• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

M.Naganoのブログ一覧

2018年06月30日 イイね!

エアコンの効きはメッチャよくなりましたが・・・

エアコンの効き自体はメッチャよくなったセリカなのですが、
エアコン吹き出し口のルーバー(の向きを変えるリンク)が
一か所割れてしまいました(+_+)

一か所ですし、
左右方向の向きの調整が粗いのは
ある程度仕方ないとは思うのですが、
出来れば直したいなあ・・・ということで
パーツは出るのか出ないのか???

問い合わせの結果は・・・製廃(T_T)
しばらく我慢ですね。
Posted at 2018/07/01 13:51:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | セリカ | クルマ
2018年06月29日 イイね!

昨日のポーランド戦と車の仕様決定

昨日のポーランド戦は賛否両論ですが、
結果をしっかり出して次につながっているということは大事です。

車と絡めて考えると、
市販車の仕様決定の過程も
いろんな賛否両論を天秤にかけて、
慎重に落としどころを探ってあるんだろうなと思います。

ある状況ではぜんぜんダメと思われても
状況がちょっと変わるとそれがズバリ正解になるような感じです。

セリカの足回りリフレッシュのときに、
ついでにグレードアップしてみようかと思ったものの
いろいろ考えているうちによくわからない感じになって
結局純正新品に交換したのですが、
なんだかんだで
いろんなシチュエーションで破綻のない
ちょうどいい感じのセッティングだと思われます(^^;)

80点主義でイイ感じ(^_^)
Posted at 2018/06/29 20:05:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 思いつき | クルマ
2018年06月28日 イイね!

ハーフタイムに急いで帰宅しましたが・・・・

仕事が長引いて、帰宅してもよさそうな塩梅になったころには
ワールドカップの日本‐ポーランド戦が始まってしまい、
前半戦はそのまま帰らずに観戦し、

ハーフタイムに入るやいなや急いでセリカに乗って帰宅。

後半が始まったころに着いたものの
お犬様が遊びなさいと大騒ぎ。
夜中なので大騒ぎはマズイので
できるだけおとなしく遊んでいたら
一点取られてあらら・・・という展開に。

そうこうするうちに
コロンビアが頑張ってくれたおかげで
1-0のまま敗戦であれば決勝トーナメント出場決定!
というながれになり・・・
ポーランド戦の後半の後半は上手くボール回しして
追加点を取られずイエローカードももらわずにやり過ごす戦いでしたから、

大丈夫かどうかハラハラするものの
ワクワク感はあまりというかほぼ全くなくて
ワンマッチで見ればがっかりな試合でしたが、
大会全体の流れで考えれば大正解。

大会のルールをしっかり理解したうえで
安全に勝ち残るにはどうすればいいのか
考え抜かれた戦術だったと思います。

圧倒的な実力を持つはずのFIFAランキング1位のドイツが
あんな結果になるワールドカップですから、
カッコ悪かろうが何だろうが次に進むんだという
意志の強さが感じられて、
日本代表が次の次元に進んだのではと思いました。

本当はポーランドに圧勝して決勝トーナメント進出がカッコ良かったですけど、
そこを目指すと次で大敗する危険性が高まりますもんね。


Posted at 2018/06/29 19:53:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | セリカ | クルマ
2018年06月27日 イイね!

LINEで友達になれるらしいですね

鹿児島中央駅前を歩いていたら、

新型クラウンと新型カローラスポーツの発売イベントのお片付け中でした。




走る・曲がる・止まるの次は「つながる」らしく、
LINEに車を友達登録できて、
いろんな情報のやり取りをスマホで出来たりするらしいです。

人間相手でもLINEは使ってないんですけどねぇ(^^;)
Posted at 2018/06/27 22:19:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | おみかけしました | クルマ
2018年06月26日 イイね!

オリジナルのイメージがうまく引き継がれていていいですね

新生アルピーヌA110受付始まる。日本は50台、フランス大使立会いで厳正に抽選予定
https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20180625-20104015-carview/1/#contents

<以下引用>

初回限定モデルを手に入れるなら7/10までに申し込みを!

2017年のジュネーブモーターショーで世界初公開されたフレンチスポーツカー「アルピーヌA110」が、6月22日に日本で初公開されました。1955年創設のスポーツカーメーカー・アルピーヌは主にルノー車のスポーツモデルを製作し、62年に登場した初代「A110」はラリー世界選手権で活躍したことでも知られています。
ドイツやイギリスで伝説的なブランドが復活するなか、フランスのスポーツカー代表と言えるアルピーヌも、ルノー傘下のブランドとして2016年に復活を果たして、オリジナルのデザイン要素を取り込んだ現代版「A110」の発売を予告していました。

今回発売される「アルピーヌ A110 プルミエール・エディション」は、第2世代A110のファースト・ロットであるだけでなく、新生アルピーヌ復活後に発売される第1号車。アルピーヌ社が創設された年にちなんで限定1955台が生産され、日本には50台が導入されます。価格は790万円で、ボディカラーはブルー アルピーヌ メタリックのみ。7月10日(火)まで購入申し込みを受け付けた後、15日(日)にフランス大使館でフランス大使立会いのもと抽選し、オーナーが決まります。なんとも公平なプロセスですね。

オールアルミ製軽量ボディで0-100km/h=4.5秒
ボディサイズは全長4205×全幅1800×全高1250mm、ホイールベース2420mm。よく引き合いに出される「ポルシェ 718ケイマン」(720万2000円/PDKモデル)と比べた場合、全幅は同じながら全長は20cm弱コンパクト。オリジナル(RR)とは違いミッドシップされる1.8L直4直噴ターボは252ps/320Nmを発生し、2.0L水平対向4気筒直噴ターボを搭載するケイマンの300ps/380Nmを下回りますが、オールアルミボディを採用した1110kgという車両重量のおかげで、逆に300kg近く軽量に仕上がっています。結果、パワーウエイトレシオは4.4kg/ps、0-100km/h加速は4.5秒(ケイマンは4.7秒、ケイマンSは4.4秒)、前後重量配分は44 : 56。自動ブレーキやドライバーアシストといった先進デバイスは装備されず、トランスミッションは7速DCTのみ。

足回りではサスペンションがアルミ製の前後ダブルウィッシュボーン。鍛造ホイールに前205/40R18、後235/40R18のミシュラン パイロットスポーツ4を履き、ブレンボと共同開発したブレーキは前が4ポッド、後は世界初のキャリパーにパーキングブレーキを内蔵した軽量タイプです。その走りですが、カービューの試乗記でも、軽量ボディを活かした走りが好評です。

A110は待てば買える。年末にはカタログモデルも

ちなみに日本でアルピーヌを扱う認証ディーラー(ルノーディーラー)は全国に14店。CIなどは本国アルピーヌの基準(プレミアムブランドだけに厳しいらしい)を満たす必要があるそうですが、敷地内に別の店舗を建てる店もあれば、ルノー店内にブースを作る店もあるようです。

今年中にカタログモデルが導入される予定で、グレードは今春ジュネーブショーでお披露目された「ピュア(Pure)」と「レジェンド(Legende)」になりそう。こちらは限定モデルではないのでご安心を。また、ジュネーブではFIA-GT4用レーシングモデルの「A110 GT4」も発表されるなど、今後のモデル展開にも期待できそうです。

<引用終わり>

安全基準等々が厳しくなって、いろいろと難しいなか、
オリジナルのA110のイメージをしっかり受け継いでいるのはいいですね。
国産各社もこんな感じで何か出してくれるといいのに(^_^)
Posted at 2018/06/26 17:50:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新発売 | クルマ

プロフィール

「ですよね~(~_~)@34Kouki 」
何シテル?   10/29 12:38
M.Naganoです。 子供の頃大好きだったうちの車がサニークーペだった流れで、今でもクーペ好きです。多少の不便は・・・・気にしない気にしない。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

フォード マスタング クーペ フォード マスタング クーペ
アメリカンV8! 絶対性能自体は相当なものですけど 速いとか遅いとかはもうどうでもいい楽 ...
BMW M5 BMW M5
V10エンジンの独特な鼓動(^_^)
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
95年からST-205セリカに乗ってます。 消耗品をまめに交換しつつほぼノーマル状態で維 ...
アウディ Q5 アウディ Q5
遠出するなら第一選択。 安定性が高いので疲れにくいです。 何かとよく考えられてて、 パ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.