まで行って係員の方と合流。



まだ、自分たち以外にも合流する方がいるとの事だったので、他の方が到着するまでしばらく空港の出口付近で待機していました。






















大分空港の出口付近で他の同行する方を待ちましたが、ようやく全員そろったのでいよいよ出発です(^^♪



空港からはJTBの現地係員の方が、バンで送迎して頂けるので5名で乗車して出発しました。















目的地に向けて出発しましたが、目的地はそう、ここまで来たということはもちろんアメリカの本家ディズニーランドです(笑



フロリダのディズニーワールドも良かったのですが、さすがに現地滞在期間が1週間近くないと回り切れないのと、移動距離もさらに東海岸までとなるのでかなり大変そうだったため、今回初代ディズニーランドを目指して新婚旅行を計画しました。



現地滞在正味3日半の4泊6日の旅行で申し込みました。



車で出発してすぐに気づくのは日本で見た車がたくさん。。



高速道路もお金掛からないため、かなり車が走っていましたが、高速代掛からない分整備にお金が掛けられないので、道にはタイヤや外れたバンパーが普通に落ちてます。



空港出てすぐ位のあたりの様子ですが、映画は見ていませんがこの近辺でラ・ラ・ランドの撮影が行われていたくらいの場所だとか。















空港から出発して約1時間で、目的地であるディズニーランドのある「アナハイム」へ到着。



同行していたほかの3名の女性の方は、別のホテルに宿泊だったので、とりあえず他の方が宿泊する方のホテルの方へ寄ってチェックイン手続きを行い、そのあと自分たちの宿泊するホテルへ向かいました。



今回宿泊したのはディズニー直営の「パラダイスピアホテル」へ宿泊。



3つある直営ホテルの中では一番リーズナブルなホテルですが、それでも他の一般のホテルに変えれば、旅行の代金がかなり節約できたのですが、せっかく行くなら・・・と、パークへ1時間前にアーリーで入れる特典等を考えれば仕方ないので、高いのですが4泊することにしました。



現地の係員の方がチェックイン手続きをしてくれて、無事ルームキーを受領。



新婚旅行で行く話がホテル側に伝わっていた様で、通常だと初めて来た場合にもらえる缶バッジでは無く、新婚さん用の別の缶バッジがもらえました。



それからホテル側のサービスなのか?分かりませんが、旅行のプランにも入っていなかった、現地パーク内で使える150ドル分のプリペイドカードもサービスで頂いてしまった(^^♪



これはかなり助かりました♪



ホテルの中は比較的カジュアルな印象です。



5階の部屋に宿泊しパークに面した側の部屋だったのですが、もう少し高層階でないとパークの中の様子が微妙に見えません・・・
































到着してそうそうですが、準備して早速パークへ向かいました♪



今回早期申し込みの得点で、通常の2Dayチケットから4Dayチケットにアップグレードされたので、滞在期間中毎日行ってもOKだった為、せっかくならと空いている時間差へあればパークへ遊びに行きました。



ここのホテルからは歩いて10分程度でパークへ到着できる感じでしょうか?



日本のディズニーリゾートでいうイクスピアリの様な、ダウンタウンディズニーというお店が立ち並ぶ通りを通って向かいます。



ですが、このエリアに入る前にちゃんとセキュリティーチェックがあり、日本などと違いかなり入念にチェックされます。



バッグのあらゆる小さいポケットまで調べられ、金属探知機ゲートも通ってチェック。



なんだか怖そうな感じの警備員さんばかりでちょっとよそ者は抵抗がありますが(笑



早速ゲート通過する際に、腰に巻いたベルトの金属でブザーが鳴ってしまい、入念に体中をチェックされましたが・・・
























ダウンタウンディズニーを抜けていよいよパークへ到着です。



アナハイムのディズニーは入り口が向かい合わせに、ディズニーランドパークとカリフォルニアアドベンチャーパークの2つのパークが並んでいます。



丁度日本のランドとシーの様な関係ですね。



ただし入り口が向かい合わせにあるので、隣のパークへ行き来するのが非常に楽です。



最初はディズニーランドと行きたいところだったのですが、夕食を予約していた関係で最初はカリフォルニアアドベンチャーパークへ遊びにいきました(^^♪
















パークへ入ってそうそうミニーちゃんを発見したので、すかさず並んで写真撮影。



ですが、片言の単語以外知らない自分たちは、まず何話していいのかわからず・・・



まぁなんとなく雰囲気でやり過ごしました(笑



その後はパーク内回って、時間かからず乗れる乗り物に乗って、予約していた夕食の時間に。



夕食はお高いのですが、特別鑑賞エリアからみられるショーのチケットが付いているレストランを予約したので、食事後に夜のショーを楽しみました。



パークの中の様子は、ほかの日と被るのでまた別途書いてみたいと思います。





















夜のショーを見終わったところで、カリフォルニアアドベンチャーの方は閉園となりこの時点で午後9時過ぎといったところでしょうか。



旅の疲れもあるのでホテルに戻りたいところですが、もちろん現地の限られた時間を存分に楽しむ為、閉園が少し遅いディズニーランドの方へ早速移動。



こちらは午後11時位まで比較的遅い時間までパークがやっています。



時間も時間なのでほとんど乗り物も乗る時間も無かったため、パーク内の雰囲気を楽しんだり、お店でお土産を物色したりと楽しんで、閉園ちょっと前にホテルへ戻る事としました。



これにてアメリカ滞在初日は終了です。



ホテルに帰って2日目に備えます。



つづく。。












Posted at 2017/06/24 20:31:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新婚旅行 | 日記
2017年06月04日 イイね!

新婚旅行 1日目

新婚旅行 1日目もう式から2ヶ月余りが経過してしまいましたが、3月19日に挙式を挙げて翌日から行った新婚旅行の旅の記録を少しづつ書いてみようかと思います。



3月19日の式は最終枠の式なので、披露宴終了が21時半に終了し、その後はミラコスタ館内で写真撮影や後片付けを行って、23時前位に当日宿泊する部屋に戻ってきました。



その日はミラコスタに1泊して、翌日の3月20日から新婚旅行に出発。



場所も千葉だったので、いったん自宅に帰ってから行くよりは、そのまま海外なら成田もそんな遠くではないし良いかなと、翌日から旅行を申し込んでいました。



今回は前もってJTBのロサンゼルス近郊の旅行を手配していた為、出発が夕方からというプランだったので、宿泊翌日からでも時間的に余裕があって良さそうだったので。



とりあえずミラコスタにチェックアウトギリギリのお昼ごろまで滞在して、お昼を食べた後から成田に向けて出発。



空港の駐車場は利用せず近場のパーキングを数日間レンタルしてだったので、パーキング会社の方に空港まで送り届けて頂きました。



大体到着したのは15時頃のことだったでしょうか。



出発は18:50からの便だったので、大分余裕があります。



とりあえず空港内を散策したり、ちょっとおやつを食べたりと時間をつぶしていました。



















今回は割とお得なプランのあったシンガポール航空を利用しての旅行をとなりました。



とりあえず時間に近くなってきたので、手続き済ませて出発ロビーで搭乗時間まで待機。



もうすでに日も暮れ始めてきたところでした。

















いよいよ出発の時間になり、無事成田から離陸してロサンゼルス空港までの長旅が始まった。



アメリカ西海岸なので、直行便の為乗り継ぎはありませんでしたが、片道10時間以上も観光バスより狭いくらいの空間で過ごすのは大分苦痛です・・・。



日本人の乗務員もいましたが、エコノミーは全てシンガポールの方が対応しているので、食事やサービスで回ってきても、片言の単語で何とか受け答えしてやり過ごした(汗



機内食は夕食と、翌日の朝の軽食が2回ありましたが、夕食は和食を選択してみた。



ちょっと想像していた和食とは違うのですが、思っていたよりはおいしく頂けました(^^♪



食事以外はもうひたすら、寝るかモニター見て暇をつぶすしかありません。。。



18:50から10時間ほどのフライトとなると、日本時間の21日の明け方頃に到着することとなりますが、アメリカとの時差の関係で1日時間が前に戻り、到着はアメリカ時間の20日のお昼ごろに着く予定の為、寝不足を解消するため自分はひたすら寝ていました。。。



ただ機内は時々気流の乱れているところをたびたび通過するため、かなり揺れます(汗

























もう寝るのにも疲れ切ってしまったころ、ようやく日の光が見え始め、なんとなく到着の雰囲気が出てきました。



でもこの時点でもまだ到着までは数時間あります。。



1日目はひたすら機内で苦痛との格闘をして終わってしまいました。



2日目につづく・・・









Posted at 2017/06/04 20:36:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新婚旅行 | 日記

プロフィール

「オイル交換 http://cvw.jp/b/16312/38232746/
何シテル?   07/17 20:24
2003年3月にインプレッサ GDB-C型のオーナーになりました。 近くの方に住んでる方、同じ車や車好きな方お気軽にお声掛け下さい(*^^*) 付けてい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

雨が降るとこうなる・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/08 13:39:58
Scorcher's Squad 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/11/17 22:04:25
 
遠田タイヤ商会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/04/17 23:36:35
 

お友達

管理が大変なのでいきなりはお断りしております・・・(汗
53 人のお友達がいます
Yu-ToYu-To * ★たっくん★555★たっくん★555
ヤマノカミヤマノカミ AKITO@ポンコツ眼鏡AKITO@ポンコツ眼鏡
ボクサーVTECボクサーVTEC ホセblackrxホセblackrx

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
2003年3月に新車で購入したGDB C型インプレッサ。 今までは見た目仕様で進めていま ...
スズキ ハスラー ハス子 (スズキ ハスラー)
色々今後の事を考えた結果、軽自動車税のUPやエコカー減税の終了等々を踏まえて、予定より少 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
高3の12月に新車で納車され、自分にとっては初めての車。ST202の最終型モデル。 走り ...
スバル ヴィヴィオ 紺ヴィヴィ (スバル ヴィヴィオ)
2013年7月からの転勤に伴い、自宅から最寄り駅まで毎日車通勤となったので、普段の足とし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.