• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jumar1827のブログ一覧

2018年06月06日 イイね!

運河

流山市西深井にて明治時代に建設された選奨土木遺産を観てきました。

利根川と江戸川をつなぐ利根運河です。

明治23年に完成した全長8.5kmの利根運河は、沿岸部ではなく内陸部に
地形を巧みに利用した特色を持ち、オランダ人技師ムルデルにより計画された
日本初の西洋式運河です。

昭和初期まで利根川と江戸川を結ぶ舟による輸送路して栄え、その後は鉄道や
自動車の発達でその役割を終えますが、現在は豊かな自然環境と景観とともに
地元の貴重な近代化産業遺産として大切に保存されています。


利根運河の運河水辺公園沿いには、利根運河碑と工事の中心であったムルデルの
顕彰碑が建てられています。

運河に架かる浮橋に立ち川面から眺めると

重機などが無い時代にクワやツルハシで開掘された人工の河川であることに驚嘆
します。


この運河水辺公園の畔には、100年以上運河と地域を見守ってきた福之神・
ビリケンさんがいます。ずっと今日まで風雨にさらされていたビリケンさんに平成30年
3月観光協会が祠を建立、3月24日の祠の除幕式典が盛大に執り行われた。
しかし、一週間も経たないうちに何者かがビリケンさんを壊してしまった。

破損したビリケンさんは、修復のために施設に運ばれ公開中止となってしまったが、
本家の大阪・通天閣の「ビリケンさん」を管理している「通天閣ビリケン公認事務局」
が石像の修理のあいだ代わりにと、金色の「ビリケン像」を贈ってくれました。

利根運河よりこのビリケンさんを拝顔したかった流山市訪問でした。 




Posted at 2018/06/06 23:33:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月06日 イイね!

トトロ

岩波文庫や広辞苑でお馴染みの岩波書店のロゴマークと云えば、



ジャン=フランソワ・ミレーの『種をまく人』が元になっていることで知られて
いますが、

岩波書店のwebサイトの左上マークが、『種をまく人』から『種をまくトトロ』に
変わってるぅ。


エッチング画風のほのぼのとした種をまくトトロの表情がなんともカワイイ。
このカワイイロゴマークは、宮崎駿監修/スタジオジブリ編『トトロの生まれたところ』の
出版を記念して、期間限定でこのマークにしてしまったようです。

この『トトロの生まれたところ』の特設サイトもできています。

種をまくトトロといえば『となりのトトロ』の中でも、サツキ、メイとトトロが畑に種を
蒔くと、ニョキニョキ芽が出てきてどんどん成長していく。トトロの不思議な力が感じ
られるとても印象的な場面があったけど、この本も岩波書店のサイトを見ただけでも、
挿絵イラストが綺麗であの頃にちょいとタイムスリップしそうです。本屋さんで
さがしてみようかな。
Posted at 2018/06/06 23:18:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月24日 イイね!

農道をゆく

幹線道路からちょっと外れて

麦秋の農道をゆっくりとはしる。



小麦




二条大麦 ビール麦ともいいます

そよぐ麦穂 ヒバリがさえずり  名峰赤城山 いいね。



車内音楽は John Rutter の合唱曲集を持ち込んだ。


先日のロイヤル・ウェディングのTV中継でも聖歌隊が歌ってました。
美しい旋律にこころ安らぐ

"The Lord Bless You and Keep You " John Rutter and Cambridge Singers




Posted at 2018/05/24 19:24:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月13日 イイね!

ばら園へ



























Posted at 2018/05/13 16:21:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月08日 イイね!

新旧のマニフィカト

バッハのマニフィカトに続いて、また同じくすばらしい声楽曲を買ってしまった。

” 新 ” の方のマニフィカットは、

ジョン・ラター - John Rutter 指揮 シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア City of London Sinfonia
ケンブリッジ・シンガーズ Cambridge Singers



英国の作曲家で指揮者、ジョン・ラターの「マニフィカト」、つまりキリスト教の聖歌です。
レクイエムと違いマニフィカトは新約聖書、ルカによる福音書のマリアの賛歌です。
華やかさと明るさが全曲から感じられ、とても親しみやすい曲です。映画音楽とくに昔
懐かしいMGMのミュージカル音楽のようなポップ調で始まり聴きなれなくもないが、聴き
進むと素晴らしい祈りの調べはあまりにも美しく心が洗われるようだ。

このCDの録音は、ラター本人による指揮、自らが創設したケンブリッジ・シンガーズによる
素晴らしい合唱です。

John Rutter Magnificat
1.Magnificat anima mea
2. Of a Rose, a lovely Rose
3. Quia fecit mihi magna
4. Et misericordia
5. Fecit potentiam
6. Esurientes
7. Gloria Patri


ジョン・ラターは合唱曲の作品を数多く手掛けており、合唱をされる方には良く知られた
作曲家です。お馴染みの”For the beauty of the earth”やロイヤル・ウェディングのために
作曲された”This is the Day” などの聖歌(Hymn)はラターの合唱曲としてよく聴く機会あり、
何よりメロディがうつくしい。







" 旧 " の方は、モンティヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」
          ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
          モンテヴェルディ合唱団
          Claudio Monteverdi "Vespro Della Beata Vergine" John Eliot Gardiner
The English Baroque Soloists The Monteverdi Choir




J・S・バッハより1世紀も古いルネサンス期の宗教音楽です。モンティヴェルディは
この作品以前には宗教曲は書いておらず、この大作を作曲したのち、ヴェネツィアの
サン・マルコ寺院の楽長に就任し、その後カトリック教会の司祭に任命され一生を神に
捧げました。



数年前に購入した[Archiv Produktion 1947-2013] のボックスセットにも入っていた
お気に入り名曲ですが、教会音楽独特のソリストと合唱団の編成や配置など動画で
視聴したくて購入、演奏はすばらしいが動画は1989年の録画なのでその頃の画質
です。
モンティヴェルディが楽長に任命されたサン・マルコ寺院におけるライブ録音です。




合唱の神様、ジョン・ラターのYouTubeチャンネルにここ数カ月沢山アップロードされ
ました。どの曲もすばらしい。合唱はケンブリッジ・シンガーズです。
合唱好きには堪らないサイトです。
https://www.youtube.com/channel/UCVmYzogCilQTbsfRDYn-oKw
Posted at 2018/05/08 23:04:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

 ご覧いただきありがとうございます。 jumar です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

 
1 人のお友達がいます
ekカスタム8219ekカスタム8219 *

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ステラ 呑龍丸 (スバル ステラ)
富士重工 太田のステラ最終型に乗っています。 太田市押切町の中島知久平邸にて、
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.