• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Blackcat.U-taミ^・o・^彡のブログ一覧

2014年01月05日 イイね!

今年の目標

賀正

みなさまにとって素晴らしい2014年となりますように。




これといった遠出はしなかったんだけど
3日に阿倍野に行きました。
ハルカスの一階にメゾン・カイザーってパン屋さんがあるんですが、うまいんですよー♪
今までで一番かな?かなりお気に入り。

年末にかぐや姫を観た後にたまたま立ち寄り買って以来大好きになりました。
あまりパンにはあれこれ言わないすーさんも誉めてましたよ。
東京には数店舗あるみたいですが、大阪はここだけ。
そして店の中が狭いので、入場制限してまして、いつも外に20~30人並んでいる。
そんなこんなでお正月の3日ならそんなに混んでないのでは?と行ってみる。

大失敗でした(ーー;)
tiで行ったんですが天王寺界隈の道がぐちゃぐちゃ(涙)
こんなに動かない渋滞はかなり久しぶり。
土曜日の夕方の環七よりもひどい。

どうやらみなさんハルカスを目指しているみたいで
他府県ナンバーもかなり多かった。
あまりの動かなさにイライラしてしまって戦線離脱。

かなり遠回りして帰宅しました。
すーさんに「なんで今、、、鶴橋を走ってるの?」と笑われましたが
すいてる道を選んだらそうなっただけなのでした(爆)
翌日の4日にはあっけなくするっと行けたのでパンも無事入手できました。

東京では渋滞なんかは日常だったからあまりイライラすることなかった。
むしろ道路が流れているとありがたく思えるくらい、渋滞の方が普通だった。
それが大阪に来てからは渋滞知らずの生活。
私が生活で使う道路が(時間帯にもよるんでしょうけど)ほぼ渋滞にあうことなくて、、、
すっかり渋滞の受け止め方を忘れてしまっていました。

あー、いかんなこりゃ(´・ω・`)非常によくないです。
なので今年の目標。
「渋滞でも平常心」


大したことないようですが、自分にとってはすごく大事。
むしろ渋滞を楽しめるくらいじゃないと いかんですね。
すーさんが運転してても横でイライラしちゃうようではすーさんかわいそうだし。
そんな嫁を選んだすーさんが悪いってのはナシの方向で(微笑)

そんなこんなで今年の目標 決まりました(`・ω・´)ゞ







Posted at 2014/01/05 19:54:50 | コメント(8) | トラックバック(0) | こういう考え方なんです | 日記
2012年02月23日 イイね!

私はファザコンです。

私はファザコンです。はじめに・・・
超長文です。












去年の11月末に父が旅立ちました。
74歳。わがままいっぱいに生きたいい人生だったと私は思う。
去年5月に検査入院。
肺がん末期。完治は無理。手術も無理。
家族は驚きませんでした。1日100本も吸ってりゃ肺がんにならない方がおかしいよね。
肺がんになったこと自体は本人も家族も納得していた。

49歳で脳血栓。
59歳で胃がん。第1期だったので3/4を切除。その後再発なし。
胃がんを発見するに至った胆石。これが痛かったので検査してがんも見つかった。
なんて悪運強い親父なんだろうね。
胃がんの時に見つかった腹部大動脈瘤は時期をずらして3年後に手術。

胃がんになってからはそれはそれは健康に気遣って
がん検診はこまめに通っていた。
でも10年間転移も再発しなかったので
親父はもう大丈夫と自分で決めてしまいがん検診に行かなくなった。
肺がんは再発や転移ではなく「新規」だと医者が言ってました。

大きな病気だけでもこんだけあるんだから
悪運強い命冥加な男でしょ?
わが父ながら生き延びてきたんだねぇと関心。

肺がんの抗がん剤治療は1度だけ。
それ以降は本人が嫌がったのでその意志を尊重。
退院して温泉に療養に行ったり旧友とあって過ごしたりと
ずっと働きっぱなしだった親父のつかの間の休暇。

秋に体調がガタンと落ちて
家でおかんが介護していましたが
腰を痛めてしまいやむなく入院させました。

痛み止めの治療で幻覚症状も多く
多分とってもリアルな夢を見るんでしょうね。
現実と夢の区別がつかなくなってる状態だった。

私がお見舞いに行った時も
ぱちりと目を開けたかと思うとなんだかきょとんとした顔をして
「今タイまで行ってきた。2秒で行けた」と。
おかんと弟1号は「また始まった。ぼけちゃったんだ」と思ってるので
「へぇー。そう。よかったじゃん」などと言う。

「夢の中でタイに行ってきたんでしょ?」と私が聞くと。
「ああ。そうだよ。」とちゃんと分かっていた。

11月に入ってもうトイレにも歩いて行けなくなった。
もう自分は車に乗れないから
クアトロは処分してくれと父が言いだした。

おかんはセミオートマなんて運転できないと言い
弟2人は「維持できない」私も妹もそうです。

以前のブログにも書きましたが
最後の車、親父がそう決めて買ったマセラティのクアトロポルテ
ほんとは身内で乗り継いでほしかったようですが
やむなく売却しました。

自分の死を覚悟していたとはいえ
諸々の思いがあったことでしょう。

11月下旬に「もう12月まで持たないかもしれない」と医者に言われ
すぐに飛んでいきたい気持ちと行くのが怖い気持ちと葛藤しました。
悩んだのですが、何日徹夜してもいいから側にいたいと思い
おかんに連絡して東京に向かいました。

東京に向かう新幹線の中で弟2号からメール。
「様態が急変して今夜が峠」
今行くから、待ってて。お願い、もう少し頑張って。
何度も何度も親父の魂にエールを送りました。

電車を乗り換えてモノレールに乗っている時
ふと思いました。

私が来るのを頑張って待っていてくれてたら。。。
あんなに辛い状態で必死で耐えていると思うと
切なくていたたまれなくなった。
「もうこれ以上ないくらい頑張ったんだから・・・もういいよ」
そう思った時に弟からの再度メール。

「今どこ?」
「あと2駅で病院最寄駅」
「わかった。あせらないで来てね」

この時すでに親父はまさに旅立つ直前だったようです。
心電図が弱まりかけ、看護婦さんが
「まだお嬢さんが一人来てないんですよ!」と問いかけたら
その心電図が急に元気になったらしく
見ていた家族は号泣したそうです。

その後も妹や弟が
「あいつまだ来てないんだよ、待っててやれー!」と言うたびに
心電図が何度も復活したそうですが
私の気持ちが届いたのか、親父は旅立ちました。

きっと待っててやれなくてごめんな そう言ってたように思えます。
でもそれでいいんです。
最後のその時にいてあげられなかったのは
私の方がごめんねなんだから。

もう苦しい体から解き放たれたんだから
ゆっくり休んでほしい。安心してほしい。
言葉にならない気持ちが沢山あふれました。

不思議と親父の穏やかな顔を見たら安心できました。
最後まで自宅に帰りたがっていたようですが
これでやっと帰宅できます。

葬儀まで3日間、自宅で兄弟や甥っ子・姪っ子とろうそく番。
親父がまよわず歩いていけるようろうそくの火を絶やさない。
大好きだった煙草もずっと吸えなかったから
お線香よりも煙草に火をともして供えました。

葬儀の時に棺に煙草50箱入れました。
49日分には足りないかもしれないけど(汗)
親父が歴代吸っていた煙草を山のように入れました。

弟がそこから1本取り出して親父にくわえさせたら
親父の顔が「にやっ」と笑っているかのようになり
小さな甥っ子はそれを見て「じじ笑ってるー」と言いました。

まるで「おれの人生、いい人生だったぜ」と言っているように見えて
古くからの親父の友人など泣き崩れてしまいました。

葬儀は身内で密葬でしてくれと親父の意志を尊重して
控えめな葬儀でしたが
集まった誰もが暖かなやさしさを持ち寄って下さって
ほんとにいい葬儀になりました。

私も実家でずっと親戚といたのですが
みんなが仲良く集っているのが
きっと親父もよろこんでいるに違いないと思いました。



私はファザコンです。
今のっているtiは弟から買い取りましたが
これを選んだのは父なんです。

大阪に何度か来てくれた時もtiで案内しました。
そのたびに「ちゃんときれいにして乗ってるんだね」って
大事にしていることをわかってくれていた。

親父の社用車750iLはまだ会社に置いてありますが
これも近々処分するそうです。
できれば弟に乗っていてほしいのですが
これまた維持費が莫大。無理です。

以前実家のガレージで親父の750と並べて撮った写真がありましたが
親父も白黒なんで「親子パンダ」の図です。
今となっては懐かしい思い出。



葬儀を済ませてあわただしく大阪に戻り
レクサスさんとの打ち合わせを再開しました。
年明けてからの打ち合わせに向かう途中
土佐堀あたりで信号待ちをしていたら
白いマセラティのクアトロポルテが向こうからやってきました。

親父のと同じやつです。
もうそれを見た時は運転中にもかかわらず
涙があふれて止まりませんでした。

嫁に行ってから月一で東京に給料計算に行ってましたが
実家からの通勤は親父が運転するマセラティで行ってました。
車の中でも色んな話をしました。
諸々の思いがあふれて仕方なかったです。

亡くなる時よりも
苦しんでる時に何もしてあげられなかった方が
つらくて山ほど泣きました。
親父が旅立った現実を受け止めたと思っていたけど
自分の気持ちが落ち着いている半面
やっぱりなにかのきっかけで栓が外れたりするみたいです。

まぁ仕方ないですよね。私は親父が大好きだから。
かけがえのない存在という言葉だけでは言い表せない
大きな大きな存在でした。

人生の最初の出会いは「親」なんですよね。
そう思うと親子の縁って不思議です。
子供の頃は怒られたりお説教されると
「もっと優しい親がほしかった」と思ったりもしましたが

親父の娘でよかった。ほんとにありがとう。今はそう感じています。





Posted at 2012/02/23 23:33:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | こういう考え方なんです | 日記
2011年11月03日 イイね!

相手の気持ちが見えない時

人は感情的になると怒りを覚えるものです。
だた その後その感情を言葉にしたり行動にしたり「表に出す」か
ぐっとこらえて一呼吸置くかではずいぶん先の展開が違ってきます。

先ほどFaceBookでのエスクードのはまたにさんのつぶやきにそんな事例がありました。
彼は交通事故現場に通りがかり、夜だったのでしょうか手元が暗かったので携帯のライトで照らしてあげていたようです。
そこへ駆けつけた救急隊員が「なに写真撮ってるの」と。
彼はむっとしたけどそこはとどまった。
周りにいた他の方々が「何言ってるんですか、この人はライトで照らしてくれていたんですよ」と
口々にフォローしてくれた。それでその場はおさまった。

その後が「理性の人」なんですよね。

「救急の仕事してて、野次馬の中にそんな人(写真撮ったり)も居たりもしたんだろうな、と。だから、その時「ムカッ」という感情に任せなくて良かった」と語っていました。

これって懐が深いですよね。感心してしまいました。

カチンときたりした相手の立場を思いやれるなんて
理性がなかったらできない話ですよ。
ましてや頭っから決めつけて責めてくるような相手に対して
「相手の立場を思いやる気持ち」は理性なしでは持てないものです。

そう、人は感情的になると理性がどっかいってしまう。
正確にいえば「感情が理性を乗り越えて行ってしまう」のでしょう。
どんなに素晴らしい人格者でも
目の前で自分の家族を殺されたら理性など微塵も残らないでしょう。
まぁそれは極端な話ですが。

なんで?どうして?どういうこと?
そんな感情が高ぶると相手を責めるのかもしれません。
(昨日の車種分類の件についてぷんぷんしてる私みたいに^^;)


まだZに乗ってる時に
三茶の細い路地で自転車に乗ってる男の子にイラっとしたことありました。
ずっと私の前を、しかも真ん中走ってるのでわざとかな?と思ったんです。
クラクション鳴らそうかと思った時に
ふと彼の耳元に補聴器があるのが見えました。

そんな小さなことでイラっとした自分が恥ずかしくなりました。
その直後に聴覚障害の男の子はちらっとこちらを振り向いて
車の存在に気づいたら道の端の方に寄ってくれました。
ホントに恥ずかしかったです。穴があったら入りたかったです。

相手の事情もわからず
「こうあるべき」という求める気持ちが強いと
こういうおごったことにつながるんでしょうね。

はまたにさんがおっしゃるように
「感情に任せた行動をとらなくてよかった」
まさにそれは理性という冷静さがないと判断できないものなんですよね。

はまたにさんを責めた救急隊員さんも
周りのフォローがなかったら収めどころがなくなっていたかもしれません。
仮にはまたにさんが感情的に言い返してそこにフォローが入っていたら
それこそ立場なくなってしまいますよね。
私がイライラに任せてクラクション鳴らしたところで
後味の悪い結果になっていたのと同じだと思います。

感情が理性を乗り越えて行ってしまう前に
冷静にコントロールしていかないと
相手を思いやるところに持って行くのは難しいかもしれない。

相手の事情が分かればその立場も気持ちもわかる。
そうなると感情的に責めるような高ぶりはひいていくものなのだと思いました。

ま、根本的に「わかろうとしない人」には無理かもしれないですが(`・ω・´)
拒絶してるうちはどうやったってわかりあえないですものね。



Posted at 2011/11/03 21:10:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | こういう考え方なんです | 日記
2011年04月04日 イイね!

イベント無事終了しました

イベント無事終了しましたすんごい充実感を頂きました。
あー、もうこれは言葉では表しきれないものです。
ご来場頂いたお客様方々
レクサスの社員の皆さん
そして当日お手伝いしてくれた友人たち。
JazzのチャリティーライブをしてくれたKちゃん。

ホントに沢山のありがとうが詰まった1日で
3年分くらいの充実感をもらったような気分です。

当日のイベントの中で
ご紹介したかったブログがあったのです。

テルさんのブログ
ナベエさんのブログ
2時間の中でビーズ講習とJazzのライブ
時間的にとても難しいということになり
お客様にはお伝えできず残念だったのですが
スタッフにはしっかりとお伝えさせて頂きました。

事前に承諾くださったテルさん・ナベエさん
ありがとうございました。
スタッフ一同テルさん親子のみごとな「引っ越し作業」に
こちらが勇気づけられ
ナベエさんの熱いメッセージに
「今自分が何をすればいいのか」を
改めて霧の晴れたような視界で確認できました。

阪神淡路大震災の経験のある役員さんがおっしゃっていました。
震災直後はそれなりに義捐金もボランティアもあるけど
これが2年後3年後にどうなっているか。。。
阪神淡路大震災の時も
3年の期限が来て仮設住宅を出なければいけない住むところのないお年寄りや
沢山の問題が山積みにも関わらず
支援が風化してしまっていた現実。
今回の震災後の支援も
いつまで続くのかとても心配だとおっしゃっていました。

痛みがわかるから差し伸べるその思いやりだけでは
お腹いっぱいにはならないのも現実。
一時の感情で募金して「いいことした」満足感では
人は救われないのも事実。

誰かに助けてもらうのではなく
自分の人生を生き抜くこと。

被災地の一人ひとりが
乗り越えていかなければいけない現実は
他の誰かに変わってもらうことができない。
被災者も、そうでない人も それぞれの「自分の人生」

でもね、何気ない優しさに
人は心潤うものだと思っています。
生き抜く力は「たった一人で生きていく」事とは違うから。


お客様方々からお預かりした義捐金と
KちゃんのCDの売り上げ&私の作品の売り上げから
それぞれ寄付させて頂いて
レクサスさんに託してまいりました。

被災地の方々の生活と自立が
復興とともにかなうよう願ってやみません。



Posted at 2011/04/04 23:53:55 | コメント(7) | トラックバック(0) | こういう考え方なんです | 日記
2011年03月27日 イイね!

あと1週間・・・最後の追い込み

あと1週間・・・最後の追い込み4月の3日にイベントを頼まれたのが年明け早々。
なんのイベントかと申しますと、初級者ビーズ講座です。
といっても普通の手芸教室ではなく
大阪のレスサスでのお客様対象のイベントです。

これには色々といきさつがあって
話すと長いのでさくっとご説明申し上げます。
私の作品を友人が気に入って使っていてくれて
それを見た方が「これ欲しい」と行って下さり
そんな感じで東京の私の友人界隈のローカルエリアで
作品を気に入ってくださった方々から
製作依頼を頂いておりました。

縁とかとても不思議なもので
どういうわけか友人から友人を伝って
その作品を大阪のレクサスの方が気に入ってくださって
春のイベントでぜひ・・・という話を頂きました。

もちろん素人なのでそこはお断りしたのですが
「堅苦しくなく、初めてのひとでも楽しんでできるような」
そんな趣旨をうかがって
それなら私でもできそうな気がして
無謀にもお受けしました。

年明けからずっとその準備に追われて
ずーっとバタバタとしておりました。

そのさなかにあの大震災。
各所で大きなイベントは中止になっています。
私もその流れでどうなるのかと思っていました。

「こんな時だからこそ明るく行きましょう」と
イベントは中止も延期もなくそのまま。
そしてTOYOTAさんの方から
被災地の方々へのチャリティーをやりましょうと打診がありました。

もちろん即答で賛同しました。
関西では被災経験者もいらっしゃる
ご自身はなくともご家族や仲間が被災している方も多い。
そんな土地柄だからこそ
「他人事ではない痛みのわかる思いやり」

ホントにありがたく感じました。
今の私にできる精いっぱいのこと
しっかりと務めさせて頂きます。

当日はビーズの講習をした後で
私の作品を数点ですが無償で提供し、それをオークションして頂いて
購入代金を全額被災地に贈る予定です。
また講習のあとでライブをする友人も
CDの売り上げを全額被災地へ寄付することになりました。
TOYOTAさんのご厚意に感謝します。

当日どんなふうになるのか
今からドキドキしておりますが
来て下さるお客様に楽しんで頂けるよう
しっかり心尽くして当たりたいと思います。

イベントでの義捐金がどういう形で東北の方々のお役にたてるかは
TOYOTAさんにお任せします。
被災地の皆さん、負けないでくださいね。
少しでもお役にたてるようがんばります。
Posted at 2011/03/27 15:38:10 | コメント(7) | トラックバック(0) | こういう考え方なんです | 日記

プロフィール

「今日うちの子車検に出してきました。代車が46の320かな。やっぱ新しいのって快適だね。6気筒もパワーええですねー。」
何シテル?   07/13 02:00
車のサイトなのでそれ関係は専用コンテンツ【パーツレビュー・整備手帳】に載せてあります。そちらでご覧ください。ブログ・フォトギャラリーは基本自由ページでございます...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

つくばーど 
カテゴリ:・・・★お世話になってるページ・・・
2007/02/18 22:54:39
 
E36保存会 
カテゴリ:・・・ミ^・o・^彡属性・・・
2006/05/18 23:18:54
 
つかちんさんの動く顔文字 
カテゴリ:・・・ブログいぢりに楽しい素材・・・
2006/03/04 13:29:45
 

愛車一覧

BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
2013年7月から19年目を迎えたtiくん♪ 弟が6年で20,800km。 私が乗ってか ...
三菱 RVR 三菱 RVR
tiは弟1号から買取しましたが これは弟2号の乗ってたやつです。 レガシィーに買い替えし ...
オペル アストラ オペル アストラ
代車生活の記録でございます
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
車検の間の代車として1週間お付き合い頂きました。 燃費も良くて扱いやすかったです♪
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation