• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Daizoのブログ一覧

2018年11月04日 イイね!

今年もしまなみ海道行って来ました

去年はわくわく夜行寝台で行きましたが今年は成田からJetStarで松山へ。初第三ターミナルはアナウンスが阿鼻叫喚で面白かった。去年のしまなみは大雨だったけど今年は快晴。瀬戸内海は最高でした。







今治GiantショップでContend SL1を借りました。アルミらしいダイレクト感があるのに非常に快適なバイクで、かなり欲しくなりました。下りのスラロームも安定していて気持ちいい。Giantの思うツボですね(笑。



尾道ラーメンも超美味でございました。


次は桜のトンネルを自転車でくぐりたいかもです🙂✌️
Posted at 2018/11/04 04:27:01 | トラックバック(0)
2018年10月18日 イイね!

Bloomberg記事より

EVは本当に環境に優しいのか? 電池の製造過程にも目を向けよ

2018年10月17日

今や大手の乗用車メーカーは全て、電気自動車(EV)計画を進めている。温室効果ガス削減のためだが、EVに搭載されるリチウムイオン電池の多くは、中国やタイ、ドイツ、ポーランドといった「石炭などの二酸化炭素(CO2)を多く排出する」非再生可能エネルギーを主な電力源としている国々で生産されている。

  ドイツやポーランドのドライバーは今のところ燃費の良いディーゼルエンジン車に乗った方がまだましかもしれない、と主張するのは独ミュンヘンに本社を置く自動車コンサルティング会社ベリルス・ストラテジー・アドバイザーズのマネジジングパートナー、アンドレアス・ラディッチ氏だ。

  EVは確かに走行時に直接的にCO2を排出することはないが、そのEV電池の製造過程で多くのCO2が排出されていることを調査結果が示すためだ。

  ベリルスの調査によれば、ドイツのような国の化石燃料を動力とする工場でSUV向けに500キログロラムを超えるEV電池1つを製造すれば、燃費の良い従来型の自動車1台を生産するより最大74%も多くのCO2を排出するという。

  フランスや英国、それに中国でさえ従来型の内燃機関を動力源とする自動車の全面禁止に向かっているが、当局はまだEVの「ライフサイクルにおける」容認可能な温暖化ガス排出量に関して明確な指針を示していない。

  米カリフォルニア州のEV開発会社フィスカーのヘンリック・フィスカー最高経営責任者(CEO)兼会長は「電池がどこで、どうやって、どの電源で製造されているのかに議論は行き着くことになる」と話している。

==================================
別の記事より↓


EVの生涯CO2排出量の半分近くが生産時のものであり、バッテリーだけでそのうちの40%以上を占めている。このため、滅多にないことだがバッテリー交換が必要になった場合には、EVの生涯CO2排出量は同サイズのガソリン車とほとんど変わらなくなる。

完成間近のテスラのギガファクトリーのようにEVバッテリーの大量生産が可能になれば、バッテリー製造に伴うCO2排出量は減少することになる。製造技術の最適化、工場での再生可能エネルギーの使用なども貢献する。

真の意味で「ゼロ・エミッション」のEVなど存在しないことだけは確かである。

燃料の製造、クルマの使用と廃棄のフェーズに関しては、欧州にはクルマの環境負荷を減らすためのしっかりした規制がある。 しかし何より重要な「生産工程に関しては野放し」状態だ。

ライフ・サイクル・アセスメント(LCA) が規制として意味を持つために必要なこととして、材料やプロセスに含まれるカーボンの詳細を記載した一元化されたデータベースの構築が提案されている。

これにより廃車となるクルマの環境負荷や使用中のクルマのCO2排出をより詳細に把握することができるようになる。

全体的には既存のシステムの代わりにLCAを用いることにより、クルマのカーボン排出量をより正確に計測できるようになったという報告が増えている。 そしてさらに重要なことは、何が環境に優しく何がそうでないかに関する新たな知見を LCAが与えてくれることだ。

==================================



私の試算では自分のように昔の10年以上経過したガソリン車に乗っている場合、10年ごとにEVを乗り換えるパターンよりもCO2排出に関しては間違いなくエコです。 ましてや3年の車検毎にEVを乗り換えたりするのはCO2排出に関しては最悪の結果なのではと思います。 


Posted at 2018/10/18 11:46:21 | トラックバック(0) | 日記
2018年10月16日 イイね!

Automobile Catalogue は面白い

Automobile Catalogue は面白いAutomobile Catalogue というサイトは車の色んなモデルのスペックから性能や燃費を推定して掲載している。 おそらくかなりのビッグデータをコンピューターに入れてその回帰分析モデルからトラックやテストコースに持ち出して計測せずともかなり正確なパフォーマンスを推定できるというものなのだろう。 入れるデータが多すぎてトヨタやVW等に関してはまだ入力が出来ていない車が結構ある。 スペックから計算しているので、通常ではテストに持ち出されないミッドレンジモデルやエコノミーモデルまでデータを導きだしているのが面白い。メーカーがスペックを膨らませている場合どう対応しているのかはちょっと気になるが。。

ちなみに前期RX-8のオートマは↓こんな感じ





0-100kmは7.9秒

アテンザスポーツの後期GG型6MTは↓こんな感じ





0-100kmは8.9秒 (メーカー公称値は9.0秒) 

BMW E46 5速オートマ2.2リッターは↓こんな感じ





0-100kmは9.6秒 (メーカー公称値は9.4秒) 


メーカーの公称値も出ていれば併記されているが、それなりにAutomobile Catalogueと近い数値が出ているのが面白い。 

((ちなみにみんカラではhttpsサイトでないと表示が出ないみたいで折角貼った直リンクが全く見えないのは残念;;;))
Posted at 2018/10/16 22:08:27 | トラックバック(0) | 日記
2018年09月24日 イイね!

ポルシェ924系オフ会とマツダファンイベントをはしご

ポルシェ924系オフ会とマツダファンイベントをはしご早朝は少し雨がぱらついたものの日中は晴れてRX8の車内はエアコンをつけないと灼熱地獄な日となった連休中日。  形を変えつつも昔から綿々と続いている924の日オフ会と、マツダのファンイベントに参加してきました。 

まずは水冷4気筒FRポルシェ現役乗りな方+OBのオフ会に8で参加。 RX7のSA、特にFCがポルシェ924・944に非常に似ていた事もあり微妙~な感覚ではあるのですが、50-50の重量バランスによる運転感覚は非常に似ているのである意味(というかかなり無理やり)「兄弟車」と言う事で勝手に許してもらう事にして参加。



このリアビューだけで素のうどん5杯は食べられます。



実は一度所有してみたいGTIさんの隣に並べさせてもらいました



944ターボ(951)はもうオーラが凄いです。。R32GTRはじめ多くの車のお手本になった名車。



中谷明彦が絶賛してはばからなかった968CS。。 美しすぎます



OBが乗ってきた930ターボのリアフェンダー曲線。芸術の域に達してます。



名残惜しいですがオフ会を中座して富士スピードウェイのマツダファンイベントへ急ぎます。おとなしい社外マフラーなので室内は静かなもんです。






大漁っす



いつかはマニュアルを所有してみたいEunos500。 美しすぎます。



白いのより赤いデザインが抜群にいいと思ってしまうのは自分が旧車フェチすぎるからでしょうか





レースのカーテンにもうめろめろです orz






最後に胸が熱くなったプレートの一部を引用してしめくくりです


マツダのレストアサービスの志

マツダはNAロードスターのレストアサービスやパーツの供給を通じて、車を愛してやまない人たちと共に車文化の発展に挑戦致します。そしてそれらの取り組みを通じて、お客様との特別な絆を守り続けるブランドになることを目指します。

NAロードスターレストアサービス事業は「NAロードスターを永く乗り続けたい」というファンの皆様の愛情と熱意と、「長く愛されてきた車を愛でる文化を育てたい」という我々の願いによって検討が始まりました。 

そして、サプライヤーの皆様、ロードスターショップの皆様、ロードスタークラブオブジャパンの皆様、多くのご協力を得てレストアサービス開始の日を迎える事ができました。

まずは我々ができる事を精一杯努力し、お客様と共にここまでたどり着いたこの事業を、これからも共に育て続けられるよう取り組んでまいります。



R32GTRの例も既にありますが、国内対象な感じ。 ロドスターは世界じゅうで売れているので今後海外からのリクエストに対応していくのでしょうね。。 旧車文化を盛り上げる為にもずっと継続できるように頑張って欲しいです。
Posted at 2018/09/24 10:41:57 | トラックバック(0) | RX-8 | 日記
2018年09月17日 イイね!

Anycaでいろんなマニュアル車に試乗してみた

Anycaでいろんなマニュアル車に試乗してみた予めお断りしておきますが、私は一切Anycaの内部の人間でもないし、親類が勤めているわけでもないのでご理解下さい。 

Anyca サイト

週末RX8が修理から戻ってこない上、雨だったのでAnycaでマニュアル車をまた借りてみました。 普通のレンタカー屋はつまらないAT車しか無いのが通常。 レンタルできるマニュアルスポーツカーを集めて提供している法人もありますが、野田とか箱根とかロケーションがかなり遠いので、自宅から第三京浜でIKEAとららぽーとに行って買物してから返す。。みたいな使い方が出来ないのが不便です。



今までAnycaで乗ったのは:


■ Z3 2.2 6気筒 マニュアル
■ ロドスタ 電動ハードトップ マニュアル
■ カローラフィールダー 2ZZエンジン 6速マニュアル
■ RX8 前期型 5速マニュアル
■ アテンザスポーツ 6速マニュアル


という感じ。 最初は自分の愛車を見も知らぬ他人に貸すっていう背景が理解できませんでした。 

何回か借りてみてそのオーナーのみなさんと話してきて最大公約数的に言えるのは、なんか余裕があっておおらかな人が多いって事です。 儲けの額も細かい傷も気にしない感じです。 まあ、私が借りた車はみんなマニュアルなので、オーナーさんも そもそも「借り手があまた押し寄せる」とかいう事態は想定してない筈です。 そういう意味でゆったりした「ついで感覚」の貸し手さんが多いのでしょう。 

車ってそれぞれのデザインや設計・機構が全然違うし、乗って見るとはっきり違いがわかります。

ディーラーでの新車試乗ちょい乗りとかでは全然わからない部分が多いので、やはり高速・下道含めて最低100kmぐらいは乗りまわしてみないとその車の特性ってはっきり見えてこないと私は思っています。 

今まで借りて試乗してみた5台はそれぞれ「おおおっ!」「意外!」って思える異なったポイントがあって、それぞれいい車でした。 でもその響くポイントって人によって違っているので、「エンジンの炸裂する感じ」がたまらないという人もいれば、そんなのどうでもいいから足回りの限界が高い方がいい、という人もいます。 人によって回帰分析で得られた式に入力される係数は違うんですよね。

気になる車に乗り換えようかなと思ったら、Anycaで一日試し乗りをするのは凄く有効だと思います。 実際RX8を買う前も200kmぐらい試乗してから買いました(8の場合それでも所有すると思いもよらぬ故障や驚きがありましたが)。  

今度は135・ケイマン・ボクスターあたりのマニュアルに乗って見ようと思ってます。 








  
Posted at 2018/09/17 12:28:47 | トラックバック(0) | カーシェアリング | 日記

プロフィール

「この2TGレビン昔乗ってました。超懐かしい思い出いっぱいの車です。ステアリング重かったな〜」
何シテル?   11/11 11:24
環七沿いに棲息。 プロフィール画像は昔乗っていたアルファ156V6のインマニ。 小さいアイコンになっても見分けやすいのでずっとこのまま。 

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

お見舞い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/19 01:36:44
マツダ ランティス  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/26 07:57:52
トヨタ プリウス 柔軟性のある最高硬度7h 硬く・しなやかなドゥレッザ ガラスコーティング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/22 10:47:56

お友達

私の乗っていた・乗っているクルマに乗っていた・乗っている人は特に歓迎!
38 人のお友達がいます
たれ蔵たれ蔵 * PORSCHE-GATEPORSCHE-GATE *
mintgmintg ぱ~る@ぱ~る@
つくつく812つくつく812 CRAINCRAIN

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ MR2 ターボ付御神輿 (トヨタ MR2)
2代目1995年式III型SW20 5速MT。 1代目は実はボディ下回りの程度があまり良 ...
マツダ アテンザスポーツ マツダ アテンザスポーツ
6速MT ロードバイクを前輪外さずにそのまま積載可能 180センチが寝られる完全フルフラ ...
日産 スカイラインクーペ 日産 スカイラインクーペ
32のタイプMです。名車です。この写真はまだ純正ホイールを履いていた時の物です。RBエン ...
アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
V6右ハンMTです。素晴らしく滑らかで気持ちのいいエンジンでした。革の臭いのするインテリ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.