• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CatDogのブログ一覧

2012年12月25日 イイね!

師走・少し暖かくなったお話(怪我した鳩? と怪我ない私?)

師走・少し暖かくなったお話(怪我した鳩? と怪我ない私?)昼頃の事だ。

写真の場所を、車で通りかかった。

すると、前の車が急に右にハンドルを切った。

なにかと見れば、車の前方には鳩がうずくまっていた。




ご覧のような狭いガード下で急ハンドルを切れば、対向車との接触は避けられない。

私は、側道に入り、そこで車を止めて鳩に近付いた。
車の列は上下とも、鳩の前で停止して、私の行動を見ている。

鳩は眼をつぶり、うずくまっているので、もう死んでいるのかと思った。


しかし近付くと鳩は目を開けて、UFOのように垂直に舞い上がった。

これで安心と停車した車が動き出すと舞い上がった鳩は、またも垂直に同じ位置に、
舞い降りたのだった。

あわてて急停車する車の列・・・。

手に持っていた袋を、軽く鳩の前に出すと今度は、小走りで路肩に逃げ込む鳩。

車が発進しようとすると、また小走りで出て来て、同じ位置に座ろうとする鳩。


こうして私は、衆人環視の中で道路の鳩を追いかけて右往左往。

まるで、お笑い芸人だ。車列は、次第に増えていく。



*イメージです。

数回の追っかけで、やっと写真の道路端の障害物ブロックの陰に入った鳩。
(説明中の鳩-本物  しかし、鳥の首はよく回るもんだ。)


動き出した車列を見ると、車の中の皆さんが笑顔で私に、
会釈をしてくれている。

なんだか、少し嬉しくなって心が暖まりました。

お騒がせな、鳩ちゃんのお陰です。まさに平和の使者だ。


車列が去って撮影に応じる「鳩」。
(子供時代から犬・猫・鳥などの小動物が寄ってくるのです。)

見れば、しっかり歩くし怪我の様子もない。
なにか、病気かと思ったが写真通り眼光も鋭く、毛並みの艶もある。



*張本人の鳩

持っていた食パンをちぎって、鳩の周りに置いて車を出した。

帰り道には、鳩はもういなかった。パンも半分なくなっていた。

日当たりが良いので、日向ぼっこをしていたのかも・・・。

私に追われてキョトンとしていた鳩ちゃん。


鳩に豆鉄砲か・・・。(笑)
怪我なくて良かったね!
この鳩、家のベランダに止まり音楽を聞きに来る鳩に似ているなー。



* 新林道見っけ! はエスクフォトギャラのほうに、そっとUPしました。
  (完走出来なかったので・・。あー格好悪い・・。)
2012年12月20日 イイね!

便利Goods 2012 MY グランプリ トラウマを消してくれたもの

便利Goods 2012  MY グランプリ トラウマを消してくれたものあれからもう16年位になるだろうか?

いつもの大手カー用品店で、オイル交換
をしてもらった。


*写真は、ネットより転載。

夏休み初日にオイル交換を行い、そのまま高速道に
乗って旅行するのが当時の習慣だった。


しかし、この年だけ家族一緒になるのが翌日だった。

なので、日帰り温泉でも行こうと駐車して、温泉施設の玄関に向かった。

駐車場の出入り口付近に、なにか黒いものが落ちていた。
見るとエンジンオイルキャップだった。 しかもSUZUKI のロゴがあったのだ。

慌てて自分の車に戻り、ボンネットを開けるとオイルキャップがない。
エンジンルームには、オイルが飛散していた。

オイルキャップの締め忘れであった。オイル注入口に、乗せただけのキャップ。
駐車場入り口の段差で、キャップが脱落したのだろう。


あの時、いつものように高速道路に入っていたら・・
と思うと、未だに恐ろしい。



* 「どうしてこうなるの?」 と言う、ネットの事故写真を転載。

この時の車はスズキエスクードTA-01W (1600cc)だった。その翌年、現在のTAー51W
(2000cc)に乗り換えたので、時期をよく覚えているのだ。


話が長くなりました。

と言う訳で、キャップにはトラウマがあるのだ。
燃料キャップが、セルフGSのキャップ置き場に忘れてあるのを、
たまに見かける。

すると必ず、この事を思い出す。


自分は忘れた事はないが、忘れそうになった事はある。
そして、いつかは忘れる事もあるだろうと感じていた。

忘れないためには手に持つか、視線の範囲に置いていく事が一番だ。

お友達のSUNリンさんに、教えて頂いた下記の用品が今年度の便利用品NO.1である。


ヤック・マグピッタン。 転ばぬ先の杖である。

カー用品店ならどこにでも置いてあるヤック製品、ところがいくら探してもこの商品はないのだ。
上記カー用品店にも聞いてみたが、扱い外商品は取り寄せ送料がかかります  だと。
(時は流れ、FCのこの用品店の経営母体も変わった。)

仕方なくネット通販で、商品価格(1コイン)より高い送料を払って2個購入した。
給油時にも常に視界と言うより、視線の先にあるので安心だ。


こうして私は、やっとキャップへのトラウマから解放されたのです。
(少し大袈裟だが、単に便利用品と言うだけではないのです。) 
SUNリンさんに感謝です。


*番外編  舐めんなよ! 役には立たなかったが、満足しているもの。

長い間、工具箱の中にでんと座っていた激安工具。最後まで残ったのはラチェツトのソケット。
舐めるなヨ ! と思いつつ、使う度に(ボルトを)舐められっぱなしだった。

頻繁に使うものでもなく、コンビレンチで事足りていたが、ついに辛抱堪らず購入した。




スナップオン、KTCのような高級品ではないが、自分にとっては、それなりのものである。
夏頃の購入。当然(?)と言うか、未使用。 「揃えた」 と言う、意味合いの強いものだ。

工具箱の中身も、やっと激安工具がなくなり、スッキリンコ である。
最下段にあるのが、この「ソケットセット(ホルダー付き)」だ。


使わなくても、置いてあるだけで満足。ささやかなる贅沢です。



* MY便利用品・歴代NO.1

昨年の購入だが、もう価格の何倍も働いてもらった。月1-2回は使用している。
スィフトパーツレビューに、UPしてあるので詳細は書きません。
(写真はエスクードに充電している所。実際の充電では、マイナス端子を外す。)
*エンジン横の排気管カバー(銀色)、タワーバー等は、再塗装したものだ。




本年も、すぐ最終週になります。

皆様も、年末の事故・怪我等にお気を付けてお過ごし下さい。


*写真のものは、パーツレビューにUPしています。(除.ソケットセット)
Posted at 2012/12/20 09:19:58 | コメント(10) | トラックバック(0) | 車弄り・用品購入 | 日記
2012年12月17日 イイね!

年末 山登り(恥ずかしながら・・。)

年末 山登り(恥ずかしながら・・。)選挙も終わり、気分は年末モードに。

週末は、今年最後の山登り(?)でした。
飯能市にある、天覧山と言う山です

後方に見える、小高い丘のような低山だ。



ここは「ミニ上野公園」と言うような地形だ。この辺り一帯が、高台となっている。

写真の場所は、桜の名所のひとつである。市の文化施設がある。

春は花見で賑わう場所だ。山の麓(写真奥)には名刹「能仁寺」がある。

市の中心部に、このお山があるのだ。


*能仁寺。官軍に追われた彰義隊残党などの幕府軍が本陣とした。
 官軍の砲撃で、全焼し再建された。

タイトル写真が登山口? だ。 当日は午後から雨の予報。チャッチャッと登る事にする。




低山ながら登山道の雰囲気はあるでしょう?  全部が、こうではないけれど・・・。

登り始めて、30分かからず頂上に到着。
途中で散歩中の柴犬をかまったら、顔をペロペロ舐められた。

標高は、僅か195mだが意外に眺望は良い。
麓一帯が明治時代の陸軍演習場であり、明治天皇が視察された事から、この名が付いた。
(江戸時代までは愛宕山。天覧山と言う地元の銘酒もある。)

写真奥の山の向こうは、東京都青梅市である。そろそろ、降りそうな雲行きだ。帰ろう。




未だに紅葉なのだ。奥武蔵のハイキングコースになっている。

肌寒かったが坂を登り、少し汗ばんだ。

山登りと言うと笑われそうだが結構、登山服姿の人々も来ていた。
(私は普段着に、スニーカーでした。)


「ドライブ+散歩」 は週末の日課です。
心身ともにリラックス出来ます。

みんカラで迎える2回目の師走だ。
年々、時の流れが早くなる。


*前回ブログは、多くの方たちにお読み頂き、沢山のイイね!も頂きました。
 (不吉な総数だがー17日現在) この場を借りて御礼申し上げます。
 
*なお、自分の基本スタイルは、今回のようなツーリングレポなのです。
(ご覧でない方は、リンククリップもご覧下さい。)
2012年12月13日 イイね!

本田宗一郎の見事な引き際と、そうでなかった人

本田宗一郎の見事な引き際と、そうでなかった人チルチルミチルの100円ライター。
覚えていますか?

製造は、東海精機(現トヨタグループ)。


あの本田宗一郎が、かつて経営した会社なのです。
かつてのホンダの本拠地は、スズキと同じ浜松だったのだ。


1. 見事な引き際

終戦後、宗一郎は上記会社の経営を譲り、家で酒ばかり飲んでいた。
やがて、やりたい事があると一念発起。この時、宗一郎は38歳であった。
立ち上げた2輪メーカーを不動のものとして、N360で今度は四輪メーカーの地位を築いた。


そしていよいよ普通乗用車のホンダ1300を開発した。(タイトル写真)

当時、誰もがあっと驚く94-100馬力。この排気量の他車の50%増しの強馬力だった。
だが、この車は空冷エンジンだった。音が大きく、うるさい空冷エンジン。

「もう空冷の時代ではない。」と社内の技術者は大反対。

しかし、宗一郎は空冷こそが自然だと持論を曲げず、社内の反対を押して発売。

音が静かならいいんだろうとばかりに、エンジンを2重に囲うなど結果としては、水冷エンジン
より複雑な構造で、重いエンジンとなったのである。


結果は散々なものだった。それは、経営の足を引っ張るほどであったと言われる。

「俺も、世の中の流れが読めなくなったな。」

そう言って、短命だったホンダ1300販売終了後の、1973年、社長の座を辞したのである。
(この時、66-7歳)

身内も社内から引かせた。これは、後にホンダの飛躍に繋がった。

宗一郎が、その後も社長の座に居続けたら、ホンダは倒産していたと言う人も多くいた。


かくして本田宗一郎は、歴史にその名を残す事になったのだ。


*ホンダN360  後期型ー写真はみなネットから転載。

2.世襲に執念。会社を滅ぼした経営者

こちらが、経営者としては多数派であろう。

かつて流通業の覇者として、一世を風靡したダイエーと中○功CEO.

本社に商談で訪れる取引先に、「使い捨ての紙コップ」でお茶やコーヒーを出す事だけでも、
合理主義の米国流であり、日本の社会常識を覆す事だったのである。

日本初のセルフサービス店を、大阪千林駅前に出すと主婦の圧倒的支持を受けた。

「よいものをどんどん安く。」を旗印に、やがて百貨店を凌ぎ、小売業トップの売上高となった。
ダイエーのやる事は、革新的だとマスコミの寵児ともなった。

地方と都会の庶民の服装の差を埋め、海から遠い場所でも刺身が庶民の口に入るように
豊かな食生活になったのは、スーパーの功績が大である。


更に最高経営責任者という意味の「CEO」を使い始めたのもダイエーだ。


「流通業界のホンダ」などと、もてはやされた。
だが、出来の悪い息子に跡を継がせようとして悲劇は始まった。


当時、アメリカで流行っていた「ハイパー」と言う業態(売る方式)をいち早く取り入れたダイエー。
広大な国土のアメリカでは、数時間かけないとスーパーに行けない人もザラである。

またキッチンも冷蔵庫も日本よりずっと大きい。米国の買い物は、週に1回が基本だ。
肉も大きなポンド単位のブロックで買うのである。冷凍野菜も多く使われている。

この売り方を日本に取り入れ、各地に「ハイパーマート」を建設したのが息子(副社長)だ。
米国のような大容量を中心に販売した。ユニットプライス(G単価)は通常のスーパーより
かなり安かった。

だが、狭い国土に小さな冷蔵庫の日本では鮮度の良いものを、毎日買うのが習慣である。
(この頃、スーパーは既に日本全国にあり、大体は自転車があれば行けた。)

一例だが、ハイパーでは冷凍の焼き鳥が、100本入りの箱売りだった。
単価は1本30円と安くても日本の冷蔵庫、冷凍庫には入らない。
刺身は、お造りは置かずに柵ばかりだった。安く売るから、自分でお切りなさいと言うのだ。


日本の購買習慣まで変えようと言う、この思い上がりが、やがて
破滅を招く事となった。


CEOに戦略の見直しを進言するものは皆、追放された。
やがて社内では、誰も物を言わなくなり、消費者もそっぽを向いた。

裸の王様の末路は、みなご承知の通りだ。

優秀な後進に道を譲っていれば、未だ覇者の座にいられたのかも知れない。


身内も一緒に引退させた宗一郎氏の潔さとは大きな違いだ。

「生活に夢を、生活を豊かに。」との志で、大きくなった二社。

自分の限界を悟り、世界に羽ばたく為に身を引いた経営者と、
当初は豊かな社会の実現に多大な貢献をしたが、最後は初心
を忘れてしまった経営者の違いである。

経営者は、引き際を誤ると従業員をも不幸にする。

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ  とはよく言ったものだ。

ホンダ車の原点N360 後編終わり



3.無念な辞めかたも・・

きれいな文章を、書いていた方が退会するとの事。
素晴らしいイラストを、描いていた方も退会しました。

これらの方は、二人とも女性です。
自分の友達ではないが時々拝見し、偶然にも最後のブログを見たのです。
お二人とも、嫌がらせを受けて退会されるようです。


一言言いたい。情けないね、卑劣だ ! 弱いものいじめして。

エンジンフラッシングするように、心もフラッシングしろ と言いたい。




*動物写真はMY PCのサンプル写真。
昨晩UP後、この方からお礼とお別れのメッセージが届きました。
さようなら、誠に残念です(涙)。 新天地でのご活躍を祈ります。
2012年12月10日 イイね!

日本の航空技術100年(何で猫が?) 国産初のジェット機

日本の航空技術100年(何で猫が?) 国産初のジェット機さて、前回書けなかった、ゼロ戦以外の飛行機です。

このヘリ、どこかで見た感じだと思っていたら・・。

胴体の膨らみが似ていませんか?

タイトル写真の猫ちゃんに・・。



*ヘリ内部

この猫は、お友達の「しらとらまさし」さんの愛猫です。

味わいのある、風格漂う後ろ姿なのです。

後ろ姿をもう一枚。

敢えて、前回と同じ写真をもう一度。(既に、ご覧の方はご免なさい。)
カラフルで今風な防空頭巾を被った子供達が、見学に来ていた。

・もう一度、同じ事を言いますが・・・。
この可愛い子供達が、大きく逞しく育つ社会でありますように・・・。



*埼玉県・桶川飛行場に就航していたセスナ機。自分も数回、遊覧飛行で搭乗した事がある。

*戦後初の国産ジェット機

敗戦国の日本は、飛行機の製造をしばらく禁じられていた。
1958(昭和33)年、その禁が解けると早くも国産・自衛隊ジェット練習機(T-1)を製造した。
最高速度はマッハ0.8.時速931Km。ゼロ戦の1.6倍の速度だ。

機体は富士重工製。あのゼロ戦のエンジンを製造した中島飛行機がルーツだ。
さらにエンジンも、5年後に国産IHI(石川島播磨重工) 製が使われた。

航空機製造を禁止されながら、今から50年も前に、国産ジェット機を製造出来たのは驚きだ。
ゼロ戦の技術は、受け継がれていたのだ。(あのYS-11が、就航したのは1965年。)
*日本は戦争末期、既にジェツト戦闘機を造っていたのだ。


自信を取り戻そうよ !



しばし童心に返り、ゼロ戦始め、展示されている飛行機を見学し撮影した。
航空公園の駐車場は2時間まで無料だ。2時間なら余裕で見学できると思ったら
あっと言う間の2時間だった。

館内のレストランで、ランチと思ったがバイキングなので断念。
ランチ代を館内のプラモショップでジープに回し、自分用の来館記念とした。

エスクのインパネに置き、ご満悦であります。


*残る写真は(沢山あるので)、厳選してエスクフォトギャラにUPします。
引っ張るなって? お疲れモードなのです。


エッ、差し支えない? ありがとうございます。

ゼロ戦の、飛行動画が前回ブログにあります。興味ある方は、是非ご覧下さい。

ゼロ戦三部作.終わり。
*ゼロ戦展示会の詳細を、おすすめスポットにゼロ戦とともにUPしました。

プロフィール

「[整備] #エスクード 21歳の車検終了 新ショックインプレ https://minkara.carview.co.jp/userid/1110056/car/855706/5010987/note.aspx
何シテル?   10/21 19:01
2ストSJ-30からTA-01W,TA-51Wと乗り継いで います。オフロードも絶滅寸前。 力を発揮する場所も段々なくなる一方で、歳を取りMT疲れ。 エス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

戦後自動車史 夢叶わず 埋もれた美しい国産初のATスポーツ・ミカサ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/27 07:42:33
天国で永遠に 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/26 07:27:52
さらばゼロ戦 ! 自動車産業の礎にー ポルシェを破る快挙 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/14 19:01:46

お友達

眼悪く、色背景の文字。小文字は、読めません。
病気なので食・酒ログはスルーします。
メンテ可能な友人数の方、興味広い方希望。
*フォトギャラ 整備 等
最近、登録直後から訪問の途絶える事が連続してます。
無理にイイね 付けると後が続きません。





32 人のお友達がいます
奈良の小仏奈良の小仏 * 常につまらない自由人 お~さん♪常につまらない自由人 お~さん♪
paracatparacat ハヤタハヤタ
野良猫モッチー野良猫モッチー とりとり太郎とりとり太郎

ファン

78 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード Escu Dog (スズキ エスクード)
初代TA51Wの最終生産分(97.10)で、新車から乗り続けています。 軽にも間違えられ ...
スズキ スイフト Swift Cat (スズキ スイフト)
2007.5購入のZC11の最終製造分。(1300cc)スィフト最後のAT車だ。 既にC ...
ホンダ トゥデイ Wild Cat (ホンダ トゥデイ)
我が家、唯一のホンダ車。 買い物、街中のブラリ散歩用に購入した。 2003年、13年前の ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
自分のメモ用としてフォトギャラを使用。 初めてのスズキ車にして初の新車。 写真は借り物 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.