• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

宇都宮右兵兵ノ督(仮名)のブログ一覧

2013年06月30日 イイね!

別にいいのにと言われそうですが







話をMX-6に戻します  いいの 戻すの











ピンボケはご勘弁    兄弟車ではありますがまさか二ドアなので共通品は殆どありません

2・5と2・0の2グレードですがシート地や空調等の装備に差別化はされておりません

2・5だけオプションで本革にできるだけ 昔のマツダはこの辺り良心的と言うか頓着が無いと言うか



このMX-6も楽には拘りを見せており オプションながら例によって南蛮の名門企業 BOSE社との

共同開発の別注品の音響が装着可能   馬術ばかりが武士のたしなみではありません




「10スピーカー、200Wアンプに全長三メートルのアコースティックウェイブガイド おまけに

スーパーウーファー二個よ!これで雰囲気ある楽とか流せば女人などイチコロよ(-皿- )♪」




カッ  ポン


思へばこの世は常の住み家にあらず♪  草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし♪


カッ  ポン  カッ  ポン   ポン  ポン  ♪




などと流行の舞楽の一つもかけて本革シートでサンルーフ  しかも原動機は甘美のV6

ATで涼やかに乗るもよし MTで漢を見せつけるもよし




「ホンダやVWの色狂いども! 手合わせ願おう!p(-皿- )」 




選び方によっては黒に黒革にBBSにサンルーフにスーパーウーファー ユーノス一門もびっくりの

ねっちりとした逢瀬車になります まさか宗家配置の次男坊 チャラさ勝負でホンダに見劣りしない。

マツダにだってできるんです あまりそう思われていませんが気合もお金も相当かかっていたんです 















こちら原動機等の動力性能の説明 このカタログが簡易版なのか割とサラリと書かれていますが

V6に4WS エアバック ABS LSDとかなり充実しています  今乗り回しても全然問題なし

変わった装備としてはステアリング連動フォグランプですかね  舵角に応じてビシビシ照らします

初代センティアなんかもついていた装備  




大昔  この連動か通常のコーナーリングランプかで友人と激論になりました



「女性を迎えに行って路肩に寄せた際  点灯箇所が多いほうがチャラくてよい」



だ  そうです   諸賢の見解は如何なものでしょう?  連動の方がいいですよね?(- -)






しつこいようですがV6です  兄弟はじめ私の嘘800にも載せられた共通エンジンですが

カタログによって紹介の内容がバラバラなのが面白いところ  高燃費のV6 とか ゆとりのV6とか

MX-6の場合だと「甘美なV6」  まじめな話 五家体制の多面性の表れでしょう サイレンサー等

演出の分も含めてそれぞれ用にできているのかどうかちょっと気になる所ですね  この頃ならば

それくらいの事やりかねない御時世ですし















さて    続けたいのですが  洗車してきます









Posted at 2013/06/30 20:21:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | マツダ店 | 日記
2013年06月29日 イイね!

びろ~ん・・・

びろ~ん・・・














某の嘘800のシートバックポケットにござる(- -;)





ユーノス800ではきちんとしたポケットなのですが  ミレーニアになった際 費用対策で


網になったのですが ここのゴムが良く伸びるためにこんな事に  殆ど総ての個体がこんな調子



なんでこんな目に着く所を網にしたのか  仮にもサルーンがゴム紐なんて話あるのか




いや それは言うまい  しかしそれにしてもう少し良いゴム紐無かったのか





「・・・・(+ +;)」





ユーノスなんて夢のまた夢   くたびれた地方のビジネス旅館がせいぜいなのか



仮にどんなに磨こうがフットランプつけようが仄かに浮かび上がるビロ~ン










諦めてこの半年殆ど触らずにいたのですが  本日 なんとなく引っ張ったらまだまだ伸びる






「あれ? まだこんな伸びるのか(-"- )」








なればしめたもの  余張分を纏めて結わえてこの通り

















パッと見は随分改善したと思います   また一つ若返りました しかもこんな手軽に




モチベーション凄く上がった(T T*)  





これで物も入れられます  入れないけど


















Posted at 2013/06/29 23:04:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | ユーノス800 | 日記
2013年06月29日 イイね!

ちょっと話は飛びますが

ちょっと話は飛びますが















南三陸町の仮設商店街へ行ってまいりました♪




前回の様子はこんな感じ  瓦礫はだいぶへったかな










ハイドラチェックポイント   志津川駅 







と 書くとまたゲンナリしてしまいそうですが













じゃーん  仮設(?)志津川駅     商店街に隣接する格好で建てられています




電車は当面復旧の見込みが立たないので代替バスの発着場として機能しています

仙台から直通便も出ていて約一時間半くらい 仙台市に限れば交通の便はやたら改善されました

他にも在来線と路線バスの組合せなど乗り鉄の血が騒ぐような利用方法もあるようです











今回の最大の目的はこちら









モアイ





だいぶ話題になったので御存知の方も多いと思いますが南三陸町にチリが激励で贈呈したもの

もともと友好都市だった為 前任のモアイがいたらしいのですが先の震災で流失したらしいのです

この為にチリ大統領の勅でかのイースター島で新造した疑いようのない本物のモアイ

そしてはるばるイースター島から東京 大阪を経て先月商店街に到着 見ない手はありません

ちなみに東京からここまで運んだのは日本郵船















今なら愛車と二ショット撮り放題♪






恐らくモアイとユーノス800の二ショット写真は世界初だと思います




開発スタッフに見せてやりたいですね  皆様の設計したクルマ モアイの視界に入りました

想定外でしょうに(^ ^ )















横モアイ   黒目があるのが違和感あるのですが 新品には黒目があるんだそうです
















商店街  撮ったのが午前中だったので人気ないですが すぐにバスがドヤドヤと

旅番組みたいのも取材に来ていました   写真はないけど刺身定食を♪

テントは地元高校生による福引大会  はずれでした(+ +;)










モアイあります  これが謳えるのはチリとここだけ









復興については遅れに遅れていますが  それでも今日も重機が動き回っていたし

ここ仮設商店街や近くの観光ホテルに向かってクルマが列をなしていました

日曜ともなれば更に人が来るのでしょう





とりあえず   タコとモアイのまち 南三陸町から♪












Posted at 2013/06/29 18:09:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2013年06月28日 イイね!

今夜もかと言われそうですが















はい  今夜もです


















MX-6    クロノス兄弟の次男   出てきたのは平成四年



兄弟唯一の二ドア   宗家マツダの専売となります





当時はクーペが流行りまくりの御時世   若侍がその青春の一頁に女子を記録したければ

二ドア買うしか無い時代  好景気もあって進学や就職祝いに新車下賜と言うのも良くあった話です

若い男女の逢瀬を主眼としたクルマと言えば国産においては御存知の通り 当時御三家と言われた

セリカ シルビア プレリュードが三つ巴で覇を唱えています  マツダはそれまでこの手合いは

カペラC2で硬派路線を演じていましたが野郎にばかりウケたところで仕方がない、そしてそもそも

その野郎共にも大してウケていない事を問題視したマツダはここに新鋭中の新鋭 MX-6を投入、

御三家に対して真っ向勝負を挑む事になります








「なもせんからいっぺん助手席乗ってちょう  まことの極楽見せたるでよう うひ うひ うひひっ」


「なんとも下品な物言い 姫  御耳汚しでもあれば ここは銀座育ちの某が御守り致します」


「と 言って何をするおつもりやら 梅 桃 桜の美食行脚  我らベルノにも響いておりまするぞ」







「姫!関東者どもに騙されてはなりませぬ!ええい!盛りおって三河の猿が!その手を離せ!」














  


外観  至福の風景 と紹介されています  御三家に比べるとかなり柔らかい印象

元がクロノスだけあってかなりの余裕が感じられます  もちろん3ナンバーサイズ

居室が前にずれているのはなだらかさを強調する為の意図的なもの  その為後部窓が

大きくとられ車内への光の取り込みなどにも貢献しています 















後方  ロングノーズは良く聞きますがロングデッキは珍しいですね  

マツダは屋根から後部にかけてのラインにかなりの自信があったようです

実際デザインの評判はなかなか良かったように記憶しています


電動サンルーフはオプションではありますが この辺りは流石にぬかりありません

これなら助手席の姫御前には近所の県道もこんなラテンな街並みに見えてくる事でしょう

これがV6の2・5 しかも五速で乗れてしまうんだから贅沢な話です  確かに組合せとしては

アルファロメオくらいしか当時はなかったと思います  マツダはラテンと言っていますが個人的な

印象としては外観はそうでもないような? 贔屓な意見としてはむしろ謙遜  こんななだらかな

プレスラインが当時のイタリア車あたりにある訳ないでしょう(^ ^*)










長いですか そうですか

Posted at 2013/06/28 21:43:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | マツダ店 | 日記
2013年06月27日 イイね!

まだやるのかと言われそうですが





いいの  やるの




と 言っても頁があまりありません









こちらでグレード、色 そして後方の外観確認ですね   あとは読み手の想像力

全部で五グレード 六色   コメントにあった黒色は残念ながらありません

Ciはビジネスグレードと見て良いと思うので四駆いらなければ実態は三グレード

最上級のZi-R及び四駆が2・0 あとは1・8ですね  総てに於いてMTが選べるのが嬉しい所

価格は170~220万位の間だったと思います Zi-Rにナビなんかつけると支払いは額面上は結構

いい値段した筈ですね  まあ専用サスだのサイドエアバックだのやってるだけの事はあります

なんとかZi-Rが欲しい所ですがまあ物件は殆ど無いと思っていいでしょう 少なくとも東北マツダの

Uカーで見た事はないです  カペラセダンって中古となると良く掃けるのは御存知の通りなので

あるいは右から左だったのかも知れませんけど   それでもカペラテ殿のZi-Rの五速と言うのは

良く見つけたな と言うのが正直な感想です  まさか関東は絶対的な物件数が違いますね 

新しい分ミレーニアより装備は良いと、

ついでに言うとZi-Rはハイオク車  カペラの分際でとか言わないように(- -)








さて  こうして出陣したカペラですが 御存知の通りマツダはまだまだ苦境のさなか

着陣した翌年にはファミリアが代替わりするも引き換えにレビューがついに自刃 マツダの血筋の

オートザム車はこれで全滅 その直後に五家体制の崩壊を超える激震到来 



「うおおお!!お お城が燃える!(T曲Tメ)」




五家のみならず 旧体制下でも覇権争いの中心であったマツダ宗家が焔にくるまれて落城

商用で荒稼ぎしてその分を乗用車の値引きに回す と言うのがここの常套手段だったようですね

その商用がこれまた酷い敗退でメーカー出資の大幅な減退もあり進退窮まったようです

デミオ如きではどうしようもなかったのでしょう ユーノスなどと規模がてんで違う為にTV報道される

くらいの騒ぎでした  これが地域差はあるでしょうがカペラ着陣のだいたい翌年  残兵はこれまた

アンフィ二への撤退合流  アンフィニは大混乱に陥ったと聞いていますがまあそれは別の話

そしてこの混乱極まる撤退戦の中



「御大将ォ!!(TдT )」



ついにセンティアが敗死  もはやセダンは大将代行のミレーニア カペラ ファミリアの三車種

カペラ着陣から二年そこらの騒ぎです









それでも結構見るクルマだったと思います  まさか名前が通っている と言うのは強いですね

カペラ、と言う名を一番過小評価していたのは当のマツダだった と言うのだから泣けてきます 





「何ともやりづらい時代になって来おったものよ のう?ランサー殿」



「ハッ 長老のカペラに労られるようでは我らも末だわ  死ね!爺ィ!」





セダン自体が落ち目の中 それでもランサーやブルーバード アコードと言った往年のセダン達と

激戦を広げてくれました  クロノスだのユーノスだの聞いた事も無い様な新参よりも数十年の

馴染みのカペラに斬られた方が向こうも本懐でござろう 


















五家体制時代や一族のワゴンに比べると華がないのは確かで数寄者には物足りないかも

知れませんが  堅実で安全対策には大変手のかかったクルマです それに故障が頻発したとか

大きなリコールとかそういうものもなかったと記憶しています  堅実の好例のクルマではないかと

そしてそんなところにちゃんとスポーツグレードあるのがいいですね 赤を設定したのも結構大胆な

選択 このクラスのセダンの赤なんて売れたためしがないのですが それでもやったあたりが

マツダのサービス精神と言うか何と言うか(^ ^*)






これユーノスコスモの赤じゃありませんでしたっけか?
















くそう  テルスター仕様にするのも棄てがたいんですよねこれが


Posted at 2013/06/27 21:17:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | マツダアンフィ二 | 日記

プロフィール

「ミーティング来てみたら唯一の国産」
何シテル?   09/20 07:12
良き物は長く  そうで無いものはしぶとく 下野生れの田舎者ですがひとつ宜しく<(_ _)>

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

今日は 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/20 12:07:08

お友達

目に余る放置車両はレッカー移動します(- -)
45 人のお友達がいます
おて~~く。(・∀・∩)おて~~く。(・∀・∩) * チョーレルチョーレル *
南野恭兵南野恭兵 * mario0470mario0470 *
やぁま.やぁま. * JR120XEJR120XE *

ファン

66 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ミレーニア 嘘八百 (マツダ ミレーニア)
ユーノス800化を目指してちまちまと
ホンダ シビック ホンダ シビック
超掘り出し物 地味だけど(^ ^;)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.