• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MOGUL-Mのブログ一覧

2018年04月20日 イイね!

この手があるな

この手があるな今回 S660を試乗して残念だったのが、エンジン サウンド。

ナンチャッテぷれみあむと同じ S07A なので、仕方ないところだけど…。
やっぱエンジン サウンドやマフラー サウンドがイケてないと、高揚感が出てこない。
少なくともマフラーを換えて、毒キノコくらいを盛っておきたいところ (^_^)

そんな妄想をしていると、純正オプションでスゴイモノがあった。
そう、『 サウンド・オブ・Honda 』 だ。
これがあれば、簡単に S660のエンジンがマクラーレンホンダ 『 MP4/5 』 や 『 NSX-R 』 に変身できる。

しかし単なるお遊びとは言え、メーカーがこんなの出すのはねぇ…ホンダもサウンドが残念なのは認識しているんだね。
You Tube でチェックしていたら、これがまたいい感じでシンクロしているのね。
チョット現実離れし過ぎ感はあるけど、これは面白い。

You Tube をウロウロしていると、ちゃんと一般市販品があるのね。
その名も 『 Sound Racer X 』 。
alt
密林で8,964円、エライ高いね。
収録曲は?
シェルビーコブラ(V8)
ランボルギーニガヤルド(V10)
レクサスLFA(V10)
フェラーリ512BB-LM(V12)
スズキGSX
ハーレーVツイン
と、そうそうたるマシン サウンド、単車まであるでよ。
聞いてみると、中々臨場感があって面白そう。

ただ、パチモン感ムンムン。
注意書きを読むと、クルマによって使えるかどうかが微妙。
しかも返品不可。
これは、8,964円の賭けだな。
ただ、すぐ飽きるみたいだけど (^^;)

どなたか一度貸出しして頂けません?
(^^ゞ
Posted at 2018/04/20 05:26:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2018年04月19日 イイね!

続 乗ってやったわい (^_^)V

続 乗ってやったわい (^_^)V一気にワイディングかと思っていたら、途中で早くも雨の洗礼を受けることに。
山の天気が不穏だったので、覚悟はしてましたけど…。

メイン ストリートで作業すると恥ずかしいので、路地に入って幌の取付作業。
実地訓練のおかげで、手慣れた感じで即終了。
山頂も厚い雲がかかっていたので、あとはそのままに。
幌を付けて走ると、結構ガタピシ音がするね。

最初取り付けが間違っているのかと思いました。
センターのストッパーは頼りない感触で、豪雨の時に雨漏りするのも頷けるくらい密着に大きな不安を感じるね。
お疲れクルマのせいかどうかは、よくわからないけど。
オープン走行時は賑やかだったけど、天井を付けても静寂性は大きく変わらない印象。
その点は、やっぱコペンのバリオ ルーフは静か。

ワインディングの前に、街中走行で気付いたことを。
期待してたエンジン サウンドは、残念ながらナンチャッテぷれみあむと同じだった。
後ろから聞こえてくるのが違うけど (^^;)
自慢のリア ウィンドウを開けると、噂のブロー オフ バルブの音がよく聞こえるようになった。
アクセルを緩める度に、プシュー、プシュー中々の効果音…すぐ飽きたけど。
参ったのは、リア ウィンドウを開けていると、タービンの熱が積極的に車内に逆流してくるので春でも暑いのね。
エンジン サウンドもあって、結局殆ど閉めてました。
脳丸モード、CVT の街中走行は、特に大きな感動もなくワインディングへ。

行き先は、スモール カー御用達の椿ライン。
手前で左上の 『 SPORT 』 ボタンを押すと、インパネの色が赤く変わった。
alt
 

微妙な演出…。
このモードにすると、CVT がマニュアル操作になることがわかった。
シフト ゲートが D レンジしかなかったので、おかしいなと思っていたので、ようやく理解できた。
ワインディング モード準備完了。

走り出すと、いきなり MR のコーナーリングに驚いた。
FF のコペンだと外に外に流れていく感じで、ハンドルを握る手にも力が入るのに、何の抵抗もなくハンドルを切った分曲がっていく感じ。
やっぱ、真ん中にエンジンがあると全然違うんだね。
更にナンチャテぷれみあむと違って、超低重心にバケット シートで運転姿勢も安定して姿勢が乱れることがない。
ここにきて、漸く S660の真骨頂を体験。
気が付けば、平均速度は結構高めだわ。
エンジン回転も5,000rpm を中心に唸りまくり。
タイト コーナーでも、当たり前のように回っていくよ。
なんか大観山 P まで、いつもより早く着いた感じ。

返却時間があるので、簡単に撮影して速攻で下りへ。
CVT なので、パドルをクリックするだけ。
2,3速を中心にエンブレを効かせたけど、悲しいエンジン サウンド。
リア ウィンドウを下げてみたけど、すぐ閉じた。
オーバー レブを防ぐために、しっかりフット ブレーキで減速していないと、シフト ダウンを受け付けてくれない。
下りも回頭性はスゴイ。
気が付いたら下りも終わってたという感じ。

返す前にお約束の給油。
最初にトリップ メーターがゼロだったかは確認してないけど、約15km/L と優秀。
まあナンチャッテぷれみあむと同じだからね。

ナンチャッテ運転手なんでいい加減な運転なんだけど、調子に乗ってタイト コーナーに突っ込んだら、いきなりスピンしてしまうんだろうね。
これがビートだったら、運転手と共に谷底に落ちて、帰らぬ人車一体感になっていたんだろうね。

今回初めてミッド シップ カーに乗ったけど、わざわざ代休取ってレンタカーを試乗した甲斐があった。
できれば、まにやる車に乗りたかったけどね。
マフラー換えて、毒キノコでもつければ、楽しくなりそう。
ただ、実用性がないので、セカンド カーという位置付けにならざるを得ないのが難点。
いっそのこと、軽トラとの2台体制という手もある。
ん?アクティを買えば MR 2台体制だよ! (@_@;)
Posted at 2018/04/19 05:32:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 軽自動車 | クルマ
2018年04月18日 イイね!

乗ってやったわい (^_^)V

乗ってやったわい (^_^)VMR に乗ったことがなかったので、チョットだけ気になっていた S660。

ディーラーでの試乗では意味がないなと、レンタカーで試乗するという暴挙に出てしまいました。
オリックス レンタカーがエリア限定、期間限定のキャンペーンで、S660体感キャンペーンなんてのをやっているのをネットで知り、これはいいわいと考えた次第。

該当する店舗は、神奈川県の湘南界隈の3店舗。
ネット予約のみなので、いちいち日時を入れないと確認できないのがいけてなかったけど、土日祭日の朝一狙いは NG ばかり。
そこで溜まっていた代休を行使して、金曜日を抑えました。
店は駅前なので、電車で行くことに。

店に着くと、黒の S660が用意されていました。
この S660は、初年度登録は平成28年7月、走行距離は65,000km と恐ろしい過走行車!
人気の程がよくわかるね。
残念ながら、ミッションは CVT のみ。
幌の取り外しは You Tube で予習したけど、一応出発前に実地訓練。
いやいや、簡単だわ。
出庫前に外観のチェック。
それなりにキズはあるね。
やっぱ黒色は、キズがかなり目立つ感じ。
お手入れが大変だわ。

オープンでいざスタート。
思った通り、コペンほどの解放感はなかった。
背中にエンジンがあるので、後方視界もかなり悪い。
さすがに純正のバック モニターが付いているのはありがたい装備。
ナンチャッテぷれみあむの時は見ることなんてなかったけど、S660には安全のためにも必需品に感じるね。
ただし、カッコイイダッシュ ボードのデザインが、大変残念なことになるけど。
alt

またこのディスプレイにはナビ機能はないので、別途ナビが必要。
このように30年近く前のカーナビの装着画像。
このコックピットを見ると、外観のスタイリッシュさから信じられないくらい悲しい。
内装は、ナンチャッテぷれみあむの匂いを感じるね。
内装も、もうかなり傷だらけになってました。

天井しかオープンにならない割には、風切り音や風の巻き込みが結構スゴイ。
ナンチャッテ Q の方が快適だわ。
高価なクルマなのに、ちと残念。

長くなったので、続きはまた明日 (^_^)
Posted at 2018/04/18 05:26:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 軽自動車 | クルマ
2018年04月17日 イイね!

やっぱいいねぇ インテリア編

やっぱいいねぇ インテリア編後半はインテリア編ね。

えっ、一体何が変わったんだ?…そう、ヒート ガードと一緒に買えば送料無料になることでついで買いしてしたった純正高級シフト ノブ。
ポチってから、こんなもんで1万円オーバーは高杉と冷静になったけど、もう手遅れ。
滅茶苦茶高級な木材を削ったと信じることにしてるけど…。

間違いなくマフラーに穴が開いてなんかなかったら、買うことはなかったなぁ。
ホント、ネット通販は魔物。

とは言え、脳丸のアルミ削り出しモドキ安モン丸出し樹脂シフト ノブへの不満が大きかったのも紛れもない事実。
グリップも悪いし、ノブが軽過ぎてシフト タッチもイマイチ。
ハンドルのウッド製とのアンマッチと、送料無料狙いのくせにいやにリアルな理由の列記 (^^ゞ
使ってみると、これが思いの外いい。
まず手の感触。脳丸と違って木の温もりを感じるね (^^)
重量が増したせいか、いいタッチでシフト チェンジができるようになりました。
ステアリング、タン レザー シートとのコーディネートもバッチリで、ついで買いと言いながら、非常に満足度高し。

あとは放ったらかしだったこれを、ついでにつけてもらいました。
alt
そう、昨年9月に買ったシート ベルト ガイド
下の方のネジ穴が なめてたけど、さすがディーラー、問題もなく付いてました。
勿論助手席側も装着してもらいました。

最後に番外編。
alt

千切れたトランクのウェザー ストリップの交換。
これもそれなりのコストになってました。
やっぱプチ旧車の車検は、何かと経年劣化パーツの交換費用を見込んでおかないといけませんね。
今回はマフラーの交換を発端に調子こいてしまったので、想定外の費用になってしまいました。
恐る恐るネットでカード利用履歴をチェックしてみると、車検代を含め付随する金額の合計は、20万円を超えておりました ヽ(#゚Д゚)ノ
こんな高額なのは初めてだね。

とりあえず、これで全てのパーツの取り付けが完了。
より一層、ドライブが楽しくなりました。
GW も過走行間違いなし、いくぞぉ~ ぱぉ~ (^_^)V
Posted at 2018/04/17 05:30:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | コペン | クルマ
2018年04月16日 イイね!

やっぱいいねぇ エクステリア編

やっぱいいねぇ エクステリア編今回の車検は、終わってみると私にとってはディーラーでパーツを取付けてもらった印象。
想定外のマフラー交換、しかもフロント部分の穴開きというめんどっちぃことになったので、一気にパーツをどうするかの決断を迫られることになってしまい、ずっとパーツのことしか考えてなかった。
悩みながらも丁度いいマフラーをポチってからは、逆に調子に乗ってしまった。

リアのヒート ガード、調子に乗ってシフト ノブなんてモノまでポチってしまいました。
おかげで引き取りに行ったときは、マフラーから始まりパーツのチェックばかりしてました。
まあ10年経っても18,000km だし、車検前から元気よく動いていたので、機関系については全然気にしてませんでした。
車検後も調子よく走ってくれているんで、エンジンは当分心配なしとしよう。

で、今回のパーツ評価。
まずは何と言っても、マフラー。
ヒート ガードと一緒に、ビフォー アフター。
alt

チョットセンターがズレてるけど、カッコよくなったでしょ (^o^)V
脳丸でも決して悪くないんだけど、マフラー径が大きくなり隙間が詰められて、そこにヒート ガードを装着して更なる抑えどころを決めてしまうと、もうグウの音も出ないね…と、自画自賛 (^^ゞ
これがリア マフラーだけの交換で済んでたら、安く上がったんだけどね。
因みに穴開きマフラーはこちら。
altaltalt
見事に穴が開いてますね。
さすがに10年モノのマフラーなんで、サビサビだわ。
ディーラー曰く、この頃はステンレス仕様でなかったので、錆びやすいのは仕方ないって。

では、実走。
前から全取っ換えしたのもあり、排気ガスの抜けが良くなった感じで、ストレスなく回転が上がっていくので、非常に気持ちがいい。
加速もビンビンになったぜ!…というような体感は残念ながらなかったけど。
まあ660cc に過度な期待はかわいそうってなもんだ。
でも気が付いたら、むやみやたらと高回転まで引っ張りながら走ってしまう運転手が。
気分は GT64!
アイドリング時はお決まりの重低音を奏でるので、コールド スタート時は軽自動車ながらそれなりに勇ましいサウンド。
早朝出動時は、速攻でマンションの駐車場から去って行かないといけないだろうな。

単に穴の開いたマフラーを取っ換えただけで、今時これだけ一人で盛り上がっているシニアなオヤジも目出度いもんだ (/ω\)
Posted at 2018/04/16 05:42:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | コペン | クルマ

プロフィール

「朝から萌えてきましたよ。Oさん (^o^)V http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/020900071/033000066/?ref=nbptrn_top_new
何シテル?   04/17 08:25
07年7月にLUPO GTI(中古車05年式)を購入した記念にブログを始めました。 紆余曲折を経て、再びオープンカーを手中に。 人生初のプチ旧車、果たしてこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
長い回り道をしながら、漸くたどり着きました。
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
最近の軽自動車の進化に驚き、人生初の軽自動車に乗ることに。 久しぶりの最新国産車となり、 ...
フィアット パンダ フィアット パンダ
09年9月26日にめでたくイタ車復帰致しました。 今度もマニアックな限定車、PANDA1 ...
フォルクスワーゲン ルポ フォルクスワーゲン ルポ
色々と迷った末に、非常に評価の高いLUPO GTIを選びました。もう新車がないので、05 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.