• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

七面鳥70のブログ一覧

2018年04月15日 イイね!

トヨタ博物館オフへ!!

トヨタ博物館オフへ!!


※画像が多数あります。



こんばんは。
今年も春のF.O.L全国オフが開催されました! 
去年は山梨県の清里でしたが、今回は名古屋エリアの「トヨタ博物館」での開催!! 
alt
ここは何度か来た所で、おそらく日本でも有数の規模を誇る自動車博物館ではないでしょうか?
トヨタの聖地的な存在です。 
alt
前日の夜中に自宅を出発して、空いている国道をひたすら走ります。 

alt
滅多に走らない東京都心も、深夜~早朝はスムーズに走る事が出来ます。 

alt
国道246号で静岡県に入ってからは1号線のバイパスを快走。

道の駅「潮見坂」で休憩。 
ここから一般道の流れが悪くなってきたので、今年初の高速道路走行(爆 

一気に犬山へ向かい、明治村を観光し、道の駅「瀬戸しなの」で車中泊しました。
(※明治村での内容は別のブログに記載します)
alt

車内で夕食の準備をしていると、青い16後期が表れました。
オーナーの「TakuMI」さん。
最近、みんカラを始めた方で、今回の全国オフへの参加者でもありました。

alt
翌朝、目が覚めると白い12が!!

ブログではすっかりお馴染みのGjr.さんです。
気が付くと、少し離れた所にたなっちさんも車中泊していました。


alt

会場では「紅の翼」さんを初めとする東海組のスタッフの方が手際良く駐車場へ整理していました。

そのおかげで形式(年式ごと)に並べる事が出来ました!!


alt


alt

午前中は生憎の天気だったので、スケジュールの変更等もありましたが

alt
昼食の場所は一般の方とは違う団体枠で設定されており

alt


alt

企業の研修会?とも思われますが、公式に許可を取ってのオフ会は立派に感じます。

alt

この前後に博物館の中を観て回ったのですが、ブログ上では内容を前後させて頂きます(汗
いつもなら「ジャンケンオークション」が定番でしたが、今回はビンゴ大会が設定されました。

私もビンゴ大会に夢中になって、写真を撮り忘れましたが、スタッフの連携プレイでかなり盛り上がりました!!

ここからは博物館の中を真面目に観て回りましょう。
一緒だった「ここいしさん」「ワロテさん」等等、私の間違いだらけの解説に付き合って下さりました(笑
alt
入口にはトヨダAA型の復元車がお出迎え。
alt
人類が発明した初期の自動車は木製の椅子にエンジンと車輪を付けて、自走は可能になっただけで
現代のクルマとはかけ離れた姿です。
alt

alt
その後はイギリスやドイツ、アメリカ等で4輪型の自動車が生産されるのに対し・・・

alt
日本は人力車を作るのがやっとだったそうですww

alt
次第に各国の自動車メーカーは競い合うように様々なタイプの自動車を開発。

alt
レーシングカーも造られるようになりました。
コレは説明要らないくらい有名な「ブガッティ・タイプ3S」。
カーグラフィックTVを観ていた方なら懐かしく感じるでしょう。

alt
1930年代後半になると、流線型のデザインが世界的に流行りました。

alt
ようやく日本製の自動車も登場します。
日産の前身「ダットサン」

alt
この車の名前が・・・
alt
「筑波号」(現代なら「つくばナンバー」が交付されていたでしょうww)

alt
戦後は世界的に人気車種となった「フォルクスワーゲン ビートル」は戦前に試作車が造られました。

第2次世界大戦中は、各国で自動車の生産が殆ど行えていません。
従って1949年頃まで特に華やかなクルマが登場しませんでした。

alt
戦争中は航空機のエンジンメーカーであったBMWは戦後に「イセッタ」と言うバブルカー(超小型自動車)を製造。

alt
日本でも同様の超小型自動車「フジキャビン」が出ましたが、売れ行きはイマイチだったようです。

alt
ドイツでは高級スポーツカー「ポルシェ」が登場し

alt

アメリカではシボレーブランドで「コルベット」が登場


alt

高級車ブランドのイメージが強いメルセデスベンツもガルウィング式のドアを持つスポーツカーが!!

alt
戦後から立ち直っていく日本も高級車トヨタ「クラウン」が登場。


alt

1950年代のアメリカでは好景気で、フルサイズの高級車が増えていきます。

このモデルはテールフィンが最も大きくなった1959年式の「キャディラック」。


alt

戦後の日本では海外メーカーのノックダウン生産が多く見られました。


alt
カローラの前身とも言える「パブリカ」

alt
コロナもこの頃に登場。

日本の自動車メーカーが元気になっていった時代に突入します。


alt

そう!
今回はカローラのオフ会だったのです!!
初代カローラに敬意を払い。

alt

当時はライバル車だったサニーとの競合で、世界に認められるクルマになりました。

alt

日本もスポーツカーの生産に乗り出します。
「Z」が付かない「フェアレディ」

alt

トヨタの歴史上、永遠に名を残す名車「トヨタ2000GT」。
日本車が世界に認められた象徴のような存在ですね。


alt

一般の人でも買えるGTカーも登場。

いすゞの「ベレットGT」は有名ですね。


alt

撮る人を撮るinトヨタ博物館ゞ( ̄∇ ̄;)


私とここいしさんは時間を忘れて、新館のライブラリーへ。

クルマやバス等に関する書籍を読んで、気が付くと16:30を過ぎてしまいました。


会場では集合写真や挨拶等があったのに、申し訳ございません(汗


alt
解散後の会場でも、おしゃべりしまくりで博物館の閉館時間まで居残ってしまいました。


F.O.Lオフを企画・開催して頂いたスタッフの皆様。

団体枠で特別に場所を用意して頂いたトヨタ博物館の関係者の方。

OBを含むメンバーの皆様。

楽しい時間をありがとうございました。

Posted at 2018/04/20 22:03:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2018年04月14日 イイね!

明治村は期待以上に素晴らしい所でした!!後編

明治村は期待以上に素晴らしい所でした!!後編

明治村の散策の続きです。
alt
誰もが知っている小説家「夏目漱石」の家。

alt

現代の家にもありそうな構造。
alt
「我輩は猫である」のモデルとなった猫は、やんちゃな性格で子供達にいたずらしたそうです。

alt

すぐ近くには西郷從道邸。

まさに西洋のハイカラな建物(函館にも似たような建物が残っています)。


鎖国以来、200年続けられてきたキリスト教の禁止令が解かれ、全国各地に様々教会が建設されたのですが、それらがあまりにも芸術的でレベルが高いです。


後半は教会をいくつか回ります。

alt

聖ヨハネ教会堂。

alt

外観も素晴らしいですが、入って二階に上がると!!

alt

alt
当時のオルガンでしょうか?

こうして見ると、明治時代を身近に感じます。
alt
当時モノのステンドグラスが明治の人のハイカラ文化を強調させます。
※後にもっと凄いステンドグラスの教会が登場します。
alt
三重県尋常師範学校・蔵持小学校。
alt
これが明治時代の小学校の教室!!
現代の小学校を単純に昔にしただけで、構造はほとんど同じです。
alt
先ほどの教会にあったモノより小さなオルガン。
当時の授業風景を想像してみましょう。
alt
こちらは鉄道開通時の車庫。
alt
庫内で展示されているのは、天皇陛下が乗ったお召列車の客車です。
alt
鉄道マニアなら3軸式の台車に注目します(非常に乗り心地が良かった)。

alt
歩兵第六聯隊兵舎。
alt
列強国を目の当たりにした日本が、軍事の近代化の為に作られた施設。

alt
明治時代の病院はどうなっていたのでしょうか?
alt
渡り廊下は現代の病院を思わせる作りです。
alt
当時の薬の広告だそうですが、私は「ウイルス」と勘違いしてしまいました(汗
alt
当時の手術台。
あなたは明治時代で手術を受けたいですか?(私は絶対に嫌(怖い)です)
alt
何の機械かと思えばX線装置。
電気が一般化したと思えば、高度な医療機器の開発も進んでいたのですね!!

alt
日本人としては、明治以降の近代化を担った機械産業が気になります。
alt
明治時代の工場等では蒸気機関(蒸気による発動機)が多数使用されていました。
alt
当時の旋盤機です。
現代の町工場にもありそうです(うちの会社には似たような旋盤機があります)。
alt
自動車のエンジンに似た機械が・・・
alt
ここで初めて日本の自動車産業が紹介されます!!

alt
明治時代の郵便局が気になります。
alt
時代別に並べられたポスト。
交通インフラの発展に伴い、郵便事業も近代化していきました。

alt
明治の一般庶民の暮らしも気になります。

alt
当時の床屋さん。

既に現代と変わらない水準ですね。

alt
江戸時代から庶民の娯楽として定着していた芝居小屋。

alt
西洋から多くの娯楽が入ってきても、日本の大衆文化の伝統は続きました。

alt
歩き疲れたら風呂屋で汗を流しましょう。

今は日本全国で温泉ブームで小ぎれいな共同浴場が再現されたのがありますが・・・

alt
庶民の憩いの場である銭湯は、江戸から明治を経て平成の今でも残っています。

alt
とは言え、明治時代にもなれば決まり事が増えたのでしょう。


alt
犯罪を犯した者は刑務所へ。

alt
明治時代の懲役では、過酷な環境化での労務(厳冬時の北海道の開拓事業など)もありました。


alt
気を取り直してちょっと贅沢して帝国ホテルにチェックインしましょう。

alt
現代でも見られるような造り。


alt
内閣文庫は当時から重要な書籍を保管する貴重な資料館だったようです。


alt
一見すると日本の伝統的建築物に見えますが、ここは長崎にあった教会。

alt
内部は先ほどに入った聖ヨハネ教会よりも素朴な印象です。

alt
明治以前のキリスト教禁制の面影を残します。


alt
私が最も衝撃を受けた「聖ザビエル天主堂」

典型的なゴシック様式な教会ですが、日本人の手によって建築されました。

alt
中は怖いくらい芸術的な造り。

平成になって作られた披露宴的な教会どころか、本場のヨーロッパ各国に現存する教会にも肩を並べる美しすぎです。

今風に言えば「インスタ映え」する場所ですね。

alt
ここで賛美歌を聴いてみたいです。

alt
本当に明治時代なのでしょうか?

あまりに立派すぎて固まってしまいました。


alt
明治村は17時で閉館です。

最終列車に遅れないようにして帰りましょう。


今回は12~17時の間で見て回ったのですが、私には時間が足りませんでした。


見る事が出来なかった所が沢山あります。

園内は非常に広い上に、傾斜の多い地形なので、歩きやすい靴を履いて回りましょう。

alt
学校の授業で習った日本の近代史は、テストの為の勉強で全く面白くありませんが、自身の目で再認識しながら見て回ると、非常に面白い時代であると感じます。


また来るしかないですね。

Posted at 2018/04/25 23:38:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2018年04月14日 イイね!

明治村は期待以上に素晴らしい所でした!!前編

明治村は期待以上に素晴らしい所でした!!前編
現代の日本の文化や、社会の基本的構造は明治時代に形成されたと言っても過言ではありません。
四民平等や内閣制度の整備、金融や通信・交通インフラの開発が行われたのも明治時代です。
alt
今の日本社会の形成を知る為には、明治時代の日本史を学ばないといけないのでしょう。

波乱万丈と浪漫に満ちた45年の重い歴史の中を、一つのダムカレーを目指して明治村の広い敷地を猛ダッシュした七面鳥です。
alt
まさか、明治村の中でダムカレーが食べられるとは思わなかったので、必死だった訳ですww

洋食文化の一般化と言う意味では、カレーライスは明治時代の食文化の代名詞とは言え、ダムカレーに固執するのは私くらいでしょう(爆

※ここから画像が非常に多く、とても長いブログになります。
alt
気を取り直して、明治村の北口から入りましょう。
北口は路線バス等が無いので、クルマやバイク以外で向かうには注意が必要です。

園内に入る際には「JAFカード」の提示も忘れずに!!
alt
北口から入ってすぐにSL東京駅があります。
正確には「陸蒸気」乗車口です。
alt
機関車だけでなく、使用されている客車も明治時代の2軸式。
鉄道は日本の近代化を進めた立役者である事をお忘れなく。。。
alt
車内に入ると明治の汽車旅が始まり、タイムマシーンの如く100年以上前の日本へタイムスリップします。
alt
SL東京駅を出発してSL名古屋駅に到着します。
alt
終点には機関車の方向転換をする転車台がありますが、手動式なので人力で力いっぱい動かします。
alt
終点では機関車を付け替えるのですが、連結器の形状が今の列車と異なります。

alt
両方とも明治時代の駅が再現されています。
alt
ここから市電に乗り換えましょう。
明治時代にも煙を吐かない電車は製造されていました。
現代でも路面電車は残っていますが、旧型の路面電車に近い形状になっています。
alt
車内もダブルルーフに白熱球。
台車は2軸ブリル式で、吊りかけモーターです。

途中の京都七条駅を経て、終点の品川燈台駅で降りましょう。
alt
実際には東京湾の品川沖の台場に設置されていた燈台。
一般的な岬にある灯台よりも小さいですが、当時は石油による光で、光の届く距離は18kmだったそうです。
alt
近くには西園寺公望別邸が。
これは明治でなく大正時代に建てられたのですが、現代でもこの様式の家が残っているようです。
alt
まるでリゾート地の別荘?ペンション?しかも車庫まで!!
「芝川又右衛門邸」は和洋折衷の洋館ですが、バブルの頃に流行った別荘やペンションのモデルになったのではないでしょうか?
alt
レンガ通りが見えてきました。色々と面白そうな建物(資料)があります。

alt
しばらく歩くと、先ほど市電が止まった京都七条駅(電停と言ったほうが相応しいかも)。
alt
電停の前には京都にあった派出所が。
alt
特別展示されている名電1号形電車。
先ほど乗った京都市電のように走行は出来ませんが車内に入る事が出来ます。
alt
札幌電話交換局。
alt

alt
ここでは当時の電話や通信に関する資料が分かりやすく展示されています。
alt
当時はダイヤルして、相手先に直接繋がる事が出来ずに、電話交換手が出て繋いでいたようですが、解説の通り男性は言葉遣いが荒いとの理由で、採用されなかったようです。
alt
2丁目のレンガ通りには土産屋や喫茶店等が並びます。
alt
第四高等学校物理化学教室に入ってみましょう。
alt
何だか大学の講堂のような雰囲気。
alt
レンガ通りの奥で存在感を放つのは東山梨郡役所。
alt
一瞬「みんカラ」のロゴマークに見えてしまったのは私だけ?
alt
建物も立派ですが、館内には見どころの多い三重県庁舎。
alt
緊張感すら感じる知事の席。
当時の役人の威厳は強かったのでしょう。
alt
広い「彩の間」はあるアニメの舞台になったようです。
alt
応接室も重厚な雰囲気が漂います。
椅子の座り心地も良さそう。
alt
ここで私が最も関心を引いたのは「時計の展示館」。
当初は外国からの輸入品のみでしたが、ものづくりが得意な日本人は国産の時計を開発!
明治後期になると輸出されるほど、その技術力は高かったようです。

江戸時代まで鎖国を続けた日本。
明治の後期になると、機械の制作や建築技術、医療などでも飛躍的に成長を遂げました。
西洋に大幅な遅れをとっていた日本が何故?

内容が非常に長くなるので一旦CMに入ります(後半へ続く)
Posted at 2018/04/24 22:52:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2018年04月14日 イイね!

祝・みんカラ歴12年!

祝・みんカラ歴12年!4月15日でみんカラを始めて12年が経ちます!
<この一年のみんカラでの思い出を振り返ろう>

石垣島育ちのフィールダーで北海道の稚内や根室まで旅行しました!
沢山のみん友さんと交流出来ました。



初めてみんカラ登録した頃は、ランドクルーザー70バンに乗っていました。


次に買ったシボレーブレイザーのレビューを知る為でした。


今はノーマルのカローラフィールダーで性能もイマイチすが、コスパが良くて満足しています(*´∀`)♪

これからも、よろしくお願いします!
Posted at 2018/04/15 22:20:56 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「@ゆなっぴ 福島市のイベントの前夜祭でした(*´∀`)」
何シテル?   09/15 21:38
七面鳥です。よろしくお願いします。 鳥・鶏言ってますが野鳥などに詳しい訳ではありません。 以前に乗っていた「ランクル70」と高校時代のあだ名「にわとりさん」...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

【回覧板】緊急告知ww『ユーヤ♪リベンジ!暴走半島デカ盛りツーリング』のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/26 15:14:34
F.O.L関東新年会のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/13 20:08:01
茨城ツーリング告知 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/10 07:21:13

お友達

基本的にはこちらから無闇にお友達申請しない場合が多いですが、趣味の合いそうな方は大歓迎です。
95 人のお友達がいます
カトモカトモ * 202号室202号室 *
しゅらぽんしゅらぽん * hero-herohero-hero *
ぐりっぺさんぐりっぺさん * ユーヤ♪ユーヤ♪

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラフィールダー トヨタ カローラフィールダー
ごく普通のクルマですが、ドライブが大好きなので宜しくお願いします。 お金をかけずに地味に ...
ホンダ スーパーカブ110プロ ホンダ スーパーカブ110プロ
自転車以外では人生初の新車です。 なるべくノーマルで乗り、安心して買い物やツーリングに使 ...
その他 二足歩行 サロット (その他 二足歩行)
久しぶりに買ったスキー板です。ショートスキーを15年以上続けていたので、ターンが下手にな ...
輸入車その他 自転車 レイクタウン号 (輸入車その他 自転車)
職場から最寄り駅までの通勤用として購入。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.