• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

monsterGRBのブログ一覧

2018年11月11日 イイね!

18/11/11 大乗フェラーリミーティング

18/11/11 大乗フェラーリミーティング大乗フェラーリミーティング、355F1はまだ修理中なので、今年もインプレッサで行ってきました。
今年はTOKOさんとM3のO食いさんと行ってきました。





小田原厚木道路の平塚PAで集合。
平塚PAに着くと・・・・・
すでにフェラーリミーティングが始まってる。
alt
ランボルギーニウラカンも

alt
993 ポルシェカレラRSも

alt
フェラーリとランボ1台の大名行列。

ここにいた一般の人たちは、さぞビックリしたことでしょう。

ここで、O食いさん、TOKOさんと合流。
3台でつるんで大磯ロングビーチへ。


この日はランボだろうが、ポルシェだろうが、マクラーレンだろうが、S耐86レーシングマシンより速いインプレッサだろうが、フェラーリとは別の駐車場・・・・のはずなのに、ランボとマクラーレンとパンテーラーは、フェラーリ展示場の駐車場へ。

駐車場に止めると、なんとTOKOさんとの所へ、清水草一さんが近づいてきてるじゃないですか。
alt

清水「あなたの車はFerrari204GTSですね。希少なフェラーリなのでぜひデモランで走ってください」
TOKO「あいや、HONDA S2000ですよ」
清水「いや、私には懐かしのFRフェラーリに見えます。ぜひ走ってください」
TOKO「そうか、これフェラーリだったんだ。それじゃあ走ります」

いいなーTOKOさん。私のマシンもSubarri204GTB444turboなのに。

そんじゃあ清水草一さんを1枚パチリ。
alt

 
テスタロッサ、348GTSの後ろに、204GTSを並べるTOKOさん。
alt

 
TOKOさんの後ろにはBMW2002turbo!
そしてその後ろには・・・・・
alt
おー!512BBだー!

alt
一番前にはF50!


会場に目を向けると・・・
ランボルギーニ カウンタック アニバーサリー
alt


ランボルギーニ カウンタック LP500S?
alt

マクラーレン
alt
 

あれっ?今日はフェラーリミーティングじゃないの?

全体の景色
alt

alt
 

フェラーリを見て回ると・・・・・

エッヂさんが来ていました。
alt
今日は355でなく、348で来ていました。
エッヂさんは、348が355よりお気に入りの様。

また、TO9さんも登場。
alt
TO9さんも私と同じF1。
これがエンジンルームがすごくきれいなんです。

エッヂさんにしても、TO9さんにしても、ロッソじゃないので見つけやすかったです。
フェラーリミーティングになると、ロッソだらけになるので。

alt
おなじみ、清水草一さんと、榎本店長とのトークショー?まんざい?
「フェラーリは速さじゃない!」
と、清水さんは繰り返し言ってました。


さて、それではデモ走行
alt
F355チャレンジや、

alt
テスタロッサや、

alt
512BBや、

alt
TOKOさんの204GTS!

みんな全開加速!
特に512BBは、激しくホイールスピンさせて発進!ドライバーは女性でしたよ。

alt 
TOKOさんの激走!

デモ走行が終わって、しばらくしてからは、清水さんの328GTS vs R32 GT-R、328GTS vs ランエボⅥの加速対決!
alt
なんと、328GTSが、R32に勝利!
ランエボには負けたものの、その差はわずか。
328速いじゃん。
忖度があったとかなかったとかという話もありましたが・・・・

最後はビンゴ大会
わたしもTOKOさんも、O食いさんも当たりませんでした。
昨年私はワインが当たったので、今年も当たるのではと期待してましたが・・・・

最後に、TOKOさんの204GTS、O食いさんのBNW W3、私の車検から戻ってきたばかりの、Subarri204GTB444turbo、3台を並べて記念撮影。
alt

alt
 
来年こそ、その他大勢で目立たないロッソの355で参加したい。
そうそう、同じ秘密工場で355を修理しているドカベンさんにも会いましたが、あと1週間で修理が完了するとの事。
これが終われば、私の355に取りかかれるはず。

Posted at 2018/11/13 22:42:19 | コメント(6) | トラックバック(0) | SuperCar | クルマ
2018年11月09日 イイね!

スーパーカーの3雑誌

スーパーカーの3雑誌ノスタルジックヒーロー、エンツォ・フェラーリ全仕事、そして苦労して手に入れたホリデーオート。
3冊も一緒に買ってしまったので、どこから見たらいいのか・・・

特に意識したページをあげたいと思います。



まずは最初に見つけたノスタルジックヒーロー
alt

サーキットの狼、流石島レースのフェラーリ・ディノ・レーシングスペシャルが中心ですね。


alt

サーキットの狼の相関図が 。


alt

潮来のオックス関根英次氏が出演。
サーキットの狼ミュージアムは、池沢さとし氏より、関根氏がかなり貢献しているそうです。


alt

付録の2019年カレンダー表紙
表紙の12台が、それぞれ12ヶ月分のカレンダーに掲載されています。


alt
1月は風吹裕哉のロータスヨーロッパSP


続いてエンツォ・フェラーリ全仕事
alt



alt

フェラーリの中でも、私がダントツで美しいと思っている、ディーノ206GT/246GTの特集


alt

ディーノ246GTに続いて、私が2番目にカッコイイと思っている288GTO


alt
F355も少しですが掲載されています。


そして、やっとのことで手に入れたホリデーオート
alt


alt

まず最初に出てきたのが、私が中学の頃から最も好きなランボルギーニJOTA


alt

こちらには池沢早人師氏が出演


alt

池沢早人師氏が、また乗ってみたいスーパーカーBEST3

1位 ポルシェ993GT2
    おー、私が前に乗っていたポルシェじゃないですか
    (私のは、見かけだけGT2で、中身はただのカレラですが)
2位 フェラーリF355
    おー、私の今の愛車じゃないですか
    (もう1年以上秘密工場に置いてありますが)

alt

幻の多角形コーナーリングの方法が!
これをマスターすれば、筑波1分切りができるかも!

付録のスーパーカー図鑑
alt

alt
 
alt

alt

alt

alt

当時の、モーターマガジンでの矢田部で計測した最高速、ゼロヨンのデータも掲載されていました。


ラ・フェラーリより、アヴェンタドールより、991 GT3より、単純に好きの度合いで言ったら、この頃のスーパーカーのほうが好きですね~。
やっぱりサーキットの狼世代のスーパーカー小僧だなー。 

Posted at 2018/11/09 23:04:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2018年11月07日 イイね!

ホリデーオート、やっとのことで買いました

ホリデーオート、やっとのことで買いました
2回連続車雑誌の話題となりますが・・・・

夢・心・彩・純さんのブログを見て、今月号のホリデーオートはスーパーカー特集。
それもサーキットの狼世代のスーパーカーが多数掲載。
70'sスーパーカー図鑑の付録つき。
これは買わなきゃと思い、もう夜の10時過ぎていましたが、すぐに買いに行きました。
ホリデーオートを買うのは、私も30年ぶりぐらい?

しかし、実はホリデーオート購入までの道は険しかったのです。



まずは、家から一番近いTUTAYAに行って見ました。
3番目に近いTUTAYAが、12時までやってるので、10時過ぎでもやってると思ったのですが・・・・
残念ながら終わってました。
1階はスーパーなので、その関係で終わりを遅くできないのかもしれません。

それじゃあ12時までやっているという確認ができている、3番目に近いTUTAYAに行きました。
ところが、CAR TOPやベストカーはあるのですが、ホリデーオートは見当たらない。
やっと1冊だけ見つけたのですが、かなり立ち読みされた様でけっこう痛んでいる。
これは別のところで買おう。
考えてみたら、ホリデーオートあたりなら、コンビニで売ってる。

ただ、そこで2冊の良い本を見つけました。
ノスタルジックヒーロー
alt
おー、フェラーリ・ディノ・レーシングスペシャル!
サーキットの狼流石島レース編!
サーキットの狼ミュージアムに展示されているスーパーカーの2019年カレンダーが付録で付いてる。
これは買っておこう。

他にインプレッサ関連、サーキット走行関連の本を物色していると・・・・・
エンツォ・フェラーリ全仕事
alt
ディーノからF40までと書いてありますが、F355やF50まで掲載されていました。
特にディーノは特集も組まれていたし。
これも買っとこう。

ホリデーオートはここでは買えなかったけど、貴重な雑誌2冊を見つけることができました。


さて、帰りにコンビニよってホリデーオートを買おう。
ところがこれがホリデーオートが売ってない。
TUTAYAから、家に帰る道沿いのコンビニ全部によって行きました。
車雑誌がまったくないところもありましたが、多かったのが、CAR TOPとベストカーはあるのにホリデーオートがない。
こうなると、何が何でもホリデーオートがほしい。
だんだん家に近くなってきて、残りのコンビニ数が少なくなっていきます。
傾向として、セブンは、ほとんどCAR TOPとベストカーは置いてあるけど、ホリデーオートはない。
ファミマは車雑誌自体がほとんど置いてない。
ローソンは車雑誌があるところとないところと。

だんだん家が近くなっていき、残りのコンビニも少なくなっていきます。
最後に、家から一番近いセブンに入りましたが、やっぱりCAR TOPとベストカーはあるけど、ホリデーオートがない。
あきらめてスナック菓子をかって帰ろうとしました。
明日、一番近いTUTAYAに閉店前に行くか。

そうだ、近くにもう一軒セブンがある。
だめもとで一応行ってみよう。
あった!やっとホリデーオートを見つけられた。
涙が出そうなほど(これはちょっと大げさかな?)感激しました。
コンビに10軒ぐらい?以上?よったなー。
ほんと、やっとのことでホリデーオートを見つけることができました。

ということで、やっとのことでホリデーオートを買うことができました。

3つのスーパーカー雑誌の内容は次のブログで。





Posted at 2018/11/09 02:05:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | SuperCar | クルマ
2018年10月29日 イイね!

なんと市販車が筑波1分切り!

なんと市販車が筑波1分切り!サーキット走行のオフシーズンになると、REV SPEEDを読まなくなってしまいます。

たまたま時間つぶしをしたかったので、書店に行きました。

REV SPEEDか、インプレッサ関連の本か、Ferrariの本で面白いものが無いかと探し始めると・・・・

CAR TOP12月号の表紙に、
「市販車最速が出た」
「1分切り達成」
の文字が!



2015年、D-Languageチューンになった初めての走行会で、1'03"147を出しましたが、その時点でサーキットの狼、モデナの剣で出てくるナンバー付の車のタイム全てを破るという目標を立てました。
サーキットの狼、モデナの剣での筑波サーキット最速タイムが、早瀬左近がポルシェ930ターボにスリックをはかせて出した、1'02"69
alt


以下が、サーキットの狼、モデナの剣に出てくるナンバー付マシンのタイム表です。
alt


早瀬左近はスリックタイヤで出したタイム。
また、DIREZZA β02、POTENZA RE-05D等の、ラジアルという名のスペコンSタイヤが出始め、それが71Rなどより高価ということもあり、それなら安いSタイヤで、ということでそれからハンコックのSタイヤを使い始めました。
Sタイヤにすれば、ポンと1秒ぐらいタイムが上がるかと思っていましたが、甘かった。Sタイヤにしてもコーナーの横Gを今までの71Rより高く持っていくことができない。自分の運転での71Rの横G限界を体が覚えていて、それ以上速くできない。走りこんでいくうち、やっと3秒を切ることができ、タイムアップしたり、ダウンしたりしながら徐々にタイムを縮めていきました。
alt


そこで、次に目標としたのが、市販車のタイム全てを破ること。
その時点でデータとして持っていた市販車の筑波ラップタイムが以下の表です。
alt
(いくつかその後付け加えたものもありますが)
BMとありますが、BEST MOTORINGでのタイムです。

458の2秒236、R35GT-Rの2秒125は破れる可能性あると思うけど・・・・
うーん、ガヤルドの1秒599は・・・無理っぽいなー。


と思っていましたが、その後、ベスモだけでなく、CAR TOPの筑波タイムを入手することができました。
それを合わせたのが以下の表です。
alt
(CTがCAR TOPです)
いやー、991 GT3と、R35 GT-Rでタイムアップ争いをしてて、 もう私の目標タイムの範囲を超えています。

で、今回CAR TOPで見つけたのが、ポルシェ911 GT3がなんと、
59"869
市販車で1分切り!
alt
すっげー!
とんでもねー!
この次期に雑誌に出たという事は、991.2GT3だと思いますが。

alt

これは日本で言うところのSタイヤ?
と始めは思いましたが、↓を見ると、71R、ZⅢレベルか、そこまではいかないハイグリップラジアルかな?と感じます。


GT3のパワーはカタログ500ps。私のGRBとまあ同等。パワー的にはとんでもない化け物ではない。
これで1分切り!
シャーシー性能も含めてとんでもなくすごいマシン。
さらにその後雨が降り、ウエットになっりましたが、
ウエットで、2秒612!
RRという、ウエットではもっともコントロールが難しそうなマシンでこのタイム。
いかにセッティングがすばらしいかを物語ってると思います。

993の時代は、ボディ剛性、各操作系の剛性感、ブレーキのタッチのとんでもないすばらしさ等、非常にすばらしいスポーツカーでしたが、CarreraRSでも、エンジンパワーでは勝るフェラーリF355の方がタイムでは速かったですが、水冷DOHCになってからのポルシェは、シャーシ性能だけでなく、エンジンパワーもフェラーリに劣ることなく、弱点がないマシンになってますね。
996からGT3という名のマシンが出始めましたが、ベスモで、FISCOバトルで996GT3が、360モデナをBESTラップタイムで2秒近くちぎっていました。

それにしても1分切りとは・・・・・
おそるべし991 GT3

DORYさんが手に入れたのは、こんなとんでもなくすごいマシンだったのですね。



Posted at 2018/10/29 23:24:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2018年10月14日 イイね!

ホイールはPIAA

ホイールはPIAA
18/10/7 大谷石・芭蕉黒羽スーパーカーツーリング と順番が逆になりますが・・・・

普段ばきタイヤ交換で、ホイールはENKEI PF05に決定したと報告しましたが、発注したところ、ENKEI側がまだ商品供給を始めてなく、ショップ側からキャンセル。
現在サーキット用ホイールとしてADVAN T3を購入した時も、ENKEI PR03を発注したところ、製造終了とのことで、ショップ側からキャンセル。次にSSR GTV01を発注したところ、これもメーカー在庫が無いからとショップ側からキャンセル。

ひどいですよね。販売できないホイールを販売してるって。

今回初めに発注したENKEI PF05
alt


といったところから、再度検討しなおし、決めたのはPIAA Eleganza S-01
今年1月の東京オートサロンでも注目していたホイールの一つです。
alt

色はゴールドでなく、 クリスタルダークチタン。一般的な言い方ではガンメタといったところですね。
alt

形的にはスポークが細く、曲線的で、ENKEIより好み。
色もホイール単品を見ると、これはこれで魅力的。
でも・・・・・・
alt
車に装着すると、タイヤが黒くて、ホイールが黒に近いので、ホイールが目立たないんだよなー。
停車してる時ならまだいいんだけど・・・・

alt
昔ジムカーナでEF-8乗ってたとき、ガンメタのホイールを使ってましたが、 タイヤ、ホイールが真っ黒に見える。

まあ普段履きだからいいか。







Posted at 2018/10/14 23:06:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | 整備 | クルマ

プロフィール

「355 エキゾースト系処理 http://cvw.jp/b/1442819/41253068/
何シテル?   03/24 21:36
monsterGRBです。よろしくお願いします。 10数年前までジムカーナをしていましたが、ギックリ腰→慢性腰痛となり引退。 色々な病院、整体、カイロプラク...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) Ferrari F1 tipo355 (フェラーリ F355 (クーペ))
中学のころ、サーキットの狼を読んだころからの夢だったフェラーリ 念願のFerrari 3 ...
スバル インプレッサ WRX STI D-Language GTRB (スバル インプレッサ WRX STI)
EVO Ⅰ  R205に勝つ  ポルシェのボディ、操作系、ブレーキの剛性感に迫る気持ちい ...
ポルシェ 993 カレラ 993GT2 Look (ポルシェ 993 カレラ)
空冷最後の993型911カレラ。 ポルシェはやっぱりオーバーフェンダーと馬鹿でかい羽がつ ...
スバル インプレッサ WRX STI PACSmonsterインプレッサ (スバル インプレッサ WRX STI)
EF-8に対し、スタートのトラクション、加速力が別物。まさにモンスターマシン。 しかし、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.