• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

七面鳥70のブログ一覧

2018年03月03日 イイね!

アナログな汽車旅を求めて

アナログな汽車旅を求めて

こんばんは。

先日のツーリングで保存されているブルートレインの中に入ってから、懐かしい汽車旅をしたくなりました。 
alt
普段は電車通勤なので、休日はクルマやバイクでツーリング等に出かける事が多い私ですが、たまには時間に追われないノンビリした列車に乗りたいと・・・ 

私がツーリングやドライブでよく行く「真岡鉄道」へ列車のみで行く事にしました。 

alt
この時期は茨城県内の鉄道(TX等を除く)と真岡鉄道が1日乗り放題のフリー切符が発売されています。 


通勤でもたまに乗る関東鉄道ですが、守谷から先の区間に乗る事は滅多にありません。 

alt
行きに乗った車両は最新型のキハ5010形です。 

alt
水海道から下館あたりの区間は線路が真っ直ぐで、電化されていないのでディーゼル列車とはいえかなりのスピードで走ります。 

alt
下館駅で真岡鉄道の普通列車に乗り換え。

alt

ここの車両では珍しいボックスシートの車両が来たので、この列車で終点まで行く事にしました。 

alt
ロングシートが殆どの中で、ボックスシートの車両だと車窓を楽しめるし、乗っていて落ち着きます。 


alt
小一時間ほどで終点の茂木に到着。 
既にお目当てのSL列車が待機していました。 

alt
通年運行されている「SLもおか号」ですが、2月は検査(クルマで言う車検)の為、1ヶ月も運行されていませんでした。


また、この次の週末も「検査の為運休」との旨がHPに掲載されていたので、この日は通常の状態と何かが異なるのでは?と予測していたら、客車が通常よりも1両少ない2両編成となっていました(かなりレアな編成です)。

alt
どうやら残り1両の客車が仕掛中で、次の週末に編成を組み替えると思われます。 

GW等の行楽シーズン以外は混雑しないはずですが、1ヶ月ぶりの運行とあってか、多くの家族連れ等が集まってきました。 
14:26に汽笛を鳴らして発車します。 

今では日本各地でイベントのSL列車が走っていますが、ここの列車は余計な観光放送や飾り付け等が無く、静かな汽車旅が楽しめます。 

alt
ここのSL列車は窓が開くタイプの客車(50系)を使っており、機関車の次の客車に乗るとSLのダイナミックな音が楽しめます(ただし、石炭の燃え殻も飛んできます)。 

alt
小気味良いジョイント音とSLでありながら決して遅くはない速さは、今時の電車では味わえない旅情を感じます。
途中の駅に何度か停車し、発車する場面を眺めるのが楽しいですね。 


SL列車の終点である下館まで1時間半のちょうど良い汽車旅です。 


alt
一般の方ならここで他の電車に乗り換えるか、駅に迎えにくる家族や友人のクルマに乗って帰りますが、真の鉄道マニアはここから真岡駅までの折り返し列車が楽しみなのです。 

alt
下館駅に待機していたDE10形ディーゼル機関車が、SL列車を車両基地のある真岡駅まで回送兼営業運転をするのですが、普通乗車券のみで今では大変貴重になったDL牽引の50系客車列車に乗る事が出来るのです!!
alt
マニアくらいしか喜ばないでしょうが、SL列車とも違った「より身近な」客車列車の旅を堪能できてしまいます。


alt
真岡鉄道のSL列車のみならクルマやバイクで真岡駅に来て「キューロク館」に停めて、SLだけ乗って帰る事が出来ます。 

座席指定も無く、予約無しで気軽に乗れるので、ドライブがてらに非日常な汽車旅を楽しみに来られてみては如何でしょうか?

Posted at 2018/03/05 19:50:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | 鉄道 | 旅行/地域
2018年01月04日 イイね!

正月乗り鉄4日目 ~時が止まったままの帰還困難地域で見たものは~

正月乗り鉄4日目 ~時が止まったままの帰還困難地域で見たものは~鉄道の旅の最終日。

alt
アニメに全く興味が無い私が前日の夜(1/3)にホテルのTVで見た映画。
他の正月番組があまりにつまらないので、何となく最初から観たのですが・・・

alt
そのストーリーの中で、隕石によって町が壊滅される内容があります。

それが、東日本大震災の時の印象と重なる部分が多く、これから向かう福島県内の常磐線分断地域(原発の近く)を連想されました。

alt
旅の最終日。
仙台には何度か来たことがあるけれど、じっくり見て回った事が無かったので、伊達政宗のゆかりの地である「青葉山公園(仙台城)」へ向かいます。
近年開業したばかりの地下鉄で最寄り駅まで。
alt
ところが、この地下鉄は駅によっては地上に出るまでのエスカレーターが異常に多い所があるのが玉にキズ。

国際センター駅から仙台城を目指します。

alt
現在は東北大学のキャンパスに位置する二の丸跡。

alt

alt
仙台で積雪は珍しいそうで、雪に映える城址を眺めながらひたすら上ります。

alt
仙台城の入り口には神社の鳥居が立っています。

alt
まるで仙台の街を見守っているように鎮座する伊達政宗の像。
インスタ映えしそうですね!!
alt
ここでも多くの観光客(外国人含む)がスマホで自撮りしていました。
時代の流れなんですね。

alt
仙台城本丸跡に建てられた宮城縣護國神社に軽く参拝して・・・

alt

alt
境内には16前期が止まっていました。

気が付くと帰りの電車の時間が迫っておりました。
急いで仙台駅へ向かいます。

alt
仙台駅から地元に向けて「常磐線」の電車で帰りますが、北側で移動できるのは浪江駅まで。

alt
ここから20km弱は「帰還困難区域」に指定され、一般の人は指定された道路を自動車で通過する事しか認めてられていません。
昨夜に見た映画「君の名は。」に出てくる被災した町を連想されるのも私だけではないかもしれません。

alt
震災から7年経つのに時間が止まったままのガソリンスタンド。

alt
ここは自動車のみ通過が許されおり、徒歩や自転車、バイクの通行は禁止されています。

ここまで浪江駅から一緒だった乗り鉄さん2人とタクシーに相乗りして来ましたので、代金は一人2,000円程度で済みました。
その2時間半後に代行バスがあったのですが、とてもじゃないけど待っていられないので同行者で集まってタクシーを呼びました(汗

alt
何とか常磐南線の分断地域の富岡駅に到着。

駅そのものは再建されて駅前の道路も整備されましたが、駅から海側へ歩くと今でも震災の爪痕が残っています。
alt
これは鉄道の設備だったのでしょうか。
コンクリート製なのに津波の力で押されて、引き波によって線路の所から落下したと思われます。

alt
この木は津波に耐えて残ったのだと思います。
周辺もかつては住宅地だったのでしょうが、今は更地となっています。

alt
南側の常磐線分断部分。ここで線路は途絶えています。
再び仙台まで開通するのはいつになるのでしょう。

alt
2017年4月から富岡まで復旧した常磐線の電車。
普段から見慣れた車両がやってきました。

alt
途中の駅では復興工事が行われている箇所が多く見られました。

いわきから南は、何事も無かったかのような日常の電車の雰囲気に戻ります。
現実の世界に戻ってきました。

首都圏では当たり前のように乗っている常磐線が、震災から約7年を経過した今でも分断されたままである事を忘れてはいけません。
Posted at 2018/01/10 20:58:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 鉄道 | 旅行/地域
2018年01月03日 イイね!

正月乗り鉄3日目 ~大雪のみちのくを抜けて復興に前向きな女川へ~

正月乗り鉄3日目 ~大雪のみちのくを抜けて復興に前向きな女川へ~鉄道の旅3日目です。

alt
朝の新庄駅周辺は、昨日からの降雪で歩くのも大変な状態になっていました。

alt
この電車は山形新幹線の線路を走る普通電車(奥羽本線)です。
車両にこびりついた雪が気象の厳しさを表しています。

alt
これから乗る陸羽東線のホームから見た線路・・・
ここから更に雪が積もれば運転見合わせのリスク大です(怖


alt
乗る予定の列車がホームに侵入。
こんな状態で列車は走ってくれるのか、不安がつのります。

alt
それでも列車は雪をかき分けながら走り出しました。
運転席横の窓から前面を眺めますが、まるで北海道の列車のような光景です。
雪国では当たり前でしょうが、万が一途中で列車が止まると、帰れなくなってしまいます(汗

alt
線路が全く見えなくなるくらいの降雪。
クルマでもこの状態では道路が通行止めになるくらいです。

alt
なんとか定刻通りに鳴子温泉駅に到着。
「大雪で不安です」と思いつつも、温泉を楽しまないと!!

alt
駅から近い温泉まで行くのも大変!!
歩道は歩ける状態じゃないので、クルマが通った跡を歩きます。

alt
なんとか辿り着いた「滝の湯」。
ここにはタオルや石鹸類は無いので、必ず持参してきましょう。
また、中は撮影禁止です(にも関わらずスマホで自撮りしている観光客が居たww)

alt
駅に戻ると足湯があるので、冷え込んだ手先を突っ込んで温まります。
鳴子温泉は硫黄の温泉なので、入浴すると硫黄の匂いがつきます(笑

alt
鳴子温泉を出発すると地吹雪が凄く車窓が殆ど見えなくなりました。

alt
約1時間で小牛田(「こうしだ」ではなく「こごた」)と読みます。
車両の前面は雪まみれ。

alt
小牛田駅構内にはキハ48改造の「風っこ」とJR東日本が最近導入したばかりのレール輸送の車両が留置されていました。

alt
ここから石巻線で東を目指します。
震災前はキハ40系が多かったのですが、今はキハ110が主流になりました。

alt
この辺りは東北でも雪が少ないはずですが、この日は全国的に低気圧で積雪状態が続いています。

alt
昨日は日本海側の車窓でしたが、今は太平洋側を車窓に見る事が出来ます。

alt
震災による復旧区間を抜けて、終点の女川に到着しました。
ここは震災前に来た事があり、駅前をのんびり散策した町です。

alt
震災を受けた駅は高台に移設され、海までは観光客向けの店が続きます。

alt
本来なら海鮮丼を食べたかったのですが、食堂が開いてなかったので他の店で秋刀魚定食を食べました。

alt

alt
女川港まで歩いてみました。10年ぶりくらいです。
ここは仙台に住む方が釣りを楽しみにくる所だそうです。

alt
折り返しの列車で石巻まで戻り・・・

alt
石巻から仙石線に乗り換えますが、普通の電車ではなく「ハイブリッド列車」で仙台へ向かいます。

alt
鉄道にもハイブリッドがあるんですよ!!
発進の時はエンジンが停止してモーターで走行し、途中からディーゼルエンジンが起動して充電します。

alt
雪の「松島」も珍しいでしょう。

alt
列車は仙石線から東北本線に入線します(仙石東北ライン)

alt
終点の仙台に到着したハイブリッド列車。
一見すると電車のように見えますが、時折エンジンの音が響きます。

alt
仙台の街を歩くのも久しぶり。

alt

alt
仙台と言えば牛タンですね!!
他にも色々なグルメがありますが、本格的な牛タン定食を食べるのも久しぶりです。
alt
この日も列車の中からスマホで予約したビジネスホテルにチェックイン。
宿泊費も5,000円以下で朝食付き。

alt
荷物を置いて市内を軽く散策しましたが、雪が凄くて寒いのでTVを見て寝ました。
そのTV映画の影響で、翌日に通る所が気になってきました。
そのTV映画とは・・・
翌日に続く・・・
Posted at 2018/01/09 12:26:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 鉄道 | 旅行/地域
2018年01月01日 イイね!

正月乗り鉄1日目

正月乗り鉄1日目新年のあいさつブログをUPして4時間後に起床し、元旦早々に鉄道の旅に出ました。

使用したのは「青春18きっぷ」
これを使うのは数年ぶりです。

地元の駅から始発電車で水戸まで。

alt
ここから水郡線に乗り換えます。
この列車は「電車」では無くディーゼルエンジンで走行する列車です。
クルマ好きな人なら静かな電車よりも、ディーゼル列車でエンジンの変速音や過給機の音を聞きながら乗り鉄する方が楽しいのではないでしょうか?
車両はキハE130系気動車。

alt

水郡線の車窓から見えた久慈川の沈下橋。
列車は心地よいエンジン音を響かせながら、軽快に北へ進んでゆきます。

alt
終点の郡山駅に到着。
元旦にも関わらず、多くの店が開いており、私は「ある忘れ物」を駅前の家電量販店で買いました(汗

alt

郡山からは磐越西線の電化区間に乗ります。
車両は電気で動く「電車」です。車輛の形式はE721系近郊型電車。

alt

猪苗代付近まで車内は混雑していました。
観光客や帰省客も多く乗っているようで、大荷物を抱えた人が殆どです。

alt

会津若松駅に到着。
白虎隊で有名ですね。
乗り換えの時間まで2時間ほどあるので、市内を散策したり買い物して時間つぶししました。

alt
これから乗る新潟方面への列車の席を確保すべく早めに駅の構内へ入りました。
出発していったのは只見線のキハ40系ディーゼル列車。画面中央に横型6気筒のエンジンが見えますが、これは全国でも数少ない原型エンジン(クルマで言えばノーマル)の車輌。
マニアにとっては、このエンジンの音が大好きな人が居るのです(私がまさにそう)

alt
これから新潟県の新津まで乗るのは上のキハ40系(キハ48)。
こちらは冷房改造やエンジンを新しいものに交換されてしまい(クルマに例えるとカスタムカー?チューンドカー?)、原型エンジンのような豪快な響きが聞こえてこないのが残念ですが、旅情があって新型車両よりも乗っていて楽しいです。

alt
雪の阿賀野川沿いを列車は走り続けます。
この路線は春から秋にかけて「SLばんえつ物語号」という蒸気機関車牽引のイベント列車が走る事で有名です。

alt
終点新津から電車に乗り換えて新潟駅に到着。
今まで新幹線等で新潟駅まで来た事はあったのですが、去年の長野駅同様に改札から出て駅前を見て回った事がありませんでした。
この駅も再開発が進んでいるようで、駅前の古めかしいバスターミナルが近いうちに無くなってしまうようです。

alt

新潟駅前から出てきた路線バス。
古い私鉄電車が好きな方ならお分かりでしょうが、かつての「新潟交通」の電車をイメージしたラッピングが施されています!!

alt
ネットで予約しておいた駅前のビジネスホテルにチェックイン。
宿泊費は5,000円以下とリーズナブル。

この後は新潟市内を軽く散策しました。
alt

もちろん「ハイタッチドライブ」を起動させて来たので経路はこのようになります!!
翌日に続く・・・
Posted at 2018/01/08 17:58:07 | コメント(4) | トラックバック(0) | 鉄道 | 旅行/地域
2016年07月17日 イイね!

青森から秋田へ南下しながら鉄道ファンの聖地へ!!

青森から秋田へ南下しながら鉄道ファンの聖地へ!!









こんばんは、17日の続きです。


青森県中央部を走りながら、まずは城下町で有名な「弘前市」へ。


弘前城の近くまで行き、CPを取りました。ここは春の桜の名所で、満開の時に来た事がありました。


今回は特に観光はせず、市内の外れにある桜ヶ丘温泉へ。弘前の住宅街にある何の変哲もない銭湯のように見えますが、実は良質な硫黄泉です。 


浴室は撮影禁止(近年、各地の温泉で湯船の撮影が禁止されるようになってしまいました)ので、温泉の良さを画像で伝える事が出来ないのが残念ですが、打たせ湯などがある良い風呂です。 

この日は秋田の湯沢市まで移動するのですが、その前に急に「ある場所」が気になりました。 
その「ある場所」へ向けてナビをセットして向かいます。 


碇ヶ関から国道へ分岐し、ますが奥州街道とは違って道幅は狭く、速度も控えなければなりません。


再び秋田県に戻りました。

急なコーナーの連続する峠道を走る事小一時間。


小坂の町に到着。ここは鉱山で栄えた町で、今でも多くの資料館や歴史的建造物が残ります。 


私の目的は一つ!鉄道ファンなら大喜びしてしまう「小坂レールパーク」です。

ここでの一般鉄道ファンの目玉は「ブルートレイン(寝台特急)あけぼの号」が動く状態で保存され、実際に宿泊も出来るのです!
ここにかつて存在した「小坂鉄道」は貨物を主としつつも、旅客列車も走っていた事がありました。
広いヤードに旅客用ホームがあるのはその名残です。


入場券を買ってブルートレインの中に入ってみましょう!! 


私も過去に何度か乗った事があるブルートレイン・・・「懐かしい!!」遠い所へ旅行した思い出が蘇ってきて、涙が出そうです。


園内の放送によると16:30に機関車が牽引して、ブルートレインを動かすとの事で、それまでじっくり機関車等を見物します。 

 
昭和40年代のSLブーム(蒸気機関車が走っていた末期)の頃には、当時のSLファンから目の敵にされた「ディーゼル機関車」。今でもSLに比べると、一般人からの人気は無く、保存されている物も少ないです。 

ところが、ここでは「ディーゼル機関車」の詳しい資料が多く、1両は動態保存されているだけでなく、運転を体験する事も出来てしまうのです!!

電車やSLよりも馴染みにくい存在と思われる「ディーゼル機関車」は、クルマ好きには萌え萌え要素が沢山詰まっています。


まずは、その構造。

  
排気量31,000cc直列6気筒ディーゼルターボのエンジンを2台搭載し、巨大なトルクコンバーターを通じて車軸に伝えているのです。クルマに例えるなら2ATです。


これがディーゼル機関車のピストン。

  
比較用に軽自動車や2000cc乗用車のエンジンのピストンが並んでいました。

 
右から軽自動車、乗用車、気動車と続き、左がDD13型ディーゼル機関車のピストンです。
これではフィールダーの1NZエンジンも玩具のように見えてしまいそうですね(汗


機関車の運転台に入ってみましょう!!


右がブレーキレバーが付いていた部分(普段は誤作動防止の為、外されている)で、左がクルマで言うアクセルになります。


ノッチを入れて運転士気分♪(しかし、エンジンがかかっていない(爆)

  
この鉄道資料館には様々な展示物が保管されており、興味深いものばかり。


「タブレット」と「携帯電話」です。
今、皆さんが持っているスマホの類とは全く別で、昭和の始めには存在していました!!


ブルートレインが動き出す時間になりました!!


楽しいですね!!

 
すっかりハマってしまい、2時間以上があっと言う間。

天気が良ければこの近くの「奥奥八九郎温泉」へ行きたかったのですが、時間の関係もあるので、今回は断念・・・と言うより、本日中に湯沢町まで行かないといけません(汗


ひたすらドライブ。そう、今回はクルマ旅!!
列車の旅と違って、自分で運転しないと先へ進めません(汗


阿仁合地区を通り過ぎながら・・・


関東では見る事のない「パワーコメリ」を発見し。


道の駅「おがち」まで一気に南下。(撮影は翌日朝です)

津軽半島最先端や鉄道パラダイスを満喫したりと、忙しいくらいの一日となりました。
今夜はここでお休みなさい(-_-)゜zzz…
Posted at 2016/07/21 22:16:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | 鉄道 | 旅行/地域

プロフィール

「@ゆなっぴ 福島市のイベントの前夜祭でした(*´∀`)」
何シテル?   09/15 21:38
七面鳥です。よろしくお願いします。 鳥・鶏言ってますが野鳥などに詳しい訳ではありません。 以前に乗っていた「ランクル70」と高校時代のあだ名「にわとりさん」...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

【回覧板】緊急告知ww『ユーヤ♪リベンジ!暴走半島デカ盛りツーリング』のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/26 15:14:34
F.O.L関東新年会のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/13 20:08:01
茨城ツーリング告知 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/10 07:21:13

お友達

基本的にはこちらから無闇にお友達申請しない場合が多いですが、趣味の合いそうな方は大歓迎です。
95 人のお友達がいます
カトモカトモ * 202号室202号室 *
しゅらぽんしゅらぽん * hero-herohero-hero *
ぐりっぺさんぐりっぺさん ユーヤ♪ユーヤ♪

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラフィールダー トヨタ カローラフィールダー
ごく普通のクルマですが、ドライブが大好きなので宜しくお願いします。 お金をかけずに地味に ...
ホンダ スーパーカブ110プロ ホンダ スーパーカブ110プロ
自転車以外では人生初の新車です。 なるべくノーマルで乗り、安心して買い物やツーリングに使 ...
その他 二足歩行 サロット (その他 二足歩行)
久しぶりに買ったスキー板です。ショートスキーを15年以上続けていたので、ターンが下手にな ...
輸入車その他 自転車 レイクタウン号 (輸入車その他 自転車)
職場から最寄り駅までの通勤用として購入。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.