• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

べるぐそんのブログ一覧

2018年09月16日 イイね!

ローカル列車・バスに揺られて満願霊場への旅 その2

ローカル列車・バスに揺られて満願霊場への旅 その2ローカル列車・バスに揺られて満願霊場への旅 その1 からの続きです。



列車を降り、ここからはバスで目的地へ向かいます。

元は名阪近鉄バスの路線でしたが、民間では維持できなかったのか現在は揖斐川町のコミュニティバスとして運行されています。


バスに乗り込みます。


僅かばかりの乗客を乗せ、バスは走り出しました。

これだと民間企業での路線の存続は到底維持できないと痛感しました。

個人的には高齢者や交通弱者の為に地方の公共交通機関はなくしてはならないと思うのですが、利用される方が少ないと状況は厳しいですね。


30分ほどバスに揺られ、目的地に到着しました。

コミュニティバスということで、運賃は200円という安さです。


私以外にもここで降りられた方はいらっしゃったのですが、平日のせいかバス停横の広い駐車場は閑散としていました。


ここでちょっとした誤算が発覚。

バスは目的地のすぐ横まで行ってくれると思っていたのですが、かなり離れたところまでしか行かなかったようです。

仕方がないので歩きます。


参道のあちらこちらにポスターが掲示されていて、よく見てみるとこんな催しが行なわれるようです。

面白そう!!


歩けど歩けどなかなか着かない。

お昼も過ぎていたのでご飯を食べようとしてまたハプニングが発生!!

参道には沢山のお店が並んでいるのですが、平日だからか見事に全部閉まってる。

これはもしかしてお昼ご飯抜きなのか~


半ば諦めた頃に、やっと一軒開いているお店が!!

先に食べようか後に食べようか悩んだ末、念の為お店の人に何時まで開いているか確認したら、もうそろそろ閉めるとのこと。

聞いてよかった~


迷わずお店に入ります。

店内には私以外に高齢のご夫婦が一組いらっしゃいました。


何を食べようか考えた末、鮎のお刺身定食を注文。

運ばれてきた食事を見てビックリ!!

鮎がまだ動いてました。

命を頂くことに感謝します。


食事を終え、また歩きます。


そしてやっと到着しました。


立派な門構えです。


だがしかし

門をくぐるとまた見渡す限り先まで参道が続きます。


ひたすら歩きます。


そして最後に長い階段。


まもなく本堂です。


立派な本堂で手を合わせます。

日頃の感謝、そして病気や怪我で苦しんだり辛いを思いをされていらっしゃる方が少しでも楽になるように、台風や地震などの災害に見舞われた方が少しでも早く日常を取り戻せるようにお祈りしました。


お参りを済ませ、また参道を戻ります。


同じところを通っても、行きと帰りで風景が違って見えます。


わびさびを感じ、心が落ち着きます。


来た道をまたひたすら歩き


今度はバス停を越え


こちらまでやって来ました。


名鉄谷汲駅。


改札を抜け


ホームに向かい


列車に乗って帰ります。


と、いきたいところなのですが・・・


この路線、平成13年に廃止されてしまいました。


今は駅と車両が保存されています。

兵どもが夢のあと。


半鋼製車の温かみのある車内。


もう二度と動くことはありません。


この路線が、生きているうちに乗ってみたかった。


こちらにはもう1両車両が保存されています。


駅全景。


プツリと途切れた線路。


もしこの路線が名鉄の路線ではなく近鉄の路線であったなら、もしかしたら形を変えてでも現在まで存続していたのでは・・・

ついそんな思いが頭をよぎります。

あくまでもたらればの話です。


バスに乗り帰路につきます。

帰る時間に同じところに向かうバスがなかったのと、違った経路で帰りたかったのとで、行先の違うバスに乗ります。


行きのバスより乗客がいました。

距離が行きより短い為、運賃は100円でした。


駅に到着です。


駅前には客車が保存されていました。


とても良い雰囲気の駅で写真を沢山撮りました。


この鉄道は電化されておらず、電車は走りません。

ディーゼルカーとこの駅をカメラに収めたら、さぞかし良い写真が撮れるだろうと期待していました。

しかしまたここでハプニングが・・・

いざ列車が来て写真を撮ろうとしたら、シャッターが切れません。

バッテリー切れでした・・・

やはり私、何かを持ってます。

というわけで、途中駅での写真です。


単行の列車で、最初は乗客も多くなかったのですが、途中からは沢山の乗客が乗って来ました。

これでもまだ沢山降りたあとです。


終点の大垣駅で降りると、今度は乗車待ちの長い列が。

せめて2両編成にするわけにはいかないのでしょうか。


ここからはまた養老鉄道に乗車します。

写真はありませんが、帰りの列車は3両編成いっぱいに乗客がいました。

なんだかホッとしました。

暫く廃線になることはないでしょう。


旅のスタート地点に戻ってきました。


ここでもうひとつやっておきたいことがあったので駅から出ます。

駅前のバスターミナルは、発着するバスで賑わっていました。


やって来たのは少し離れたところにあるこちらの駅。


こちらでも販売されていた硬券入場券を購入します。


今回は時間の都合で乗車することはできませんでしたが、列車の写真だけ収めました。

こちらの三岐鉄道北勢線は元近鉄の路線で、全国的にも珍しいナローゲージの路線です。

乗務員と比較して、車両の小ささがお分かりになるでしょうか。


駅員さんに撮影させて頂いたお礼を言って駅をあとにします。

実はまだこのあと家に帰るまでかなり時間がかかるので、夕食をとることにします。

お店は事前に調べて決めていました。

やはり名物の焼き蛤を食べないわけにはいかないでしょう。

お店までの道のりを少し歩きます。


到着してお店に入ると、店員さんから18時までですけど宜しいですかと無情の言葉が。

時計を見ると17時45分。

あえなく撃沈し、お店をあとにしました。

駅前はまあまあ開けてはいるのですが、以外にも飲食店が少ない。

やっと見つけて入ったのがこちらのお店でした。


なぜだか急に天丼が食べたくなり注文。

適当に入ったお店で正直あまり期待していなかったのですが、なんのなんの天ぷらがさくっとしていてとても美味しかったです。


夕食をとって、また長い道のりを帰りました。

この日養老鉄道に乗車するのに購入した1日乗車券。

長い距離を往復する場合は、普通乗車券を購入するよりこちらのほうがお得です。


そして私の力は微力ですが、少しでも養老鉄道に寄与できればと購入した記念乗車券。


中身は硬券の切符がセットで入っています。




こうして今回の旅は終わりを迎えました。



でもまだ日本には行きたいところが沢山あります。



帰って来たばかりですが、もう次の旅のことを考えています。



人生の時間には限りがあります。



最後の時を迎えた時、けっして後悔をしないような人生を歩みたいと思っています。



ですので私の旅はこれからもまだまだ続きます。



最後までご覧くださり、ありがとうございました。
Posted at 2018/09/16 21:35:00 | コメント(15) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月14日 イイね!

ローカル列車・バスに揺られて満願霊場への旅 その1

ローカル列車・バスに揺られて満願霊場への旅 その1早朝夜明け前に家を出て、以前から行ってみたかった旅をしてきました。

今まで何度か訪れようとしたのですが、天候に恵まれなかったり体調が思わしくなかったりで、何度も断念していたのですが、生憎の天気予報だったものの少し体調は改善し、またいつ行けるかもわからないので強行してきました。

今回の旅はただ目的地を訪れるためのものではなく、道中の列車や・バスに揺られるのも大きな目的のひとつだったので、敢えて目的地からは遠回りした地から始まります。

昭和の時代が色濃く残る、一定年齢以上の方には懐かしく、そして若い方には時代を感じさせるような、そんな旅になったので、もし宜しければお付き合い頂けたらと思います。



まず最初は、この地から旅が始まります。

ある地方にお住まいの、私より上の世代の方の中には、この列車を見て懐かしく思われる方もいらっしゃるかもしれません。


最初の行先はこちらです。


この列車を見てピンと来た方もいらっしゃるかもしれません。

元近畿日本鉄道の車両です。


この鉄道、養老鉄道という鉄道ですが、元は近畿日本鉄道の養老線で、平成19年に分離されました。


定刻に列車は発車しました。

朝の時間ですが乗客は疎らです。


この路線は全線単線なので、駅で対向列車と行き違いします。

雨脚が強くなってきました。


途中一番乗客の少ない区間では、車内はこんな感じになってしまいました。

地方ローカル線の経営の厳しさが垣間見えます。


民家の少ない山間部を走る列車。


行き違いを繰り返しながら先へ先へと進みます。


雨の中をひた走ります。


列車はやがて街中へとやってきました。


車庫に眠る元近鉄の車両に隠れ、10月から順次置き換える元東急の車両が一瞬見えました。


手始めに、一番左に写る編成が廃車にされてしまいます。


そうこうしている内に終点に到着しました。

乗って来た列車はまた折り返していきます。


ここでまた列車を乗り換え目的地へと向かうのですが、滅多に訪れることのない地で折角なので、直接向かわずにちょっと寄り道します。

左奥に停車している列車に乗ります。


この列車です。


行先を見て、ピンとくる方もいらっしゃるかもしれませんね。


車内はこんな感じ。


運転席。


実は今から乗車する路線は東京-神戸間を結ぶ東海道本線の一部なのですが、通称美濃赤坂線といわれる支線です。

運行本数も少なく、滅多に訪れることもない地なので、少し寄り道をして終着駅の美濃赤坂駅周辺をカメラに収めようと思いました。


僅かばかりの乗客を乗せ、列車はまもなく発車します。


と、思ったのですが定刻になっても列車は発車しません。

どうしたのかなと思っていたら車内アナウンスがあり、接続列車が遅れているので発車を遅らすとのこと。

そう、次の美濃赤坂行き列車は2時間14分後までありません。

流石に出発するわけにはいかないと思うので、仕方がないのでそのまま発車を待ちます。


やがて列車は遅れながら走り出しました。


そして終点美濃赤坂駅に到着です。


しかしここで問題発生!!

発車が遅れたおかげで折り返しの列車はすぐに、発車時刻になってしまいそうです。

慌てて古い駅舎の撮影をします。


時間がないので周辺の町並みの撮影もできず、駅舎から列車の写真を撮ってすぐに戻ります。


なんとか間に合いました。


列車に乗るとすぐに発車し、後追いで撮影していると西濃鉄道の機関車が確認できました。


JR大垣駅まで戻ってきました。


大垣駅前で少しバスを撮影。


それからまた養老鉄道に乗車し、目的地に向かいます。


今度は来たほうと逆のほうに向かう列車に乗車します。


車内には昔懐かしい、今ではすっかり見なくなった扇風機が。


まもなく列車は発車しました。


また行き違いをしながら先へ進みます。


自転車ごと列車に乗る長閑な風景。


終着駅に到着。

これで養老鉄道完乗です。


平成も終わろうかという現在に、こんな有人駅が残っていて感激です。


硬券の切符(おわかりになるでしょうか?)を発売しているということなので、訪れた記念と微力ながら養老鉄道の収入に貢献する為、入場券を購入しました。


駅舎の外観も、ノスタルジーを感じさせます。


ここから先はバスに乗り、いよいよ目的地へ向かいます。






ローカル列車・バスに揺られて満願霊場への旅 その2へ続きます。
Posted at 2018/09/14 21:47:00 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月29日 イイね!

夏の終わり、夕日に染まる入道雲

夏の終わり、夕日に染まる入道雲病院からの帰り道、ふと空を見上げると、夕日に染まった入道雲が青い空にそびえていました。

あまりに印象的だったので、家に着いてカメラを持ち出し何度もシャッターを切りました。

このブログの空に浮かぶ雲は、魅せられたひとつの入道雲に焦点を絞り、何度も何度も撮影したものです。



電線とアンテナの向こうにそびえる入道雲。


どんどん空に向かって登って行きます。


もくもくもくもく煙のように登って行って、端は徐々にかすれていきます。


雲の中腹。


登りきった雲は、やがて青い空と同化し見えなくなります。


子供の頃、雲に乗りたいと思ったのは私だけではないはず。


赤い雲や黒い雲。


幾重にも重なる雲を拡大。


その姿はまるで十二単のよう。


日本一高いビルも、日本一高いタワーもとても及ばない雲の最上部。


雲を眺めながら、何の形に似てると思いを馳せた遠い昔。


赤い雲に迫る黒い雲。


赤い雲も黒い雲も、形を変えやがて消えゆく。


黒い雲の下では、雨は降っているのでしょうか。


雲がもくもく競り上がる。


今年の夏は、例年になく暑い夏となりました。


豪雨も多い夏でした。


台風も多い夏でした。


そしてまだ台風はやってきそうです。


これ以上被害がでないよう、切に願います。


今年の夏は何か思い出ができましたか?


思い出がないのもまた思い出。




私は嬉しかったこと、楽しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと、沢山の思い出ができました。



そんな平成30年の夏も、やがて終わりを迎えます。
Posted at 2018/08/29 21:00:03 | コメント(17) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月26日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【ネクセン冬用タイヤ】

Q1. 希望タイヤ ①WINGUARD ice2 ②N'blue 4Season ※サイズも教えて下さい
回答:②N'blue 4Season 165/50R16

Q2. ネクセンタイヤをご存知でしたか?
回答:使用したことがなく、よく知りません。

Q3. 昨シーズン装着してい冬用タイヤは?(ブランド、銘柄)
回答:今まで冬用タイヤを使用したことがありません。

この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【ネクセン冬用タイヤ】 について書いています。
※質問項目を変更、削除した場合、応募無効となる可能性があります。
Posted at 2018/08/26 19:37:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年08月09日 イイね!

古都散歩

古都散歩先日古の都を訪れた時、夏の夜に催しが行なわれることを知りました。

行ったばかりなのでどうしようかと思案したのですが、迷ったら行動するということで再訪しました。

行ってみると想像以上に素晴らしかったので、皆さんにもご紹介したいと思います。

かなり写真の投稿枚数が多いですが、後半になるほど皆さんに楽しんで頂けるのではと思います。



思った以上に早く到着したので、夜になるまで古都の街を散策します。

まだ太陽が燦々と降り注いでいたので、アーケードの下を歩きます。


商店街をぷらぷらしていると、にゃんこグッズショップ発見!!

思わず吸い込まれてしまいました(笑)


長ーい商店街を通り抜け・・・


古い街並みへとつづく道。

ここにもにゃんこグッズショップが!


せっかく来たので街並みの散策だけでなくこちらに入ってみます。


入館は無料、冷房が効いていて様々なものが展示されていて気持ちよく過ごせました。


再び街を歩きます。


目の前に現れた神社。


狛犬。


趣のある街並み。


今月、このような催しも行なわれるようです。


あちらこちらに無料の施設も点在しています。


面白そうな路地が沢山あります。


1日街並みを巡っても楽しそう。


ふと橋の下を見下ろすと・・・


突然目の前が開けました。


歩き疲れてしばしベンチで休憩。


ハトが沢山いて、人馴れしているのか足元まで寄ってきます。


風が心地いい。


夜になる前に早めのご飯を食べます。

街の洋食屋さん。


選んだのはピラフ、1600円ナリ。

どんなものが出てくるのかと期待していると、こんな感じのものが出てきました。

見た目も食感もリゾットのような感じですが、とても美味しい。

使われてる食材も高級だと感じるもの。

肉もステーキ用と思しきもので、ピラフとしては新食感で食べてみる価値ありです。


食後魅惑の路地裏を散歩しながら


こちらの場所にやってきました。


階段では既に準備が整っていました。


私と同じ目的の場所に向かうであろう方々。


夕暮れに黄昏ていると、黄昏ている皆さん多数。


そろそろ最初の会場へと歩を進めます。


五重塔


既に大勢の人が来ていました。


催しが行われる会場がとてつもなく広いので、暗くなるのを待たず次の場所へ向かいます。


創建1250年を迎える大社。


平日にもかかわらず、もの凄い人波とどこまでも続く夜店の屋台。


長い参道を通り抜け・・・


次の場所へ到着しました。


私のカメラは高感度が得意ではなく、この辺りまでやって来た頃にはカメラの画像よりかなり暗くなっていたので、写真にはかなりノイズがのっておりお見苦しいかと思いますが、雰囲気だけでも感じとって頂けたら幸いです。


最近はイルミネーションといえばどこでも電飾が多いですが、ここで足元などに灯されているのは全てロウソクの灯りです。


ロウソクの柔らかな光が、あたりを薄らと灯します。


やがて夜のとばりがあたりを包みます。


夕暮れの池、ボートで愛を囁きあう・・・と思ったら、一組は家族連れ、もう一組は男性二人でした。


幻想的な夜が始まります。


暫くお付き合いください。
















けっこうな坂道を上がって次の場所へ。


坂を上りきると次の会場。


空が明るく見えますが、この頃には既に暗闇に包まれていました。


漆黒の闇の足元を、淡く照らすロウソクの炎。


ロウソクの灯りに導かれるように進んで行きます。


あちらこちらに置かれている協力金募金箱。

もちろん協力させて頂きました。

この催しは、無料でボランティアの協力の元行われています。

催しでも災害に対する援助でも、口先だけでなくちゃんとできることを行動したいと思います。


また次の場所へ向かいます。


この辺りがメインの会場になるのでしょうか。


ここからはちょっと特殊なフィルターを装着して撮影してみます。

皆さんおわかりになって頂けるでしょうか。






闇夜とロウソクとシカ。


こちらで小休止。


ここからクライマックスです。

スピードライトはいっさい使用していません。

ノイズと画像の粗さはご了承ください。






























こちらで行なわれていた一客一燈、これも参加させて頂きました。






夜空に大接近していた火星が見えました。


散策しながら違う道を通って帰路につきます。
















今日8月9日は長崎に原子爆弾が投下された日です。

ロウソクの灯を見ていると、お盆も近くお亡くなりになられた方への鎮魂のようにも感じます。


今年の燈花会は8月14日まで行なわれています。




お盆休みの間の行先として、考えてみられるのは如何でしょうか。



最後までごらんくださり、ありがとうございました。
Posted at 2018/08/09 20:00:00 | コメント(12) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「おはようございます(^o^)

申し訳ございませんが、本日22日・明日23日みんカラお休みさせて頂きます。

訪問やコメントの返信もできませんことご容赦ください。

宜しくお願い致しますm(__)m


何シテル?   09/22 03:06
べるぐそんです。N-ONEに乗っています。 旅行やドライブが好きですが、最近あまり行けていません。 皆さんのを見て行った気になっておきます。(笑) 音楽も...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

京の都の物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/29 13:35:29
上京物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/14 13:05:03
ヒストリーガレージ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/08 16:39:27

お友達

以前みん友さんで再登録された方、いつもイイね!を付けてくださる方、お会いしてお話しさせて頂いた方、BABYMETALがお好きな方等は、お気軽にご遠慮なくお誘いください(^_^)
1021 人のお友達がいます
北国のおっさん北国のおっさん * unimatunimat *
ドライブマーケットドライブマーケット *みんカラ公認 avot-kunavot-kun *
MLpoloMLpolo * JUKE15RXJUKE15RX *

ファン

555 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
N-ONEに乗っています。
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
ホンダ N-ONEに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.