• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

M.Naganoのブログ一覧

2018年08月18日 イイね!

洗車できるタイミング到来!

天気は丁度いい感じに曇っていて降灰もなさそう!
気温がある程度下がれば洗車できそうだぞ!・・・
・・・と様子をうかがっていたら、気温が下がってきて
洗車できるタイミングがやってきました!

ただ夕方6時過ぎ(^^;)
とりあえずできるとことまでやらねばと
まずは駐車場掃除から始めたら・・・
全車火山灰をかぶりまくりなのが気になって・・・

まずは連投のムスタングをきれいにして


駐車場で灰をかぶった3台を
セリカ→E60→Q5の順で洗車。

最後にいつも大活躍のハイゼットを洗車して
終わったときには夜10時すぎでした(@_@)

・・・一回灰が降ったらまた元通りなのはナントモカントモなんですけど
その都度きれいにしておかないと酷いことになってしまうので
やらざるを得ません(>_<)

気温が下がったといっても30℃弱でした。
給水しながら作業したのにくたくたでしたが
全車洗車+駐車場掃除ですっきりしました(^_^)
Posted at 2018/08/19 01:09:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | Audi Q5 | クルマ
2018年08月17日 イイね!

実用上の走行ペース的にはほぼ一緒

ムスタングに乗って都城まで往復でした。
ちょっと急ぎだったので高速で往復です。

高速でのムスタングは・・・
E60と同じようなペースで走れます(^_^)

車の性能の限界付近で走るわけではないので
ペース自体そんなに変わりはしないですよね。

普通に走っていいくらいの速度域だと
直進性が良くて安定感があり、
ステアリングレスポンスもよく、
コーナーではフロントが落ち着いていて
アクセル操作で姿勢をつくれるので
安定してきれいに曲がっていくか
何だか不安定に曲がっていくかは運転次第(^^;)。

それはE60も同じような感じなものの
E60は設定速度域がもう一段高い感じがします。
同じ速度域で比較すると
E60のほうがアクセルをはじめ、
運転操作に対する動きはやや穏やかです。

ムスタングは操作に対する動きの変化がはっきりでるので
自分の操作の良し悪しがわかりやすいのが楽しいです。
それほど高速でなくても
おかしな操作をした時には危なくない範囲で
おかしいですよという挙動を返してくれるのはいい感じです。
Posted at 2018/08/18 14:01:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | マスタング | クルマ
2018年08月16日 イイね!

猛暑がちょっと和らいだと思ったら・・・・

猛暑がちょっと和らいだと思ったら・・・降灰がぁ(@_@)

というわけで、
洗車するタイミングが無くてムスタング連投中です。

ローテーション間隔を詰めたいところですが
お天気と桜島のご機嫌次第なので思ったようにいきません。

Posted at 2018/08/18 02:06:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | マスタング | クルマ
2018年08月15日 イイね!

もとのGT-Rのほうがカッコイイような気がするのは私だけ(^^;)

710bhp ItalDesign GT-R50 makes debut at FOS
https://www.youtube.com/watch?v=A4yMJPZdlDI

Nissan GT-R50 - Japanese performance and Italian craftsmanship
https://www.youtube.com/watch?v=6tNmXdzsWRw

イタルデザインがGT-RをリデザインしたGT-R50ですが、
もとのGT-Rのほうがカッコイイと思ってしまいます…私だけ??
Posted at 2018/08/15 23:19:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 興味深い | クルマ
2018年08月14日 イイね!

カローラスポーツでドリフト??

カローラスポーツ、米ドリフトシリーズで活躍 早くも2勝
https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180813-10333661-carview/

<以下引用>
「カローラハッチバック(日本名カローラスポーツ)」が8月12日、米ミズーリ州セントルイスで行われたフォーミュラ・ドリフト・シリーズにおいて、今シーズン2勝目をあげた。

今年6月、カローラのハッチバックモデルとして12年ぶりに国内販売が開始され、話題となっているトヨタの新型「カローラスポーツ」。海を渡った米国では一足先に今春、“カローラハッチバック”としてデビューしており、早くもモータースポーツシーンで活躍を見せている。
トヨタの未来を占う新型カローラ。公道試乗会の評価はほぼ絶賛か
大きく張り出した前後のオーバーフェンダーとイエローのボディカラーが特徴的なカローラハッチバックは、年間8戦でドリフトキングを決めるフォーミュラ・ドリフト・シリーズに、パパダキス・レーシングから参戦している車両だ。各部はドリフトレースに特化した仕様に徹底的にモディファイされており、2.5リッター4気筒ターボチャージドユニット「2AR」は、ニトロ噴射により驚異の1,000馬力を発揮。駆動方式もFRへと変更されており、怒濤のパワーは極太の後輪を通じてアスファルトへと伝えられる。もっとも、こうした過激なチューンが可能となるのもベースとなるカローラハッチバックの素性の良さがあればこそだろう。

このモンスターマシンが、先日セントルイスで行われたシリーズ第6戦で、今シーズン2回目の勝利を飾った。ステアリングを握るのはシリーズ王者の経験もある辣腕ドライバーのフレデリック・アスボーで、タイヤのグリップ力がキーとなるコースを制した。残り2戦でトップとの差は30ポイントと、十分逆転を狙えるようだから、今後の善戦に期待したい。

<引用終わり>

Drift Car Build FWD Corolla Hatchback to RWD 1000 Horsepower Conversion
https://www.youtube.com/watch?v=a4xmry2sn8M


カローラスポーツでフォーミュラ・ドリフトに参戦??
なんと!駆動方式をFRに改造した上に超強力なエンジンを搭載だそうです。
もはや元の車が何でもいいんじゃないかと思えるくらいの改造範囲です(^^;)

市販車もFRで出していたらBMW1シリーズに代わって人気が出たかも。
Posted at 2018/08/14 23:47:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 興味深い | クルマ

プロフィール

「大阪の地震!
親せきは無事そうですが・・・心配です。」
何シテル?   06/18 19:04
M.Naganoです。 子供の頃大好きだったうちの車がサニークーペだった流れで、今でもクーペ好きです。多少の不便は・・・・気にしない気にしない。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

フォード マスタング クーペ フォード マスタング クーペ
アメリカンV8! 絶対性能自体は相当なものですけど 速いとか遅いとかはもうどうでもいい楽 ...
BMW M5 BMW M5
V10エンジンの独特な鼓動(^_^)
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
95年からST-205セリカに乗ってます。 消耗品をまめに交換しつつほぼノーマル状態で維 ...
アウディ Q5 アウディ Q5
遠出するなら第一選択。 安定性が高いので疲れにくいです。 何かとよく考えられてて、 パ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.