• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

すぎすぎすぎのブログ一覧

2018年11月14日 イイね!

FSWスポーツ走行 ~ 久しぶりの一人走行を楽しんで来ました! (2018/11/14)

FSWスポーツ走行 ~ 久しぶりの一人走行を楽しんで来ました! (2018/11/14)そろそろ本格的なシーズン突入ということで、まずは一人でのんびりと練習してきました~








今回はSONY α7II & SEL5518Zでの撮影です。
キレのある単焦点レンズ、機材は一流ですが撮影テクニックは…?


走行枠も遅めの設定な平日にのんびりと…、と思いましたが首都高の通勤ラッシュや東名の工事渋滞などのタイミングとなり、FSWに到着したのは走行40分前。 ワタクシ的にはちょっと慌ただしい感じでした。 もう30分早く自宅を出れば良かったなとちょっと反省…。



パドック裏に到着すると…



がら~~ん。



ほとんどクルマがいませんね。 これはラッキーです~!



サクサクッと準備を進めます。





本日の目標は…

* 各コーナーでのブレーキの再確認
⇒⇒⇒⇒ G-maxのフィーリングを理解して、ブレーキポイントを頭に入れる

* 13コーナーの舵入れポイントと速度の確認
⇒⇒⇒⇒ 諸先輩方のラインを学習(真似?)する!

* 100R出口からヘアピンまでのライン取り
⇒⇒⇒⇒ 進入速度・角度と立ち上がりのラインの関係を理解する(したい…)

といったところです。
特に、13コーナーの走り方に重点を置いてしっかり考えながら走行したいと思います。


1本目、NS-4/A(9:30~10:00)はたぶん10台程度? ほぼ占有走行のような感じで誰とも会わないひとりぼっち走行を楽しみました。



結果は…、ベストタイムが2分02秒95(ベストから1秒45落ち)、理論ベストは2分02秒51、最高速度は239.0km/h、8周回でした。
タイヤ内圧は、スタート時点が270、ピットイン時点で300を250に下げて再スタート、走行終了時点で270でした。



本日の目標を頭に入れつつの走行でしたが、各コーナーでは突っ込み過ぎでアンダーなままタイヤを横に使う場面が多く、またブレーキポイントもギリギリのタイミングでガツンと踏む感じだったのでクルマにもドライバーにも負荷がかかっていた感じでした。

とはいえ、3ラップ連続で「3秒05 ~ 2秒95 ~ 3秒00」と、かなりのハイペースかつ±0.1秒程度で安定走行できたのは大収穫でした。
ミスも多かったので、「たられば」ですけどもうまく走れば0.5秒くらいは短縮できたかも…?



能動的にクルマをコントロールして安定走行できるようになれば、T〇Dの某大先生に次の課題として出されていた

「混雑したコース状況でも一定のラップタイムで走行できるようにすること」

をクリアするためのファーストステップにはなりますね。
「たまたま同じタイムで走ることが出来た」 を「コントロールしてこのタイムで走ることが出来る」にステップアップ出来るようにするためには課題山積ですけども…。


少し長いですが、3ラップをまとめた動画がこちら(↓)
アンダーな状態で無理に曲げていること多いような気がします…。 諸先輩方、是非アドバイスを~~!




のんびり休憩して、2本目に臨みます。

NS-4/B(11:30~12:00)も15~20台程度と、1本目よりは台数が多かったですが、それでも前後に気を使うことのない快適走行を楽しみました。



結果は…、ベストタイムが2分02秒62(ベストから1秒12落ち)、理論ベストも同じ、最高速度は239.3km/h、10周回でした。 1本目よりも0秒33のタイムアップ。
このタイムは歴代第3位というかなりの好成績でした。



タイヤ内圧は、スタート時点が240、ピットイン時点で260を250に下げて再スタート、走行終了時点で270でした。 ピットイン時点でもう少し下げても良かったかもしれません。

ベストがかなり好タイムだったことに加え、アタック周回は全て3秒~4秒台で走行できたのは今回が初めて。 ズルズル滑ってしまう場面もありましたが、こんな感じのタイムで余裕を持って走る事が出来ると本当に気持ちが良いですね~!



走行動画はこちら(↓)
1本目よりはブレーキポイントを若干早めにして、クルマにもドライバーにも優しめの走行を心掛けました。



ベストタイムとの比較はこんな感じ。
第1セクターのタイム差(%)が大きめです。 ベストの時には最高速度が242km/h出ていたからでしょうか…? 更には第1コーナーからの立ち上がりも今一つなのか? もういい加減ロガーを導入してきちんと分析しないとですね…。



実をいうと、この好結果の陰にはスポ走の師匠からの的確なアドバイスがありました。

2本目開始前にイケメン代表に連絡して、1本目のタイムやタイヤの内圧などを報告。 それに対して、1本目からの修正ポイントの指摘とその対策をピンポイントで的確にアドバイスして頂きました。

アドバイスのおかげで気持ちに余裕ができ、それがクルマの負荷を減少させる効果もあったのではないかと思います。 それでタイムアップを図ることが出来れば一石二鳥です!
イケメン代表、ありがとうございました~!


帰る前に簡単に記念撮影などなど。

55mm F1.8単焦点レンズ、キレのある仕上がりですね。 撮影者のテクニックがもうちょっとあればもっといい感じになるのですが…、今後の課題という事で…(汗)















ヘッドライトのシルバーのリングに空の青と雲の白が写りこんでいたので撮影してみましたが…、ワタクシのテクニックではこういうのはムリだな…。



フロントのローターはそろそろ交換でしょうか…。 パッドはもう少し使えるはず…?



タイヤはもう少し持たせたい…



朝からずっと曇り空(時々晴れ)だったので富士山を拝むことはできませんでしたが、コンディションとしてはとても良かったです。




オリヅルでの昼食はあまりにマンネリなので…、御殿場の「いきなりステーキ」へ行くことにしました。
ゴールドメンバー特典の一つ、「誕生月プレゼント」の300gステーキをまだ食べていなかったので、ここでその得点を有効活用します。



300gステーキ! これまたゴールドメンバー特典の無料のソフトドリンクも頂きます。



結局、お金を払ったのはサラダとライスのAセット(324円)のみ!
ありがたや~(笑)



天候にも恵まれ、気持ちの良い1日でした。
これからのシーズン、どんどん走って楽しみたいと思います~~!



【 備忘録】
2018年のスポーツ走行の履歴はこんな感じ。 今回が17回目と18回目、かなりの回数を走っていますね。




【 おまけ 】
瞳AFが動物にも効けばこんな写真もしっかりとピントが合うんでしょうね…。 α7IIIは出来るようになるんですよね~、宝くじでも当たらないかなぁ…




Posted at 2018/11/16 23:46:42 | コメント(6) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2018年11月11日 イイね!

カミソリマクロ購入! SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art (2018/11/11)

カミソリマクロ購入! SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art (2018/11/11)ワタクシの場合、いくつかの要素(主にネガティブなもの)がたまたま同じタイミングで揃ってしまうと自動的にレンズを購入してしまうようで、今回もそのパターンでした…(笑)







購入したのはこちら、SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art



マクロレンズは既にSONY 50mm F2.8 MACROを所有していますが、「カミソリマクロ」の異名(キャッチフレーズ)に見事に引っかかってしまいました…(苦笑)



2本のマクロレンズを使いこなすほどの技量もなく、シャッターチャンスも多くないでしょうから、思い切って50mm MACROは売却してカミソリマクロの購入資金に充てることにしました。

ポチった翌日にはレンズが到着!さっそく「開梱の儀」です。



結構長い筐体です。 その割には細いので、かなりノッポなイメージ。



使用時には筒体が繰り出してくるので更に長くなりますね。



カメラ本体に装着すると結構スリム。



そしてけっこう軽量なので取り回しも楽な感じです。



なにはさておき、早速試し撮りです。
時計とそぼろ(我が家のネコ)を撮ってみました。

強めの光源があるのが台所だけのため、背景に色々なものが写りこんでしまうのが難点です(笑)
今後は白い布などを用意しようと思います。

RAW撮影し、Image Edgeで現像&縮小保存しました。
ISO感度を上げ過ぎでザラついています。 このあたりも繊細な調整が必要になりますね。

ファーストインプレッションですが、きちんとした準備もしないで適当に何枚か撮影しただけですが、SONY 50mm MACROに比べるとオートフォーカスが速いですね。 合焦の精度もこちらのほうが高い感じです。 詳しいところはこれからチェックしていくとして…、とりあえずの撮影結果はこんな感じでした。

F4.0、1/80s、ISO1250
(現像時の調整)+0.67EV、WB=昼光色蛍光灯



F2.8、1/80s、ISO800
(現像時の調整)+0.67EV、WB=昼光色蛍光灯
EVFで見ながらDMFでピント合わせをしていると、ピントが合うのはほんの一瞬! 開放だとボケが凄いですが、これは難しいですね、手持ちでは無理かも…



F11.0、1/13s、ISO1600、0.00EV
(現像時の調整)+0.67EV、WB=昼光色蛍光灯
絞り込んで、全体像をわかりやすくしたもの。 シャッタースピードを稼げないためISOがあがってしまっていますね。 これでもやっぱりピント合わせは難しい…



F2.8、1/80s、ISO1250
(現像時の調整)+0.67EV、WB=昼光色蛍光灯



等倍拡大すると、「El Primero」の文字列でもピントが合っているのはごく一部。 こりゃぁ難しいぞ…。



F2.8、1/80s、ISO1600
(現像時の調整)+0.67EV、WB=昼光色蛍光灯



違う時計も撮影してみました。
光源の方向とかガラスへの反射などは何も考えずにとりあえずの撮影です(← 言い訳)。
こちらは文字盤が黒なので余計にピント合わせが難しかった…(← 更に、もの凄い言い訳)。

F11.0、1/25s、ISO1600
(現像時の調整)+0.33EV、WB=昼光色蛍光灯



F11.0、1/8s、ISO1600
(現像時の調整)+0.33EV、WB=昼光色蛍光灯
シャッタスピード遅すぎが原因とはいえ、ちょっと間違うとこんな感じでボケボケです。



F2.8、1/80s、ISO800
(現像時の調整)+0.33EV、WB=昼光色蛍光灯
「TAG Heuer」のロゴに合わせてみましたが、ちゃんと合わせたと思ってもこの程度ですけどね…。



みんカラの縮小版ではよく見えないと思いますが、オリジナルだと等倍拡大しなくても文字盤の右上(5分と10分の間のあたり)にはヘアラインが入っているのが見えます。 このあたりは凄いかも…?



F2.8、1/50s、ISO1600
(現像時の調整)+0.33EV、WB=昼光色蛍光灯
クロノグラフの左右の文字盤、ピントが当たっているところと当たっていないところの差がかなりありますね。 上手く使うことが出来れば気持ちの良い作品が出来そうですが、そこに達するのはいつの事か…、いや、出来るかどうか??




やっつけ仕事でサクサク撮影を進めた原因のひとつは、「何やってるの~?、ご飯はまだ~~??」と隣にピタッと張り付いて見学していたこのコのプレッシャーだったかも…(笑)?

F2.8、1/80s、ISO400
(現像時の調整)+0.33EV、WB=昼光色蛍光灯
シンク周りの雑然とした背景が写りこんでしまっておりますが…(悲)



F2.8、1/80s、ISO320
(現像時の調整)+0.EV、WB=昼光色蛍光灯
構図をきちんと考えれば綺麗にボケてくれそうですね。



F2.8、1/80s、ISO320
(現像時の調整)+0.33EV、WB=昼光色蛍光灯
トリミングして顔をアップにしています。



更に、等倍拡大。かなりシャープですね(だと思います…)。




撮影してみた印象は…、「難しい!」ということだけは理解できました(笑)
三脚も必要ですし、理論の勉強、そして何よりもまず実践あるのみ…かな。

このレンズの持つ凄さのほんの一部分でも表現できるようにちょっとずつ練習したいと思います~~



Posted at 2018/11/13 00:11:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | 写真 | 趣味
2018年11月10日 イイね!

人形浄瑠璃 文楽 11月 大阪公演! (2018/11/10 ~11)

人形浄瑠璃 文楽 11月 大阪公演! (2018/11/10 ~11)人形浄瑠璃鑑賞、久しぶりの大阪遠征です。













今回はこのような演目を2日に分けて楽しむ予定です。

11月文楽公演







いつものようにANAにて羽田空港から伊丹空港へ。

羽田の駐車場の予約サービスを利用しようと、空港を利用するときには毎回毎回、1か月前の予約開始時点に申し込んでいるのですが、最近は特に混雑が激しくて全く予約が入りません。 帰りのフライトの到着時間とリムジンバスのタイミングが合わずいつも空港でかなりの待ち時間があるのがネックなので、やっぱりクルマで行きたい、でも予約なしだといつ入庫できるかわからない…。

そこで今回は、かなりの高額なので躊躇しましたがP4駐車場の「個室」予約を利用してみることにしました。



1台1台のスペースにシャッターが付き、自分で暗証番号をセットして施錠します。



ここまでしてセキュリティに気を遣いたい訳ではないのですが(笑)、場所の確保のためにお試し利用です。 とはいえ、かなり高いのがネックなので、次回以降は使わないかも…。



ANAのラウンジで一休みして、搭乗です。
羽田=伊丹のフライトはいつも混んでますね。 今回は富士山側の席は指定できませんでした。





スムーズに伊丹空港に到着。

空港からなんばまでリムジンバスで移動し、遅めの昼食をとることにします。

千日前のお手軽な焼肉屋さんに入ってみました。
ランチセットはなんと680円。 それでも結構なボリュームがあります。 盛り合わせを追加でオーダーしましたが、こちらもクオリティがかなり高くて大満足。



時間に余裕があったので劇場に行く前にホテルにチェックインしちゃいます。 最近の定番、「ホテルサンルート大阪なんば」。
劇場まで徒歩で移動できる利便性、そして建物も新しくて部屋もまだまだ綺麗なので重宝しています。



久しぶりの国立文楽劇場。





観劇1日目は第2部(夜の部)を鑑賞します。

第2部 午後4時開演 
鶊山姫捨松 (ひばりやまひめすてのまつ)
  中将姫雪責の段
  
初めての演目です。
そこまで「忠」を貫く必要があるのかと思わせるほどけなげな主人公のお姫様の美しさとと、そのお姫様を虐める継母の冷酷さの対比が凄いですね…。



2本目の演目はこちら。

近松門左衛門=作
女殺油地獄 (おんなころしあぶらのじごく)
  徳庵堤の段
  河内屋内の段
  豊島屋油店の段

解説用のダイジェスト動画を準備したそうで、これは分かりやすいかもしれませんね。
【11月文楽公演】第二部「女殺油地獄」ダイジェスト動画

わりとメジャーな演目で、何回か観ています。 最後の「豊島屋油店の段」での油まみれの狂乱の場面が印象的ですが、冷静に考えるとあまりに身勝手な主人公、ここまで丁寧に描くことでその狂気に近い行動が際立って来る演出が見事です。



1日目が終了です。 気持ち良く寝ました(笑)。 ちなみに、気持ち良く寝る事が出来るようか語りや演奏ができると一人前と認められるとか…。 真偽不明ですけど(笑)


さて、夕食の時間です。 大阪遠征となると「どこで食事をするか?」を熱心に考える妻(笑)、今回はこんなお店をセレクトしたようです(← 完全に人任せです、ワタクシ)

ガストロテカ ビメンディ

スペインのバスク地方の料理を出すバルとのことですが…、どんな感じなのでしょうか?



大通りから少し入った路地にあります。 オシャレな外観ですね。
(ネットから転載)



まずは飲み物をオーダー。
スペインと言えば「カヴァ」でしょうということで(それしか知らない…)。



「バル」ですので、おつまみ的な料理があれこれ並びます。 メニュー名を見るだけでかなり美味しそう…。
馴染みのない料理や材料ですのでなかなか決まらないため、おまかせコースでお願いすることにしました。



アンチョビ・オリーブ・唐辛子のピンチョス、生ハム、タラのコロッケのオシャレなつきだしに始まり…



サバのマリネ。 分厚い身が美味! 押し寿司みたいですが、サバの下にあるのは豆です。



シーフードサラダ。 素材一つ一つが美味しいですし、プレゼンテーションがおしゃれですね。



明石タコのピルピル。 ピルピルというのは、ソースを乳化させるときの調理作業の音が「ピルピル」と聞こえるからだそうです…。



赤ピーマンにイワシを挟んだ料理。 ソースの色合いも合わせて、派手(笑)! 味も良く、目でも舌でも楽しめます。



生ハムのせとレバーペーストのせバゲット。 お酒が進みます(笑)



メイン料理、和牛の串焼き。 中がレアで、肉の味わいが楽しめます。 ソースも美味しくて、本格的にしっかりと調理されていて、食べていて楽しいですね~。



コースはここまで。 いや~、美味かった~、そしてコスパが高いです!

追加でデザートを頂きます。
ガトーバスクとチーズケーキ。 素材の味がストレートに楽しめ、こちらも旨い。



〆はエスプレッソ。
カップ&ソーサーがおしゃれ~。 細部にまで気を使っているのは素晴らしいです。



味も雰囲気も良かった!
細い路地を挟んだ反対側には系列のフォーマルなレストランがあり、しっかりとした料理も楽しめるようです。 再訪間違いなしですね~~



観劇2日目。
スタート時間が遅めなので、ホテルで朝食を食べてからのんびりと出発することにしました。



朝食はあまり期待していなかったのですが、種類豊富で味も良し!



もしかすると、今年何度も利用した新神戸の某大型ホテルの朝食よりも良いかも…??



徒歩5分程度で文楽劇場に到着。 気持ちの良い天気です。



楽しみましょう~





第1部 午前11時開演
蘆屋道満大内鑑 (あしやどうまんおおうちかがみ)
  葛の葉子別れの段
  信田森二人奴の段

初めて観る演目ですが、とても楽しめました。 現代の価値観とはかけ離れていますが、こんな状況になったら自分はどう行動するか? と置き換えて考えると…、決断が難しいですね。 そういうストーリーを敢えて創る作者の創造性、そして着眼点の凄さを感じます。




桂川連理柵 (かつらがわれんりのしがらみ)
  六角堂の段
  帯屋の段
  道行朧の桂川

何度か観ている演目ですが、今回は新たな発見が…。 主人公の長兵衛、かなりの自堕落なオトコだったということでした。 主人公なのに美化せずダメな奴はとことんダメに描ききるのが凄いです(爆)



観劇が無事終了。 東京に帰ります。

なんばからリムジンバスで伊丹空港まで移動して、遅めの昼食というか早めの夕食です。
伊丹空港が大幅にリニューアルされており、ターミナル内のレストランも新しい店が入っていました。
ざっとチェックしてから入ったのが、「かつくら」。
以前から入っていたお店ですが、丁寧な料理やしっかりとしたサービスで安心感があります。
「上州匠撰豚」のロースかつ。



わざと幅を違えて切ったカツ、味わいの違いを愉しめということでしょうかね…?
美味しかった〜、満足です。



ラウンジで出発時間まで時間調整し、定刻に搭乗。
大型機(B777-200)ですがそれでもほぼ満席。 約1時間のフライトはいつものように爆睡で、気が付いたのは着陸の時でした。



羽田空港には定刻に到着。
P4駐車場の個室サービス、帰りは自分でシャッターを開けてクルマを出すとのこと。



超絶広いスペース、かなりの大型車でも停められますが車路がかなり狭いので出し入れに苦労しますね…。 とはいえ、なんとも贅沢な駐車場でした。





【 おまけ 】
お世話のためにシッターさんに合計3回来て頂いているので安心でしたが、今回も一人のお留守番を頑張ってもらいました。
(Photo by シッターさん)


(Photo by シッターさん)



動物行動学を学んでいるシッターさん、今回は「お手」の練習をされていました。
(Photo by シッターさん)



教えている様子を動画撮影して頂いたのでアップしてみました。
結構しっかり反応して、なんとなく様になっているような…? ワタクシと妻では全く出来ません。 やっぱり専門家は凄いですね。





次回の大阪遠征は来年1月の予定ですが、演目が…。 これから検討します。


Posted at 2018/11/11 23:39:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 芸能 | 趣味
2018年10月31日 イイね!

【XV】 大台のキリ番 10,000km (2018/10/31)

【XV】 大台のキリ番 10,000km (2018/10/31)XVのキリ番、ついに大台の10,000kmです。









前回のキリ番は10月1日でしたので、ちょうど1か月での達成です。



納車が3月23日でしたので、7か月とちょっとで10,000kmを走行しました。 1か月で1,500km弱の走行ということで、ほとんどが通勤利用でした。
(納車日の記念撮影)



次の1,000kmでは、スタッドレスタイヤの購入を検討しています。 本格的に山登り&冬走行を楽しむ準備を進めたいと思います。
(イメージ写真)



もしかしたら来年からは走行距離がガクッと減る可能性があり、純粋な「遊びクルマ」になるかもしれませんので、今のうちにガッツリ走っておこうかと思います~




Posted at 2018/10/31 21:38:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | キリ番 【XV】 | クルマ
2018年10月23日 イイね!

いきなり決まったドイツ出張はハプニングの連続でした~! (2018/10/23 ~ 27)

いきなり決まったドイツ出張はハプニングの連続でした~! (2018/10/23 ~ 27)「大事な会議を開催するから、ドイツに来るように!」と本社の上層部から連絡があったのが会議開催日から約10日前…。






出発間際の航空券手配は非常に高い種別のチケットしかなく、希望の航空会社やルートが取れないことも多いのですが仕方がありません。 会議日程が二転三転したため手配をするタイミングがさらに遅れ、結局フライトを押さえたのは出発の一週間前だったため、状況は余計悪化していました…。

会社指定は「プレミアムエコノミー」ですが、ミュンヘン直行便はどの航空会社もほぼ全滅。経由便ですらANAはすでに満席で、僅かに空きのあるビジネスは85万円以上…。

ルフトハンザは席が確保できるものの60万円近くかかります。 この金額を出せば他の航空会社だったらビジネスでも乗ることができますね…?




ということで、「経由地は1か所、ルフトハンザの料金程度で確保できる」という条件でビジネスクラスを探しました。 最終的に決まったのがこちら。

LOTポーランド航空



馴染みのない航空会社ですが、国営会社でスターアライアンスにも加盟しています。 使用する機材もB787-8もしくはB787-9ということで安心ですね(希望的観測…)。
Wikipedia情報はこちら



残り2席ほどの危ういところでしたが、「成田 ~ ワルシャワ ~ ミュンヘン」という行程にて予約を確定させました。

ビジネスクラスはこんな感じ。 一世代前の感じもしますが、フルフラットはありがたい。



前回のドイツ出張はコペンハーゲン経由、そして今回はワルシャワ経由。
トランジットとはいえ様々な国の横顔を見られるのは旅の楽しみですので、これはこれでアリですね。 初めて訪れるポーランド、そしてワルシャワ。 異国の響きがします(笑) 。 知っている事といえば学校で習った「ワルシャワ条約機構」位です…。


3泊5日のスケジュールぎっしりの出張ですが、初めて訪れる国に楽しみを見出そうと思っておりましたが…、出発の12時間前、夜9時頃に見知らぬ発信先からショートメッセージが飛んできました。
ふと見ると…、なぬ??



フライトが変更になった?? 理由はわかりませんが、とりあえず搭乗予定便は飛ばないようです…。 そして、フライトは25日に「変更(Changed)」…? キャンではなくて変更?
それにしても、25日って…、会議はすでに終わっている日です(汗)

後でわかったことですが、LOTポーランド航空のパイロットのストライキが原因で欠航になったようでした。 タイミングが悪かったですね…。


さあ、ここからが大変。
ポーランド航空にメールで状況確認、そして「23日にミュンヘンに到着しないと困る。 便の振替をお願いしたい。 出来ないのなら往復ともすべてキャンセルして欲しい」と依頼します。



自動返信メールが来ましたが、ポーランド語は読めません(笑)



すぐに予約変更が出来るはずもないので、念のため他の航空会社のフライトを押さえることにします。 スカンジナビア航空(SAS)の予約を入れる事が出来ましたが、帰国便は当初予定のよりも2日後の便しか取れませんが、仕方がありません。
とりあえずドイツにいる上司に電話で確認し、その日程のOKをもらって仮押さえしました。



荷造りや仕事の準備もまだだったのでここから開始し、すべて終わったのは深夜2時…。
相変わらずポーランド航空からは返事が来ないのでとりあえず寝ることにしました。


翌朝…。 起床してすぐにメールをチェックしたところ、LOTポーランド航空から「本日出発のブリュッセル経由のANA便に振り替えたよ」とのメッセージが! 本当?? 半信半疑でしたが、とりあえず出発時間に合わせて成田に向かうことにします。 あ…、SASのフライトのキャンセルもしないと!




いや~、ドタバタでした…。 本当に行けるのかな…、と半信半疑なまま自宅からタクシーで東京駅に移動です。
今回初めてJPN TAXI車両に乗りました。 タクシーの用途に特化しているだけあって運転席周りの使い勝手もよさそうでした。



後部座席が広々して乗りやすく、小さめのスーツケースであればここに持ち込めます。



東京駅から成田エクスプレスに飛び乗りました。





今回の撮影は基本的にRX-100にて、そしてスマホでの撮影もかなり混在しています。



成田到着。
とりえあずポーランド航空のチェックインカウンターに向かうと、そこには全く動かないエコノミークラスの乗客の長蛇の列が…。



ワタクシは今回ビジネスクラスでしたので、そちらのカウンターで係員に確認したところ、係員は、「システムが止まっているので何も確認できないんですよ…。 いつ復旧するかは未定です」との回答。

数時間前に「ANAに振り替えた」とのメールをもらったと説明したところ、「そうであればANAに振替になっていると思われますので、ANAでチェックインしてください~」との事。 とりあえずこれで出発できそうです。



今回はビジネスクラス、しかも間際の手配だったため予約クラスが高いものだったこと、加えてスターアライアンスのゴールドメンバーだったため優先的に振替を行ってくれたのだと思われます。 高いお金を払ってANAのSFCをキープしていて良かったと思った瞬間でした…。

搭乗予定だった皆様、無事に振替が完了したのでしょうか…??


ANAのカウンターでチェックインをさくっと済ませ…



ボーディングパスをゲット!



セキュリティチェックと出国を済ませて…



ANAのラウンジに向かいます。





朝食をしっかり頂きます。



ボリューム的には昼食レベルかな(笑)?






出発です。



NH231 成田(10:50) → ブリュッセル(15:50)
B787-8
予定飛行時間は12時間00分。



ANAの長距離国際線のビジネスクラスは2回目。 前回利用したB787とはシート配列が少し違っていますが、こちらも半個室の快適なシートです。 ポーランド航空よりもかなり良いかも…。



シート配列の都合上、今回の席は2席分の幅を独り占めできる贅沢なポジションでした。



食事も豪華。
ウェルカムドリンクに始まり…、食前酒とアミューズ。



和食をチョイスしました。



刺身が食べられるのは贅沢ですね。



メインは奉書焼。



チーズと赤ワインを楽しんで…



デザートで〆です。 ご馳走さまでした~



シートをフラットにして4時間ほど寝る事が出来ました。 楽ですね~
目覚ましに一風堂の味噌ラーメンとアイスクリーム。



そして、到着前の朝食(昼食?)も和食をチョイス。



快適なフライトでした。

初めての訪問国となるベルギー、そしてブリュッセル。
乗り継ぎが1時間半ほどしかないので空港のターミナルから出る事が出来ませんが、雰囲気がとてもオシャレでした。



ビールも有名ですし…



チョコレートも。知らないブランドも沢山ありました。



そして、本当に偶然だったのですが、以前に来日したドイツ人のRomanに教えてもらった「レクサス・ラウンジ」も体験する事が出来ました。



今年の4月にオープンしたとのことですが、オシャレな内装でレクサスのイメージ向上に寄与しそうです。







書斎をイメージしたエリアでしょうか。



LF Aのミニチュアなど。



壁面にパーツを埋め込んだオブジェなどもイイ感じです。



ただし…、航空会社のビジネスクラスラウンジ内の一角を使用しているため、ここが何なのか気付かないで利用している人のほうが多い感じでした…(汗)。 写真を撮っていたのはワタクシくらいでしたので…。

次のフライトまで時間がないので、ベルギービールをサクッと飲んでそそくさとラウンジを後して搭乗です。





LH2289 ブリュッセル(16:55) → ミュンヘン(18:10)
予定飛行時間は1時間15分。



EU域内ですがビジネスクラスはしっかりとした食事が出ます。



ミュンヘン空港に到着!
空港からホテルまでタクシーで1時間強のアウトバーンの移動です。
そして、ホテルにチェックインしたのが午後10時頃。
(翌朝撮影した写真)



歴史が感じられる部屋(笑)。 清潔で良い感じです。



時差ボケで早めに目が覚めた翌朝、ホテルのレストランでの朝食からスタートです。



シンプルながらクオリティの高い食材が並びます。



やっぱりハムやソーセージが美味しいですし、パンもイイ感じ。





さて、仕事に向かいましょう~~
仕事内容はサクッと割愛して……

ランチタイム! 会社のカフェテリアでシンプルに。



睡魔と闘いながら午後の仕事も何とか終えて…

ディナータイム!
ホテルからレストランまで徒歩10分弱の散歩を楽しみます。







ドイツ料理ではなくてイタリア料理ですけど…



ビールは美味しい(笑)



ガッツリ食べて(楽)、ガッツリ仕事の話をして(悲)…





これにて1日目終了です。

2日目、朝食からスタート!



出張ブログのはずですが、ほぼグルメブログですね(笑)



仕事に出発!



本日はドイツ人上司のマイカー(BMW)での移動です。 ドイツ人には慣れたアウトバーンを気持ち良く飛ばしていきます。 あっさりと200km/hを突破!



オフィスに到着です。
ミーティングルームの窓からは隣地の馬の厩舎と放牧エリアが見えます。 のどかです(笑)



ランチタイム! 鴨のロースト。
ドイツ料理のオシャレなレストランでしたが、本社の人事責任者と2人きりで仕事の話をしっぱなしの1時間でしたので味わう余裕はありませんでしたね…。



午後の仕事は睡魔に負けつつもなんとか終了~

ディナータイム!
本日もイタリア料理でした(汗)
とはいえ、こちらのレストランは既に何度も利用していて味も良いのを知っているので料理を楽しむ事が出来ました~



パスタと…



ローストポーク。
店内にある薪のグリルで焼くので香ばしさが引き立っています。



2日間の仕事が終了し、明日は帰国日です。
帰りは当初の予定通りのLOTポーランド航空、ワルシャワ経由便です。 キャンセルの連絡は来ていないので大丈夫でしょう…。

翌朝、帰国日です!
ホテル出発時間が6:00のため、朝食なしで移動します。

そこそこの通勤渋滞がありましたが無事にミュンヘン空港到着。
ポーランド航空のチェックインカウンター(ルフトハンザが代行)でチェックイン。



ボーディングパスも受け取ったので間違いなくワルシャワ経由で帰れそうですね(まだ疑っていますが…)。



BMWのおひざ元、ターミナル内には新しい8シリーズが展示されていました。



まずは朝食。 日本の高島屋にも出店している「ダルマイヤー」のレストランがあります。



サンドイッチ、美味いですね~~



まだ時間に余裕があるのでとりあえずルフトハンザのラウンジへ移動して、メールをチェックしたりみんカラやSNSをチェックしてのんびり過ごします。



そうだ、ドイツに来たのにプレッツェルを食べていなかった! ということでこちらで一つ食べておくことに(笑)



さて、そろそろワルシャワ行の便への搭乗時間だなと思っていたらショートメッセージが飛び込んできました。
んん…、嫌な予感が…。



予感的中…! ワルシャワ→成田のフライトがキャンセルになったとの事です。 なんと、 このタイミングで~~(悲)?

メッセージに記載のあるコールセンターに電話したところ、英語対応の窓口からは「あなたの前には37人待っているから、あなたの順番までちょっと待っててね~」と機械音声が返答してきました…

仕方がないのでワルシャワ行の便のゲートに行って係員に相談します。 たまたま日本人の方がいたので詳しく状況を教えてもらったところ、ミュンヘン→ワルシャワ便は運行するがワルシャワ→成田便が欠航とのことで、ミュンヘンから日本に帰るために振替便を用意するということでした。

ANAの便に振替が可能そうだとのことでしたが、エコノミークラスしか空いていない模様…。
え~、せっかくのビジネスなので経由便などを探してもらいましたが、最終的な予約確定と発券はルフトハンザのラウンジにある端末でないと入れられないとのことで、またラウンジに逆戻りです…。



ラウンジの係員のお姉さまにあれこれ調整して頂いて、ANAのミュンヘン→羽田の便の最後の1席のビジネスクラスにねじ込んでもらいました。



チケットの発券も無事終わり、これで帰れるはず! 助かった~~



ということで、帰りもANA。 結果オーライ…(笑)?
ただし、出発が午後9時過ぎなので、これから10時間、ヒマつぶしをしなければならなくなりました。

ラウンジにいても仕方がないので、空港を出てミュンヘン中心部に観光に出かけることに。
ターミナルを出て、まずはスタバでスマホの充電。 充電セットを肌身離さず持ち歩く重要性を身に染みて感じました…



既に3度目のミュンヘンですので移動などもスムーズです。



リムジンバスで約1時間、ミュンヘン中央駅に到着です。





ヨーロッパの駅はオシャレですね。



みんカラ繋がりの鉄ちゃんの方々用の写真を撮り…







市街地を散策です。
いかにもヨーロッパの風景ですね。





前回の出張の際に観光済なので教会などはパスして…
マリエンプラッツで記念撮影。



ちょっと遅めのランチ、今回もまた「ダルマイヤー」にしました。 ハズレがないので安心です。



雰囲気がとても良く、気持ち良く過ごせます。 サービスもとてもスマート。



まずはのどを潤し…



ロブスタースープ。 濃厚な味わいです。



メインはディープフライドチキン。 さっぱりとした味。



デザートはザッハトルテ。 こちらはかなり濃厚です。



エスプレッソも濃厚。 ご馳走さまでした。



ノンビリと食事を満喫するとそろそろ空港に戻る時間になりました。
観光というよりランチのための半日でしたね(笑)


空港に戻り、ANAのカウンターでボーディングパスを受け取ります。
このフライトはキャンセルにはならないはず(笑)



本日2度目のセキュリティチェックを受け、これまた本日2度目のルフトハンザのラウンジで時間調整。



ラウンジ内でシャワールームを使い、これからの12時間の旅に備えます。



シャワーの後は、ドイツの味を名残惜しんでソーセージの軽食を。 今日何回目の食事でしょうか…(苦)



さて、フライトです。



NH218 ミュンヘン(21:25) → 羽田(15:50, +1)
B787-9
予定飛行時間は11時間00分。
往路とは違う機材ですのでシートもちょっと違う仕様。



ウェルカムドリンクを頂き…



アミューズ。 お酒は控えて緑茶のみ。



帰路も和食を選びました。







食事を終え、シートをフラットにして4時間ほど寝ます。



アイスクリームとコーヒーを頂いてリフレッシュ。



「水曜どうでしょう」や「M-1グランプリ」などを観ているとあっという間に2回目の食事のタイミングです。
こちらも和食を選択。



長かった空の旅もそろそろ終了です。

羽田便ですので帰宅が楽です。 リムジンバスでTCATまで、そしてタクシーで帰宅。




最初から最後までLOTポーランド航空に振り回された感がありますが…、出張の中身としては当初の目的はなんとか達成できたと思います(思うようにしています)。
一応、「出張(お仕事)ブログ」のはずですが…、食レポブログとなってしまってましたかね…(笑)


Posted at 2018/11/02 23:53:45 | コメント(6) | トラックバック(0) | 旅行・出張 | 旅行/地域

プロフィール

「@ホワイトカーズ(旧白のGSF) さん、なんですと? ベスト更新? おめでとうございます~! 過ごし~
あんまり速くなりすぎないようにお願いします~(笑)!

何シテル?   11/19 11:39
2014年モデルのLEXUS IS F DST CCS-P Stage-2 (スターライトブラックガラスフレーク)でFSWでのスポーツ走行を楽しんでます。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

【お知らせ】『フォロー』機能のリリースについて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/15 21:38:39
H3Y オートアクセサリー SUBARU隙間クッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/21 14:18:08
maniacs シートポジションメモリーステッカー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/21 10:31:04

お友達

お友達登録は原則として直接お会いした事のある方、もしくはみんカラや他のSNSなどを通じて頻繁にやり取りをさせて頂いている方のみに限定しております。 悪しからずご了承ください。
150 人のお友達がいます
紺だけど銀紺だけど銀 * manta39manta39 *
五味康隆五味康隆 * HKS OFFICIALHKS OFFICIAL *みんカラ公認
axispartsaxisparts *みんカラ公認 澤 圭太澤 圭太

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス IS-F IS F DST CCS-P Stg-2 (レクサス IS-F)
2017年3月18日(土)納車。納車時走行距離 19,245km。 2014年モデルのL ...
スバル XV スバル XV
SUBARU XV 2.0i-L EyeSight 2018年3月23日(金)納車。 ...
フィアット アバルト・595 (ハッチバック) フィアット アバルト・595 (ハッチバック)
595 COMPETIZIONE 2016年7月9日(土) 納車。 2018年2月26日 ...
レクサス IS-F レクサス IS-F
2013年9月14日(土) 納車。 2017年3月14日(火)売却。 念願だったサーキッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.