車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月09日 イイね!
伊豆スカイライン&西伊豆スカイラインからの富士山♪ 2017年初散歩♪2017年最初の週末は
嬉しいことに3連休でしたね。♪

珍しく自治会がないフリーな3連休で
しかも土曜日なら
ヨメは仕事♪、長男はバイト♫、ムスメは塾🎶 
  ヾ(≧▽≦)ノ  ヤッター!! 


・・・と、云うワケで
2017年の 初散歩 に行ってきました。。(^^♪



=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

その日は、いつも通りに
少しだけ早起きのつもりだったのですが

なんとなく目が覚めてしまった午前3時に
そのまま起てしまったのは自分でも想定外でした。早起きし過ぎですね。。(^^;)

なので、想定外のナイトランから
漆黒な Mazdaターンパイク 大観山 へ立ち寄ったのも想定外のこと・・・

夜間通行止めのターンパイクは、当然ながらゲートも締まっていましたが
立ち寄った理由は、大観山から眺める 富士山 なのです。

でも、月夜でもない真っ暗な山の中・・・ そりゃ何も見えませんよね。 (T_T)

このあたりかな・・・ とシャッターを押して、カメラのモニターで確認しても
露出不足だったり、雲のなか?的なものばかりだったので
そそくさと撤収したのですが・・・・ (-3℃で寒かったし)

ウチに帰ってPCで確認したところ・・・
写ってましたね。富士山♪  \(◎o◎)/! 何となくな30秒露光が成功!?

もっと撮っておけば良かったな・・・残念。。こんな時間に来るなんて事はないですからね。。



そんな事とは知らずに
次なる富士山を求めて向かったのは 伊豆スカイライン 
夜間通行止めの ターンパイク と異なり
伊豆スカイラインは、夜間でも通行可能なのです。しかも無料。(^^♪

少しずつ空の色が変化するのを感じながら 
伊豆スカイライン をドライブするのも悪くないですが (シカやイノシシに注意です)

お気に入りの場所にクルマを停めて、夜明けを待つのも 贅沢な時間 です。

クルマから降りて、富士山と反対側に視線を向けると

熱海の街明かりの向こうに、夜明けなグラデーションが・・・  トワイライトTime♪

しばらく見とれつつ視線を戻すと

モノトーンだった空に少しだけ色気が加わり・・・

東の相模湾から 陽が昇ってくると

 紅 を差した富士山の美しさに 言葉もなく見とれてしまうほど・・・





寒さを忘れて
マゼンダの濃かった景色が、透明感を増していくのを眺めながら

今年最初で最高な 絶景モーニング を頂いたのでした。♪ 
寒さを忘れて・・・とは言いつつも、やっぱり寒かったです。。(^^;)


すっかり明るくなると

伊豆スカイラインを疾走するスポーツカーの排気音も聞こえてきて、休日の早朝らしさも増してきます。

冷え切った身体と、XVのエンジンを温めて
富士山を眺めながらの快適な伊豆スカイラインを南に進み

小さなICから一般道に出るのには、チョットした訳があるのはナイショです。(^^;)

予定では、ココで引き返すつもりだったのですが
想定外の早起きをしたことで、時間もかなり早かったので

西伊豆スカイラインへ行っちゃう!?
と、云うことで、スカイラインのハシゴなんて贅沢を。。(^^♪


そうと決まれば、伊豆半島を横断して

伊豆スカイラインの反対側、駿河湾側の西伊豆スカイラインへ・・・

いつ訪れても、富士山を望みながらのワインディングが

最高に気持ち良い 西伊豆スカイライン です。

夏だと霞みがちな富士山も

空気が澄んでいる冬なら ドコからもバッチリなのも◎

標高が高くても、駿河湾に面した温暖な地域でもあるので

日差しも暖かく、ロードスターも気持ち良さそうで

早起きした自分は、ポカポカ陽気に OhiruneTime♪ なのでした。。(*^^*)



ひと眠りした後は
西伊豆スカイラインの一番奥に位置する仁科峠へ向かうも
駐車スペースには スバルの法則!?  占領!?
ココから遊歩道で少しばかり山を登れば更に絶景なのでしょうが・・・ この日は寝不足を理由にパスです・・・
と、言いながらも

見た目が楽そうな、別の遊歩道にチャレンジしてみると

苦労をした分だけ (少しだけですが・・・)

キレイな富士山を眺めることが出来て、満足感も3割増しなのでした。♪

そんな富士山に満足してクルマに戻ると、

やっぱり スバルの法則!?
ちょっと珍しい ミカン色なXV と メロン色のXV ツーショットなのでした。

最後に、西伊豆スカイラインでは外せない

戸田の港町を見下ろす 絶景なヘアピンカーブ 

天気も良く、ポカポカ陽気だったこともあり

サイクリスト や ハイカー(Run?)も気持ちよさそうでした。
(バイクも走っていましたが・・・行き来を考えると、チョット寒さが厳しいかな。。)

カーブの向こう、青空の駿河湾越しに 

富士山と 白い南アルプスの山々が望めるなんて・・・
この日二度目の 最高の贅沢 です。♪♪ 

午前中にも立ち寄ったのですが
午後の方が眺めが良いなんてのも、この季節ならでは



満足満タンな 西伊豆スカイライン からの帰路は

ミカンの香りが漂う小さな港から 海越しの富士山 を眺めながら

伊豆半島の内陸を横断する裏道沿いには

菜の花 が咲き乱れていて、春が待ち遠しいなぁ・・・
って、本格的な冬はまだなんですけどね。。(^^;)



最後に、
2017年最初の散歩は
天気にも恵まれ、とても気持ち良く 

こいつは春から縁起がいいわい・・・ 
そんな1日でした。♪







Posted at 2017/01/09 17:58:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | XV | クルマ
2017年01月03日 イイね!
今年の夏休みは3週間!? 絶賛妄想中。。♪2017年も3日目ですね・・・

遅くなりましたが
明けましておめでとうございます。♪






年末は12月29日まで仕事だったので
少々短い残念な正月休みを過ごしています。
(しかも12月31日と1月3日は自宅待機なのです。って、待機してませんけどね。。(^^;)) 


そんな休みなので

紅白の審査員をしていた芥川賞作家の本を読んだり、
初売りをハシゴしながら散財したり、、
Amazonの初売りで、年賀状作成中に壊れたプリンタをポチッたり、、、
ノ~ンビリと過ごしていましたが

≪備忘録≫初売りでGetした品々。。
①Samsoniteのビジネスバック
②プリンタ (←昨日ポチったのがいま届きました。Amazon早っ!)
③ビジネスシューズ
④電子ジャー
⑤ウォシュレット
⑥自分用の座椅子。  
買いすぎですね。。(^^;)  


明日からの仕事に向けて、
そろそろ現実に戻らなければイケナイので

夏休みの妄想(!?)でもして、現実の世界へと努力しています。

最北の白い道なんて、サイコーな妄想です。(≧▽≦)♪



ちなみに今年は
想定された制約(仕事のプロジェクトやら)や、想定の制約(自治会の会長)から解放されることに加えて

夏休みが 2回 も取得できる HappyYear だったりします。

春の北海道もイイですよね。。♪

しかも・・・
通常の 夏休み1週間 と 永年勤続のお祝い休暇が 
ドドーンと 2週間!!  !\(◎o◎)/!

北海道の隠れ家に潜伏するもヨシ。。♪


そんな夢のような休暇は
夫婦そろって海外旅行♡ (!?) ・・・なんて過ごし方が一般的かも知れませんが
嫁は海外旅行なんてものには興味ないので (イイ嫁でしょ。(#^^#)。♪)

いつも通りの 疾走(失踪?) を妄想しています。♪♪

制度上は 夏休み+永年休暇=3週間の連続休暇 も可能ですが・・・
そんなに休んだら社会復帰が間違いなくムリ。。(^^;) ま、業務的に分割取得が現実的ですけどね。 



そんな2017年は、何処に行こうか・・・


どの季節に行こうか・・・


お気に入りの景色 1本の木 との再会や・・・


ヒグマ生息地を少しばかり冒険してみたり・・・


一期一会な景色との出会いなど・・・



ただいま
絶賛! 妄想炸裂中 です。  ヾ(≧▽≦)ノ ♪







これって
明日からの仕事始めに向けての・・・  現実逃避!?

思いっきり逆効果でした。(^^;)





Posted at 2017/01/03 15:18:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | 北海道 | クルマ
2016年12月25日 イイね!
2016年最後の散歩は富士山1周。♪♪クリスマスで賑やかな3連休ですが
子供たちが大きくなってしまうと、さほど関係ないものです。。

普段との違いを感じると言えば
夕食にチキンと、食後にケーキが出てきた位でしょうか。
娘にプレゼントは買わされましたけどね。。



なので、天気の良かった3連休中日は
久しぶりに 一人気ままに散歩へGo!!! なのです。(*^^*)
娘を誘ったのですけど・・・ もう年頃ですしね。。


この日は
いつもより少しだけ早起きして、いつもの高速道路を西に向かうと

大井松田ICの辺りで、夜明け前の富士山が目前に・・・ 期待出来そうです。 


いつものルートから、いつもの山あいのコンビニに向かう途中で

富士山に朝日が差し込んでキレイな 紅富士 に遭遇しました。 
この景色が日常だなんて、地元の方々が羨ましいものです。
画像ではそれほど紅く写っていませんが、キレイな紅でした。♪

≪赤富士と紅富士の違い≫
「赤富士」は夏の朝、山の地肌が日光で暗褐色に色づいた状態とされています。
「紅富士」は真冬の朝夕、雪が積もった白い斜面が光で照らされ、鮮やかな紅色に染まった状態のことを指します。
個人的には、日の出時刻の早い時期の赤富士はハードルが高いのです。(^^;)


いつものコンビニで、いつものお婆ちゃんから、暖かい缶コーヒーを購入して
凍結に用心しながら三国峠を越えると
久しぶりに  富士山  どーん! (≧▽≦)

紅富士を取り終えた写真家の方々と入れ替えに

静かになった富士山を独り占め。。♪  

気温マイナス3℃のなか、クルマから出たり入ったりしながら

今年最後のパノラマ台(・・・の外れ)からの景色を満喫したのでした。。♫

見晴らしの良い高台から、山中湖に下りて

風の冷たい水辺での一枚。。♪  

観光客が増えるまえに、山中湖レイクサイドの まりも通り から
河口湖を左手に湖北ビューラインを走り抜け(観光地化された河口湖は今回パス)

青木ヶ原樹海に囲まれた、静かな西湖の湖畔へ

オートバイのときは、いつも横目でやり過ごしている湖畔の突端へ
躊躇なくXVで入り込んでの1枚。♪

富士山が逆光になってしまいましたが、気持ちの良さは◎でした。
湖にズリ落ちたらシャレにならないな・・・って、ビビってたのはナイショです。。(^^;)

そんな西湖から、青木ヶ原樹海を進んで

お隣の 精進湖 も湖畔に下りての一枚。。(^^♪
湖畔へは進入禁止ではありません。普通車でもゆっくり進入すればアプローチ可能です。

空気の澄んでいるこの季節ならでは
夏では霞んで見えにくい
大室山を抱いた 子抱き富士 もバッチリです。(^^)v


ここまで来たら
最近、お気に入りの本栖湖まで行かない手はありません。

いつもはオートバイで訪れているので
意外にもクルマで訪れたのは初めてですが
お気に入りポイントで
XVを富士山真正面に停めて、お昼寝Timeとしました。

ポカポカ陽気の車内で、今年を締めくくるには相応しい
最高に贅沢なひと時を過ごすことが出来ました。
自分のイビキで目を覚ましたのはナイショです。。(#^^#)  



目的も果たした(?)ので、帰宅ルートを検索していると
嫁から 昼ゴハンは? のLINEが・・・ (゚д゚)!

黙って出てきたので、少しばかり分が悪いのですが
位置情報と富士山の画像を送って、<m(_ _)m> しておきました。。。



さて
事後承認となりましたが、堂々と散歩続行です。♫

ここまで来ると
道志みちで帰ろうが、富士山をひと回りしようが距離的に違いはありません。
オートバイなら、クネクネが楽しい道志みちなのですけどね。。

と、云うワケで
富士山をひと回りすることにして
富士ヶ嶺高原に寄り道、、

雲が出てきましたが

静岡側からの富士山もキレイな姿ですね。

富士山を1周するには
富士山スカイラインで、富士山を少し横切りながら御殿場へ向かいますが

途中、標高1500mの水が塚公園から見る 
3776m-1500m=1276m の少々ミニサイズな富士山も、なかなか◎です。

ちなみに
バイクもいたのですが、気温3℃なんですけど・・・ \(◎o◎)/!


最後は
富士スピードウェイで、いつも通りひと休み。。

富士スピードウェイを出ると
今朝、山中湖へ向かったT字路で富士山1周をコンプリートです。♫




これで
今年の散歩も、最後となります。

仕事が忙しかったり(想定内)、自治会会長に就任したり(想定外!!)・・・
何かと慌ただしく変化に富んだ一年でしたが

ブログを振り返ってみると、散歩は相変わらずだったようです・・・。(^^;)
むしろ一回の距離は増えてる!?


さて、来年は・・・  鬼が笑うので止めときますけど・・・ムフフ。。。






Posted at 2016/12/25 18:35:21 | コメント(4) | トラックバック(0) | XV | クルマ
2016年12月23日 イイね!
今日は
12月とは思えないほど暖かな休日となりました。

それもそのはず、
横浜の最高気温は20℃を超えたようで
気分はスッカリ 春爛漫!?
イエイエ、まだキビシイ寒さもまだですから・・・(^^;)


そんな陽気に誘われて
海まで行こうか・・・ と

ひと月半ぶりにCBに火を入れて、表通りに出てみると
ドコも渋滞していて早々に諦めたのでした。。
(クリスマスの3連休ですし、ウチを出たのが遅かったのもありますが・・・)


せっかくなので遠回りしながら、バイク用品店をハシゴして向かったのは


重機の立ち並ぶ
東名高速と第三京浜を結ぶ、建設中の首都高速・・・

東名高速に近い所では、すでに橋げたが出来ており

東京オリンピックまでには、予定通りに完成しそうですね。

東名高速の 横浜青葉IC にジャンクションが建設中ですが

クルマ弄りに重宝していた 交通量の少ない側道 が
ことごとく閉鎖されてしまったのは残念です。。(T_T)

ま、少し場所をずらせば

まだまだ、ノドかな風景が広がっているのですけどね。(^^)v
IC付近は、開発が規制されている区域なのです。

せっかくの、暖かな日差しなので

シート下に持ってきた、ワックスと潤滑油を各部にたっぷり吹き付けて
短い距離でしたが、今年の乗り納めとしました。
ガソリン満タンとタイヤの空気圧を高めに調整して、センタースタンドで冬籠り完了です。


今年は、仕事や自治会などが忙しくて
思うように走れなかった気がしてましたが

意外にも、1年で走った距離は満足な1年となりました。(^^♪
1日で走り回った距離が長かったようです。


お疲れさまでした。♪
Posted at 2016/12/23 20:02:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | CB | クルマ
2016年12月18日 イイね!
昨年の初夏のころ
左肩が痛くて、上に回せない状態が続いていました・・・

認めたくないですが、いわゆる四十肩というやつです。。
(40代なので四十肩で良いですよね。四捨五入すると五十肩ですが・・・。(^^;))


どれほど痛いかというと
スーツに腕を通そうとするだけで、悶えて涙目になるほどの激痛を感じるほど。

日常生活で支障が出るほどなので
オートバイなんて問題外です・・・ って乗ってましたけどね。。(^^;)

オートバイの抑えが利かないので、おススメはしません。
何よりも、腕に振動が伝わる度に
涙目になるほどの激痛なので普通は乗らないですね。。




なので、昨年の北海道ツーリングは、
不安材料を抱えての旅立ちだったのですが
思った以上に、肩の激痛に涙する旅となりました。

何が痛いか?って
そりゃあ、北海道ならではの、ライダー同士のピースサイン・・・・
すれ違いざまに、お互いの無事と感動を分かち合うピースサイン♪
これって 左手 でさり気なくカッコ良く繰り出すのですが
この角度が、四十肩にとって悶絶レベルの激痛でした。

それでも、対向バイクからピースをされれば
礼儀として返礼ピースを返してしまうのですが
その後、しばらくは激痛でヘルメットの中で涙するのでした。(>_<)
馬鹿ですよね・・・。。(´ρ`)



そんな旅を続けているうちに
「あれ? 痛くない!?」
ピースサインの適度(?)な刺激と、オートバイのバイブレーションによって
四十肩が治ったのでしょうか。。♪


夏休みが終わり仕事に戻ったときには
四十肩も良くなり
まさに肩の荷も降りてスッキリして社会復帰できたのでした。♪


今度、右肩が四十肩になったときには
オートバイで旅に出て完治させよう・・・





なんて思っていたのですが
いざ、右肩が四十肩になってしまった今・・・・

寒いこの季節は、オートバイもシーズンオフなので
ツラく、我慢の日々を過ごしています。(T_T)
痛みの我慢と、オートバイに乗れないガマンです。。


ちなみに
四十肩での 恋ダンス は、メチャ激痛なのでご注意ください。
って、忘年会で踊ったのはナイショです。。(^^;)
Posted at 2016/12/18 22:55:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | オートバイ・・・ | クルマ
プロフィール
「伊豆スカイラインからの初富士山♪ 」
何シテル?   01/07 07:46
今年は自治会長に就任してしまいました。(>_<)
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
51 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CB1300 SUPER FOUR (スーパーフォア) ホンダ CB1300 SUPER FOUR (スーパーフォア)
2011年12月納車。大切な散歩の相棒です♪ 希少なブラック&グレーラインの中期モデルで ...
スバル XV スバル XV
ミカン色のXVです。じゃんじゃん走って遊び倒します♪  2014年12月14日納車。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
見た目は普通のレガシィですが、MTだったりします♪ お気に入りのBP5GT リーガルブル ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
エンジンの鼓動に魅せられました。 独特の音と鼓動は個性的かつ上質感すら感じさせてくれまし ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.