• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CatDogのブログ一覧

2018年08月10日 イイね!

久々の林道 ラストベルト 

久々の林道 ラストベルト 下界の道路上は40度越え。灼熱地獄だ。
先週は、日曜日の話である。

エンジンフラッシングと、モリブデン添加剤も投入。
エンジンは、滑らかに回るロートルエスクード。

フラッシング後にオイル交換する。準備万端だ。



今日は、蝶いや・・超が付くほど、久々に林道に行こうと家を出た。
ここは、秘密の某所。いい雰囲気でしょ。




林道入口。  ここは初めて走る林道である。



一車線しかない細い林道だ。



定番の杉の木が、ヒョーーンと立つ関東の林道の風情である。




この奥に一軒家があるが、人の気配は全くない。廃屋にしてはまだきれいだが・・。

しかし、ここで行き止まりだ。Uターンして、元に戻る。方向転換して、また林道に向かう。

この林道は、山の上に至る林道である。




高度計で標高が300mを越えてきたら、急にエアコンの効きが良くなった。
窓を開ければ、涼しいとまでは行かないが、下界に較べれば5度程、気温が下がっている。


*ドラレコ画像

ここで、ランナ-に遭遇。この方、何と後ろを見ながら逆走しているのだ。
坂道を下るように逆走しているので、かなり早い。

何故、後ろ向きに走るのか? 訳がわからない。

日曜日は、ハイカー・自転車・二輪・四輪などで、結構交通量は多い。
狭い林道、危ない事この上ない。慎重にかわした。

山を下りて湖畔道路を走る。


水辺は涼しそうだが、下界に近い標高なので暑い事・・。
ボートも下写真の奥に一艘見えるだけである。





更に降りて、ここは平地の武蔵野の面影残る、森の中である。

誰もいないプールがある。

ここは、1年ぶりの訪問であった。



プールの中に子供達はおらず、代わりに蓮がびっしりと生えている。





閉園してから、どの位の時が流れたのだろうか?



蝉の鳴き声が、虚ろに響き渡る。 赤錆が、時の流れを感じさせる。


*これのみ撮影日別

ここもまた、
森の中のラストベルト-錆ついた一帯- である。

今日は、林道で涼む事が出来た。久々の楽しい林道ドライブであった。



*昨日は、前回ブログの画像が頻繁に、TVに登場していた。記憶に留めたい。
2018年07月14日 イイね!

再起動 あらら 新型ジムニーより小さくなったMYエスク

再起動 あらら 新型ジムニーより小さくなったMYエスクこのところ、買い物等の用事以外には
使わなかったエスク。スイフトも同じである。

家に以前、申し込んでおいた新型ジムニー・シエラ
のカタログがスズキから届いた。

ジムニーの原点に帰ったような武骨なスタイルは、
ジープやラングラーを彷彿とさせ、現在の曲線主体


の、画一的デザインの中でひと際、異彩を放っている。


ジープは車ではない。ジープと言う乗り物なのだ。

とはCGの編集長だった小林氏だったかの名言である。

唯一無二の存在がジープである。ジムニーも、またしかりなのである。

ジープの機能を、軽自動車に盛りこんだのがジムニーである



そして、ジープなき現在の日本自動車界においてジムニーこそは、


我が道を行く 孤高の存在なのである。

かつて、ジムニーには2回乗った。両車とも、2サイクルジムニーであった。

今回のジムニーに、オーバーフェンダーを付けた普通車シエラの、ジャングルグリーンには食指が動く。
*上カタログ写真のもの。うーん格好良い。好きなデザインである。

カタログを眺めると欲しくなる。更に室内のサイズを見て驚いた。ジムニーもシエラも、
同一寸法であるが、前車と外寸は同じなのに、中は随分と広くなっている。


*本日のエスクードTA51W。カタログではグリーンだがグリーンと言う人は自分を含めて
誰もいない。どう見てもブルーである。

いままでは、MY エスクよりホイールベースが少し長かったが、今回は全ての項目で
ジムニー・シエラが上回る。特に室内長は180㎜もジムニーの方が長い。

発売当時はスズキのフラッグシップだった2Lエスクードだが、今や軽のジムニー
より小さくなってしまった。

痒い所に手が届く と言うが、エスクはまさにそれだ。と言っても装備の事ではない。

エスク3ドアは、全てセパレートシートの4座であるが、どの席に置いてあるものでも
運転席から手が届くのだ。つまり、物理的な話、狭い室内の裏返しだ。




まあ、こんな事は自慢にもならないが-笑- 。

この車の自慢はジムニーの2倍半近くを出すパワーと、以前乗っていたシティターボより
噴き上がりの良いDOHCエンジンだろう。低速トルク不足で評判の芳しくなかったV6に変わる、
ロングストロークでトルクフル。10万キロを越えてなお、軽快に回る直4のJ20Aエンジンなのだ。

また、燃料タンクは、72Lもあり歴代最大でクラウン並みだ。
更に、未だに飽きの来ない角ばったデザインもそうだろう。
見かけによらず、足回りパーツの肉厚な事にも驚かされる。

最大と最小が同居する変な車なのである。


再起動

週末はエスクになるべく乗るようにしているが、最近は買い物などの用事のみだ。
また買い物だけ?上の画像スーパーでの買い物時に、エスクがそう聞いてきたように感じた。

そう言えば、そろそろ再起動の時期だ。3月以来、久々に国道299号線を下る。
室内は、まだ50度もある。


カラフルな西武秩父線。ドラレコ-ユピテル200万画素-画像より。



最初に降りて見たのは滝不動尊。






ここは、宗教法人の施設で橋を渡ると別世界になる。しかし途中で建設は頓挫したようだった。

ただ、旗などは綺麗でありどこかが管理しているようだ。




以前、一度来たことがある。猛暑で歩く気にはなれない。車に戻り先を目指す。

快適なワインディングロードが続く国道299号線。手前部分のフェンスが落ちている。
暑さで注意も緩慢になる。事故にはご注意を。


*ドラレコ画像より。

暑いせいか喉が渇く。夏でも冷たいあの湧水に向かう。






イヤー冷たくて旨い。 吾野湧水である。しばし緑の中でくつろぐ。



アスファルトの上より緑の上が心地よい。


この後、涼しい標高800m超の苅場坂峠に行く予定だったが、エスクに揺られて少し疲れた。
今日は、これまで・・。エスクってこんな乗り心地だったっけ?
スイフトに慣れたせいか、今日はやけに固く感じられたエスクの乗り心地だった。

エスク購入当時、周囲の人々もこぞって乗っていた四駆も、今や自分だけが乗り続けている。



シエラに惹かれるものの今後も、この運転席に座り続けどこまでも走り続けたい。

次は、もう少しロングドライブをしたい。 

元気で動ける事が、どんなに幸せな事かを、切に感じる今日この頃である。
2018年05月30日 イイね!

天空の花 潜水艦浮上せるも曳航されて到着

天空の花 潜水艦浮上せるも曳航されて到着ようやくのドライブレポです。

残念ながら、まだ長時間運転は無理なので
友人の助手席でのドライブとなりました。

目的地は秩父高原牧場・天空のポピー畑である。
自宅から約2時間強の道のりである。


天気は晴天とはいかなかったが、それでも今朝や一昨日の泣き出しそうな天気より
は、まだましな天候であった。


埼玉県立・秩父高原牧場・標高600m前後の、山の斜面に展開する広大な天空の
ポピー畑である。
東秩父村と皆野町にまたがる広大な面積を持つ。

9時半に到着、無料駐車場に車を停めて入場料300円2人分を払い、お花畑に入る。
来場各車NOプレートも、県内はもとより千葉・横浜・品川・八王子・多摩など様々である。

さて園内に入り、まず目に入るのがこの景色である。



道を進むと、やがてお花畑の最高所に出る。雄大な景色が見える。

まだ、満開には至らず、畑には濃い部分と薄い部分がある。
全く花が、咲いていない部分もあった。



ワンちゃん達も花の匂いをかいでいた。




最高所から降りて行く。




ポピーはケシ科に属し、花もそっくりだと言う。可憐なコスモスとも異なり、たくましさも
感じる花である。奥は皆野町、長瀞・秩父と続いている。


やがて、中央広場に出る。ここで一休み。



皆さん、思い思いに写真撮影。



今度は斜面をあがり、駐車場に戻る。入口近辺にはテント村がありアユの塩焼き
などを販売している。小一時間のお花畑散策であった。



こうしてポピー畑を後にして山を下りる。赤い花の中で、赤いスイフトが絵になっていた。
今回は、三年ぶりの訪問であった。



本日、私を曳航してくれたのは、エスクと同期生の友人のハイラックスサーフ。
一世を風靡した四駆である。エスクがライト級ならこちらは、ライトヘビー級と言ったところ。
*秩父市内・御岳林道終点付近にて



ポピー祭りは6月8日まで開催されている。
今週末が最大の見頃であろう。総計3000万本のポピーは壮観である。




この後、秩父のホテルで昨年食べた蕎麦とてんぷらが大変おいしく、友人と再び
堪能しに行った。無論温泉にも入る。

こちらの様子は、低迷するフォトギャラにUP予定です。
四駆つながりで、エスクのほうにUP予定です。
2018年01月15日 イイね!

昨年スタックした笠山峠へ

昨年スタックした笠山峠へ4、5年前に、停車中 突然ABS警告灯が点灯した。
点検に出す前に、河原の砂地に入りABSを作動させた。

ABSは、何でもなかったように作動して警告灯は消えた。

それまで数年の長い間、ABSは作動していなかった。
接点に、錆びでも発生したのかも知れない。

以後、全く異状はない。


よってABSの作動がない年は、スリップする路面で急ブレーキをかけ強制作動させている。

このエスクのABSは、スズキ初のもので当時はオプションだった。
なので、不具合も出やすいのかも知れない。

悪路も激減した昨今は、夏場には作動する事も殆どない。

奥武蔵Gラインに変えて一昨年から、冬のこの笠山峠で強制作動させている。

今年は、オールシーズンタイヤでの初めての冬である。タイヤテストも兼ねている。

家を出る前に車用加湿器を持ち込む。ジャンプスターター用のリチウムポリマー電池に車用
加湿器をセットしたものだ。冬場の山では、車内の湿度は10%にも満たない。
* カーライフで一生に一度くらいの使用では、割に合わないしもったいない。

自分の喉は、疲労や体調不良が真っ先に出る部分なのだ。



冬枯れの景色の中の笠山。標高は1100m近くあり、奥武蔵では高山の部類だ。



定峰峠に向かう、県道途中にある林道の入口から登り始める。
すぐ下に見えてくる廃校とお寺。ドンドンドン と太鼓の音が鳴り響いている。

お寺での修行だろうか?



途中にある休憩場所だが・・。トイレも施錠されていた。うーん困ったね。



途中で眺望の開ける場所がある。写真右奥が秩父高原牧場。
穏やかな冬景色である。


昨年、同時期の途中道。ウインドウに映ったパラグライダー。
この山の隣にある堂平山に、発着場があるのだ。寒い中元気ですなー。

撮影時には気が付かなかった。




拡大すれば、そこに鳥人あり。*上記とは撮影日別。


この先、雪は凍結路に変わり、急坂で停車して撮影しようとしたのが運の尽き。
スリップして発進できずに、峠に至る事なく逃げ帰ったのだった。

今年は雪もなく無事、峠に着いた。同じ車なのに、昨年とはNOが変わっている。
撮影用にダートに入る。峠は3本の林道の合流点でもある。



笠山峠の様子と、下は峠から見た眺望である。絶景だ。  






ABSは、まだ作動していない。途中にあった僅かな凍結路で作動させようと、峠を下りた。
加湿器を作動させていても、湿度は20%に低下。



途中の、僅かな凍結路に片側のタイヤを乗せて急ブレーキ。ABSを数秒作動させた。
下り道なら、停車しても再発進出来ないと言う事はない。

この道を下るのは初めだ。今まで気が付かなかった巨岩に、竹が沢山生えている。



林道を出て、廃校の前に車を停めて一休みだ。

相変わらず、太鼓の音がドンドンと鳴り響いている。道の向こうのお寺からではなく
、この廃校の中から鳴っているようだ。



うーん この光景、どこかで見たような・・・。海馬の中にクレーンが降りて、ひとつの
記憶を掴みだし、自分の目の前にドンと放り出した。

そうだ、これは和太鼓の練習をしているのだ。1か月くらい前にNHKのニュースで
放映されていたのを思い出した。
「若い人が来て村が活気づく。」 と、村人が語っていたのも思い出した。

廃校入口に鬼太鼓・・・との看板がある。
この辺りの名物は鬼ウドン。鬼が多いようである。
*埼玉県は、香川に次ぐウドン消費県だそうだ。それも小差で。
 今年は日本一を狙う、なんて自分も知らなかった。ウドン食べないもんね。



しかし、こんな山間に学校とは・・。昔の繁栄が偲ばれる。卒業生たちは今どこに。

うさぎ追いし かの山、小鮒釣りし かの川 である。




今日は、残念ながらタイヤテストは、出来なかった。

さーて、もう1本走ろうか。
 林道 お代わり !



続く・・は、なくて終わり。
2017年11月26日 イイね!

20年10万キロ ようやく達成!

20年10万キロ ようやく達成!新車以来、先月で満20歳を迎えた我がエスクード。
その1か月後の本日、10万キロを達成する事が出来た。

元々、通勤は電車でエスクはレジャー専用だった。

かつ10年目からは、普段使いとしてATのスイフトを
購入していた。
距離が、中々伸びなかった理由である。



1.強制退去

本日は恒例の市民マラソンの日だ。
ゴール近くのコース上にある自宅は、交通規制がかかる。
朝8時までに、車を出さないと規制が解除される正午までは車が使えないのだ。

と言う訳で、朝7時頃にエスクを出し、行く先も決めずに出かけた。

今日の目標は、10万キロ達成である。出発時の走行距離は、99,965Kmであった。

2.10万キロ達成

キリ番とかは興味がなく、1枚の写真も撮ってはいないが、初めての10万キロ位は残そう
と自宅を出発。タイトル写真の場所で99,999Kmとなり、少し走って10万キロ達成だ。

黒背景の白文字なので読み取りずらかったが、100000なので何とか分かった。
最初にして、最後のキリ番写真となるだろう。     




さて、行き先を決めていなかった。何も考えずにここまで来た。奥武蔵グリーン
ラインの終点まで下道で行き、グリーンラインで起点の越生を目指そうと決めた。


*小休止 夏場は、BBQで賑わう河原も今の季節は無人だ。

3.10万キロ達成のための整備

気分よく10万キロを迎える為に、室内外のてこ入れをした。
整備手帳をご覧の方は、ご承知でしょうがここは改めてご紹介します。

内装色と同じグレーの革巻きハンドルカバーに交換。4WDのカーバッジ。



*ネット販売にご注意!
 カーバッジは、中国製で1コインのもの。価格にしては良質と思うが、多分同じもの
が、某社純正品と謳い、何と15倍の価格で売られていた。

どう見ても同じ商品にしか見えない。また、先日購入したシートベルトバックルも自分の購入
価格の10倍以上で売られていた。要注意だ。

なお、故障したCDチェンジャーの後継機をオークションでリーズナブルな価格で購入出来た。
20年近く経過して劣化が見られるフロントSPも、交換した。

気分よくドライブ中にCDが聞ける。




4.ドライブ

埼玉県道では、最長の県道11号をひた走り、定峰峠に出る。
右写真は、この地域では旨いと評判の鬼ウドン。数店舗を展開している。

峠に向かう山道の途中にある。私は蕎麦党なので、食べた事はないが。

この近くの広場に、前回ブログの鉄砲隊と同じ服装の方々が10数人集まっていた。
害獣駆除の鉄砲隊か?それにしても大人数だ。



曲がりくねった山道を登ると定峰峠(標高613m)に出る。次々と峠の茶店が閉店して、
奥武蔵Gライン上に残る峠の茶屋はここと、顔振峠にある数軒を残すのみである。
まだ、開店前のようだ。

茶店の上には「ここより林道」の表示がある。だが、その先には通行止めの看板と
ゲートが行く先を遮る。 



やむなく引き返し、途中で分岐する「秩父高原線」に入った。 




林道の名前は良いが、眺望が良い訳でもなく、ごくフツーの林道である。
以前、来た時は一部ダートが残っていたが、舗装されているだろう。
下写真は、途中の眺望。断片的な眺望である。



と思ったら以前のダートはまだ舗装されていなかった。


土と落ち葉のコラボ道は温もりがある。 

だが、落ち葉には要注意である。特に路肩の落ち葉は側溝に積もり、踏んだら
ドンと落ちる事もあるからだ。道の中央を進む。

また、狭い林道では音楽・ラジオも厳禁である。
寒くても窓を少し開け、前方の音に注意を凝らす。




履きたては、ダートでも挙動が不安定だったスコーピオンベルデ(オールシーズンタイヤ)は
、皮むきが終わり安定性を増して来た。



そしてダートは終わり、人里が見えてくる。

この辺りだと、買い物も大変だろうな と思いながら通り過ぎる。
各家の人が、外に出て焚火や道の清掃をされていた。皆、高齢の方々だった。




大きな木に柚子が沢山実を付けている。この辺りでは、柚子栽培が多い。

ゆずを見ると、冬を感じるね。



山を下りると、さっき走ってきた県道11号沿いの「やまめの里」公園に出た。

帰りに、水を汲ませてもらって、頂き物のタンブラーに詰めた。
帰り道はCDを堪能した。新スピーカーでChセパレーションが、ぐんと良くなった。



今日は途中で海鮮丼を頂き、半日ドライブを終えた。走行距離は、135Kmだった。
総走行距離は、100,100Km となりました。   

プロフィール

「[整備] #エスクード 21歳の車検終了 新ショックインプレ https://minkara.carview.co.jp/userid/1110056/car/855706/5010987/note.aspx
何シテル?   10/21 19:01
2ストSJ-30からTA-01W,TA-51Wと乗り継いで います。オフロードも絶滅寸前。 力を発揮する場所も段々なくなる一方で、歳を取りMT疲れ。 エス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

戦後自動車史 夢叶わず 埋もれた美しい国産初のATスポーツ・ミカサ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/27 07:42:33
天国で永遠に 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/26 07:27:52
さらばゼロ戦 ! 自動車産業の礎にー ポルシェを破る快挙 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/14 19:01:46

お友達

眼悪く、色背景の文字。小文字は、読めません。
病気なので食・酒ログはスルーします。
メンテ可能な友人数の方、興味広い方希望。
*フォトギャラ 整備 等
最近、登録直後から訪問の途絶える事が連続してます。
無理にイイね 付けると後が続きません。





32 人のお友達がいます
奈良の小仏奈良の小仏 * 常につまらない自由人 お~さん♪常につまらない自由人 お~さん♪ *
paracatparacat * ハヤタハヤタ
野良猫モッチー野良猫モッチー とりとり太郎とりとり太郎

ファン

78 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード Escu Dog (スズキ エスクード)
初代TA51Wの最終生産分(97.10)で、新車から乗り続けています。 軽にも間違えられ ...
スズキ スイフト Swift Cat (スズキ スイフト)
2007.5購入のZC11の最終製造分。(1300cc)スィフト最後のAT車だ。 既にC ...
ホンダ トゥデイ Wild Cat (ホンダ トゥデイ)
我が家、唯一のホンダ車。 買い物、街中のブラリ散歩用に購入した。 2003年、13年前の ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
自分のメモ用としてフォトギャラを使用。 初めてのスズキ車にして初の新車。 写真は借り物 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.